大田区のマンション買取・売却相場推移を徹底調査!売れる物件とは?

マンション買取
すむたす買取
すむたす買取

【大田区】マンション売却価格の相場と推移

まずは、2005年から2020年までの、「大田区で売買された中古マンションの買取価格」の推移をみていきましょう。
次の表とグラフは、太田区で売買された中古マンションの買取価格を、「間取り」と「取引年数」ごとに整理したものです。

【大田区の中古マンションの取引価格(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

1R/1K1DK/1LDK2K/2DK/2LDK3K/3DK/3LDK4LDK~全間取り
2020¥20,134,435¥26,286,316¥36,073,171¥46,240,000¥58,727,273¥41,831,690
2019¥19,483,740¥25,578,462¥33,698,276¥41,621,514¥51,812,500¥38,177,688
2018¥18,446,493¥25,815,827¥33,346,486¥43,923,387¥53,000,000¥39,021,425
2017¥18,092,273¥23,875,926¥32,293,011¥41,561,404¥48,411,765¥36,535,526
2016¥17,386,520¥23,170,313¥35,023,397¥42,091,304¥50,318,182¥37,650,799
2015¥16,604,462¥23,530,000¥33,273,446¥42,112,766¥42,200,000¥35,279,053
2014¥14,289,375¥22,838,776¥32,769,652¥39,870,445¥43,666,667¥34,786,385
2013¥14,489,680¥20,051,327¥29,375,481¥36,193,878¥43,333,333¥32,238,505
2012¥13,675,221¥19,424,096¥27,938,235¥34,893,023¥50,055,556¥33,077,728
2011¥14,978,524¥20,295,700¥28,524,026¥39,063,187¥46,000,000¥33,470,728
2010¥15,231,777¥22,463,652¥28,350,676¥36,810,099¥45,769,231¥33,348,414
2009¥16,070,244¥21,744,286¥26,028,177¥37,176,923¥41,869,565¥31,704,738
2008¥16,615,444¥20,556,250¥30,314,655¥37,715,254¥54,846,154¥35,858,078
2007¥17,551,055¥21,860,494¥31,560,504¥39,467,532¥48,363,636¥35,313,042
2006¥17,872,285¥20,987,143¥27,888,281¥35,154,028¥61,304,348¥36,333,450
2005¥15,335,789¥14,829,167¥25,947,826¥32,337,349¥34,880,000¥26,998,586
全期間¥16,641,082¥22,081,733¥30,775,331¥39,139,506¥48,409,888¥35,101,615

【大田区の中古マンションの取引価格(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

width=943

大田区における2020年、全ての間取りの平均価格は「37,492,239円」となっています。
また直近2年間においては広い間取りほど買取価格が大きく上昇しています。

では次に、23区の平均と大田区の「買取価格の推移」を比較してみましょう。

【東京23区の中古マンションの取引価格(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

1R/1K1DK/1LDK2K/2DK/2LDK3K/3DK/3LDK4LDK~全間取り
2020¥21,639,788¥36,154,591¥51,311,001¥54,574,402¥63,418,033¥51,364,507
2019¥21,386,667¥37,093,799¥50,046,451¥50,604,296¥63,596,667¥50,335,303
2018¥20,547,579¥35,303,928¥48,532,281¥50,731,217¥54,094,737¥47,165,541
2017¥19,740,779¥34,425,145¥48,119,226¥49,880,311¥59,423,529¥47,962,053
2016¥18,909,133¥33,649,863¥46,905,143¥47,412,336¥58,355,932¥46,580,819
2015¥17,915,918¥33,358,121¥44,651,812¥45,735,881¥72,622,857¥49,092,168
2014¥16,329,144¥30,040,268¥40,315,104¥41,891,351¥66,244,565¥44,622,822
2013¥15,062,174¥28,995,184¥37,928,838¥41,599,075¥52,880,531¥40,350,907
2012¥14,696,900¥27,881,309¥35,741,500¥40,202,396¥51,872,642¥38,924,462
2011¥14,952,179¥28,841,176¥36,933,746¥41,695,801¥52,842,500¥40,078,306
2010¥15,898,465¥31,417,233¥42,504,735¥45,120,975¥52,308,252¥42,837,799
2009¥16,250,019¥29,818,675¥39,978,444¥40,476,959¥53,251,282¥40,881,340
2008¥16,661,902¥29,002,194¥38,337,336¥40,799,421¥49,155,172¥39,323,531
2007¥17,948,481¥27,533,813¥37,706,485¥39,277,913¥47,317,054¥37,958,816
2006¥17,016,380¥25,221,526¥32,884,551¥36,066,400¥49,107,345¥35,819,955
2005¥16,329,828¥24,717,053¥29,631,184¥35,683,770¥44,331,250¥33,590,814
全期間¥17,309,703¥30,486,619¥40,681,122¥43,145,207¥55,160,288¥42,368,309

【東京23区の中古マンションの取引価格(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

大田区のマンションは、すべての間取りで23区の平均を下回っています。両グラフを見ると「4LDK〜」の買取価格は景気により大きく変動する間取りであることがわかりますが、2020年には正反対の価格変動をしています。

【大田区】マンション買取市場の傾向

次に、大田区で売買された中古マンションの買取価格を、「間取りごと」に見てみましょう。

部屋数が多くなれば、比例して買取価格も高くなるのは当然です。
では、「1部屋あたりの買取価格」をほかの地区と比較してみると、どうなるのでしょうか。

次の表は、「買取価格(2005~2015平均)/LDKを除いた部屋数」の計算式で、1部屋あたりの価格を求めたものです。
()の数字は、「1DK/1LDK」に対して、1部屋あたりの価格にどの程度の差があるかを表します。見比べることにより、「部屋数の多い物件へのニーズが高いのか、少ない物件へのニーズが高いのか」がわかるでしょう。

【大田区の中古マンションの1部屋あたり価格(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

間取り1部屋あたり価格
1DK/1LDK22,707,964円
2K/2DK/2LDK15,387,666円(68%)
3K/3DL/3LDK13,046,502円(57%)
4LDK~12,102,472円(53%)

【東京23区の中古マンションの1部屋あたり価格(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

間取り1部屋あたり価格
1DK/1LDK30,486,619円
2K/2DK/2LDK20,340,561円(67%)
3K/3DL/3LDK14,381,736円(47%)
4LDK~13,790,072円(45%)

表の数字を見比べてみてください。
すべての間取りの取引価格が、23区平均を下回っています。

最後に、「間取りごとの買取価格の伸び率」(2005~2020)を見てみましょう。

【大田区の中古マンションの価格伸び率(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

間取り価格伸び率(2005年〜2020年)
1R/1K131%
1DK/1LDK177%
2K/2DK/2LDK139%
3K/3DL/3LDK143%
4LDK~168%

【東京23区の中古マンションの価格伸び率(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

間取り価格伸び率(2005年〜2020年)
1R/1K133%
1DK/1LDK147%
2K/2DK/2LDK173%
3K/3DL/3LDK153%
4LDK~143%

買取価格の伸び率においては「1DK/1LDK」「4LDK~」が23区平均を大きく上回っており、大田区のマンション買取ニーズの特徴が見えてきました。

  • 1人暮らし向けには「1DK/1LDK」などの少し広めのマンションのニーズが高い
  • 家族向けには「4LDK~」などの特に広い間取りのマンションニーズが上がっている

総合すると、大田区では1人暮らし向けでも、家族向けでも少し広めの間取りのニーズが高いといえます。

大田区の特徴、立地としての優位性

マンションの売却活動において、売りたい物件の「アピールポイント」を知っておくことは重要。物件そのものの魅力だけでなく、「物件のあるエリアの魅力」も、大切なアピールポイントです。

東京23区の東南部に位置し、ものづくり工場群、空の玄関口でもある羽田空港や田園調布をはじめとする良好な住環境など「住んでよし、働いてよし、訪れてよし」を実感できる街です。

次からは、そんな大田区について特徴・立地としての優位性を、「交通事情」「治安」「行政や区の取り組み」の観点から見ていきます。

大田区の交通事情

大田区には東京モノレールを含み10もの路線が走り、40もの駅があります。これは世田谷区をおさえて23区内1位です。(2021年現在)。

東京モノレールや羽田空港関係の駅が多いのが要因でしょう。

また、空の玄関口羽田空港には蒲田駅東口からシャトルバスが1日36本も運行しています。

しかし、大田区は23区内で面積が最大となっており、公共交通機関が充実しているようで鉄道駅から500m以遠、バス停からも300m離れているようなエリアが残存してしまっていることも。住むエリアによって、交通の便に差がでやすいのも、大田区の特徴といえます。

大田区の治安は?

大田区の治安を、「犯罪発生率」から見ていきましょう。

まずは、大田区の犯罪発生数と、発生率を比較します。

【エリア別犯罪発生状況】
「区市町村の町丁別、罪種別及び手口別認知件数(令和元年)-警視庁」「東京23区の区別 人口一覧-ホームメイト」のデータを元にすむたすが作成
※()内は人口に対する発生犯罪率

エリア人口犯罪発生数凶悪犯粗暴犯
大田区717,0005,031(0.70%)14344
目黒区278,0001,814(0.65%)1296
品川区387,0002,403(0.62%)19184
文京区220,0001,263(0.57%)11141
世田谷区903,0005,221(0.57%)31397
千代田区58,0002,896(4.99%)10332
渋谷区225,0004,851(2.16%)40417
新宿区334,0005,898(1.76%)44637
中央区141,0002,036(1.44%)18179
台東区198,0002,862(1.44%)25251
港区243,0003,474(1.43%)44471
豊島区291,0004,087(1.40%)30292
墨田区256,0002,368(0.93%)22154
葛飾区443,0003,365(0.76%)16266
荒川区212,0001,537(0.73%)8109
板橋区562,0003,973(0.71%)19214
足立区670,0004,764(0.71%)19365
中野区328,0002,337(0.71%)11180
江戸川区681,0004,717(0.69%)31287
北区341,0002,365(0.69%)7213
江東区498,0003,375(0.68%)18230
練馬区722,0004,558(0.63%)16218
杉並区564,0003,097(0.55%)18169

大田区は、犯罪発生数自体は2,036件と多い方ではないものの、人口に対する犯罪発生率は4番目と高めです。

大田区の行政、区の取り組み

大田区では、スポーツを通じて区民が豊かで健康的な生活を営み、まちが賑わいと活力を増していくことを願い、「スポーツ健康都市宣言」を行っています。単に長生きするだけでなく、いかに健康寿命を伸ばすかということに対して、「デジタルツール」を活用して「健康なまちづくり」を積極的に推進しています。

大田区のマンションを売る方法

羽田空港からも近く、面積も最大の大田区は、東京都内でもかなりの好立地です。

せっかくの物件を安く手放してしまわないよう、売却活動で利用することになる「仲介業者」と「買取業者」の違いは、きちんと把握しておきましょう。

仲介業者を利用する

仲介業者は、マンションを買いたい人と売りたい人を繋ぐ、仲介役のような業者です。

基本的には、「住むためにマンションを買いたい個人」を対象に買主を探すため、買取価格は高くなる傾向にあります。
投資目的の買主と違い、「転売の差額や賃貸運用による利益」ではなく、「単純に欲しいかどうか」で購入が決まるからです。

一方、「マンションを気に入り、高いお金を払っても良い」と感じる人が現れるのを待つことになるため、売却までの期間は長くなりがちです。

買取業者を利用する

買取業者は、マンションを買取り、活用することで利益を得る業者です。

転売や賃貸運用などで利益を得ることが目的であり、「マンションの買取価格=コスト」を抑えたいと考えているため、買取価格は低くなる傾向にあります。

ただし、自分が買取価格に納得すれば、すぐに売却が決まります。
買取業者にとって、マンションの買取りはビジネスであるため、「欲しいかどうか」という判断がありません。
利益が出せそうな価格で買えるなら、すぐに買い取ってくれるのです。

仲介業者や買取業者について、もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考になります。

大田区のマンション買取なら、早くて高いすむたす買取へ

23区内で最も駅の数が多く、空の玄関口羽田空港にもアクセスが良い大田区は、多くの人が憧れるエリアです。

またさまざまな場所へのアクセスの良さや街全体として健康寿命延伸に積極的な点からも、「住みやすい町」というイメージが強いでしょう。

「思い切り働き、オフの時間は子育てや自分の楽しみに集中できる町」が、東京都大田区です。そんな大田区のマンションなら、早く、高く売れることでしょう。

せっかくの「大田区のマンション」を安く手放してしまわないよう、まずは査定をしてみましょう。「自分のマンションには、どの程度の価値があるのか?」を知るために、査定は不可欠です。適正価格を知らなければ、相場より低い価格で売ってしまい、損をするかもしれません。

「忙しくて査定に行く時間がない」という方には、Webから24時間365日、最短1時間で査定ができる「すむたす買取」がおすすめです。

すむたす買取は、本記事でお見せした「過去取引の膨大なデータ」を基に、マンションの適正価格を査定するサービスです。

もちろん、査定価格が気に入ったら、そのまま売却することも可能。30分程度の現状確認をするだけで、最短2日でマンションを現金化できます。

いずれにしても、「データに基づく適正価格」を知ることは大切です。5つの項目を入力するだけで査定ができ、営業の電話がかかることもありません。

せっかくですし、1度査定してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました