【マンションから戸建てへ】買い替えの方法や流れ、費用まで徹底解説

住み替え
すむたす買取
すむたす買取

買い替えで検討すべき、3種類の戸建て住宅

ライフステージの変化や転勤など、買い替えを考える理由はさまざまです。

現在マンションに住んでいる方の中には、戸建てへの買い替えを考えている方も多くいるのではないでしょうか。
しかし、一口に戸建てと言ってもさまざまな種類があります。まずは、3種類の戸建て住宅それぞれの特徴やメリット、デメリットを抑えておきましょう。

戸建ての種類メリットデメリット
建売住宅低コストで新築戸建てに住むことができるデザインや間取りの変更が難しい
中古戸建て低コストで戸建てに住むことができる
  • 新築と比較して、購入後の保証、保険、売主のオフターケアが手薄になりがち
  • 物件の耐用年数やメンテナンス頻度によっては状態が悪いことがある
    注文住宅間取り、デザイン、材質などを自分好みにオーダーできる
    • 予算が高くなりやすい
    • 注文から引越しまでに時間がかかる

    【バランス型】建売住宅

    戸建ての種類のひとつが「建売住宅」です。建売住宅とは建物と土地がセットになって販売されている住宅です。

    建売住宅と聞くと、すでに完成済みの物件のイメージを持つ方も多いかもしれません。

    しかし、未完成の状態や土地だけの状態で販売されている建売住宅もあります。建売住宅は、あらかじめ図面や仕様が決められているため、デザインや間取りの大幅な変更は加えられません。そのため、未完成状態であっても図面は決まっているため、建築前でもデザインや間取りを変更するのは難しいでしょう。

    そんな建売住宅のメリットは、マンションから戸建てへの買い替えの中でも比較的コストが抑えられる点です。

    建売住宅は、仕様を統一することで大量生産しています。完成済みの物件であれば、完成形を自分の目で確認できるので、安心して買い替えに踏み切れるでしょう。

    反対に未完成状態の建売住宅は、完成形が見えないため「購入したらどんなイメージになるのだろう」と不安になる方もいるかもしれません。

    【費用を抑えたいなら】中古戸建て

    費用を抑えてマンションから戸建てに買い替えたい方におすすめなのが、「中古戸建て」です。

    マンションから戸建てへの買い替えで、「新築じゃないといやだ!」とこだわりがなければ、中古戸建ての検討をおすすめします。中古戸建ての中には新築のように綺麗に整備されていたり、土地面積が広かったり、何かと良い物件も多いです。

    そのうえ購入価格もグッと抑えられるので、マンションからの買い替え時にぜひ検討してもらいたい戸建てといえます。購入価格を抑えた分、内装を自分好みにリフォームする人も最近では増えてきています。

    子どもが増えたり、親との同居を開始したりなどの理由で買い替える場合、面積にゆとりのある物件を希望している方も多いでしょう。そんな方は中古戸建ての方が、希望条件を満たす物件を見つけやすいです。

    中古戸建てには新築と比較して購入後の保証、保険、売主のオフターケアが手薄になってしまうデメリットがあります。きちんと最後まで面倒を見てくれるのか、購入前にきちんと確認しておきましょう。

    また、中古戸建て住宅の状態は耐用年数やメンテナンスの頻度によって左右されます。築年数を物件を探す際の基準にするのも良いですが、それだけで判断してしまうのは良くないでしょう。

    【こだわりたいなら】注文住宅

    マンションから戸建てに買い替えをする際に、多くの方が憧れるのが「注文住宅」です。

    注文住宅は買主で見つけた土地に、買主が選んだ設計事務所やハウスメーカーに依頼をして家を建築します。もちろん、依頼するハウスメーカーに土地探しを手伝ってもらうことも可能です。

    間取り、デザイン、材質などを自分好みにカスタマイズできるので、「理想の家を建てたい!」と思っている方にピッタリな戸建てといえます。

    しかし、注文住宅には予算が高くなりやすいデメリットがあります。こだわればキリがなく、他の種類の戸建てに比べてコストがかかってしまうでしょう。

    さらに、ゼロから家を建てる注文住宅は、他の種類の戸建てに比べると引越しまでの時間もかかります。多忙な方や今すぐ買い替えたい方には向かないかもしれません。

    マンションから戸建てに買い替える4つのメリット

    今まで住んでいたマンションから戸建てに買い替えをすると、何かと勝手が変わるもの。マンションから戸建てに買い替えるメリットを4つ紹介します。

    マンションから戸建てに買い替える4つのメリット

    • 音漏れを気にしなくて良い
    • 土地を所有できる
    • ランニングコストを抑えられる
    • 規約がなく自由に暮らせる

    音漏れを気にしなくて良い

    マンションに比べて戸建ては隣の家との距離が大きくあります。そのため、音漏れはマンションに比べると気にしなくて済みます。子どもの騒ぐ音や掃除機の音などは、マンションから戸建てに買い替えると気にしなくて済むようになるでしょう。

    土地を所有できる

    戸建てを購入するためには土地も購入しなくてはいけません。土地の分、買い替えの費用は高くなるでしょう。

    しかし、土地は購入すれば資産になります。建築物は時間の経過とともに価値が落ちてしまうものの、土地は価値が落ちにくいです。なるべく価値の下がらない資産を持っておきたい方におすすめです。

    ランニングコストを抑えられる

    マンションから戸建てに買い替えれば、マンションと違って管理費、修繕積立金、駐車場の利用費などのランニングコストを抑えられます。もちろん住宅ローンの返済や固定資産税の支払いは必要ですが、かかるコストの種類は少なくなるでしょう。

    規約がなく自由に暮らせる

    マンションではペットが飼えなかったり、楽器ができなかったり、何かと規約に縛られることもあるでしょう。戸建てには規約もないので、より自由度の高い生活が期待できます。

    マンションから戸建てに買い替える3つのデメリット

    マンションで暮らしていた期間が長いほど、戸建てでの暮らしに慣れるのに時間がかかるかもしれません。戸建てにはたくさんのメリットもありましたが、戸建てならではのデメリットもあります。

    ここからは、マンションから戸建てに買い替えるデメリットを3つ紹介します。買い替え前に確認し、暮らしやすい戸建てを購入しましょう。

    マンションから戸建てに買い替える3つのデメリット

    • セキュリティが弱い
    • 修繕費の自主的な積み立てが必要
    • ゴミを毎日捨てられない

    セキュリティが弱い

    マンションにはオートロックや監視カメラがついている物件も多いですが、戸建ての場合は自分で付けなければなりません。マンションから戸建てへ買い替えでは、対策をしなければセキュリティ面の不安が残るかもしれません。

    修繕費の自主的な積み立てが必要

    戸建ては修繕費の積み立ては自分でしておかなくてはいけません。マンションのように毎月の請求はないものの、余裕のあるときに積み立てしておかないと、いざというときに困ってしまいます。

    ゴミを毎日捨てられない

    マンションから戸建てに買い替えする方が悩むのが、ゴミ出しのスケジュールかもしれません。マンションなら共有スペースに好きなときにゴミを出せるところもありますが、戸建ての場合には市に指定された場所に、指定の日時に持っていかなくてはいけません。

    マンションから戸建てに買い替える2つの方法

    マンションから戸建てへの買い替えする場合、先にマンションを売却する「売り先行」と、先に戸建てを購入する「買い先行」の2つの方法があります。それぞれどのようなときに適しているのか、メリットとデメリットと併せて解説します。

    買い先行のメリット/デメリット

    先に戸建てを購入する「買い先行」は、マンションから直接戸建てに引越しができます。仮住まいは必要なく、引越しの期限が決まっていないなら、時間をかけて気に入る物件を探せるでしょう。

    しかし、固定資産税や住宅ローンを二重で支払わなくてはいけない、資金計画が立てにくいなどのデメリットがあります。

    売り先行のメリット/デメリット

    買い先行対して、先にマンションを売却する「売り先行」は、売却益を新居の購入に充てることができるため、資金計画が立てやすいです。二重ローンの心配もありません。

    しかし、新居が見つかるまでの間は仮住まいでの生活になってしまいます。そのため、引越し費用や家賃などのランニングコストがかかってしまうので、注意が必要です。

    買い先行と売り先行、どちらがオススメ?

    買い先行にも売り先行にも、それぞれメリット・デメリットがあります。一概に「どちらが良い」ということはできません。

    ここからは、購入する戸建ての種類別に、買い先行と売り先行のどちらがオススメなのかを解説していきます。

    建売住宅や中古戸建の場合:売り先行がオススメ

    建売住宅や中古戸建ては、建物の完成時期や購入時期の目処が立てられるため、先にマンションを売ってしまう「売り先行」がおすすめです。仮住まいでの生活期間も予定しやすいため、「こんなに仮住まいにいる予定ではなかった!」と後悔することもないでしょう。

    注文住宅の場合:買い先行がオススメ

    対して注文住宅の場合には、先に戸建てを購入する「買い先行」がおすすめです。注文住宅は完成までに時間がかかるため、仮住まいでの生活が長くなってしまう可能性が高いからです。先に戸建てを購入することで、引越しや仮住まいでの費用を買い替えに充てられます。

    マンションから戸建てへの買い替えにかかる費用

    マンションから戸建てへの買い替えでは、どのような費用がかかるのでしょうか。マンション売却にかかる費用と、戸建ての購入にかかる費用を一覧でご紹介します。

    マンション売却にかかる費用

    マンションの売却にかかる費用は以下の通りです。

    マンションの売却にかかる費用

    • 仲介手数料
    • 印紙税
    • 登記費用
    • 住宅ローンを一括返済するための手数料
    • 譲渡所得税

    ほかにも売却活動のためのハウスクリーニングや広告費がかかる場合もあります。

    戸建ての購入にかかる費用

    戸建ての購入にかかる費用は以下の通りです。

    戸建ての購入にかかる費用

    • 申込証拠金
    • 手付金
    • 固定資産税と都市計画税
    • 仲介手数料
    • 印紙税
    • 不動産取得税
    • 住宅ローンの借入費用
    • 登記費用

    マンションから戸建てへの買い替えにオススメのサービス

    買い替え時には、新居探しはもちろんですが、今住んでいる家をスムーズに売却できるかが非常に重要です。
    売却がうまくいかないと、希望の物件を買い逃してしまったり、無駄なコストや手間が続いたりしてしまいます。

    そこで、買い替えを考えている方にオススメの売却サービスが、「すむたす買取」です。

    すむたす買取では、マンションを希望のタイミング(最短2日〜)売却可能です。引渡し日を柔軟に調整できるので、新居への入居日と今住んでいるマンションの売却日を合わせることも可能です。

    また、AIを活用することで無駄なコストをかけずに運営されているため、買取価格が高い傾向があります。
    仲介会社を通さずにすむたすが直接買取を行うため、仲介手数料は一切かからず、売却益を多く残すことができます。

    少しでも興味のある方は、一度査定だけでもしてみてはいかがでしょうか。
    電話番号や氏名などの個人情報の入力は不要なので、迷惑な営業を受ける心配もなく、「まずはいくらで売れるかだけ知りたい」という方も安心して利用できます。

    タイトルとURLをコピーしました