リースバックにおけるメリット&デメリット!トラブル事例も紹介

リースバック
すむたす買取
すむたす買取

リースバックとは

リースバックとは、マンションのような自己の所有する物件を不動産会社や投資家に売却し、賃貸借契約を結ぶことで同じ物件に住める仕組みのことです。

売った物件から引っ越さずに、そのまま住めるため、「まとまった資金は必要だけど引っ越したくない」と考えている方に向けた仕組みといえるでしょう。

リースバックのメリット

リースバックには3つのメリットがあります。

  • 売却の後も同じ家に住める
  • ローンや固定資産税の支払いがなくなる
  • 現金化に時間がかからない

それぞれ詳しく解説していきます。

売却の後も同じ家に住める

リースバックする1つ目のメリットは「売却の後も住み続けられる点」です。

通常の不動産売却で自宅を売却すると、別の物件を探すために引っ越さなければなりません。
例えば高齢な方、借入れ金額の上限が近い方など、新しく住宅ローンを組むことが難しい場合もあるでしょう。

しかし、リースバックなら売却先の業者と賃貸で再び契約することで、そのままも自宅として使えます。
売却である程度まとまった資金を手にしながらも、賃貸として慣れ親しんだ自宅に住み続けられることは、リースバックの大きなメリットです。

ローンや固定資産税の支払いがなくなる

リースバックする2つ目のメリットは、「住宅ローンや固定資産税の支払いがなくなる点」です。

自宅を所有していると、住宅ローンや固定資産税を支払わなくてはなりません。
しかし、自宅を売却し賃貸として住むことで、ローンのような金銭的負担を無くすことができます。

売却で得たお金でローンの残債を処分できるうえ、所有者ではないため固定資産税を払う必要がないためです。
少し相場より高い賃料であっても、ローンや税金のことを考えれば、結果的に得をする可能性の方が高いでしょう。

現金化に時間がかからない

リースバックする3つ目のメリットは「現金化に時間がかからない点」です。

通常の不動産売却で自宅を売却する場合、一般的には仲介業者を通して買主を探します。
ただ、すぐに買主が見つかるとは限りません。売却するまでに時間がかかる可能性も高いです。

一方リースバックなら、多くのケースで不動産会社による買取となります。
不動産会社が買主となるため、ほかに買主を探す必要もなくなり、素早く現金化できるのです。

不動産会社は、物件をリフォーム・クリーニングして、第三者に売却することも視野に入れています。仲介では売却が難しい物件も、買取なら売却しやすいのです。

リースバックのデメリット

メリットばかりのように感じるリースバックですが、デメリットもあります。リースバックのデメリットは以下の3点です。

  • 自宅の所有権がなくなる
  • 相場より安く売れてしまうことも多い
  • ずっと同じ物件に住めるとは限らない

これらは、物件の所有者ではなくなるが故のデメリットといえます。デメリットについてもきちんと把握しておきましょう。

自宅の所有権がなくなる

リースバックする1つ目のデメリット「自宅の所有権がなくなる点」です。

自宅(=売却した物件)の所有権は、リースバックの運営会社に移ります。
税金や住宅ローンの金銭的な負担がなくなる代わりに、自宅を好きなようにはできなくなります。
例えば、「部屋の壁紙を変えたい」「家のドアが壊れたから取り替えたい」と考えても、無断で実行してはいけません。

自宅を思い通りにできないということは、人によっては大きなストレスでありデメリットでしょう。

相場より安く売れることも多い

リースバックする2つ目のデメリットは、「相場より安く売れることも多い点」です。

リースバックによる売却価格は、市場の相場よりも安くなることが多いです。場合によっては、数百万円単位の差が生じることもあります。
買主となる不動産会社は、売主が家賃滞納する可能性や、売主が買戻する可能性を考えているためです。

慎重に決断を下さないと、もっと高額で売却できたはずの物件を、安く手放してしまうことにもなりかねません。
まとまった資金が必要な方にとっても、大きなデメリットといえるでしょう。

ずっと同じ物件に住めるとは限らない

リースバックする3つ目のデメリット、「ずっと同じ物件に住めるとは限らない点」です。

「売却した後も同じ物件に住み続けられる」というのが、リースバックのポイントでした。
しかし、いつまでも同じ物件に住み続けられる保証はありません。
契約書に「定期借家契約」と記載されている場合は、賃貸期間が定められているからです。

もちろん、運営会社と借主の合意があれば再契約は可能です。
しかし、再契約できない場合もあり、売却から数年後には引っ越さなくてはいけないデメリットは残ります。

ずっと住めると思っていた家から、いつかは出ていかなければならないという点は、デメリットといえます。
同じ物件に住みたい場合は、賃貸契約を更新しやすい「普通仮家契約」を締結できる運営会社を選びましょう。
「ずっと同じ物件に住み続けられるとは限らない」というデメリットを回避できます。

「すむたす買取」なら、リースバックのデメリットを回避できる

リースバックはメリットが大きい分、デメリットもまた大きいといえるでしょう。
お伝えしたデメリットが原因となり、次のようなトラブルが発生することもあります。

  • 家賃が相場よりも高くて払えない
  • 売却価格が安くて老後の資金としては足りない
  • 急に家からの退去を求められた

トラブルを避ける最も基本的な方法は、「誠実なリースバック業者」を探すことです。
しかし、どの業者が「誠実なのか」は、契約してみるまでわかりません。

リースバックには業者選定という壁が立ちはだかっています。
そこでおすすめなのが、マンションの直接買取を行い、早い売却を実現する「すむたす買取」です。

まず、すむたす買取には4つの特徴があります。

  • 最短1時間で買取価格を査定
  • 最短2日で現金化
  • 仲介手数料は無料
  • 室内状況はそのままでOK

例えば、リースバックの「すぐに現金化できる」というメリットは、すむたす買取にもあてはまります。
すむたす買取はリースバックの仕組みではありませんが、リースバックのメリットである短期間で現金化できる、というメリットを実現できるマンション売却のサービスです。
AIを活用しながら、不動産の専門家が査定を行うため、マンション本来の価値を正確に算出することも可能。市場価格より極端に安くなるということはありません。

リースバックを検討する前に、まずは「すむたす買取」で無料査定!


本記事で紹介した、リースバックの「メリット」と「デメリット」を、おさらいしておきましょう。

【メリット】

  • 自宅を売却しても住み続けられる
  • 住宅ローンや固定資産税などの支払いがなくなる
  • 現金化まで時間がかからない

【デメリット】

  • 自宅の所有権がなくなる
  • 売却価格が安くなる傾向がある
  • ずっと同じ物件に住めるとは限らない

リースバックには、通常の不動産売却にはないメリットがいくつもある代わりに、手痛いデメリットもあります。
マンションの直接買取を行っている「すむたす買取」なら、リースバックのデメリットを回避しながら、物件をすぐに現金化することが可能。また、データに基づく正確な査定により、不動産が本来もつ価値を算出できます。

今すぐにまとまった資金が必要な方、自宅が気に入っていて売却を迷っている方には、リースバックがおすすめです。
デメリットが気になり、リースバックになかなか踏み切れないという方は、まずは物件の無料査定をしてみてはいかがでしょう?

「すむたす買取」なら、最短1時間での査定が可能。査定後に、売却を促す営業電話がかかってくることもありません。

タイトルとURLをコピーしました