マンション売却時に発生する手数料とは?簡単に計算できる方法も紹介

マンション売却
すむたす買取
すむたす買取

マンションの売却には手数料が必要


マンションを売却するには、手数料が必要です。
では、具体的な金額を求めるための計算式や、法律で定められた「手数料の上限」はご存知でしょうか。

本記事では、マンション売却にかかる手数料の計算方法から、売却前に気をつけたい3つのポイントまでをまるっと解説。
手数料が多少高くとも、適正な価格とサービスで、マンション売却をサポートしてくれる業者を選ぶことが大切です。

マンション売却の手数料はどのくらいかかる?計算方法を紹介


マンション売却にかかる概ねの手数料は、次の計算式で求めることが可能です。
(売却価格の3% + 6万円)+ 消費税

2020年現在の消費税率・10%を当てはめてみましょう。
(売却価格の3% + 6万円)× 1.1(←消費税分)

なお、マンションをはじめとする物件売買にかかる手数料は、法律で上限が定められています。
お伝えした計算式は、法律の定める上限金額に基づき、「概算金額」を求められるようにしたものです。

法律では、「マンションの売却額」に応じて、手数料の上限を3つの区分で定めています。

売却価格200万円以下  :売却価格の5% + 消費税
売却価格201万~400万円:(売却価格の4% + 2万円)+ 消費税
売却価格401万円以上  :(売却価格の3% + 6万円)+消費税
※400万円以下の物件に限り、業者は、計算式とは別に「最大18万円 + 消費税」の手数料を請求できます

300万円のマンションを例に、「概算を求める式」と「法律に基づく上限額」で、それぞれの手数料を計算してみましょう。

【概算を求める式の場合】
(3,000,000 × 0.03 + 60,000)× 1.1 = 165,000【法律に基づく上限額の場合】
(3,000,000 × 0.04 + 20,000)× 1.1 = 154,000

比較の通り、若干のズレが生じます。
売却価格の検討がついている場合は、法律に基づく上限額を計算した方が、より正確な目処を立てられるでしょう。

マンション売却時の手数料は値引きできる?


法律で定められているのは、あくまでも「売却手数料として業者が受けれる上限額」です。
上限額ということは、下回る=値下げする分には全く問題ありません。
中には、買主もしくは売主、一方の手数料を無料にするキャンペーンを行う業者もいます。

とはいえ、「手数料は安いほど良い」というものでもありません。
売却にかかる手数料は、「マンションを売却してくれた業者が受け取るべき、正当な報酬」です。彼らは、手数料を受け取ることで会社を経営し、生計を立てています。

手数料が安いことは、売主にとっては嬉しいこと。
しかし、手数料を安くするために、1つあたりの物件にかける労力・時間を惜しむ業者がいたらどう思うでしょうか。

確かに、手数料の値引きはできます。
だからといって、何でもかんでも値引きすれば良い、安ければ良いというわけでもないのです。

手数料を支払う前に確認すべき3つのポイント


マンションの売却が決まると、実際に手数料を支払うこととなります。
手数料を支払う前に、「売却に失敗しないための3つのポイント」を確認しておきましょう。

  • 法律の定める上限を超えていないか
  • 手数料以外の請求が含まれていないか
  • 相場に対して適正な売却価格であるか

記事前半でお伝えした「売却価格の〇% + 〇万円」の上限額は、「宅地建物取引業法 第46条」に基づき、国土交通大臣が定めています。
上限以上の手数料を請求することは、もちろん違法。念のため、自分でも計算して、「手数料が上限に収まっているか」を確認しましょう。

また、手数料のほかに、使途不明の請求が含まれていないかも見ておくべきです。
手数料の上限と同じように、業者が依頼者に「請求できる項目」は限られています。
売主から業者に、別途広告や手続きを依頼した場合は別ですが、ほかの請求項目が含まれていないかは確認しておきましょう。

最後に、売却を決定する前に「提示された売却価格は、市場相場に対して適正なものか」、必ず確認してください。
物件を早く売るため、自社の利益を上げるためなどの理由で、相場より低い金額を提示する業者もいます。
マンションの査定は複数の業者に依頼したり、一括査定サイトを使ったりして、物件の適正価格を把握しておくようにしましょう。

マンション売却の第一歩!売却査定の方法をわかりやすく解説

マンション売却の際は手数料だけでなく、手元に残るお金で判断しよう


マンションを売却する際は、売却にかかる手数料にこだわらず、「最終的に手元に残るお金」で決断を下すようにしましょう。

手数料は売却価格に応じて変動するため、売却価格が低ければ低いほど、手数料も安くなります。
しかし、いくら手数料が安くても、手元に残るお金が少なければ意味がありません。
マンションを高額で売却できれば、手数料も高くなります。しかし、売却価格が高くなるほど、手数料を補って余りある売却益が手元に残るのです。

最後に、相場の把握にも、マンションの現金化にも便利なサービス「すむたす買取」を紹介します。

「すむたす買取」は、AIと不動産売買の専門家による、独自の査定サービス。
5つの必要項目をWebから入力するだけで、最短1時間で、マンションの適正価格を査定可能です。
もし査定価格が気に入ったなら、そのまま売却することも。最短2日で、マンションを現金化できます。

査定後に営業がかかることもないため、気軽な気持ちで試せると評判です。

すむたす買取-査定フォーム

タイトルとURLをコピーしました