家を買取してもらうには?買取してもらう方法とそのメリットやデメリットを紹介します

その他
すむたす買取
すむたす買取

家を買取してもらう方法とは


持っているマンションや一軒家などの家を売却することを、総称して不動産売却と言います。家を買取してもらうには、2つの方法があります「仲介買取」と「買取売却」です。

「仲介買取」とは、不動産会社に仲介人として入ってもらい、一般の購入者に対して所有している不動産を売却することを指します。仲介人に入ってもらう場合、不動産会社と媒介契約を締結し、売却活動を進めていきます。

それに対し、「買取売却」とは一般の購入者ではなく、不動産会社に直接所有している家を買取してもらうため、売却活動をすることはありません。それぞれ詳しくメリットやデメリットを紹介していきます。

仲介買取のメリット・デメリットとは


不動産会社に仲介人として入ってもらって一般の購入者に売却する仲介買取には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。それぞれ解説していきます。

メリット


市場価格で買取できる
「仲介買取」では、不動産会社を通して一般の購入者に家を買取してもらえます。そのため、市場価格で売却できるため、比較的条件の良い価格で買取を成功させられるでしょう。

価格の決定権が売主にある
「仲介買取」では、売主が不動産会社と売却活動を進めていきます。そのため不動産会社だけでなく、売主にも売却価格を決定する権利があるのです。その結果、売主としては満足のいく買取ができる可能性が上がります。

デメリット


仲介手数料がかかる
「仲介買取」では、不動産会社に仲介人として入ってもらうことになります。この場合、買取が完了した際に成功報酬として仲介手数料が発生します。成功報酬として仲介手数料は売却価格の3%+6万円ほどかかるので、費用のかかる不動産売却は厳しいと感じる人もいるかもしれません。

現金化までに時間がかかる
「仲介買取」では、売却活動が必要です。売却活動をした後に売却しないといけないため、購入希望者が現れないことには買取ができません。現金化するには購入希望者が現れないといけないため、時間のかかるケースもあるようです。

契約不適合責任が問われる場合がある
契約条件に不備がある場合、売却後に契約不適合責任が問われる場合があります。賠償金を支払う必要がある場合があるので、十分に不動産会社と内容をすり合わせた上で買取を進めましょう。

近所の人に買取していることが知られる
売却活動をしなくてはいけない仲介買取では、ネット上やチラシで広告を出す必要があります。そのため、近所の人に売り出し中であることを知られてしまう可能性が高いです。

買取売却のメリット・デメリットとは


所有している家を不動産会社に直接買取してもらう、「買取売却」では、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。解説していきます。

メリット


仲介手数料が必要ない
不動産会社に直接家を買取してもらえる「買取売却」では、仲介に入ってもらう必要がありません。そのため、仲介売却で発生するような仲介手数料が必要ありません。仲介手数料は不動産会社に仲介人として入ってもらった家の買取が完了した際に、成功報酬として支払うものです。仲介買取では、家の売却価格の3%+6万円の仲介手数料が発生します。そのため、売却後の支払い費用を抑えたい人には嬉しいポイントでしょう。

現金化までがスピーディー
「買取売却」の場合、広告を打ったり、売却活動をしたりする必要がありません。家を不動産会社に直接買取してもらうため、現金化できるまでの期間を短縮できます。スピーディーに家を買取して欲しい方は、不動産会社に買取してもらえる買取売却がおすすめです。

契約不適合責任が免除される
不動産を売却すると、売却する際の契約に少しでも条件が反している際に契約不適合責任が問われるようになります。しかし、不動産会社に買取してもらう場合には、契約不適合責任が免除されます。家の状態に不安を感じる方は「買取売却」をした方が合っているかもしれません。

近所に知られずに売却できる
家を買取してもらうためには、売却活動が必須です。売却活動をしたり、広告を出したりすると近所の人に買取してもらおうとしていることが知られてしまいます。「買取売却」では、近所の人に家を買取していることを悟られずに進められます。そのため、あまり周りに知られないように家を買取して欲しいと思っている方にぴったりです。

デメリット


市場価格よりは安く買取される
家を不動産会社に「買取売却」してもらう場合、一般的な市場価格で売却するよりも1割から3割ほど安く買取されてしまいます。不動産会社が家を買取する場合、売却した後にリフォームをして売りに出されます。そのため、リフォームや売りに出す際の手数料に当てるために一般よりも安く買取されてしまうのです。

不利な条件で買取される
不動産会社に家を買取してもらうのは、築年数の経ってしまった古い物件が向いています。比較的新しい物件を不動産会社に買取してもらうと、普通に売却するよりも安く買い取られてしまいます。対して古い物件だと一般の市場ではなかなか値がつかないことがあるので、比較的良いでしょう。

家を買取する際の注意点


どんな家を買取してもらうにも、最も注意しなくてはいけないのが不動産会社選びです。仲介買取でも、買取売却でも、不動産会社を選ぶ際の注意点をご紹介していきます。

不動産選びに重要な点は主に次の3つあります。

  1. 対象の地域の不動産売買の実績が多いか
  2. 購入ではなく売却が得意か
  3. 自分が持っている不動産のタイプ(戸建やマンションなど)の取り扱いを得意としているか

人気なエリアの不動産の買取を希望している場合には、地域密着型の不動産会社を選ぶ必要はありません。しかし、地方の物件になればなるほど、地域に対する理解がより深い不動産会社の方が積極的に売却活動がしやすい傾向があります。

さらに、買取をスムーズに進めるためには、不動産売却が得意な不動産会社を見つけるようにしましょう。どんなに実績があっても、購入ばかりが得意で、売却を得意としていないと、思い描いていた結果にならないこともあります。

また、戸建やマンションなど、自分の所有している不動産の種類の取り扱いが得意であることも重要です。どんなに実績があっても、マンションを売りたいのに戸建ばかり取り扱っているようだと、売却活動がうまくいかなかったり、購入希望者の需要に供給が合わないこともあります。

まずは買取査定で家の価値を知ることが重要


家の買取を成功させたいのであれば、まずは不動産の価値を知ることが重要です。自分の持っている家がどれくらいの価格で売却できるかを知っているだけで、より満足のいく買取を成功させられるでしょう。仲介買取でも、買取売却でも、不動産選びが重要になるので、売却前に査定をして自分にぴったりな不動産会社を見つけられるようにしましょう。

家の価値を知りたのであれば、売却査定は必須です。すむたす買取では、独自のAI技術と専門知識で最短1時間で査定価格を算出してくれます。また、最短2日で売却できるので、スピーディーな売却がしたい方にはぴったりなサービスです。ぜひ活用してみてください。

中古マンション売るなら、すむたす買取
マンション売却価格がすぐにわかるAI査定
業界初、中古マンションを最短2日で現金化! 個人情報は一切不要で、迷惑営業電話もなし。 まずはマンション価格をAI査定しませんか?
その他
すむたすマガジン
タイトルとURLをコピーしました