住宅ローン

住宅ローン

住宅ローンが残っている物件は賃貸できる?貸せるパターン3つと注意点

自分が住んでいても、住んでいなくても購入代金を分割で支払っていかなければならない住宅ローン。万が一、住宅ローンがまだ残ったままの物件に住まなくなってしまったり、長期的に空き家にしなくてはいけなくなったりしたとしても、住宅ローンの返済からは逃れられません。そんなとき、賃貸にして収益を出せないか検討をする方もいるかもしれません。住宅ローンが残ったままの物件は賃貸に出せるのでしょうか。また、賃貸をするほかに何か別の際的案はないのか、解説していきます。
住宅ローン

住宅ローンの借り換えのメリット・デメリットとは?どんな人におすすめなのか解説

今の住宅ローンの返済額に負担を感じていたり、少しでも減らしたいという気持ちがあったりすると、借り換えを考えたことがある方もいるかもしれません。住宅ローンの今の金融機関から別の金融機関のものへ変えることを「住宅ローンの借り換え」と言います。そんな住宅ローンの借り換えには、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。また、借り換えをするべき人はどんな人なのでしょうか。解説していきます。
住宅ローン

住宅ローンとは違う?つなぎ融資は家を買い換えるのに必要か解説!

住宅物件は購入代金が多額で、一括で支払いができる人はほとんどいません。そのため不動産を購入する際、多くの人が住宅ローンを組みます。それよりも前に「つなぎ融資」と呼ばれる制度を利用することになるケースもあります。「住宅ローン以外にも何か費用がかかるの?」と不安になってしまう方もいるかもしれません。しかし、つなぎ融資は知っておくと便利な制度です。つなぎ融資とはどのような制度で、住宅ローンと何が違うのか解説していきます。
住宅ローン

住宅ローンの支払いが苦しい理由とは?相談先や対処法を解説!

近年、様々な理由で住宅ローンの支払いを苦しいと感じる人が増えています。しかし、住宅ローンの支払いが苦しいからと言って、いきなり返済の義務がなくなってくれることはありません。返済が終わるまで、毎月支払い日のやってくる住宅ローン。住宅ローンの返済を苦しいと感じるようになってしまう主な原因にはどのようなものがあるのでしょうか。また、苦しいときの相談先や対処にはどのような方法があるのでしょうか。解説していきます。
住宅ローン

住宅ローンの見直しで負担を減らすことはできる?お得になる条件を解説

不動産を購入するほとんどの人が契約する住宅ローン。住宅ローンを組むことで購入した不動産の購入代金が月々分割で支払えるようになるため、自己資金が少なくても満足のいく不動産売買ができるようになります。しかし、住宅ローンは購入代金の元本に加えて金利も合わせて返済しなくてはいけません。毎月大きな出費になる住宅ローンは、なるべくお得なプランに見直したいと思う方も少なくありません。住宅ローンの見直しはできるのでしょうか。また、できるのであれば何がどれほどお得になるのでしょうか。解説していきます。
住宅ローン

住宅ローンの滞納が続くとどうなる?リアルに起きる最悪の事態と解消法

住宅ローンを滞納すると、最終的に、どうなってしまうのでしょうか。本記事では、住宅ローンの滞納1日目~6ヵ月目までの間に、何が起こるのかを紹介。ローン滞納により被る不利益と、滞納が続くことで起こる”最悪の事態”を、リアルにお伝えします。滞納をしない、あるいは解消するための考え方と具体的な方法も解説します。
住宅ローン

住宅ローンが支払えない人が増えている!?独自調査で明らかになった実態【すむたす調べ】

住宅ローンを支払えない状態が続くと、遅延損害金や手数料が発生します。最悪の場合、時間やお金の余裕がない状態で、引越しを余儀なくされるかもしれません。私たちが行った調査によると、「新型コロナウイルスの影響で住宅ローンが支払えない人」は増えています。住宅ローンの支払い遅れを解消する方法も解説するので、ぜひお役立てください。
タイトルとURLをコピーしました