不動産の買取相場が知りたい!算出方法からエリアごとの相場まで徹底解説!

マンション買取
すむたす買取
すむたす買取

不動産の買取相場とは?

不動産の買取価格とは、「買取業者を利用したときの、売却価格の相場」です。
では、買取相場はどのように計算され、どんな不動産がいくらくらいで売買されているのでしょうか。

本記事では、買取相場の調べ方や、都道府県別の相場価格を紹介。
不動産をなるべく高くためのコツや、安く買い叩かれないための注意点もお伝えします。

不動産の買取業者を利用した場合、相場の8割程度が多い

不動産の買取業者を利用した場合、買取価格は「仲介業者を利用した相場」の8割程度になることが多いです。

なぜ、買取業者を利用すると買取価格が安くなるのでしょうか。
そもそも、買取業者と仲介業者には、どのような違いがあるのでしょうか。

両者の特徴と「買取価格が異なる理由」を解説します。
また、「買取だからといって必ずしも損をするわけではない」ことも。「自分にはどちらの業者が合っているのか」を考えてみましょう。

買取業者と仲介業者の違いとは?

不動産売買を行う業者には、「買取業者」と「仲介業者」の2種類があります。
それぞれ、どのような業者なのでしょうか。

買取業者は、売主から不動産を直接買取る業者です。
買取った不動産は、必要に応じて改修・改築され、別な売主に向けて売り出されます。
簡単にいえば、「改修を伴う再販」を行う業者であり、「買取再販業者」と呼ばれることもあります。

仲介業者は、不動産を売りたい人と買いたい人を繋げる=仲介する業者です。
「この物件に住みたい!」と感じる個人への仲介をするため、買取価格は高くなる傾向にあります。
ただし、「買いたい人」が現れるかどうかには、運やタイミングも絡みます。すぐに高額で売れることもあれば、値下げをしてもなかなか売れないこともあるでしょう。

買取業者の買取価格が、市場相場より低い理由

一般的に、買取業者の買取価格は、仲介の市場相場よりも低いです。
理由は2つ。「業者の利益やリスクヘッジが必要なこと」と「改修費用分が差し引かれていること」です。

買取業者を利用する場合、業者の提示した査定価格に納得さえすれば、すぐに売却が決まります。
業者はなるべく多くの不動産を買取り(仕入れ)、「売却する不動産」=「在庫」を確保しなければならないからです。

しかし、確保した不動産すべてが、すぐに売れるとは限りません。
中にはいつまでも売れ残り、負債となる不動産もあるでしょう。

再販価格と買取価格の差額により利益を出すことと、「売れ残り負債となるリスク」を考慮し、業者は査定を行っているのです。
リフォームやリノベーション伴う再販の場合、改修費用も業者が負担するため、買取価格から差し引かれます。

たしかに買取での相場は安いですが、裏を返せば、「売主が負担する費用」は少ないということです。
費用が浮いた分、売却価格は低くとも、売却益は大きくなります。

不動産の買取相場を、都道府県ごとに比較

不動産の買取相場は、都道府県ごとにどの程度違うのでしょうか。
さまざまな間取り、面積の不動産で比較しやすいよう、「1平米あたりの平均単価」で比較します。

もちろん、間取りや詳細なエリアによって、相場は大きく異なります。
あくまで参考単価であることに留意して、活用してください。

【マンション買取の平米単価(都道府県別)】

都道府県平米単価
東京都76万円
北海道23万円
青森県17万円
秋田県20万円
岩手県21万円
宮城県28万円
山形県25万円
福島県25万円
新潟県22万円
長野県28万円
山梨県26万円
富山県24万円
石川県23万円
福井県21万円
神奈川県44万円
埼玉県33万円
千葉県29万円
茨城県24万円
栃木県25万円
群馬県20万円
岐阜県21万円
静岡県24万円
愛知県29万円
三重県23万円
大阪府36万円
京都府48万円
奈良県21万円
滋賀県28万円
兵庫県31万円
和歌山県21万円
鳥取県18万円
島根県22万円
岡山県25万円
広島県30万円
山口県21万円
徳島県22万円
香川県22万円
愛媛県20万円
高知県14万円
福岡県29万円
佐賀県19万円
長崎県29万円
熊本県28万円
大分県20万円
宮城県22万円
鹿児島県29万円
沖縄県36万円

※2019年のマンションの取引データを基にしています
「1平米あたりの単価」×「マンションの面積」=「相場」として活用してください

不動産買取を成功させる、相場の調べ方

不動産買取を成功させるには、正しい方法で相場を調べることが大切です。
どんなに時間をかけても、「適正な相場」を把握できなければ、集めた情報は役に立ちません。

では、どのような調べ方をすれば、「自分のマンションの相場」がわかるのでしょうか。
調べ方はさまざまですが、今回は「複数の業者に査定してもらう方法」と「膨大なデータを持つ業者に査定してもらう方法」をお伝えします。

複数の業者に査定依頼する

不動産を高く売るためには、相場を調べるだけでなく、複数の業者に査定依頼を出すことが大切です。

そもそも、相場とは「似た不動産の買取価格の平均」です。
相場を調べてわかるのは「似た不動産の買取価格」であり、「自分の不動産の買取価格」ではありません。

不動産を高く売りたいのなら、複数の業者に「自分の不動産をいくらで買取ってくれるか」を聞く=査定してもらうのが1番です。

とはいえ、不動産の査定には業者ごとに異なる手続きがあり、必要書類を都度用意する必要があります。
査定してもらう業者が増えるほど労力も増え、時間がいくらあっても足りません。

不動産一括査定サイトを使う

1度の手続きで、複数の業者に査定を出せるのが「一括査定サイト」です。

一括査定サイトの使い方は、いたって簡単。
Web(一括査定サイト)上の「情報入力フォーム」から、必要情報を入力するだけです。
24時間365日、スマートフォンやPCから、サイトに登録するすべての業者に査定依頼を出せます。

業者ごとの査定結果がある程度揃ったら、それぞれの内容を比較しましょう。
査定価格を比較し、平均値を出せば、「自分のマンション」の相場がわかります。

また、査定価格そのものだけでなく、「査定の根拠」も見比べましょう。
業者ごとの「査定の根拠」を見比べていけば、「自分のマンションはなぜその価格なのか」が見えてきます。
交渉材料としても、避けるべき業者を見つけるためにも、役立つ情報です。

ただし、一括査定サイトを使うと、査定を依頼したすべての業者に対して、個人情報を開示することになります。
業者は条件の良い不動産を売ってほしいため、査定依頼を出した業者から、一斉に営業がかかる可能性もあるでしょう。

膨大なデータを持つ業者に査定してもらう

一括査定サイトの「複数の業者から営業がかかるリスク」を避けたいなら、信頼できる1社に査定を依頼する方法もあります。
では、「信頼できる1社」は、どのように選べば良いのでしょうか。

1つの手段として、「膨大なデータを持つ業者を選ぶ」方法があります。

不動産買取の査定では、「近い条件の不動産が、過去どのように取引されてきたか」というデータを用います。
膨大な「過去の取引データ」から、査定する不動産と近いものを探し、査定時点での適正価格を導き出すのです。

「信頼できるかどうか」は、取引データの保有量と、過去の査定実績に比例します。
なるべく多くのデータを持つ業者、査定実績の多い業者を選ぶようにしましょう。

不動産の買取相場を調べるには、データの質と量が大切

本記事では、不動産の買取価格の相場や、「自分のマンションの適正価格=相場」の調べ方をお伝えしました。
途中で紹介した「マンションの1㎡あたりの相場」はあくまで参考であり、実際の買取価格は「築年数・間取り・周辺環境」など、さまざまな要素で変動します。

だからこそ、複数の業者や信頼できる業者から、「自分のマンションの買取価格」を査定してもらってください。
相場を調べることも大切ですが、実際に査定してもらうことほど、早くて正確な調べ方はありません。

とはいえ、一括査定サイトを利用し、複数の業者から営業がかかるのを不安に思う方もいるでしょう。
そんな方には、膨大なデータを持つ「すむたす買取」での査定をおすすめします。

「すむたす買取」は、買取業者が提供する、マンション査定サービスです。
Webから5つの項目を入力するだけで、最短1時間で、マンションの適正価格を算出します。
2020年11月現在の査定実績は、およそ3,500件。

もちろん、「すむたす買取」以外にも、複数の業者で査定することをおすすめします。
営業電話がかかってくることよりも、不動産を少しでも高く売ることを考えるべきだからです。
まずはデータに基づく適正価格を把握し、複数業者の査定価格をフラットに比較するための、準備をしてください。

タイトルとURLをコピーしました