マンション売却を簡単に。

1日で買取価格が決定
最短2日で現金化
仲介手数料は不要

査定実績 3,101件

買取価格を確認する

現在は首都圏のマンションのみが対象です

査定実績 3,101件

まずは買取価格を査定する

現在は首都圏のマンションのみが対象です

すむたす買取のメリット

すむたすが買取りを直接行うため、一般的な仲介会社を介した場合と比べて、すばやく確実な売却ができます。

すむたす買取

  • 最短1時間で買取価格が決定
  • 査定した価格ですぐに買取り
  • 最短2日で現金振り込み
  • 仲介手数料は無料

一般的な不動産売却

  • 買取価格の見積もりまで1〜2週間
  • あくまで見積り価格、値下げ可能性あり
  • いつ売れるかは未定
  • 仲介手数料は物件価格の3%+6万円

売却までの流れ

従来の複雑なプロセスとは違い、
AI査定を活用した全く新しい不動産売却です。

1

買取価格を査定する

買取価格の査定のために物件情報をご入力ください。入力は数分で完了します。

2

実際の買取価格を確認する

最短1時間で、買取価格をメールアドレス宛に連絡いたします。売却できない不安は解消され、
いつでも売却ができます。

3

買取を依頼する

すむたすのスタッフが、物件状態を確認するために訪問いたします。訪問確認は30分で完了します。

4

希望日に売却を完了する

ご希望のスケジュール通りに、売買契約を締結、お振込みを行います。

お客様の声

すむたす買取をご利用いただいたお客様の声をご紹介します。

J
城島 様

子供の成長をきっかけに、自宅の買い替えを考えました。以前に、購入希望の家が見つかった時、仲介会社に依頼していましたが、すぐに売却できずに購入タイミングを逃してしまいました。今回は、すむたすを利用してすぐに売却ができたので、タイミングを逃さずに買い替えられて、とても満足しています。

I
井上 様

6年前に購入した中古マンションから新築マンションに買い替えました。最初は仲介会社に売却を依頼していましたが、思うように売れず。引越しまで残り1ヶ月となり困っていた時に、すむたすを利用しました。すばやく簡単に売却できて、スムーズに新居に引越せました。また、想像よりも高い価格で買取っていただけた点でも満足しています。

O
K.O 様

仕事の都合で、なるべく早く売却したいと考えていました。当初は、仲介会社に売却を依頼していましたが、内見対応の準備に手間がかかり、困っていました。すむたすのことを知り、買取を依頼してから3日後には希望通りの価格で売却できました。内見対応は不要で、室内もそのままの状態でよかったので、ストレスなく売却できました。

よくある質問

一般的な仲介会社を介した売却との違い

いつでも好きな時に、シンプルなプロセスで、仲介手数料はかからず売却ができます。AIによる自動査定システムを活用し、最短1時間で買取価格が決定します。すむたすが直接買取りを行うため、最短2日で不動産を現金化できます。

買取価格の査定方法

AIによる自動査定システムを活用し、市場動向や周辺の取引事例、現在の売出事例等の大量なデータから、すむたす独自のアルゴリズムで算出しています。その後、社内の不動産エキスパートが個別に確認した後、実際の買取価格を決定しています。すむたすでは、AIと専門家の力を組み合わせることで、効率的で正確な査定を実現しています。

買取りの対象エリア

現在の対象エリアは下記の通りです。対象エリアは順次拡大していく予定です。
・東京都(全域)
・神奈川県(横浜市、川崎市)

対象エリア外の物件でも、物件特性によって買取りできる場合があります。ぜひお気軽にご相談ください。

買取りの対象不動産

買取り対象物件は下記の通りです。
・エリア :東京都(全域)、神奈川県(横浜市、川崎市)、埼玉県(さいたま市)
・物件種別:分譲マンション(居住用)
・専有面積:40㎡以上
・築年数 :50年以内
・室内状況:状況は問いません

買取りできない物件は下記の通りです。
・エリア :上記の対応エリア外
・物件種別:一戸建て、土地、居住用以外の物件
・専有面積:40㎡未満
・築年数 :50年未満

仲介会社に売却を依頼中ですが、すむたすに売却できますか?

もちろん可能です。これまでに多くのお客様が、仲介会社に依頼して希望のスケジュールで売却ができなかったため、すむたすに売却することを選んでいただいています。ぜひお気軽にご相談ください。

必要書類について

ご契約時の必要書類は、下記の通りです。
ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。

・ご実印
・印鑑証明書(原本、3ヶ月以内に発行されたもの)
・住民票(原本、3ヶ月以内に発行されたもの)
・固定資産公課証明書(原本、令和1年度分、土地・建物記載のもの)
・権利証または登記識別情報(原本)
・ご本人さま確認書類(5点)
 a. 顔写真付き証明書(原本)
 b. 健康保険証または年金手帳(原本)
 a. 光熱費の請求書(原本、2ヶ月分)
 a. 戸籍謄本(原本)
 a. 固定資産納税通知書(原本、令和1年度分)
・付帯設備取り扱い説明書(見つからない場合はご相談ください)
・マンションの管理規約(見つからない場合はご相談ください)
・マンションのパンフレット(見つからない場合はご相談ください)
・付帯設備表(訪問調査日に雛形をお渡しします)
・物件状況報告書(訪問調査日に雛形をお渡しします)

ご決済時の必要書類は、下記の通りです。
・ご実印
・権利証または登記識別情報(原本)
・ご本人様確認書類(2点)
 a. 顔写真付き証明書(原本)
 b. 健康保険証または年金手帳(原本)
・物件の鍵
・お振込み用の銀行通帳と届出印

印鑑証明書について
住民登録されている区の役所、役所の出張所、証明サービスコーナー等で発行が可能です。取得のためには印鑑登録証が必要となります。
紛失された場合でも紛失届けを出し、再度印鑑を登録することが可能ですが、その場合は登録する印鑑を持参していただく必要がございます。

住民票について
住民登録されている区の役所、役所の出張所、証明サービスコーナー等で発行が可能でございます。
発行には、申請者本人を確認するための確認書類(運転免許証、保険証、パスポートなど)が必要となります。

固定資産公課証明書について
物件所在地の区役所の税務課か出張所にて申請いただけます。発行には、申請者本人を確認するための確認書類(運転免許証、保険証、パスポートなど)が必要となります。

ご本人様確認書類について
a.顔写真付証明書(原本)は、免許証とパスポートとマイナンバーカードが該当します。その中の1つで結構でございます。
c.光熱費の請求書(原本)は2ヶ月分のお客様名義の電気代や水道代、電話代の支払いが該当しますが、見つからない場合はご相談ください。
d.戸籍謄本(原本)は免許証等の本人確認できるものがあれば、区役所にて取得できます。
e.固定資産納税通知書(原本)は毎年4月中旬に発行されているものですが、直近のものが見つからない場合はご相談ください。

メディア掲載実績

  • 日本経済新聞
  • TV TOKYO
  • Forbes
  • 週間 東洋経済
  • 週間 全国賃貸住宅新聞