台東区のマンション買取・相場推移を徹底調査!売れる物件とは?

マンション買取
すむたす買取
すむたす買取

【台東区】マンション買取価格の相場と推移

まずは、2005年から2020年までの、「台東区で売買された中古マンションの買取価格」の推移をみていきましょう。
次の表とグラフは、台東区で売買された中古マンションの買取価格を、「間取り」「買取年数」ごとに整理したものです。

【台東区の中古マンションの取引価格(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

1R/1K1DK/1LDK2K/2DK/2LDK3K/3DK/3LDK4LDK~全間取り
2020¥22,731,304¥34,485,714¥46,254,839¥49,387,097¥52,000,000¥45,531,912
2019¥22,450,000¥32,251,701¥45,221,053¥57,567,568¥56,666,667¥47,926,747
2018¥22,771,613¥31,303,704¥40,823,656¥47,045,098¥70,250,000¥47,355,614
2017¥21,219,718¥30,027,027¥40,121,495¥46,660,714¥90,000,000¥51,702,309
2016¥19,560,000¥29,429,204¥37,156,198¥46,071,429¥48,750,000¥40,351,708
2015¥18,433,929¥26,005,042¥35,662,651¥40,975,000¥34,214,231
2014¥15,811,504¥26,124,038¥31,690,789¥40,288,136¥67,000,000¥41,275,741
2013¥16,005,128¥25,748,413¥30,137,363¥36,108,108¥44,000,000¥33,998,471
2012¥16,723,958¥26,650,505¥30,528,037¥38,372,881¥54,333,333¥37,471,189
2011¥18,198,374¥24,696,552¥28,141,574¥40,964,286¥31,267,470
2010¥16,239,516¥25,073,846¥27,190,789¥36,395,652¥39,000,000¥31,915,072
2009¥17,563,393¥23,752,083¥29,408,451¥34,105,263¥44,250,000¥32,878,949
2008¥18,461,165¥23,038,462¥29,383,333¥39,116,279¥40,500,000¥33,009,518
2007¥18,430,076¥23,968,657¥28,995,000¥38,176,471¥43,000,000¥33,535,032
2006¥19,036,709¥22,495,745¥25,089,855¥31,939,394¥44,750,000¥31,068,748
2005¥19,478,261¥21,665,385¥24,381,481¥26,911,765¥24,319,544
全期間¥19,157,566¥27,447,741¥33,992,472¥41,839,635¥51,314,286¥38,648,533

【台東区の中古マンションの取引価格(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

全間取り・全期間の平均価格は「34,560,896円」。2016年以降は、4,000万円以上をキープしています。

では次に、23区の平均と台東区の「買取価格の推移」を比較してみましょう。

【東京23区の中古マンションの取引価格(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

1R/1K1DK/1LDK2K/2DK/2LDK3K/3DK/3LDK4LDK~全間取り
2020¥21,639,788¥36,154,591¥51,311,001¥54,574,402¥63,418,033¥51,364,507
2019¥21,386,667¥37,093,799¥50,046,451¥50,604,296¥63,596,667¥50,335,303
2018¥20,547,579¥35,303,928¥48,532,281¥50,731,217¥54,094,737¥47,165,541
2017¥19,740,779¥34,425,145¥48,119,226¥49,880,311¥59,423,529¥47,962,053
2016¥18,909,133¥33,649,863¥46,905,143¥47,412,336¥58,355,932¥46,580,819
2015¥17,915,918¥33,358,121¥44,651,812¥45,735,881¥72,622,857¥49,092,168
2014¥16,329,144¥30,040,268¥40,315,104¥41,891,351¥66,244,565¥44,622,822
2013¥15,062,174¥28,995,184¥37,928,838¥41,599,075¥52,880,531¥40,350,907
2012¥14,696,900¥27,881,309¥35,741,500¥40,202,396¥51,872,642¥38,924,462
2011¥14,952,179¥28,841,176¥36,933,746¥41,695,801¥52,842,500¥40,078,306
2010¥15,898,465¥31,417,233¥42,504,735¥45,120,975¥52,308,252¥42,837,799
2009¥16,250,019¥29,818,675¥39,978,444¥40,476,959¥53,251,282¥40,881,340
2008¥16,661,902¥29,002,194¥38,337,336¥40,799,421¥49,155,172¥39,323,531
2007¥17,948,481¥27,533,813¥37,706,485¥39,277,913¥47,317,054¥37,958,816
2006¥17,016,380¥25,221,526¥32,884,551¥36,066,400¥49,107,345¥35,819,955
2005¥16,329,828¥24,717,053¥29,631,184¥35,683,770¥44,331,250¥33,590,814
全期間¥17,309,703¥30,486,619¥40,681,122¥43,145,207¥55,160,288¥42,368,309

【東京23区の中古マンションの取引価格(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

台東区のマンションは、すべての間取りで23区の平均価格を下回っています。グラフを見ると、4LDK以外の間取りは緩やかに値上がりしているものの、上がり幅は小さいです。2017年に急激に高くなった4LDKの価格も、2019年には4割ほど値下がりしていて、安定しているとはいえません。

台東区のマンションはあまり値上がりも期待できないため、築年数が古くなる前に、早めに売ってしまった方がいいでしょう。

【台東区】マンション買取市場の傾向

次に、台東区で売買された中古マンションの買取価格を、「間取りごと」に見てみましょう。
部屋数が多くなれば、比例して買取価格も高くなるのは当然です。
では、「1部屋あたりの買取価格」をほかの地区と比較してみると、どうなるのでしょうか。

次の表は、「買取価格/LDKを除いた部屋数」の計算式で、1部屋あたりの価格を求めたものです。
()の数字は、「1DK/1LDK」に対して、1部屋あたりの価格にどの程度の差があるかを表します。見比べることにより、「部屋数の多い物件へのニーズが高いのか、少ない物件へのニーズが高いのか」がわかるでしょう。

【台東区の中古マンションの1部屋あたり価格(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

間取り1部屋あたり価格
1DK/1LDK26,669,755円
2K/2DK/2LDK16,568,330円(62%)
3K/3DL/3LDK13,543,440円(51%)
4LDK~13,355,769円(50%)

【東京23区の中古マンションの1部屋あたり価格(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

間取り1部屋あたり価格
1DK/1LDK30,486,619円
2K/2DK/2LDK20,340,561円(67%)
3K/3DL/3LDK14,381,736円(47%)
4LDK~13,790,072円(45%)

表の数字を見比べてみてください。台東区では部屋数が増えるほど、1部屋あたりの価格も低くなることがわかります。

最後に、「間取りごとの買取価格の伸び率」を見てみましょう。

【台東区の中古マンションの価格伸び率(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

間取り価格伸び率(2005年〜2020年)
1R/1K117%
1DK/1LDK159%
2K/2DK/2LDK190%
3K/3DL/3LDK184%
4LDK~116%

【東京23区の中古マンションの価格伸び率(間取り別、2005年〜2020年)】
国土交通省「不動産取引価格情報」のデータを元にすむたすが作成

間取り価格伸び率(2005年〜2020年)
1R/1K133%
1DK/1LDK147%
2K/2DK/2LDK173%
3K/3DL/3LDK153%
4LDK~143%

ただ、価格の伸び率は部屋数の多いマンションの方が高いです。最も価格が伸びているのは「2K/2DK/2LDK」ですが、「4LDK」以上になると、一気に伸び率が下がります。「1R/1K」の伸び率が「4LDK~」と同じくらい低いのも、特筆すべき点でしょう。

まとめると、台東区のマンション買取のニーズには、次のような傾向があるとわかりました。

  • 「1人暮らし向けマンション」でも、部屋数の多い間取りのニーズが高い
  • 部屋数が多い物件の方が人気だが、4LDK以上になると一気に人気が落ちる
  • 「1R/1K」と「4LDK~」の伸び率がほぼ同じ

総合すると、台東区では部屋数が多すぎず少なすぎずのマンションが人気であり、ニーズも伸びていることがわかります。

台東区の特徴、立地としての優位性

マンションの売却活動において、売りたい物件の「アピールポイント」を知っておくことは重要。物件そのものの魅力だけでなく、「物件のあるエリアの魅力」も、大切なアピールポイントです。

台東区は、ビジネスマンや夫婦だけで暮らす世帯におすすめしやすいエリアです。では、その理由を具体的に話すことはできますか?

次からは、台東区の特徴・立地としての優位性を、「交通事情」「治安」「行政や区の取り組み」の観点から見ていきます。

台東区の交通事情

台東区には14もの路線が走り、新幹線も通っています。都内の移動にも、都外への出張にも、困ることはないでしょう。

中でも便利なのが、9つの路線と新幹線の通る「上野駅」です。東京駅までは5分ほど、新宿や池袋方面へは20分ほどで移動でき、レジャースポットへのアクセスも良好。通勤用にも遊びに行くときにも、重宝するでしょう。

バスもたくさん走っていて、中でも循環バスの「めぐりん」は、大人でも100円で利用できます。鉄道駅間の移動、ちょっとした買い物や用事も、スムーズに済ませられます。

台東区の治安は?

台東区の治安を、「犯罪発生率」から見ていきましょう。まずは、台東区の犯罪発生数と、発生率を比較します。

【エリア別犯罪発生状況】
「区市町村の町丁別、罪種別及び手口別認知件数(令和元年)-警視庁」「東京23区の区別 人口一覧-ホームメイト」のデータを元にすむたすが作成
※()内は人口に対する発生犯罪率

エリア人口犯罪発生数凶悪犯粗暴犯
台東区198,0002,862(1.44%)25251
目黒区278,0001,814(0.65%)1296
品川区387,0002,403(0.62%)19184
文京区220,0001,263(0.57%)11141
世田谷区903,0005,221(0.57%)31397
千代田区58,0002,896(4.99%)10332
渋谷区225,0004,851(2.16%)40417
新宿区334,0005,898(1.76%)44637
中央区141,0002,036(1.44%)18179
港区243,0003,474(1.43%)44471
豊島区291,0004,087(1.40%)30292
墨田区256,0002,368(0.93%)22154
葛飾区443,0003,365(0.76%)16266
荒川区212,0001,537(0.73%)8109
板橋区562,0003,973(0.71%)19214
足立区670,0004,764(0.71%)19365
中野区328,0002,337(0.71%)11180
大田区717,0005,031(0.70%)14344
江戸川区681,0004,717(0.69%)31287
北区341,0002,365(0.69%)7213
江東区498,0003,375(0.68%)18230
練馬区722,0004,558(0.63%)16218
杉並区564,0003,097(0.55%)18169

台東区は、土地面積の割に犯罪発生数が多めで、治安が良いとは言い難いです。2019年の犯罪発生率は、ワースト4位でした。

犯罪の種類を見ると、ひったくりや自転車の盗難が多く、路上での窃盗被害が多いとわかります。犯罪全体の中で見ると、空き巣のような侵入窃盗は少ない方です。

内見の際に治安のことを聞かれたら、カバンの持ち方や自転車の施錠を促しつつ、さりげなく侵入窃盗は少ないことを伝えましょう。

台東区の行政、区の取り組み

台東区は、子どもの多い家庭への子育て支援に力を入れています。

2人以上のお子さんを保育園に入れると補助金が出たり、3人目以降のお子さんが生まれると商品券や図書券がもらえたりします。区から認定を受けることで幼児教育が無償になる制度もあり、子育て中の世帯にはありがたいでしょう。

ただ、待機児童数は多めで、治安も良い方ではないので、子育てにおすすめの街とはいえません。マンション売却を考えるときは、ファミリー層を狙うより、ひとり暮らしや夫婦のみの世帯へのアピールを考えた方がいいでしょう。

参考:
台東区ホームページ

台東区のマンションを売る方法

不動産の賃貸相場も売買相場も低めで、交通アクセスにも優れた台東区は、住みやすい街として一定の評価を得ています。他エリアと比べて売却価格は低めかもしれませんが、マンションが売れずに困るということはあまりないでしょう。

とはいえ、せっかくマンションを売るのだから、なるべく高値を目指したいものです。せっかくの物件を安く手放してしまわないよう、売却活動で利用することになる「仲介業者」「買取業者」の違いは、きちんと把握しておきましょう。

仲介業者を利用する

仲介業者は、マンションを買いたい人と売りたい人を繋ぐ、仲介役のような業者です。

基本的には、「住むためにマンションを買いたい個人」を対象に買主を探すため、買取価格は高くなる傾向にあります。
投資目的の買主と違い、「転売の差額や賃貸運用による利益」ではなく、「単純に欲しいかどうか」で購入が決まるからです。

一方、「マンションを気に入り、高いお金を払っても良い」と感じる人が現れるのを待つことになるため、売却までの期間は長くなりがちです。

買取業者を利用する

買取業者は、マンションを買取り、活用することで利益を得る業者です。

転売や賃貸運用などで利益を得ることが目的であり、「マンションの買取価格=コスト」を抑えたいと考えているため、買取価格は低くなる傾向にあります。

ただし、自分が買取価格に納得すれば、すぐに売却が決まります。
買取業者にとって、マンションの買取りはビジネスであるため、「欲しいかどうか」という判断がありません。
利益が出せそうな価格で買えるなら、すぐに買い取ってくれるのです。

仲介業者や買取業者について、もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考になります。

マンションの売却には買取業者と仲介業者、どちらを選ぶべき?

台東区のマンション買取なら、早くて高いすむたす買取へ

狭いエリアにオフィスや商業施設の集まる台東区は、住みやすい街として知られています。交通アクセスも優れているため、働き盛りのビジネスマンや夫婦世帯には、一定のニーズがあります。

マンション売買価格を見ると、23区の平均を少し下回る程度で、価格の伸び率も低いです。しかし、マンションが売れなくて困るということはあまりないはず。まずは仲介でなるべく高めに売れないか、挑戦してみるのもいいでしょう。

仲介でマンションが売れなかったときや、まだ査定をしていないときは、最短2日で売却できる「すむたす買取」がおすすめです。

すむたす買取は、Webから5つの項目を入力するだけで、最短1時間でマンションを査定できるサービス。査定価格が気に入れば、30分ほどの現状確認を経て、そのままマンションを売ることもできます。

もちろん、売却を促す営業電話はかかりません。

本記事で紹介したようなデータを基に適正価格を導き出しているので、参考に査定してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました