中古マンションのリノベーションに後悔しないためには?チェックポイントをまとめ

中古マンションのリノベーションのポイントを解説マンション購入
すむたす直販
首都圏の中古マンションをお得に買うなら「すむたす直販」

リノベーションしたい人に中古マンションがおすすめな理由

家族構成やライフステージに合わせた暮らしができる上、自分好みの物件に生まれ変わらせることのできるリノベーションは近年人気が高まってきています。リノベーションは中古マンションの内装に手を加えることで注文住宅のような住居にできる点も人気の理由です。

そんなリノベーションは、一からオーダーして工事してもらうわけではないため、新築のマンションではなく、中古マンションで施されることがほとんどです。リノベーションは内装を綺麗にするのはもちろん、資産価値を高めるためにも有効な手段であるため、価値の下がってきている中古マンションで価値を付与するために行われることがあります。

しかし、リノベーションは大掛かりな工事が必要になるケースもあり、多額の費用がかかります。そのため、比較的お手軽に取得できる中古マンションを購入する方がほとんどです。内装や間取りは大幅に変更ができるため、立地や広さなどを基準に中古マンション探しが行われます。

中古マンションの購入で後悔しないためのポイント

将来的にリノベーションをしたいと思っていようがいまいが、中古マンションを購入すればそのマンションに長く身を据えることになります。そのため、あまりよく考えずにどの中古マンションにしてしまうか決めてしまうと、後悔することになってしまいます。

中古マンションの購入で後悔しないためには、どのようなポイントに注目しながら物件探しをするのが好ましいのでしょうか。

中古マンションの購入で後悔しないためのポイントは以下の4つです。

  • 変えられない部分の確認
  • すでに手がつけられているかの確認
  • 販売価格の見極め
  • 希望するリノベーションができるか

それぞれについて解説していきます。

変えられない部分の確認

中古マンションの購入で後悔しないための1つ目のポイントは、「変えられない部分」を良く確認することです。リノベーションをすれば、部屋の間取りや用途に変更が加えられます。

しかし、方角、広さ、マンションの外観、ご近所さん、周辺環境などは自分ではどうすることもできない「変えられない部分」です。特に周辺環境やご近所さんに関しては、事故に巻き込まれたり、トラブルに発展したりするタネになりがちなポイントです。後悔してしまわないよう、「ここで生活を成り立たせられそうか」を基準に、慎重にチェックしましょう。

すでに手がつけられているかの確認

後悔しない中古マンション購入をするための2つ目のポイントは、すでに手がつけられているかの確認です。あまりにも築年数の経ってしまっている中古マンションの中には、資産価値を高めるためや、住みやすさ向上のためにすでにリノベーションやリフォームが施されてしまっている場合があります。すでにリノベーションされているマンションは再度手を加えることができない場合もあります。

リノベーションされてしまっている場合には、どこをどのように変更さしたのを入念に聞いておくようにしましょう。

販売価格の見極め

中古マンションを購入して後悔してしまわないための3つ目のポイントは、販売価格の見極めです。中古マンションとはいえ、不動産を購入するには多額の費用が費用になります。このとき「中古マンションの相場価格がわからない」と言って売主の言い値で購入を決めてしまうと相場よりも高額な価格で買わされ、後悔してしまうこともあります。

中古マンションの相場価格がわからないのであれば、不動産会社に「本当にその物件をその価格で購入しても良いのか」をしっかりと相談した上で購入を決めましょう。

希望するリノベーションができるか

中古マンションの購入で後悔しないための最後のポイントは、希望しているリノベーションが可能かどうかの確認です。せっかくリノベーションに成功しても、思い描いていた完成にならなければ後悔が残ってしまいます。

そのため、事前に自分のしたいリノベーションのイメージがあるようであれば、不動産会社に相談しておきましょう。マンションの広さや、中には水回りの設備の変更はできない場合があります。そのため、希望するリノベーションができる物件なのかを確認した上で購入を決めれば後悔も少ないでしょう。

中古マンションのリノベーションで後悔するポイント

中古マンションをリノベーションした際、どんな後悔のポイントがあるのか見ていきましょう。どんなことで後悔するかを知っておくだけでも、物件探しの方法に変化が生まれるでしょう。

中古マンションのリノベーションで後悔する人が多いポイントは、以下の4つです。

  • ご近所さんとのトラブル
  • 耐震工事がされていなかった
  • 劣化具合が想像以上に酷かった
  • 高額な管理費や修繕積立金を請求される

それぞれ解説していきます。

ご近所さんとのトラブル

中古マンションのリノベーションで後悔するポイントのひとつ目は、ご近所さん間のトラブルです。特に、騒音や異臭などはご近所トラブルの中でもよくあるものです。夜中に掃除機の音がしたり、昼夜逆転していて生活音が夜中に聞こえてきたり、ゴミが臭ったりなどが挙げられます。

耐震工事がされていなかった

中古マンションでリノベーションする際の後悔のふたつ目は、耐震工事がされていない物件だった場合です。旧耐震基準のまま建てられた物件は、現在の新耐震基準とは異なります。マンションの耐震工事がされていない場合、現在の基準を満たせていないため早急な工事が必要になります。

しかし、マンション全体の工事はいますぐできるものではありません。基準を満たせているかしっかりと確認しましょう。

劣化具合が想像以上に酷かった

中古マンションのリノベーションで後悔するみっつ目の理由は、劣化具合が想像以上に悪かった場合です。中古マンションなので、少なからず劣化はあります。条件だけ聞いているとかなり綺麗でも、実際に見てみると劣化が目立つこともあります。面倒かもしれませんが、しっかりと自分の目で物件を確認することが重要です。

高額な管理費や修繕積立金を請求される

中古マンションを購入してリノベーションをする際に、後悔することになる理由のよっつ目は高額な管理費や修繕積立金を請求されることです。中古マンションは新築のものに比べて価格が低いです。せっかく中古マンションを低価格で手に入れられても、他の毎月の支出が多かったら意味がなく後悔することになってしまいます。

中古マンションのリノベーションで後悔しないためには事前確認が大事

中古マンションのリノベーションで後悔するポイントのほとんどが、自分の力ではどうすることもできない「変えられない」部分です。そのため、のちにトラブルに巻き込まれてしまったり、苦痛に思えてきてしまったりしないよう、中古マンション選びの際には十分に注意しながら物件を探しましょう。

中古マンションの購入は、インターネットを通してお気に入りの物件を見つける方法と不動産会社からおすすめを教えてもらう方法になります。

後悔のない中古マンションのリノベーションをするためには物件選びが重要

リノベーションに後悔する前に、そのマンションを選んでしまったことに対して後悔してしまわないよう、マンション選びは珍重に行いましょう。リノベーションは繰り返しできたとしても、中古マンションの買い直しは簡単にできるものではありません。

後悔のない中古マンション選びをするためにも、物件探しは妥協せずに行いましょう。しかし、インターネットで探したり、不動産会社で紹介してもらったりしても、自分の納得いく中古マンションが出てくるとは限りません。そこでおすすめなのが、「すむたす直販」での中古マンション探しです。

すむたす直販では、売主が直接中古マンションの情報をアップロードしています。そのため、不動産会社やインターネットで見るよりも常に最新の正確な情報を確認できるます。さらに、不動産会社を仲介しないで購入ができるため、仲介手数料も発生しません。初期費用を抑えた中古マンションの購入ができるため、より条件の幅を広げて物件探しができるでしょう。リノベショーンができるマンション探しをしている方は、ぜひ一度「すむたす直販」を覗いてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました