住宅ローンが支払えない人が増えている!?独自調査で明らかになった実態【すむたす調べ】

住宅ローン

新型コロナウイルスの影響で、収入が減り、住宅ローンが支払えない人が増えています。

すむたす買取が行った調査では、2021年に入って、住宅ローンが支払えない人が増えていることがわかりました。そして、住宅ローンの支払いや不動産売買に、新型コロナウイルスが影響していることも見えてきました。

本記事では、新型コロナウイルスが住宅ローンの支払いや、不動産売買に及ぼした影響を解説。住宅ローンを支払えない状態が続くとどうなるのか、支払いの遅れを解消するために何をすればいいのかも、お伝えします。

すむたす買取
すむたす買取

住宅ローンが支払えない人が増加

私たち、すむたす買取が2021年1月11日に行った調査で、住宅ローンが支払えない人が増えていることがわかりました。

調査対象は、不動産売買に関わる仕事に1年以上従事している人、641名です。それぞれの人に、「不動産が売れない・売れづらい理由は何か」「不動産売却において、どんな相談を受けることが多いか」などの質問に回答いただきました。それぞれの設問では、不動産売買において、新型コロナウイルスがどう影響しているのかに焦点を当てています。

調査により、スーパーやコンビニなどの周辺環境の重要度が増していることや、住宅ローンが支払えない人が増えていることも判明。今回は、新型コロナウイルスが不動産売買や、住宅ローンの支払いにどんな影響を与えたのかについて、お伝えしていきます。

調査結果について、もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。設問ごとの回答をグラフで見やすくお伝えしながら、日本の不動産業界に何が起こっているのかを読み解きます。
「不動産のプロが考える不動産が売れない理由」ランキング発表!新型コロナの影響で売れづらくなる家とは?

住宅ローンが支払えない理由

すむたす買取が行った調査で、住宅ローンを支払えない人が増えていることがわかりました。同時に、「なぜ住宅ローンを支払えないのか」「なぜ売却が必要になったのか」、その理由も見えてきました。

次からは、新型コロナウイルスの影響で増えた、「住宅を売る理由」を3位から順にお伝えします。

【3位】住み替えが必要になった

新型コロナウイルスの影響で「住み替えが必要なった」という相談が増えたと、不動産売買に従事する人の約10%が回答しました。

住み替えが必要といっても、理由はさまざまです。仕事や学校の事情、家族構成の変化など、さまざまなタイミングで住み替えが必要になります。

中には、新型コロナウイルスの影響で住み替えが必要になった人もいるでしょう。ウイルスに感染し、そのことが嗅ぎ付けられ、嫌がらせを受けたという声はたくさんあがっています。嫌がらせのために住み替えを余儀なくされた人もいるかもしれませんが、私たちの行った調査は、あくまでも「不動産従事者がどんな相談を受けたか」をベースにしたもの。嫌がらせを受けた人は、住み替えの経緯などとても言えないでしょう。調査からは見えてこない「本当の理由」が、まだまだ隠されているかもしれません。

【2位】資金が必要になった

新型コロナウイルスの影響で「資金が必要なった」という相談が増えたと、不動産売買に従事する人の約28%が回答しました。

新型コロナウイルスの影響で増える「必要な資金」には、自粛ムードによる事業損失を補うためのものや、仕事を失ったことによる生活の困窮など、さまざまなものが予想できます。

人生は、ただでさえ予期せぬトラブルの連続です。「ある日突然、まとまった資金が必要になった」と住宅を売らなければならない人は、今後も増えていくかもしれません。

【1位】ローンが返済できない

新型コロナウイルスの影響で「住宅ローンを支払えない」という相談が増えたと、不動産売買に従事する人の約31%が回答しました。

マンションでも一戸建てでも、購入すれば高額です。一括で購入できる人は限られ、ほとんどの人は、購入時の収支バランスを見て、ローンを組んでいるでしょう。

しかし、新型コロナウイルスのパンデミックは、世界的に見ても異例の事態です。新しい生活様式や、自粛ムードによる収入ダウンなど、一体誰が予想できたでしょう。新型コロナウイルスの影響で、まさかの収入ダウンが起こり、住宅ローンを返済できなくなった人はたくさんいます。

住宅ローンが支払えないと何が起こる?

世界的なパンデミックの中、「住宅ローンが支払えない」という状況を、初めて経験する人も多いでしょう。そんな人は、住宅ローンを支払えないと何が起こるのかなど、考えたこともないかもしれません。

住宅ローンが支払えないと、以下の3つの不利益を被ることになります。

  • 滞納による手数料や遅延損害金が発生
  • 信用情報が傷付き、5年は契約が不利に
  • 住宅が競売にかけられ、追い出される

それぞれ詳しく見ていきましょう。

滞納による手数料や遅延損害金が発生

住宅ローンが支払えないと、滞納による手数料遅延損害金が発生することもあります。

手数料とは、本来口座引き落としで支払われるはずだった住宅ローンを、支払い用紙や銀行振り込みで払ったときに発生する手数料のことです。支払い用紙では100円程度、銀行振り込みでは高くて600円程度の手数料が、それぞれ発生します。

遅延損害金とは、本来の支払日に住宅ローンが支払われなかったことによる損害に対する賠償金のこと。賠償金といっても、裁判所を通すようなものでなく、次回以降の支払い時にまとめて払うことになります。2021年2月現在、法定利率は年利3%ですが、金融機関によってはもっと高い利率がかかることもあります。

信用情報が傷付き、5年は契約が不利に

住宅ローンが支払えないと、信用情報に傷が付きます。

信用情報とは、ローンやクレジットの契約者の情報をまとめたリストのようなもの。期日通りに支払えた・支払えないにかかわらず、あらゆる契約の返済状況が細かく記録されていきます。

当然、「期日通りに支払えない」という記録が増えれば、以降の契約は不利になります。滞納に関する記録は5年間残るため、支払えない期間が長くなったり金額が増えたりすると、向こう5年はローンも組みづらくなるでしょう。

住宅が競売にかけられ、追い出される

住宅ローンが支払えない状態が続くと、最悪、我が家が競売にかけられます。競売が決まると、慣れ親しんだ我が家を追われ、引越さなければなりません。

競売とは、住宅ローンをずっと支払えない債務者(住宅の所有者)に対して、債権者(金融機関)が取る最終手段。競売の訴えは裁判所を通して行われ、訴えが受理されると、独自ルートでの強制売却が始まります。競売での売却価格は、通常の売却に比べて5~7割程度といわれ、所有者は売却活動に携わることもできません。

売却が決まると、売却益は全額、住宅ローンの支払いにあてられます。競売後は引越し費用ももらえず、時間の猶予もなく、売却後すぐの立ち退きを求められます。

住宅ローンが払えない場合の対処法

住宅ローンは支払えないと、どんな恐ろしいことになるかは、イメージできたでしょう。遅れている支払いを済ませ、住宅ローンの滞納を解消すべきなのも、わかるでしょう。

しかし、払えないものは払えないのです。それは、「支払いたいのに支払えない」という状況に苦しんでいる本人が、一番よく知っています。

だからといって、払わなくてもいいわけでは、決してありません。それもまた、よくわかっていることでしょう。

最後に、もしも住宅ローンが支払えなくなったとき、どうすればいいのかをお伝えします。

住宅ローンが払えない場合は、以下の2つの対処法を検討しましょう。

  • 金融機関に相談する
  • 住宅を早めに売却する

それぞれについて詳しく解説します。

金融機関に相談する

住宅ローンを支払えない、あるいは支払えなくなりそうだと思ったら、まずは金融機関に相談しましょう。

住宅ローンを支払えないのはなぜか」「いつまでなら支払えそうなのか」を、包み隠さず正直に話してください。金融機関にもよりますが、ある程度支払いを待ってもらえたり、返済計画の相談に乗ってもらえたりできます。

滞納分の住宅ローンを、支払える範囲で、分割払いさせてもらえることもあるでしょう。例えば月々のローン返済が10万円で、滞納額が合計20万円だとします。毎月10万円を払いながら、プラス5万円ずつを払い、4ヵ月かけて遅れを取り戻すというイメージです。

きっと、「支払えない」とわかっているからこそ、電話一本入れるのも億劫に感じるでしょう。しかし、相談しなければ、事態は悪くなる一方です。

住宅を早めに売却する

新型コロナウイルスの影響で仕事を失ったり、事業が立ち行かなくなったり、どうしても住宅ローンを支払えないこともあるでしょう。そんなときは、住宅を早めに売ってしまった方が、いいかもしれません。

理由は、支払えない状況が続くほど、競売の可能性が高くなるからです。競売になれば、引越しのための費用も時間ももらえず、我が家を追われることになります。売却価格も安いので、ローン完済までにかかる時間も長くなるでしょう。

ならば、競売になる前に住宅を売ってしまった方が、マシというもの。例えば、競売の回避手段として知られる任意売却では、通常と同程度の売却価格が見込めます。しかも、売却益の一部を、引越し費用にあてることもできます。

住宅ローンを払えないなら、売却もアリ


住宅ローンを組むときは、誰しも「無理のない返済計画」を立てるでしょう。しかし、「無理のない返済計画」は、ほんの少し状況が変わるだけで「到底無理な返済計画」になるかもしれません。新型コロナウイルスの影響で、思うように住宅ローンを支払えず、歯がゆい思いをしている人は増えています。

高いお金で買った我が家を自分から手放すのは、惜しいものでしょう。愛着のある我が家を売り払うとき、悔しい思いや悲しい思いで、心がいっぱいになるはずです。

しかし、住宅ローンをどうしても支払えないのなら、時間とともに状況は悪くなります。住宅は「家族の集まる箱でしかない」と割り切り、お金に変え、新生活に向けた一歩を踏み出すのも悪くはありません。

もしも売却という決断を下すなら、24時間365日対応のマンション買取・査定サービス、「すむたす買取」の利用をおすすめします。

すむたす買取は、Webからマンションの査定・売却ができるサービス。PCやスマートフォンで5つの項目を入力するだけで、最短1時間で査定し、最短2日で売却をすることも可能です。

何よりすむたす買取では、買取ったマンション1件1件を、丁寧にリフォーム・リノベーションしてから再度売り出します。思い出のこもった我が家の根幹は残しつつ、物件を生まれ変わらせ、新しい家主を探すのです。

競売を避けるには、今すぐ行動を起こすことが肝要。まずは、査定をしてみて、マンションがいくらで売れるのかだけでも知ってください。

タイトルとURLをコピーしました