荒川区のマンション買取・相場推移を徹底調査!売れる物件とは?

マンション買取
すむたす買取
すむたす買取

【荒川区】マンション買取価格の相場と推移

まずは、2005年から2020年までの、「中央区で売買された中古マンションの買取価格」の推移をみていきましょう。
次の表とグラフは、中央区で売買された中古マンションの買取価格を、「間取り」と「買取年数」ごとに整理したものです。

【荒川区の中古マンションの取引価格(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

1R/1K1DK/1LDK2K/2DK/2LDK3K/3DK/3LDK4LDK~全間取り
2020¥22,243,243¥27,281,250¥36,211,538¥39,153,846¥50,200,000¥38,211,659
2019¥20,502,000¥23,750,000¥33,265,672¥39,178,947¥46,461,538¥35,664,039
2018¥21,885,417¥23,861,765¥31,925,373¥39,144,737¥47,300,000¥35,557,969
2017¥21,476,786¥25,044,828¥31,884,615¥36,056,818¥42,555,556¥33,885,454
2016¥22,260,870¥25,044,444¥30,590,164¥36,859,375¥46,000,000¥34,623,496
2015¥15,104,000¥25,200,000¥28,947,887¥30,938,272¥44,272,727¥32,339,722
2014¥17,255,172¥21,010,000¥29,362,319¥29,461,176¥40,142,857¥29,994,088
2013¥12,338,095¥22,032,258¥29,323,377¥32,472,222¥39,700,000¥30,881,964
2012¥14,953,125¥19,700,000¥23,039,216¥28,691,667¥37,785,714¥27,304,149
2011¥16,733,929¥15,240,909¥23,743,590¥30,724,138¥39,000,000¥27,177,159
2010¥16,307,317¥21,243,750¥29,372,368¥38,466,667¥45,687,500¥33,692,571
2009¥21,237,931¥25,293,548¥29,586,842¥30,477,528¥34,300,000¥29,914,480
2008¥21,151,724¥21,638,462¥29,410,870¥35,577,632¥48,000,000¥33,656,741
2007¥19,095,745¥17,181,250¥21,437,209¥29,003,077¥33,571,429¥25,298,241
2006¥22,027,778¥19,779,167¥26,878,846¥34,977,778¥42,230,769¥30,966,640
2005¥17,462,791¥12,660,000¥17,418,182¥24,461,538¥49,000,000¥25,884,930
全期間¥18,877,245¥21,622,602¥28,274,879¥33,477,839¥42,888,006¥31,565,831

width=949

全間取り・全期間の平均価格は「31,565,831円」。2015年以降は、3,000万円以上をキープしています。

では次に、23区の平均と荒川区の「買取価格の推移」を比較してみましょう。

【東京23区の中古マンションの取引価格(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

1R/1K1DK/1LDK2K/2DK/2LDK3K/3DK/3LDK4LDK~全間取り
2020¥21,639,788¥36,154,591¥51,311,001¥54,574,402¥63,418,033¥51,364,507
2019¥21,386,667¥37,093,799¥50,046,451¥50,604,296¥63,596,667¥50,335,303
2018¥20,547,579¥35,303,928¥48,532,281¥50,731,217¥54,094,737¥47,165,541
2017¥19,740,779¥34,425,145¥48,119,226¥49,880,311¥59,423,529¥47,962,053
2016¥18,909,133¥33,649,863¥46,905,143¥47,412,336¥58,355,932¥46,580,819
2015¥17,915,918¥33,358,121¥44,651,812¥45,735,881¥72,622,857¥49,092,168
2014¥16,329,144¥30,040,268¥40,315,104¥41,891,351¥66,244,565¥44,622,822
2013¥15,062,174¥28,995,184¥37,928,838¥41,599,075¥52,880,531¥40,350,907
2012¥14,696,900¥27,881,309¥35,741,500¥40,202,396¥51,872,642¥38,924,462
2011¥14,952,179¥28,841,176¥36,933,746¥41,695,801¥52,842,500¥40,078,306
2010¥15,898,465¥31,417,233¥42,504,735¥45,120,975¥52,308,252¥42,837,799
2009¥16,250,019¥29,818,675¥39,978,444¥40,476,959¥53,251,282¥40,881,340
2008¥16,661,902¥29,002,194¥38,337,336¥40,799,421¥49,155,172¥39,323,531
2007¥17,948,481¥27,533,813¥37,706,485¥39,277,913¥47,317,054¥37,958,816
2006¥17,016,380¥25,221,526¥32,884,551¥36,066,400¥49,107,345¥35,819,955
2005¥16,329,828¥24,717,053¥29,631,184¥35,683,770¥44,331,250¥33,590,814
全期間¥17,309,703¥30,486,619¥40,681,122¥43,145,207¥55,160,288¥42,368,309

荒川区のマンションは、すべての間取りで23区の平均価格を下回っています。グラフを見ると、どの間取りも価格の上下が激しく、価格が安定していないこともわかります。ほかの区でも「4LDK~」の価格は上下しやすいですが、ほかの間取りでここまで価格変動が激しいのは珍しいです。

【荒川区】マンション買取市場の傾向

次に、荒川区で売買された中古マンションの買取価格を、「間取りごと」に見てみましょう。

部屋数が多くなれば、比例して買取価格も高くなるのは当然です。
では、「1部屋あたりの買取価格」をほかの地区と比較してみると、どうなるのでしょうか。

次の表は、「買取価格/LDKを除いた部屋数」の計算式で、1部屋あたりの価格を求めたものです。
()の数字は、「1DK/1LDK」に対して、1部屋あたりの価格にどの程度の差があるかを表します。見比べることにより、「部屋数の多い物件へのニーズが高いのか、少ない物件へのニーズが高いのか」がわかるでしょう。

【荒川区の中古マンションの1部屋あたりの価格(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

間取り1部屋あたりの価格(2005年〜2020年)
1DK/1LDK¥22,462,619
2K/2DK/2LDK¥14,593,352(65%)
3K/3DL/3LDK¥11,312,476(50%)
4LDK~¥10,645,000(47%)

【東京23区の中古マンションの1部屋あたりの価格(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

間取り1部屋あたりの価格(2005年〜2020年)
1DK/1LDK¥30,486,619
2K/2DK/2LDK¥20,340,561(67%)
3K/3DL/3LDK¥14,381,736(47%)
4LDK~¥13,790,072(45%)

表の数字を見比べてみると、間取りごとのニーズは23区の平均とそう変わらないことがわかります。

最後に、「間取りごとの買取価格の伸び率」を見てみましょう。

【荒川区の中古マンションの価格伸び率(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

間取り価格伸び率(2005年〜2020年)
1R/1K127%
1DK/1LDK215%
2K/2DK/2LDK208%
3K/3DL/3LDK160%
4LDK~102%

【東京23区の中古マンションの価格伸び率(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

間取り価格伸び率(2005年〜2020年)
1R/1K133%
1DK/1LDK147%
2K/2DK/2LDK173%
3K/3DL/3LDK153%
4LDK~143%

荒川区のマンション買取価格の伸び率を見ていくと、「1DK/1LDK」と「2K/2DL/2LDK」の伸び率が目を引きます。どちらも2005年から2020年にかけて、2倍以上の価格になっています。先ほどグラフでお見せしたように価格変動は激しいものの、「1R/1K」と「4LDK~」以外の価格は順調に伸びているようです。

ただ、「1R/1K」と「4LDK~」の価格はほぼ横ばいで、特に「4LDK~」は102%とほとんど価格が上がっていません。

まとめると、荒川区のマンション買取のニーズには、次のような傾向があるとわかりました。

  • 「1DK/1LDK」~「3K/3DL/3LDK」のニーズは伸びている
  • ワンルームや部屋数の多すぎる間取りのニーズは低い
  • 「1DK/1LDK」と「2K/2DK/2LDK」のニーズが特に伸びている

総合すると、荒川区のマンションは間取りごとに価格の伸び方に差があり、売却益が出る物件と出ない物件がはっきり分かれるとわかります。

荒川区の特徴、立地としての優位性

マンションの売却活動において、売りたい物件の「アピールポイント」を知っておくことは重要。物件そのものの魅力だけでなく、「物件のあるエリアの魅力」も、大切なアピールポイントです。

自然が多く、下町らしい雰囲気が魅力的な荒川区。そんな荒川区は、具体的にはどんな世帯におすすめできる土地なのでしょうか。

次からは、荒川区の特徴・立地としての優位性を、「交通事情」「治安」「行政や区の取り組み」の観点から見ていきます。

荒川区の交通事情

東京23区の中で、2番目に面積の狭い荒川区には、10もの鉄道路線が走っています。面積に対して鉄道路線の数も駅の数も多く、移動に困ることはほぼないでしょう。

そんな荒川区には、鉄道以外の交通手段も豊富です。コミュニティバスや都営バスはもちろん、水上バスまであり、国道や都道も充実しています。

自家用車の有無、移動手段にかかわらず、都心や県外へのアクセスはスムーズです。

荒川区の治安は?

荒川区の治安を、「犯罪発生率」から見ていきましょう。まずは、荒川区の犯罪発生数と、発生率を比較します。

【エリア別犯罪発生状況】
「区市町村の町丁別、罪種別及び手口別認知件数(令和元年)-警視庁」「東京23区の区別 人口一覧-ホームメイト」のデータを元にすむたすが作成
※()内は人口に対する発生犯罪率

エリア人口犯罪発生数凶悪犯粗暴犯
荒川区212,0001,537(0.73%)8109
港区243,0003,474(1.43%)44471
渋谷区225,0004,851(2.16%)40417
目黒区278,0001,814(0.65%)1296
品川区387,0002,403(0.62%)19184
文京区220,0001,263(0.57%)11141
世田谷区903,0005,221(0.57%)31397
千代田区58,0002,896(4.99%)10332
新宿区334,0005,898(1.76%)44637
中央区141,0002,036(1.44%)18179
台東区198,0002,862(1.44%)25251
豊島区291,0004,087(1.40%)30292
墨田区256,0002,368(0.93%)22154
葛飾区443,0003,365(0.76%)16266
板橋区562,0003,973(0.71%)19214
足立区670,0004,764(0.71%)19365
中野区328,0002,337(0.71%)11180
大田区717,0005,031(0.70%)14344
江戸川区681,0004,717(0.69%)31287
北区341,0002,365(0.69%)7213
江東区498,0003,375(0.68%)18230
練馬区722,0004,558(0.63%)16218
杉並区564,0003,097(0.55%)18169

荒川区の犯罪発生数は1,537件、犯罪発生率は0.73%と23区中10番目です。治安は良い方だといえるでしょう。

行政も犯罪対策に積極的で、犯罪数は年々減り続けています。今後も安心して住める街といえます。

荒川区の行政、区の取り組み

荒川区は犯罪対策と子育て支援に力を入れています。

犯罪対策では、区を挙げて防犯カメラの設置を進めています。防犯カメラは犯罪抑止力としての効果を発揮し、2015年までは2,000件を上回っていた犯罪発生数を、1,000件台にまで減らしました。

子育て支援では、子育て中の親たちを支援する電話相談を設け、子育て情報アプリも配信しています。電話相談は24時間対応で、看護師資格を持つスタッフにいつでも相談することが可能です。子育てアプリでは、子育てに役立つ情報や区のイベント情報を配信し、予防接種のスケジュール管理や母子手帳などの機能も搭載しています。

参考:
荒川区ホームページ

荒川区のマンションを売る方法

犯罪対策と子育て支援に力を入れる荒川区は、子育て世帯におすすめの街です。「1DK/1LDK」~「3L/3DL/3LDK」のニーズが高いことからも、子育て世帯からの人気がわかるでしょう。

せっかくの物件を安く手放してしまわないよう、売却活動で利用することになる「仲介業者」と「買取業者」の違いは、きちんと把握しておきましょう。

仲介業者を利用する

仲介業者は、マンションを買いたい人と売りたい人を繋ぐ、仲介役のような業者です。

基本的には、「住むためにマンションを買いたい個人」を対象に買主を探すため、買取価格は高くなる傾向にあります。
投資目的の買主と違い、「転売の差額や賃貸運用による利益」ではなく、「単純に欲しいかどうか」で購入が決まるからです。

一方、「マンションを気に入り、高いお金を払っても良い」と感じる人が現れるのを待つことになるため、売却までの期間は長くなりがちです。

買取業者を利用する

買取業者は、マンションを買取り、活用することで利益を得る業者です。

転売や賃貸運用などで利益を得ることが目的であり、「マンションの買取価格=コスト」を抑えたいと考えているため、買取価格は低くなる傾向にあります。

ただし、自分が買取価格に納得すれば、すぐに売却が決まります。
買取業者にとって、マンションの買取りはビジネスであるため、「欲しいかどうか」という判断がありません。
利益が出せそうな価格で買えるなら、すぐに買い取ってくれるのです。

仲介業者や買取業者について、もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考になります。

マンションの売却には買取業者と仲介業者、どちらを選ぶべき?

荒川区のマンション買取なら、早くて高いすむたす買取へ

子育て世帯からの人気が高く、お手ごろ価格でマンションを購入できる荒川区では、売却活動はスムーズに進むでしょう。

内見対応の際は、犯罪対策の内容や実績(犯罪がどのくらい減っているのか)を、具体的に伝えられると良さそうです。相手が子育て世帯なら、子育て支援の電話相談やアプリのことも、さりげなく伝えてあげましょう。

とはいえ、仲介では売りづらいマンションもあります。特に荒川区では、ワンルームマンションや4LDK以上の大きなマンションのニーズが低く、売却活動が難航するかもしれません。

そんなときにおすすめなのが、最短2日でマンションを売却できる「すむたす買取」です。

すむたす買取は、本記事でお見せしたような膨大なデータと独自のテクノロジーで、マンションの適正価格を導き出すサービス。Webから5つの項目を入力するだけで、最短1時間での査定が可能です。

査定価格が気に入ったときは、30分程度の現状確認を経て、マンションをすぐに現金化できます。売却を促す営業電話はかからず、査定後しばらくしてから売ることもできるので、「とりあえず査定だけしてみたい」という方にもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました