マンションの買取の流れとは?売却時に気を付けたいポイントも解説!

マンション売却
すむたす買取
すむたす買取

マンション買取の流れを知り、スムーズに、高く売ろう!


マンションの買取は、どのような流れで進んでいくのでしょうか。
5段階にわけて、全体の流れとそれぞれのポイントを解説します。

【マンション買取の流れ】

流れ1:買取業者を選ぶ
流れ2:マンションを査定する
流れ3:マンションの買取額や買取条件を決める
流れ4:売買契約書の作成と締結
流れ5:決済と引き渡し

マンションを高く・早く買取ってもらうためには、「買取の流れ」を正しく把握していることが大切です。
本記事では、主に買取業者を利用する際の流れを解説しながら、買取・仲介ともに当てはまる「高く売るコツ」もお伝えします。

マンション買取の流れ1:買取業者を選ぶ


マンションを買取の流れは、どんな業者に買取ってもらうか選ぶことからはじまります。
業者は主に2種類、「仲介業者」と「買取業者」です。

仲介業者は、マンションを売りたい人と買いたい人を繋ぐ(仲介する)業者。
実際にマンションを買取るのは、「このマンションに住みたい!」と感じている個人です。
一般的に、仲介業者を利用すると買取価格が高くなりやすく、「売却にかかる費用」は多くなりやすいといわれています。

買取業者は、マンションを売主から直接買取る業者のこと。
買取ったマンションは、必要に応じてリフォーム・リノベーションされ、別な買主に向けて売り出されます。

仲介業者よりも「売却価格そのもの」は安くなりがちなものの、「売却益」がそのままマイナスになることはありません。
仲介業者でかかるはずだった手数料(概ね売却価格の3%)や、売却に必要な費用(ハウスクリーニングやリフォーム)が必要ないからです。

それぞれの業者の特徴、違いについて、より詳しく知りたい方はこちらの記事も参考になります。

マンション買取の流れ2:マンションを査定する


「マンション買取の流れ」2つ目は、査定をすること。
仲介業者であろうと買取業者であろうと、マンションの査定は必須です。

査定とは、「マンションそのものの条件・状態」や「周辺環境」を総合し、マンションの「相対的な価値」を算出すること。
仮に全く同じマンションがあったとしても、「どんな場所にあるか」「いつ売るのか」で、価格は大きく変わります。
人気エリアのマンションほど高く、時事的な要因が影響することもあるでしょう。

査定には、マンションの情報だけを見ながら行う「机上査定」と、実際のマンションを見ながら行う「訪問査定」があります。
基本的には、机上査定を行った後に訪問査定を行い、最終的な価格が決まります。

机上査定と訪問査定の違いや、査定で気を付けたいポイントについて、こちらの記事もぜひお読みください。
マンションを高く売るためのコツも、お伝えしています。

マンション買取の流れ3:マンションの買取額や買取条件を決める


「マンション買取の流れ」3つ目は、買取の金額や条件を決めることです。

仲介の場合は、買主との交渉によって買取額は変動すると思った方が良いでしょう。
買取の場合は、提示された査定価格≒買取額ではあるものの、交渉の余地も残っています。

また、買取条件も決めなければなりません。
「家具を引き渡すのか、処分するのか」「処分する場合、処分費用は誰が負担するのか」などの条件を決めます。
ほかにも引渡しのタイミングや契約不適合責任の所在など、さまざまなことを決めなければなりません。

マンション買取の流れ4:売買契約書の作成と締結


「マンション買取の流れ」4つ目は、売買契約書の作成と契約の締結です。

買取額や条件が決まったら、いよいよ契約書を作成します。
契約書へのサインと押印をもって、はじめて契約が締結されます。

契約書の作成・締結をするときは、買取額を含むあらゆる買取条件が、正しく記載されているかに気を付けてください。
契約書に不備がないか、何度も見直し、よく確認しましょう。

契約書への押印には、法的な拘束力があります。
「契約書の内容を正しく理解し、納得しています」という意思表明であり、締結後の「納得できません」は通用しません。

契約締結後も、契約書はわかりやすく失くしづらい場所に保管し、いつでも確認できるようにしておきましょう。

マンション買取の流れ5:決済と引き渡し


「マンション買取の流れ」5つ目は、決済と引き渡し。
契約締結後、入金を確認したら、いよいよ引き渡しです。

入金口座は正しく指定できているか、買取額や税金・手数料などを含めていくら入金されるのかなど、入念に確認しましょう。
マンションの売買は高額なため、現金を手渡しするのではなく、振り込みで行われるのが一般的です。
振り込みの手続きや確認も、なるべく業者と一緒に行いましょう。

入金が正しく確認できたら、鍵を渡すことで、引き渡しと買取が完了します。

マンションを買い取ってもらう前に準備する必要書類


マンションの買取では、次のような書類が必要となります。

  1. 登記済権利証
  2. 間取り図と測量図
  3. 固定資産税納税通知書
  4. 実印、印鑑証明
  5. 身分証明証
  6. 建築確認済証、検査済証
  7. 地積測量図、境界線確認書
  8. マンションの利用規約
  9. 固定資産税評価証明書
  10. 住民票
  11. 建築設計図書、工事記録書
  12. マンションの使用細則
  13. 耐震診断報告書
  14. 地盤検査報告書
  15. 購入時の契約書
  16. ローン残高証明書
  17. ローン返済予定表
  18. 銀行口座書類、通帳

必要となったタイミングで準備しても問題はありませんが、焦ることのないよう、なるべく早めに準備しておきましょう。
数字を振っておいたので、本記事をブックマークし、準備できた書類の番号をメモしていくと便利です。

マンションの買取では、複数社に査定してもらおう


マンションの査定は、なるべく多くの業者に依頼すべきです。
理由は2つ。「価格交渉の材料を集めるため」と「買取相場を把握するため」です。

それぞれの理由について詳しく解説しながら、マンションをより高く売る方法、安く買い叩かれないための方法をお伝えします。

理由1:価格交渉の材料を集めるため


複数社に査定してもらうことで、価格交渉の材料を集められます。

特に、買取業者に値上げ交渉をするときは、「なぜ、その金額を提示するのか?」の根拠が必要です。
「ほかの業者はいくらだった」「ほかの業者が高く評価した部分を、貴社が低く評価しているのはなぜか?」など、ロジカルな交渉を心がけてください。
「もっと高く買取ってほしい」ことを説明し、相手に納得してもらうために、複数の業者から査定してもらいましょう。

他社の査定価格がそのまま値上げ交渉の材料となるのはもちろん、「他社が評価したポイント」をたくさん集めることも大切です。

なお、仲介業者を利用した個人の買取希望者に対しては、価格を提示するのは売主。
値下げ交渉をされることはあっても、値上げ交渉をすることはあまりないでしょう。

しかし、「なぜこの価格なのか」「マンションのどのような点が魅力なのか」をわかりやすく伝えるためにも、複数業者からの「評価ポイント」は集めておくべきです。

理由2:適正価格(相場)を把握するため


買取ってほしいマンションの「市場相場」を把握することは、大切です。
相場を把握していないと、安く買い叩かれることになりかねません。

相場を調べる方法は2つ。「似た条件のマンションの取引実績を調べる方法」と、「実際に多くの業者から査定してもらい、平均値を求める方法」です。
しかし、「似た条件のマンションの取引実績を調べる方法」でわかるのは、あくまでも「似たマンション」の相場。
自分のマンションにどのくらいの価値があるのか、正確に求めるのは不可能でしょう。

だからこそ、「自分のマンションそのもの」を、複数社に査定してもらうのです。
たくさんの業者に査定してもらうほど、「自分のマンションの相場」を具体的にイメージでき、安く買い叩かれるリスクを減らせます。

マンション買取の流れに沿って、高く、スムーズに現金化しよう


本記事では、マンション買取の流れと、流れに沿って「高くマンションを売るコツ」をお伝えしました。

マンションを高く買取ってもらうためには、買取までの流れを理解し、スムーズに進める「準備」をすることが大切です。
買取までの正しい流れと、「自分のマンションの相場」を、しっかり把握しておきましょう。

マンションの適正価格が知りたい
なるべく時間はかけたくない
という方には、Webから5項目を入力するだけで査定ができる、「すむたす買取」をおすすめします。

「すむたす買取」は、AIと専門家の知見を掛け合わせた、独自のマンション査定サービス。
査定時間は最短1時間で、査定価格が気に入った場合、最短2日間でマンションを買取ってもらうこともできます。

24時間365日、いつでもスピーディな査定が可能。
査定後の売る・売らないはもちろん自由で、「買取らせてほしい」という営業電話がかかることもありません。

まずは1度、査定だけしてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました