老後の住み替えを成功させるには?住み替え先選びや資金計画のポイントを解説!

老後の住み替えを成功させるポイントその他

老後は子育てや仕事が落ち着き、ライフスタイルも大きく変わることになるため、家の住み替えを検討される方も多いでしょう。

老後の暮らしを快適に送るためには、10年/20年先の生活をイメージして住み替え先を選ぶ必要があります。また、老後は現役時代よりも収入が減る傾向にあるため、ローンの返済についても慎重に計画を立てた方が良いでしょう

そこで本記事では、老後の住み替え先選びや資金計画のポイントについて詳しく解説していきます。

すむたす買取
すむたす買取

老後の住み替えのタイミング

老後の住み替えのタイミングは人それぞれです。しかし「他の人がどんなタイミングで住み替えているのか」を知れば、住み替えを検討するときの参考になります。よくある老後の住み替えのタイミングを、3つ紹介します。

 

老後の住み替えのタイミング

子供が独立するとき

子供の独立を機に、老後の生活拠点への住み替えを意識し始める人は多いです。子供が独立してしまうと、それまで住んでいたファミリー向けの住宅では、部屋を持て余してしまいがちです。

子供が独立して夫婦だけになったら、夫婦向けの住宅に住み替えをすることで家事や家の管理の負担を軽減できるでしょう。

退職するとき

住み替えを検討するタイミングとして他に多いのが、「定年退職したとき」です。定年退職後は職場までの通勤距離を気にする必要がなく、子供も独立していることが多いので、学校からの距離を考える必要もありません。

しかし、一般的に住宅ローンの借入は年齢に上限が設けられています。そのため、定年からしばらく経ってしまうと住宅ローンが組めなくなってしまうこともあります。定年を迎えてすぐの方が住宅ローンを組みやすいため、住み替えのタイミングを逃さないようにしましょう。

建替えやリフォームが必要なとき

中には住居の老朽化を理由に住み替えを検討する人もいます。老後の生活のことを考えると、補修、耐震補強はもちろん、バリアフリーに対応するようなリフォームも必要になるでしょう。もちろんリフォームでも構いませんが、大掛かりな工事の必要な場合には、思い切ってバリアフリーの物件への住み替えをした方が費用を抑えられるかもしれません

老後の住み替え先選びのポイント

老後の住み替え先を選ぶ際、どのようなポイントに気をつければいいのでしょうか。住み替え先を検討する際に気をつけたいポイントを3つ紹介します。

住み替え先選びのポイント

賃貸よりも購入がおすすめ

老後住み替えをして長期間暮らすことを考えるのであれば、賃貸よりも購入した方がお得になることもあります。賃貸で暮らしてしまうと、毎月の家賃の支払いがあるにも関わらず、所有物を得ることができません。購入の場合は、月々のローン返済で同じような費用がかかるものの、物件を資産として残すことができます

さらに、住宅ローンの支払いが完済すればそこから毎月の支払いもなくなるため、長期的に見ればコストを削減できるかもしれません

ただし、資産が残るということは相続が必要になることを意味します。相続人となる方の承諾を得てから購入した方が良い場合もあるので、よく相談してから購入を決めましょう。

利便性と周辺環境を重視する

老後の生活をより安心して送るためには、交通の利便性や周辺環境を重視して住み替え先を選びましょう。例えば、足腰が弱くなったり、車を運転できなくなったりすることを考慮し、スーパーやドラッグストアなど日用品を購入するお店や駅、バス停などの施設は近くにあったほうが望ましいでしょう。

また、坂道や階段が多い地域だと生活に支障をきたすかもしれません。マンション周辺にどのような施設があるのかだけでなく、マンションと各施設との間にどんな道があるのかも把握しておきましょう。

バリアフリー物件かどうか

老後は体力の低下や怪我、病気のリスクも懸念されるため、住み替え先にはバリアフリーの物件をおすすめします。

また、住み替え先がマンションの場合は1階などの低層階がおすすめです。低層階であれば移動時の負担が軽減され、外出もしやすくなります。また、災害時は階段での非難を余儀なくされる場合もあるため、素早く避難するためには低層階が望ましいでしょう。

マンションと戸建てどちらに住み替えるべきか

老後に住み替え先として、マンションと戸建てのどちらを選ぶべきか悩む方も多いでしょう。もちろんどちらの方が老後の生活に向いているのかは、個人の見解によって異なります。

それぞれに住み替えた際のメリットとデメリットを紹介しますので、自分にはどちらが向いているのか考えながらチェックしていってみましょう。

マンションに住み替えるメリットとデメリット

老後の住み替え先にマンションを選ぶことには、以下のようなメリットとデメリットがあります。

【メリット】
・管理会社が清掃作業などを行ってくれるため、維持管理の手間が削減できる
・防犯カメラやオートロックの設置で、セキュリティ性が高い
【デメリット】
・管理費や積立修繕費がかかる
・上層階の場合移動が不便な場合がある

老後をマンションで暮らす最大のメリットは、住宅の管理や修繕に手間をかけることなく、快適に生活できるところです。もちろん管理費や修繕費を払う必要はありますが、加齢とともに体力や気力が衰えても、生活環境が維持されるのは嬉しいポイントではないしょうか。

戸建てに住み替えるメリットとデメリット

一方で戸建てに住み替える場合は、以下のようなメリットとデメリットがあります。

【メリット】
・理想のライフスタイルを実現しやすい
・建築物の価値が下がっても、土地の価値は資産として残しやすい
【デメリット】
・維持管理の手間がかかる
・セキュリティ面の対策が必要

老後を戸建てで暮らす場合、建物や庭などの管理やセキュリティ対策等も自分で行う必要があります。そのため快適な環境を維持するためには、やはり費用と手間がかかってしまいます。

一方で、集合住宅であるマンションとは違い、ペットを飼ったり、建物をリフォームしたりと、より自分好みのライフスタイルを手に入れられることが大きな魅力です。

多少のコストを割いてでも理想の暮らしを追求したい方、誰かが家周りの面倒をみてくれる方などにおすすめです。

資金計画を立てる際のポイント

老後の生活に向けて住み替えをする場合、資金計画は慎重に立てる必要があります。定年退職をして毎月の給与がなくなってから住宅ローンの支払いを続けるため、家計が圧迫されやすいという問題があります。

経済的にも余裕を持った生活を過ごすためには、どのように資金計画を立てれば良いのでしょうか。3つのポイントについて解説します。

資金計画を立てる際のポイント

ローンは無理のない範囲で組む

老後の住み替えの資金計画を立てる際、最も重視しなくてはいけないのがローンの組み方です。老後は今までのように毎月の給与がなく、主に年金と貯金での暮らしになります。そのため、現役のときのようなローン計画を立ててしまうと、毎月の支払額が多過ぎたり、支払い期間が長過ぎたりなどの問題が発生してしまいます。

ローンを組む際には、毎月の支払額支払い期限を十分に考慮したうえでローンを組むようにしましょう。

売り先行で住み替える

住み替えをする際には、先に不動産を売却してから新居探しをする「売り先行」と、新居に引っ越してから不動産を売却する「買い先行」の2種類があります。

老後の資金計画は慎重に立てるべきなので、住み替えは「売り先行」をおすすめします。先に物件を売却して手元にどれだけ資金が残るか把握できれば、住み替え先の購入予算を決めやすくなり、より具体的な資金計画が立てられるでしょう。

複数の不動産会社に査定を依頼する

老後の家計を圧迫しないためには、住み替え先の購入費用をできるだけ自己資金で工面し、ローンの借入額を小さくすることが望ましいです。そのためには、今住んでいる物件をできるだけ高値で売却し、購入費用に充てたいところです。

物件の高値売却を目指すには、まずは多くの不動産会社に査定を依頼することが重要です。複数の会社の査定結果を比較することで、高値の売却に一緒にチャレンジしてくれる不動産会社に出会える可能性が高くなります。

老後の住み替えにオススメのサービスは?

住み替えを成功させるためには、もともと住んでいた物件がいくらで売れそうなのかを明確に把握しておく必要があります。そこでおすすめしたいサービスが「すむたす買取」です。

すむたす買取では、査定にAIを用いることで、物件の適切な価格を最短1時間で知ることができます。また価格に満足していただけた場合は、最短2日で物件を売却することも可能です。

いますぐ物件の適切な価格を把握したい方や、住み替えに手間や労力を割きたくない方におすすめのサービスです。

また、査定フォームには電話番号を記載する必要がないため、面倒なテレアポや営業等は一切ありません。ですので、まずはお気軽に査定だけでも試してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました