港区のマンション買取・相場推移を徹底調査!売れる物件とは?

マンション買取
すむたす買取
すむたす買取

【港区】マンション買取価格の相場と推移

まずは、2005年から2020年までの、「港区で売買された中古マンションの買取価格」の推移を見ていきましょう。

次の表とグラフは、港区で売買された中古マンションの買取価格を、「間取り」と「買取年数」ごとに整理したものです。

【港区の中古マンションの取引価格(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

1R/1K1DK/1LDK2K/2DK/2LDK3K/3DK/3LDK4LDK~全間取り
2020¥26,395,954¥58,115,789¥106,809,091¥148,775,510¥483,333,333¥199,258,431
2019¥27,050,958¥61,478,261¥93,644,231¥129,506,024¥302,500,000¥146,782,129
2018¥24,461,278¥55,628,049¥94,828,431¥146,091,954¥187,500,000¥121,012,109
2017¥25,715,267¥56,186,391¥88,922,886¥126,629,808¥375,000,000¥161,684,771
2016¥23,323,944¥55,639,175¥79,982,833¥107,902,439¥135,000,000¥94,631,112
2015¥22,481,229¥60,799,448¥94,980,000¥118,607,595¥1,685,000,000¥489,846,761
2014¥20,639,245¥46,847,953¥80,683,186¥102,820,513¥130,600,000¥90,237,913
2013¥17,909,524¥47,702,488¥74,179,487¥112,611,111¥188,000,000¥105,623,271
2012¥18,277,447¥44,027,919¥69,272,571¥98,720,000¥136,571,429¥87,147,980
2011¥19,004,082¥46,304,545¥68,857,923¥88,380,583¥162,888,889¥91,607,985
2010¥17,806,276¥51,540,291¥77,983,607¥118,142,857¥236,333,333¥121,000,022
2009¥18,433,810¥49,658,659¥78,266,667¥98,473,118¥126,833,333¥88,307,944
2008¥19,751,923¥47,313,386¥72,091,503¥81,016,129¥234,500,000¥108,730,255
2007¥18,305,960¥42,811,765¥79,663,866¥93,140,000¥160,000,000¥93,903,908
2006¥17,656,604¥38,841,935¥75,389,313¥106,604,167¥120,666,667¥85,375,520
2005¥17,249,153¥36,406,780¥52,810,811¥113,464,286¥77,333,333¥70,003,802
全期間¥20,903,916¥49,956,427¥80,522,900¥111,930,381¥296,378,770¥134,697,120

【港区の中古マンションの取引価格(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

全間取り・全期間の平均価格は「111,938,479円」。2017年以降は1億円以上をキープし、上昇傾向にあります。東京都23区の平均買取価格の3,000万円ほどであるため、港区のマンションは東京都23区の中でも相当な高値で取引されていることがわかります。

次に、港区と東京都23区の「平均買取価格の推移」を比較していきましょう。

【東京23区の中古マンションの取引価格(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

1R/1K1DK/1LDK2K/2DK/2LDK3K/3DK/3LDK4LDK~全間取り
2020¥21,639,788¥36,154,591¥51,311,001¥54,574,402¥63,418,033¥51,364,507
2019¥21,386,667¥37,093,799¥50,046,451¥50,604,296¥63,596,667¥50,335,303
2018¥20,547,579¥35,303,928¥48,532,281¥50,731,217¥54,094,737¥47,165,541
2017¥19,740,779¥34,425,145¥48,119,226¥49,880,311¥59,423,529¥47,962,053
2016¥18,909,133¥33,649,863¥46,905,143¥47,412,336¥58,355,932¥46,580,819
2015¥17,915,918¥33,358,121¥44,651,812¥45,735,881¥72,622,857¥49,092,168
2014¥16,329,144¥30,040,268¥40,315,104¥41,891,351¥66,244,565¥44,622,822
2013¥15,062,174¥28,995,184¥37,928,838¥41,599,075¥52,880,531¥40,350,907
2012¥14,696,900¥27,881,309¥35,741,500¥40,202,396¥51,872,642¥38,924,462
2011¥14,952,179¥28,841,176¥36,933,746¥41,695,801¥52,842,500¥40,078,306
2010¥15,898,465¥31,417,233¥42,504,735¥45,120,975¥52,308,252¥42,837,799
2009¥16,250,019¥29,818,675¥39,978,444¥40,476,959¥53,251,282¥40,881,340
2008¥16,661,902¥29,002,194¥38,337,336¥40,799,421¥49,155,172¥39,323,531
2007¥17,948,481¥27,533,813¥37,706,485¥39,277,913¥47,317,054¥37,958,816
2006¥17,016,380¥25,221,526¥32,884,551¥36,066,400¥49,107,345¥35,819,955
2005¥16,329,828¥24,717,053¥29,631,184¥35,683,770¥44,331,250¥33,590,814
全期間¥17,309,703¥30,486,619¥40,681,122¥43,145,207¥55,160,288¥42,368,309

【東京23区の中古マンションの取引価格(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

23区の平均買取価格は2005年より、大きな変動がなく比較的落ち着いています。2012年からは港区と同じく買取価格も落ち込むことなく上昇傾向にあります。

しかし、港区の4LDK〜の買取価格はその年ごとに大きく変動し、2014年と2015年には1億円以上の差異が出ています。買取の時期には注意が必要です。

【港区】マンション買取価格の相場と推移

港区で過去に取引のあったマンションの買取価格を、間取りごとに見ていきましょう。

グラフを見なくても、部屋数が増えるにつれて買取価格が高額になるのは明らかです。23区では部屋数が増えるに応じて価格は高騰します。港区では、特に3Kから大幅な価格変動があるため、部屋数の多いマンションは高額買取が期待できます。

【港区の中古マンションの1部屋あたり価格(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

間取り1部屋あたり価格
1DK/1LDK49,956,427円
2K/2DK/2LDK40,261,450円(81%)
3K/3DL/3LDK37,310,127円(75%)
4LDK~74,094,692円(148%)

【東京23区の中古マンションの1部屋あたり価格(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

間取り1部屋あたり価格
1DK/1LDK30,486,619円
2K/2DK/2LDK20,340,561円(67%)
3K/3DL/3LDK14,381,736円(47%)
4LDK~13,790,072円(45%)

表の数字を見比べてみると、港区では部屋数の多いマンションのニーズが高く、特に「4LDK~」へのニーズは群を抜いていることがわかります。

最後に、「間取りごとの買取価格の伸び率」を見てみましょう。

【港区の中古マンションの価格伸び率(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

間取り価格伸び率(2005年〜2020年)
1R/1K153%
1DK/1LDK160%
2K/2DK/2LDK202%
3K/3DL/3LDK131%
4LDK~391%

【東京23区の中古マンションの価格伸び率(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

間取り価格伸び率(2005年〜2020年)
1R/1K133%
1DK/1LDK147%
2K/2DK/2LDK173%
3K/3DL/3LDK153%
4LDK~143%

港区のマンションはどの間取りも価格が伸びていますが、中でも目を惹くのが「4LDK~」です。2005年から2020年にかけて、買取価格が4倍近く伸びています。

まとめると、港区のマンション買取のニーズには、次のような傾向があるとわかりました。

  • どの間取りのニーズも伸びている
  • 部屋数の多い間取りのニーズが23区内でも高い
  • 「4LDK~」へのニーズが23区内でもかなり高い

総合すると、港区のマンションはかなりの高額売却が狙え、中でも4LDK以上の物件では相当な高値が期待できるとわかりました。

港区の特徴、立地としての優位性

マンションを買取してもらう際、そのスペックや魅力を把握し、最大限に売り出したいものです。それは物件だけの話ではなく、物件のあるエリアにも同じことがいえます。部屋の「アピールポイント」をリストアップする際に、エリアのアピールポイントも考えてみてみましょう。東京23区は都心で、ビジネスやホットスポットがたくさんあるエリアです。そのため、23区であること自体が、そもそものアピールポイントではあります。

その中でも港区ならではの魅力には、果たしてどのようなものがあるのでしょうか。港区の交通事情、治安、行政の取り組みの3つをお伝えしていきます。

港区の交通事情

海外の方の流入も多く、ビジネスの中心地ともいえる港区の交通事情はどのようなものなのでしょうか。

意外に感じる方もいるかもしれませんが、「羽田空港」「成田空港」などと直結し、新幹線の乗り入れもある品川駅は港区に位置します。都内に限らず国内や海外との交通網の中継地である港区は、交通の利便性にはほかの区に比べても高いといえるでしょう。

港区には31の駅があり、そのほとんどが都営や逃去メトロの路線上にあります。代表的なものには、青山一丁目、品川、六本木などがあげられるでしょう。ビジネスの中心地である「新橋」を始め、おしゃれ女子の憧れの街「表参道」や高級タワーマンションがそびえ立つ「白銀高輪」などもあります。

港区の治安は?

港区の治安を、「犯罪発生率」から見ていきましょう。
まずは、港区の犯罪発生数と、発生率を比較します。

【エリア別犯罪発生状況】
「区市町村の町丁別、罪種別及び手口別認知件数(令和元年)-警視庁」「東京23区の区別 人口一覧-ホームメイト」のデータを元にすむたすが作成
※()内は人口に対する発生犯罪率

エリア人口犯罪発生数凶悪犯粗暴犯
港区243,0003,474(1.43%)44471
渋谷区225,0004,851(2.16%)40417
目黒区278,0001,814(0.65%)1296
品川区387,0002,403(0.62%)19184
文京区220,0001,263(0.57%)11141
世田谷区903,0005,221(0.57%)31397
千代田区58,0002,896(4.99%)10332
新宿区334,0005,898(1.76%)44637
中央区141,0002,036(1.44%)18179
台東区198,0002,862(1.44%)25251
豊島区291,0004,087(1.40%)30292
墨田区256,0002,368(0.93%)22154
葛飾区443,0003,365(0.76%)16266
荒川区212,0001,537(0.73%)8109
板橋区562,0003,973(0.71%)19214
足立区670,0004,764(0.71%)19365
中野区328,0002,337(0.71%)11180
大田区717,0005,031(0.70%)14344
江戸川区681,0004,717(0.69%)31287
北区341,0002,365(0.69%)7213
江東区498,0003,375(0.68%)18230
練馬区722,0004,558(0.63%)16218
杉並区564,0003,097(0.55%)18169

港区は、犯罪発生数自体は3,474件と23区の中では比較的多いです。傷害である粗暴行が新宿区に続き多いのが見受けられます。これらは繁華街のような場所での飲酒を伴う事案が多いため、住宅街は比較的高級層が多いこともあり安心して暮らせるエリアが多いです。

港区の行政、区の取り組み

港区では、「最も身近な行政として、区民一人ひとりを大切にし、命と健康を守る」ことをモットーに、子ども、子育て世帯、高齢者への支援に力を入れています。また、外国人や性的マイノリティの方なども安心して暮らせるための街づくりを心がけており、多様なコミュニティが醸成されているのも特徴的です。

さらに、IoTやAIなどを積極的に取り入れた最先端の取り組みが発案されており、来庁が難しい方にとっても嬉しい自宅から手続きが可能となる区役所の実現も検討されています。また、東日本大震災を踏まえ、「帰宅困難者対策の強化」や「新型コロナウイルス感染症等新たな感染症への対応」など、過去の災害での課題を洗い出し、積極的な対策を進めているのも事実です。

港区のマンションを売る方法

東京23区では、日本全国で見ても比較的高価格でマンションを売却できるエリアです。中でも港区は、ビジネスやレジャーの中心地であり、多くの人が憧れる街といえます。そんな港区のマンションを、知識のない業者や悪徳業者に安く買い叩かれてはたまりません。地域の魅力をアピールするのと同じくらい、どこで取引を進めるのかも重要です。

マンション売却には、基本的に2つの方法があります。「仲介業者」を利用する方法と「買取業者」を利用する方法の2つです。それぞれメリットもあればデメリットもあります。では、どちらを選ぶのがいいのでしょうか。それぞれ解説していきます。

仲介業者を利用する

仲介業者は、マンションを買いたい人と売りたい人を繋ぐ、仲介役のような業者です。

基本的には、「住むためにマンションを買いたい個人」を対象に買主を探すため、買取価格は高くなる傾向にあります。
投資目的の買主と違い、「転売の差額や賃貸運用による利益」ではなく、「単純に欲しいかどうか」で購入が決まるからです。

一方、「マンションを気に入り、高いお金を払っても良い」と感じる人が現れるのを待つことになるため、売却までの期間は長くなりがちです。

買取業者を利用する

買取業者は、マンションを買取り、活用することで利益を得る業者です。

転売や賃貸運用などで利益を得ることが目的であり、「マンションの買取価格=コスト」を抑えたいと考えているため、買取価格は低くなる傾向にあります。

ただし、自分が買取価格に納得すれば、すぐに売却が決まります。
買取業者にとって、マンションの買取りはビジネスであるため、「欲しいかどうか」という判断がありません。
利益が出せそうな価格で買えるなら、すぐに買い取ってくれるのです。

仲介業者や買取業者について、もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考になります。

港区のマンション買取なら、早くて高いすむたす買取へ

ビジネスの中心地である港区には、成田空港や羽田空港などの海外への窓口も直結しています。老若男女はもちろん、さまざまな国籍、性別の人の暮らす多様性の高い街であり、いろいろな人にとって暮らしやすいエリアであるといえるでしょう。

ビジネス街が近いため、職場へのアクセスが良い人も多いのではないでしょうか。オフィスを一歩出るとさまざまなレジャーが広がっていることもあり、オン・オフのはっきりしていることが港区全体の特徴だと思う方もいるでしょう。そんな港区に憧れる人も多く、マンションも高額で取引されています。

そんな港区のマンションを安く手放してしまわないよう、査定は欠かせません。適切に査定をしてもらわないと、マンションを売った後に「こんなはずじゃなかったのに」と後悔するかもしれません。契約する不動産会社はもちろん、査定サービスも慎重に選びましょう。

とはいえ、「忙しくて査定に行く時間がない」という方も多いでしょう。そんな方には、24時間365日、オンライン査定のできる「すむたす買取」の活用がおすすめです。

すむたす買取では、本記事で紹介した膨大な過去の取引データに基づき、独自のAI技術や専門知識でマンションの適正価格を導き出します。

査定価格が納得のいくものなら、すむたす買取上で買取のステップへ進むこともできます。30分程度の現状確認を経て、最短2日でマンションを現金化することも可能です。「住み替えしたいから早く買取して欲しい」「現金が早く欲しい」という方にもおすすめのサービスです。

査定と聞くと、「面倒な手続きが多いのでは」と敬遠してしまう方もいるかもしれません。しかし、すむたす買取ならWebから5つの項目を入れるだけなので、気軽に査定できます。営業電話もかかってこないので、忙しい方にとっても安心です。

お持ちの港区のマンションをより高く売るために、一度査定してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました