離婚

離婚

離婚時の財産分与、アンダーローンの場合はどうすれば良い?

離婚の際、悩ましいのが不動産の財産分与。住んでいるのが賃貸物件であれば、退去することができますし、どちらかが残って住むとしても大きく揉めることはないでしょう。しかし、結婚している間に購入した家は、財産分与で平等に分けるのが難しいです。離婚した際の不動産は、売却利益で住宅ローンが完済できるアンダーローンであればオーバーローンのときに比べてスムーズに財産分与ができます。アンダーローンであった場合に注目して、どのように財産分与するのがスムーズかどうか解説していきます。
離婚

離婚する際オーバーローンになってしまう家は売却できる?方法や注意点を紹介します

家を売却した際に、売却価格よりも住宅ローンの残債の方が額が大きくなってしまうことを「オーバーローン」といいます。家を所有している状態で離婚をする多くの人が、住宅ローンの返済が完了していません。そんなオーバーローン状態の家は、離婚する際に売却できるのでしょうか。また、売却以外にも家という財産を円満に分けられる方法はあるのでしょうか。離婚時に必ず必要になる財産分与と併せて解説していきます。
離婚

離婚したら住宅ローンは誰が支払う?後悔しないための確認事項まとめ

結婚して持ち家を購入した場合、住宅ローンが残っている状態で離婚をするとしたら、住宅ローンの残債はどうするベきでしょうか。もちろん、残債はすべて完済しなくてはいけません。夫婦ふたりの財産であるため住宅ローンの負債もふたりで分け合うことになるのでしょうか。離婚をする際に残っている住宅ローンの返済額は誰が支払うのか、それにあたり確認するべきことや注意しなくてはいけないことにはどのようなことがあるのか、解説していきます。
離婚

財産分与に必要な不動産査定・円満離婚につながるポイントとは

離婚をする際、所有していた不動産はどうすれば良いのでしょうか。売却をすることも考えられますし、夫婦のどちらかがもらうことも考えられますよね。いずれにせよ離婚をする際には、所有している不動産の価値がどれほどあるのかを正確に知るためにも、「不動産査定」をしなくてはいけません。離婚時なぜ査定が必要なのか、どこに依頼すれば良いのかなどを踏まえた上で、不動産とどう向き合うべきかについて解説していきます。
離婚

離婚するときマンションはどうしたら良いの?売却する際の流れや注意点を解説!

離婚をすることになった際、資金の大きい部分を占めるマンションや戸建などの不動産はどのように対処するべきなのでしょうか。マンションは夫婦のどちらかが譲り受けるも良し、売却するも良しですよね。今回は、マンションを離婚時に売却したときとしないときのメリットやデメリットを追わせて紹介しいきます。
離婚

離婚に際して任意売却するべき?メリットやデメリットを解説します

離婚の際に何かと処分方法に困ってしまう不動産。住宅ローンが完済しているのであれば、売却して現金化してしまうのが後にトラブルも少なく理想的です。しかし、住宅ローンが残っている場合は、離婚するからといって簡単に売却して良いのかもわからないもの。もしも、離婚をするタイミングで不動産を売却しても住宅ローンが残ってしまうのであれば、「任意売却」を検討してみてください。離婚時の任意売却のメリットやデメリットについて解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました