住宅ローンの見直しで負担を減らすことはできる?お得になる条件を解説

住宅ローン
すむたす買取
すむたす買取

今、住宅ローンが支払えなくなっている人が増えている

すむたすに寄せられるお客様からの相談内容のうち、コロナの影響で住宅ローンの支払いができなくなったと答えた人は40%近くいました。収入が減少し、生活をするので精一杯の人からすると、毎月何万円もの支出となる住宅ローンの支払いは厳しいことが伺えます。

「売れない・売れづらい不動産の理由」に関する意識調査:株式会社すむたす

「売れない・売れづらい不動産の理由」に関する意識調査:株式会社すむたす

「不動産のプロが考える不動産が売れない理由」ランキング発表!新型コロナの影響で売れづらくなる家とは?
株式会社すむたすのプレスリリース(2021年1月21日 12時10分)ランキング発表!新型コロナの影響で売れづらくなる家とは?

しかし、住宅ローンの返済が厳しいからと言って支払いを滞らせてしまったり、放棄してしまったりすると、今の家に住んでいられなくなってしまいます。立退を命じられないためにも、収入が少なくなっても住宅ローンの支払いは継続的に行っていきたいもの。そのためには、住宅ローンの見直しが必要かもしれません。住宅ローンの見直しをするべき人はどんな人なのか、何の情報が必要なのか、解説していきます。

住宅ローンの見直しはいつできるのか

住宅ローンの見直しはいつでも、誰でもでき、特に縛りはありませんしかし住宅ローンの見直しをしたからと言って、見直しをしたすべての人の住宅ローンの条件が良くなったり、得をしたりするとは限りません。

次の3つの条件を満たしている場合は、住宅ローンの見直しをすると得しす。それに対し、条件を満たせていない人は、特に大きな得があるわけでもなく手間だけをかけることになってしまうので住宅ローンの見直しは必要ないかもしれません。詳しくは後ほど説明していきます。

少しでも住宅ローンの見直しに興味がるようであれば、事前に金融機関に確認しておくことをおすすめします。

住宅ローンの見直しをするために必要な情報とは

住宅ローンの金利差が年率1%以上あったり、残年数が長かったり、残額が1,000万円以上あるのであれば、見直してみても良いでしょう。借り換えをしたい場合には、金融機関に相談したり、まずは自分でシミュレーションをしたりして本当に見直しが必要かどうかを判断しましょう。

見直しする際に必要になる情報は以下の7点です。

1. 現在の借入残高
2. 毎月の返済額
3. ボーナス時の返済額
4. 最終返済月
5. 希望する借入年月
6. 希望の金利タイプ
7. 借り換え後のボーナス返済の有無

相談するか、自分でウェブ上からシミュレーションをしてみる際に必要になる情報なので、事前に用意できているとスムーズに進められるでしょう。まずは今の住宅ローンよりどれほどお得になるのかを調べてみましょう。

住宅ローンの見直し時の確認事項・得する条件とは

住宅ローンの見直しをするのであれば、3つの条件のどれかに当てはまっていないと得することがないとお伝えしました。3つの条件とはどのようなものなのでしょうか。住宅ローンの見直しをして今よりも良い条件で返済していけるための条件を3つ紹介します。合わせて住宅ローンの見直しをする際に注意しておきたいことを1点お伝えします。必ず事前に確認しておくことをおすすめします。

住宅ローンの残年数

住宅ローンの見直しをそもそもするべきか見極めるために確認しておきたいひとつ目のポイントは、住宅ローンの残年数です。残年数とは、「あと何年住宅ローンの返済に時間がかかるのか」を意味します。例えば、35年ローンの住宅ローンを10年間返済した場合の残年数は25年です。

見直しをして得できるのは、住宅ローンの残年数が10年以上ある方です。残り数年程度の方は見直しをしても返済額が減らせる見込みはないでしょう。

住宅ローンの残額

次に確認したいのが、住宅ローンの残額です。住宅ローンの残額が1,000万円以上あるのであれば、見直しをすれば返済額が減らせるかもしれません。

正確な残額は金融機関で確認ができるので、一度問い合わせたり、過去に届いた通知書を確認してみてください。

住宅ローンの金利

住宅ローンの金利も、見直しするべきかどうかを見極めるのに必要な情報です。今の住宅ローンから新しい住宅ローンに借り換えた際に、年率1%以上の金利差があるようであれば見直しをしましょう。

1%未満の金利差でも、中にはとてもお得になっているように見えてしまう方もいるかもしれません。しかし、実際にはそんなにメリットがなく手数料や手間だけがかかってしまうので見直しは必要ありません。

手数料

他にも借り換えるための手数料も気にかけておく必要があります。どんなに住宅ローンの返済額が減らせてお得になったとしても、手数料で高額請求されてしまっては意味がないですよね。いくらほどの手数料がかかるのか、手間がかかるのかも事前に聞いておくと契約するのにもスムーズでしょう。

住宅ローンの見直しをする際はシミュレーションを活用する

住宅ローンの見直しをする際、「他の住宅ローンに借り換える」とすぐに契約を変更してしまわないように注意しましょう。現プランを見直ししようと他のプランを見ていると、ついつい魅力的に見えてしまいます。そのため、見直しに慎重になることもなく、すぐに決めてしまう方も中にはいます。しかし、中には本当に借り換えても良いのか見直しをきちんとしないと借り換える意味がなかったり、負担だけがかかったりしてしまうこともあります。

そうならないためにも住宅ローンの見直しをする際には、気になるプランのシミュレーションが欠かせません。シミュレーションは、自身の住宅ローンの残額や残年数を元に借り換えた際の返済プランが確認できるものです。シミュレーションをした上で、今より本当に条件が良いのか、借り換えるのに手数料が取られすぎないかなどを見直しましょう。

また、金利も時期によって異なります。特に変動金利で兵役されている方は金利に大きく住宅ローンの返済金額が左右されます。損してしまわないよう、しっかりと見極められるように注意しましょう。

不動産売却をして住宅ローンを一括返済する方法も

コロナの影響で収入が減ってしまい、住宅ローンの返済を難しいと感じる人が増えてきました。収入の減少で住宅ローンが払えなくなってしまっても、支払いを滞らせてしまったり、支払わなくなったりしてしまうと、強制的に立退を命じられたり、家が競売にかけられたりしてしまいます。すると住む場所を失うことになってしまうので、住宅ローンの返済は経済状況にかかわらずきちんとしていきたいもの。プランや返済方法を見直して、自分の身の丈に合う返済方法を見つけましょう。

住宅ローンの支払いが本格的に厳しくなってしまったら、一度不動産を売却してしまうのもひとつの手です。住宅ローンの残債にもよりますが、売却をすれば一括返済が可能な場合もあります。また固定資産税の支払いも無くなるので、家計を圧迫している負債を取り払えるでしょう。

不動産を売却したいのであれば、「すむたす買取」でまずは査定からしてもらってみてはいかがでしょうか。「すむたす買取」では、AI技術を用いた査定方法で、最短1時間で査定価格を算出します。さらに最短2日で現金化まで進めるので、すぐに現金が必要な方にもぴったりなサービスです。コロナで住宅ローンの見直しを検討している方は、一度「すむたす買取」で売却も検討してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました