マンション売却

マンション売却

不動産屋の担当を変えるべきケースはどんなとき?変更する方法を解説!

不動産売却の成否は、不動産屋やその担当者の腕次第と言われているため、慎重に選んだ方がよいでしょう。もし、現在の担当者が実力不足だったり、性格が合わない場合は、売却活動に支障が出てしまうため、変更することが望ましいです。本記事では、不動産屋の担当を変えるべき状況と変更の仕方について解説します。
マンション売却

【マンション売却】値下げ時のポイントをわかりやすく解説

マンションの売却には、運やタイミングに任せる部分もあります。すぐに高額で売れることもあれば、値下げしてもいつまでも売れ残ることもあるでしょう。本記事では、マンション売却における「値下げのコツ」を解説します。値下げは売り出し何ヵ月目にすべきなのか、市場がどう変わったら値下げすべきなのかなどを総合的にお伝えします。どうしても売れないマンションをすぐに売る方法も紹介するので、ぜひ参考にしてください。
マンション売却

マンション売却でよくあるクレームとは?5つの対処法を完全解説

マンションの売却は、円満に取引されたと思いきや引き渡し後にクレームを言われてしまうケースがあります。売却前にマンションのそのものはもちろん、設備や環境についてもしっかりと調査をして報告しておかないと、大きなクレームに発展する可能性も…。マンションの売却後、クレームを未然に防ぐ方法やクレームされた際の対策を解説していきます。
マンション売却

マンション売却時の契約不適合責任とは?回避する方法も解説

マンションを売却する際に、耳にしたことがある方も多いであろう「瑕疵担保責任」。今は名称を変え「契約不適合責任」と言われるようになっているので、売却の中で言及された際に驚かないよう知っておきましょう。契約不適合責任では、売却したマンションに何か欠点が見つかったときに買主より売主に損害賠償が請求されるものということを何となく理解している方はいると思います。しかし、実際には契約不適合責任とはどのようなものなのか、どんな責任が問われるのか、解説します。
マンション売却

西向きのマンションは売れない?早く高く売却する方法5選

日本人の多くが「西向きの部屋は良くない」と思う傾向にあり、西向きのマンションが売れないと悩んでいる売主は少なくありません。マンションの売却を大きく左右する方角の中で、西向きは北向きに次いで売れづらい傾向にあります。しかし、西向きのマンションにもメリットはあります。西向きのマンションはなぜ売れないのか原因を追求し、売れるようにするための対策を練っていきましょう。
マンション売却

マンションの1階は売れない?理由と対処法まとめ

マンションを売りたくても、1階だと思った通りに売れないことがあります。1階は防犯面が気になるという声もあり、売れないことを覚悟している方もいるかもしれません。しかし、マンションの1階ならではのメリットがあるのも事実です。マンションの1階を売るために、まずは売れない理由や売るためのアピールポイントを知りましょう。
マンション売却

4LDKのマンションが売れない理由とは?早く売るためのコツも紹介

せっかく購入した広い4LDKのマンションを、手放さなくてはいけないこともあるでしょう。部屋数も多く、広い4LDKはたくさんの人の憧れの的ですぐに売れるだろうと思っている方も少なくないはず。しかし、4LDKは思っているほど売れないのが事実です。4LDKのマンションがなぜ売れないのか、売るためにはどのようなポイントをアピールしたり注意するべきなのか、解説します。
マンション売却

1LDKのマンションが売れない理由とは?早く売るためのコツも紹介

1LDKのマンションを売りたいと思っているのに、なぜかなかなか売れないと感じている方は少なくありません。マンションの中でも比較的価格帯が低く、人気そうな1LDKのマンションが売れないのにはどのような理由があるのでしょうか。売却活動を始めてしばらくしてから「売れない!」とならないよう、売れない理由と売るためのポイントを抑えていきましょう。
マンション売却

不動産売買を委任状により代理人に委任する方法とは?必要事項や注意点まとめ

不動産売買は複雑な内容が多く、細心の注意を払って契約を結ばなくてはいけません。そのため、何らかの理由があって所有者本人では契約の手続きができない場合には、委任状を用いて代理人に委任できます。代理人に委任することで、委任者本人と同じ効力の手続きができるようになります。委任状で代理人を立てて不動産売買をする際の必要事項や注意点をまとめて解説します。
マンション売却

成年後見制度による不動産売却とは?流れや必要書類を徹底解説

不動産売却をしたいけど、所有者である親が認知症などにより十分な判断能力はない場合、売却すべきか、この価格で良いか、正しい判断ができないことがあります。このようなケースで不動産を売却する制度が「成年後見制度」です。成年後見制度では、不動産売却を行う代理権を行使して、選定された成年後見人が所有者本人に代わり手続きを進めます。成年後見人が不動産売却をする方法や必要書類について解説します。
タイトルとURLをコピーしました