マンションの売却には買取業者と仲介業者、どちらを選ぶべき?

マンション売却

マンション売却を考えたとき、最も頭を悩ませる問題は「どんな業者に依頼するか?」ということかもしれません。売却までのスピードも、売却価格も、不動産業者の手腕によって大きく左右されるでしょう。

マンション売却において、業者選びは重要な問題です。では、その業者にはいくつかの種類があることは、ご存知でしょうか。

中古マンションの売却においては、一般的な不動産業者(仲介業者)以外にも選択肢があります。

今回は、中古マンションの売買を取り扱う「仲介業者」と「買取業者」について、詳しく解説します。両者の違いやメリット・デメリット、どんな人にどちらの業者がおすすめなのかなど、マンションをより早く・高く売るために必要なことを確認していきましょう。

マンションをはじめとする不動産の買取業者とは?

不動産の買取業者とは、不動産を売りたい人から物件を買取る業者のことです。

と、一言で説明されてもピンとこない方も多いでしょう。そもそも、マンションを売ろうといろいろ調べた結果、「不動産買取」という言葉を初めて聞いた方もいるはずです。

まず、不動産売買を扱う業者には、「買取業者」と「仲介業者」の2種類があります。本記事で取り扱う不動産買取とは、中古のマンションや一軒家を業者が買い取るサービスのことです。

不動産買取といっても、仕組みはほかの中古品買取と変わりません。業者は不動産を買取った価格に、自社の利益分を上乗せして再販することで利益を出します。

買取業者は、中古マンションを所有している顧客から買い取ったマンションや一軒家などの物件を、転売したり賃貸したりして利益を得ている会社のことです。

買取業者と仲介業者との違い

お伝えした通り、不動産売買に携わる業者には、「買取業者」と「仲介業者」の2種類があります。それぞれの業者は、次のような違いがあります。

買取業者仲介業者
売却までの期間短め長め
売却価格低め高め
売却活動負担小負担大
売却にかかる費用なしあり

短期間、少ない負担で不動産を売りたいときにおすすめなのが買取業者。時間や労力をかけても高く売りたいときにおすすめのなのが仲介業者です。それぞれの特徴や、メリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

買取業者の特徴

買取業者は顧客から買い取ったマンションや一軒家などの物件を活用し、利益を得ている業者です。買取った不動産を転売したり、賃貸物件として運用したりすることで、買取業者は利益を得ています。

買取った不動産を転売する業者は、「買取再販業者」と呼ばれることもあります。買取った物件はただ転売されるのではなく、リフォームやリノベーションなどで手を加えられてから再販されることが多いです。

「買取再販」について詳しく知りたい方は、こちらの記事もぜひお読みください。買取再販業者の具体的な仕事内容や、マンションが再販される流れを詳しくお伝えしています。

不動産の買取再販とは?高く、早く売れるオススメサービスも紹介

買取業者を利用するメリット

買取業者を利用するメリットは、「時間も手間もかけずにマンションを売れること」と、「売れづらいマンションでもすぐに売れること」です。

まず、買取業者を利用すれば、たいていのマンションはすぐに売れます。業者にとって、マンションを買取ることは商品の仕入れです。利益を上げるにはたくさんの在庫を抱えている必要があるため、売主が提示された買取価格に納得さえすれば、買取はすぐに決まるでしょう。

買取がすぐに決まるのは、売れづらいマンションでも変わりません。

世の中には古くてボロボロなマンションや、立地が悪いマンションなど、さまざまな「売れづらいマンション」があります。そんなマンションを高く売るには、見た目をきれいに直したり、土地に合った付加価値(コンセプト)を付けたりしなければならないでしょう。

しかし、自分で手を加えるには手間もお金もかかります。かかった費用を補えるほど、売却価格が上がるという保証もありません。買取ったマンションに自分たちで手を加える買取業者なら、売主は修繕や清掃の費用を負担しなくて済みます。

買取業者を利用するデメリット

買取業者を利用するデメリットは、仲介業者と比べて売却価格が低いことです。

買取業者の示す買取価格は、マンションに手を加えるための費用や、再販により利益を出すことを考えたうえのものです。売却に費用や手間を済む分、売却価格は低くなります。

一般的に、買取業者を利用した場合、売却価格は仲介業者の7割ほどになるといわれています。

とはいえ、買取業者ではマンションの修繕や清掃にかかる費用も、仲介で発生する手数料もありません。売却価格は下がるものの、同じ金額だけ「売却の利益」が下がるわけではないのです。

買取業者のメリット・デメリットについて、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事もぜひお読みください。マンション買取のメリットとデメリットを徹底解説!売却時の判断材料にも

仲介業者の特徴

仲介業者は、マンションを売りたい人と買いたい人をつなぐ(仲介する)業者です。仲介業者は、あくまでも売主と買主の中継役という位置付け。実際にマンションを買取るのは、仲介先となる買主です。

仲介成立により発生する「仲介手数料」が、彼らの主な収入源です。一般的に、仲介手数料は売主・買主の両者とも支払います。

なお、仲介手数料の目安は「売却価格の3% + 消費税」です。例えば3,000万円で売れたマンションなら、「3,000万円 × 0.03 + 9万円(税率10%での消費税) = 99万円」で、100万円近い手数料がかかります。

仲介業者のメリット

仲介業者を利用するメリットは、何といっても売却価格が高いことです。

仲介業者では、基本的に「このマンションに住みたい!」と感じる個人への売却を目指します。買主にとって魅力的なマンションであれば、多少高くても買い取ってもらえるでしょう。

仲介業者のデメリット

仲介業者を利用するデメリットは、売却活動に時間と手間がかかることです。

「このマンションに住みたい!」と感じる買主が見つかるかには、タイミングや運の要素も絡みます。買い手がすぐに見つかることもあれば、1年経っても見つからないこともあります。

もちろん、間取りやデザインの優れたマンション、立地の良いマンションなどは早めに売れるでしょう。しかし、取り立てて魅力のないマンションや、悪条件ばかりが揃ったマンションは、価格を下げてもなかなか売れません。

時間をかけて安売りするくらいなら、初めから買取業者に売った方がいいでしょう。

不動産買取業者の取引先には仲介業者も?

実は、マンションや一軒家などを買い取る不動産買取業者の取引先には、仲介業者(不動産会社)も含まれます。

仲介業者が売却している物件の中には、いつまでも売れ残っている物件があるため、売主が困っているケースが多々あります。そのような場合、仲介業者から買取業者に物件を紹介し、直接買取をしてもらえないか交渉をするのです。

実は不動産業界には独自のコミュニティがあり、困ったときはお互いが助け合う仕組みとなっています。したがって、買取業者の多くは不動産業者からの紹介だけで成り立っているケースもあり、仲介業者のように人通りの多い町に店舗を出すようなこともほぼありません。

もちろん、買取業者がマンションや一軒家などの物件を持っている人に営業をして、自分たちで買い取らせてもらえないか直接交渉する場合もあります。ただ、即決になることはほぼないので、話し合った末に交渉決裂することも珍しくはありません。

マンションの売却時に仲介業者を経由するとどうなる?

では、一般的にマンションを売却する際、買取業者ではなく仲介業者を経由して売却するとどういったことが起きるのでしょうか。

ここでは、マンションの売却時に仲介業者を経由した場合のメリットとデメリットを3つずつ紹介していきます。

マンション売却時に仲介業者を経由する3つのメリット

マンション売却時に仲介業者を経由する主なメリットは3つです。

  • 個人の買主に高く売れるかもしれない
  • 価格と買主を自分で決められる
  • 条件が変わり売却益が大きくなるかもしれない

総じて、より高い価格での売却を目指せるのがメリットです。それぞれのメリットについて、具体的に見ていきましょう。

個人の買主に高く売れるかもしれない

最終的には買取業者にマンションを売ることになったとしても、仲介業者を経由すれば、個人の買主に高く売れる可能性を残せます。

仲介業者の取引先の中には、たしかに買取業者もいます。しかし、メインの売却先はあくまでも「このマンションに住みたい!」と感じる個人です。売却を急ぐ事情がないのなら、一度くらい個人への売却を目指してみてもいいでしょう。

価格と買主を自分で決められる

仲介業者でも買取業者でも、最終的に「この価格で売るか、売らないか」を決めるのは売主です。

とはいえ、業者と個人を比べれば、”数”が多いのは個人です。仲介業者を利用すれば、より多くの「買主候補者」の中から、納得のいく買い手を探せます。売却価格の”幅”も広がるでしょう。

条件が変わり売却益が大きくなるかもしれない

仲介業者で買い手を探している間に、土地の人気が上がり、売却価格も上がる可能性もあります。売却を急ぐ事情がないのなら、条件が変わり、売却益が大きくなる可能性を残せるのです。

もちろん、条件が変わって売却価格が低くなる可能性もあります。それに、条件が変わることで価格が変わるのは買取業者も同じです。マンションを売却する際は、社会情勢や近隣エリアの開発動向をよく見て、「ベストな売り時」を逃さないようにしましょう。

マンション売却時に仲介業者を経由する3つのデメリット

マンション売却時に仲介業者を経由することには、デメリットもあります。仲介業者を経由する主なデメリットは3つです。

  • 売却に時間がかかりやすい
  • 値下げで利益が少なくなるかもしれない
  • 契約不適合責任による売却後のリスクがある

それぞれのデメリットについて、具体的に見ていきましょう。

売却に時間がかかりやすい

「このマンションに住みたい!」と感じる個人を探す仲介業者では、売却までに時間がかかりやすいです。買い手を探している間に土地の人気が下がることも、築年数が増えて物件の価値が下がることもあるでしょう。

時間をかけても売れなければ、値下げをしたり、売却先を買取業者に切り替えたりするのが賢明です。

値下げで利益が少なくなるかもしれない

マンションがいつまで経っても売れなければ、値下げをすることもあるでしょう。値下げをすること自体は構いませんが、値下げのしすぎには気をつけなければなりません。

値下げしても売れない状態が続けば、再び値下げをして買い手を探すことになります。そんなことを繰り返していくうちに、適正価格を下回るほどに値段を下げてしまうかもしれません。

大切なマンションを安売りしないよう、相場や買取業者への売却価格を調べながら値下げをしましょう。

契約不適合責任による売却後のリスクがある

仲介業者を利用する場合、売却後しばらくの間は、契約不適合責任によるリスクがあります。

契約不適合とは、不動産の傷・不具合・欠陥などのことです。一定期間内に契約不適合が発見された場合は、売主が修理代を負担しなければなりません。

ただし、中古物件を売却するときには契約不適合責任を負わない契約を締結することも可能です。契約不適合責任について、あらかじめ仲介業者と相談しておけば、修理代を支払うリスクは回避しやすくなります。

「すむたす買取」でマンションを売却するなら仲介業者ナシで取り引き可能

test
マンションを仲介業者を経由で売却をすることには、メリットもデメリットもあります。立地の悪いマンションや古くてボロボロのマンションなど、そもそも仲介での売却に向いていない物件もあるでしょう。そのような物件は、買取業者に売却するのがおすすめです。

中でもおすすめなのが、時間も手間もかけずにマンションを売却できる買取サービス、「すむたす買取」です。

すむたす買取では、24時間365日、Webからマンションを査定・売却できます。PCやスマートフォンを使い、5つの項目を入力するだけで、最短1時間で査定が終了。マンションがどのくらいで売れるのか、すぐにわかります。

査定価格が気に入ったら、最短2日での売却も可能です。売却に必要なのは、30分程度の現状確認のみ。現状確認の日程も、メールで気軽に調整できます。

もちろん、価格が気に入らなければ売る必要も、現状確認をする必要もありません。売却を促す営業電話もかからないので、安心して利用できます。

「すむたす買取」はどんな人に向いている?

マンションは一軒一軒価値が異なり、売却の事情も人それぞれです。物件の状況や売却の事情よって、仲介と買取のどちらが良いのか、すむたす買取をおすすめできるかどうかは変わってきます。すむたす買取は、どんな人に向いているのでしょうか。

  • すぐに現金化したい
  • 売却予定の物件が古い
  • 自分が決めたタイミングで売却したい

なぜすむたす買取がおすすめなのか、それぞれ理由をお伝えしていきます。

すぐに現金化したい

マンションをすぐに現金化したい人には、すむたす買取がおすすめです。数ある買取サービスの中でも、すむたす買取ほどスピーディなサービスは珍しいです。

マンションが競売にかけられそうな人、任意売却を考えている人など、すぐにでも売却を決めたい人には特におすすめできます。

売却予定の物件が古い

売却予定の物件が古い人にも、すむたす買取がおすすめです。基本的に、マンションは古くなるほど売れづらくなっていきます。築年数が古いだけならまだしも、見た目もボロボロなマンションは、仲介ではなかなか売れないでしょう。

すむたす買取では、古いマンションやボロボロのマンションも問題なく買取れます。買取後は、土地のニーズに合わせてリノベーションをしてから、新たな買主を探します。

長年慣れ親しんだ我が家をきれいに生まれ変わらせ、新しい買主の下へと送り出せるのです。

自分で決めたタイミングで売却したい

自分で決めたタイミングで売却したい人にも、すむたす買取はおすすめです。

最短2日で売却できるすむたす買取は、ほぼ完全に自分のタイミングでマンション売却ができるサービスといえます。もちろん、査定してすぐに売却しなくても、後から売却することも可能です。

マンションをなるべく高く売りたい方は、いくつかの業者で査定をしてもらってください。そのうえで、すむたす買取の査定価格が最も高かった方や、私たちに我が家を任せたいと感じてくださる方は、ぜひお声がけください。

マンションの売却は直接取引ができる「すむたす買取」がおすすめ

仲介業者と買取業者、どちらにマンションを売るべきかは、物件の状況や売却の事情によって変わります。業者選びの際は近隣エリアの相場を調べながら、自分にはどちらが向いているのかをよく考えてください。

仲介業者では、より高値でマンションを売却できる可能性があります。しかし、いつまで建ってもマンションが売れないこともあり、値下げの末に買取業者と大差ない価格になってしまうこともあるかもしれません。

買取業者は売却価格こそ低めなものの、売却スピードが早く、手数料もかかりません。中でもスピードにこだわりたい方や、面倒な手続きをしたくない方には、「すむたす買取」をおすすめします。

すむたす買取は、仲介業者を経由して売却するときの不安要素をほとんど取り払っています。

すむたす買取は仲介業者ではなく買取業者なので、仲介手数料は発生しません。

査定依頼は24時間365日、PCやスマートフォンから行えます。最短1時間で買取価格がわかるうえに、最短2日でマンションを現金化することも可能です。そのうえ、買取後にリフォームして再販するため、室内状況はそのままの状態で売却できます。

時間をかけずにマンションを高く売りたい方には、最適なサービスだと自負しております。

仲介業者に査定を出してもらったけれど、本当に売れるかどうか不安
査定価格より値段が下がるのではないだろうか

と、マンションの売却価格に不安を感じている方は、まずは「すむたす買取」で無料査定をしてみませんか?

すむたす買取の査定入力項目はたったの5つ。個人情報は不要です。

記事のまとめ

不動産の買取業者とは?

不動産を売りたい人から物件を買取り、自社の利益分を上乗せして再販することで利益を出す業者のことです。
買取再販業者と呼ばれることもあります。

不動産買取業者と不動産仲介業者の違いは?

以下の通りです。

買取業者仲介業者
売却までの期間短め長め
売却価格低め高め
売却活動負担小負担大
売却にかかる費用なしあり

不動産買取業者を利用するメリットは?

以下2つのメリットがあります。

  1. 時間や手間をかけずに売却できる
  2. 室内状態や立地が悪い売れづらい物件でも売却できる

不動産買取業者を利用するデメリットは?

不動産仲介業者を利用する場合と比べて、7割ほどの売却価格になることです。
ただし、不動産買取業者に直接依頼した場合、仲介手数料はかかりません。

不動産仲介業者を利用するメリットは?

不動産買取業者を利用する場合と比べて、売却価格が高くなることです。

不動産仲介業者を利用するデメリットは?

不動産買取業者を利用する場合と比べて、時間や手間がかかることです。
特に室内状態や立地などの条件の悪い物件は、時間や手間がかかる割に、売却価格は高くならないことが多いです。

佐々木さんこの記事の監修:佐々木 研斗
不動産売却アドバイザー。立教大学卒、三井不動産リアルティに新卒入社、19年にすむたすに参画。
保有資格:宅地建物取引士
タイトルとURLをコピーしました