マンションの売却には買取業者と仲介業者、どちらを選ぶべき?

マンション売却

マンションをはじめとする不動産を買い取る買取業者とは?

そもそも「不動産買取」という言葉にあまりピンとこない方も多いでしょう。

本記事で取り扱う不動産買取とは、中古のマンションを買取業者が買い取るサービスのことです。
仕組みとしては他の中古品買取とほぼ同じ仕組みです。買取価格に利益分を上乗せして再販することで利益を出します。
買取業者は、中古マンションを所有している顧客から買い取ったマンションの物件を転売したり賃貸したりして利益を得ている会社のことを指します。

買取業者と仲介業者との違い

買取業者は、前述の通り顧客から買い取ったマンションの物件を活用して利益を得る仕組みです。
一方仲介業者(不動産会社)は、「物件を売りたいお客様」と「物件を買いたいお客様」繋ぐ役目を果たしています。

あくまで、売主と買主の中継役という位置付けです。仲介業者の主な収入源は、売主・買主の両者から得る仲介手数料です。
マンション・一軒家の売買の成果報酬として、物件の売買価格に応じた手数料を請求します。
また、場合によってはマンションのリフォーム代を売主から得ている場合もあります。
他にも、住宅ローンに関する銀行との調整や物件に関する法的な調査も仲介業者の仕事です。

不動産買取業者の主な取引先は仲介業者

マンションを買い取る不動産買取業者の主な取引先は、仲介業者(不動産会社)です。

仲介業者が売却している物件の中には、いつまでも売れ残っている物件があるため、売主が困っているケースが多々あります。そのような場合、仲介業者から買取業者に物件を紹介し、直接買取をしてもらえないか交渉をするのです。
実は不動産業界には独自のコミュニティがあり、困ったときはお互いが助け合う仕組みとなっています。
したがって、買取業者の多くは不動産業者からの紹介だけで成り立っているケースもあり、仲介業者のように人通りの多い町に店舗を出すようなこともほぼありません。

もちろん、買取業者がマンションの物件を持っている方に営業をして、自分たちで買い取らせてもらえないか直接交渉する場合もあります。
ただ、即決になることはほぼないので、話し合った結果交渉決裂することも珍しくはないです。

マンションの売却時に仲介業者を経由するとどうなる?

では、一般的にマンションを売却する際、買取業者ではなく仲介業者を経由するとどういうことが起きるのでしょうか。
ここでは、マンションの売却時に仲介業者を経由した場合のメリットとデメリットを3つずつ紹介していきます。

マンション売却時に仲介業者を経由する3つのメリット

マンション売却時に仲介業者を経由するメリットは全部で3つあります。

【マンション売却時に仲介業者を経由する3つのメリット】

  • 一般的に業者に買い取ってもらうより高い価格で売却できる可能性がある
  • 価格と買主を自分で決められる
  • 売却方法によっては大きな利益が得られることもある

マンション売却の仲介では、高く売却したい場合は相場より価格を上げて募集をすることが一般的です。
売却に時間をかけられるならば、相場より少し高めの価格で売却できるまで待つという方法もあるでしょう。
もし、提示した価格で購入してくれる買主が現れれば、買取で売却するよりも高い値段で売却することが可能です。
また、市場の状況によっては大きな利益が得られることもあります。
例えば、購入希望者が複数出そうな人気エリアの土地であったり、何か世界的に大きなイベントで土地の価格が高騰している時期であったりするならば、通常より利益が大きくなる可能性が高くなるでしょう。

マンション売却時に仲介業者を経由する3つのデメリット

次に、マンション売却時に仲介業者を経由するデメリットについて紹介します。
仲介業者を経由するデメリットは以下の3つです。

【マンション売却時に仲介業者を経由する3つのデメリット】

  • 売却に時間がかかることがある
  • 値下げによって利益が少なくなることがある
  • 契約不適合責任を持つ場合は売却後も不安が残る

買取の場合、買取業者が査定した価格で売主が納得できれば、比較的早い段階で買取が完了します。

一方仲介業者では、売却の期間が約束されていないため、価格や物件の状態によっては買主が現れない可能性も。
さらに、仲介業者で査定された価格はあくまで見積もり価格です。
最初に査定した価格で買いたいという買主がいない場合は、より低い価格に設定し直して売却することになるでしょう。
すると、得られる利益は当初の予定よりも少なくなってしまうのです。
また、仲介で売却した場合、契約不適合責任は売主にあります。
契約不適合とは、傷・不具合・欠陥などのことです。

したがって一定期間内に契約不適合が発見された場合は修理代が発生する可能性があるため、一定期間内は不安が残るでしょう。
ただし、中古物件を売却するときには契約不適合責任を負わない契約を締結することも可能なので、契約不適合責任についてはあらかじめ仲介業者と相談しておけば修理代を支払うリスクは回避しやすくなります。

「すむたす買取」でマンションを売却するなら仲介業者ナシで取り引き可能

マンションを仲介業者を経由して売却をすると、前述のような「買取よりも高い価格で売却できる可能性がある」メリットがある一方で、「売却に時間がかかる」「値下げによって利益が少なくなることがある」などのデメリットもあります。

このようなデメリットを解消できるのが、マンションの買取サービスの「すむたす買取」です。

「すむたす買取」は仲介業者と違い、直接お客様が売却できるので仲介手数料が無料です。
一般的に不動産売却は、仲介業者に媒介を依頼して買主に売却するため、売却時は売主も買主も物件価格の約3%が手数料としてかかります。不動産の場合、3%といってもかなりの額になります。無料という点では類を見ないサービスといえます。また、直接取引であるため、いつでも好きなときに複雑な行程なしに売却できます。

「すむたす買取」はどんな人に向いている?

「すむたす買取」の特徴を基に考えると、「すむたす買取」に向いている方は以下の4つの特徴に当てはまる方です。

【「すむたす買取」に向いている方の特徴】

  • 現金がすぐに必要
  • 売却予定の物件が古い
  • 自分が決めたタイミングで売却したいと考えている
  • 複雑な行程が面倒くさい

マンションは物件ごとに価値が異なります。
したがって、物件や自分の置かれている状況によって仲介がよいのか買取が良いのかが変わってくるのです。
もし、1つでも上記の特徴に当てはまった方は、ぜひ「すむたす買取」の無料査定をお試しください。

すむたす買取

逆に「相場より少しでも高く売れる可能性にかけたい」「築年数や周りの環境が良好なので、相場よりも大幅に高く売れる自信がある」という方は、仲介業者に任せてみるのもありかもしれません。

マンションの売却は直接取引ができる「すむたす買取」がおすすめ

主に「買取業者と仲介業者の違い」について解説しました。
自身が所有しているマンションを買取業者に買い取ってもらうか、仲介業者を経由して売却するかの選択は、マンションの状態や自分の状況によって変わってくるため、ぜひよく考慮して決定してください。

仲介業者では相場より高値でマンションを売却できる可能性がありますが、その代わり長期間売れないかもしれないリスクもはらんでいます。
また、長期間マンションが売れず、結果的に当初の価格より大幅に値下げすることもあることも忘れないでください。

一方「すむたす買取」は、仲介業者を経由して売却するときの不安要素をほとんど取り払っています。

まず、前述の通り「すむたす買取」は仲介業者ではなく買取業者ですので、仲介手数料は発生しません。
売却時には売主も買主も物件価格の約3%が手数料としてかかりますが、「すむたす」は直接取引なので手数料は一切かかりません。

売却価格に関しても、不動産一括査定サイトはあくまで見積もり価格を提示するのに対し、「すむたす買取」ではAIと専門家による査定により最短1時間で買取価格が決定します。
しかも、買取価格が決定してから最短2日で売却し現金化することが可能です。

また、人によっては「こんな室内状況で売れるのだろうか」と疑問に思う方もいるでしょう。
しかし、「すむたす買取」では買取後にリフォームして再販するため、室内状況はそのままの状態で売却できます。

AI査定の具体的な方法については、こちらの記事でご紹介しています。

「仲介業者に査定を出してもらったけれど、本当に売れるかどうか不安」「査定価格より値段が下がるのではないだろうか」とマンションの売却価格に不安を感じている方は、まずは「すむたす買取」で無料査定をしてみませんか?
「すむたす買取」の査定入力項目はたったの5つ
個人情報は不要です。

すむたす買取

タイトルとURLをコピーしました