住み替えで家が売れなかったら?対策とおすすめサービスまとめ

住み替え
すむたす買取
すむたす買取

住み替えで家が売れなかったらどうなる?

新居を購入して新しい土地で、新しい家で生活を新たにスタートさせたいと意気込んでいても、家が売れなければ住み替えもできません。住み替え時に、家が売れなかったらどうなってしまうのでしょうか。

住み替えには2つの進め方があります。「売り先行」と「買い先行」です。まずは、それぞれの住み替え方法で、家が売れなかったらどうなってしまうのかを解説します。

売り先行の場合

「売り先行」とは、新居を購入する前に元々住んでいた家を売却する住み替え方法です。

先に家を売らなくてはいけない売り先行で、住み替えをしたいのにもかかわらず、家が売れなかったらどうしたらなるのでしょうか。起こり得る3つの事態を紹介します。

気に入った物件を買い逃す

売り先行で住み替えをする際、家が売れなかったら起こり得る1つ目の事態が、住み替え先を買い逃すことです。

売り先行では、どんなに気に入った物件があっても、旧居が売れるまで新居の購入はできません。そのため、家が売れない状態が続くうちに、住み替えたい物件が売れてしまい、チャンスを逃してしまうこともあります

ローン返済や管理費、修繕積立金の支払負担が続く

家が売れなかったら、ローン返済などの費用負担が続いてしまいます。
特にマンションの場合は、ローン返済に加えて管理費や修繕費(修繕積立金)の支払いも続けなければいけません。

「今後住み続けるわけでもないのに、管理費や修繕積立金を支払いたくない!」と感じるかもしれませんが、そういうわけにもいきません。管理費や修繕積立金の支払いを滞納すると、家の購入者に支払いの請求がされてしまい、余計に売れにくい物件になってしまいます

売却活動の負担(内見対応など)が続く

売り先行でなかなか家が売れなかった場合、売却活動の期間も長くなり、かかる時間や労力も増えてしまいます。

売り先行の場合、家に住みながら内覧の対応をすることになり、負担も一層大きくなります。なるべく水回りを綺麗に見せたり、きちんと整理整頓したり、内覧では気を遣わなくてはいけない点がたくさんあります。

内覧が続くと、家を見られることを意識しながら生活しなくてはいけなくなるので、精神的な負担も大きくなるでしょう

買い先行の場合

「買い先行」とは新居を購入し、引越してから、元々住んでいた家を売却する方法です。新居を購入してから元の家を売却する買い先行で、家が売れなかったらどうなってしまうのでしょうか。買い先行で家が売れなかったら起こり得る事態を紹介します。

ダブルローンの期間が長くなる

買い先行で住み替えをする場合、元の家の住宅ローンが残っていれば、新居のものと合わせて「ダブルローン」を組むことになります。

ダブルローンでは支払いの負担が大きくなるだけでなく、支払い先が複数になる分、支払い日などを管理するのも大変です。うまく管理ができないと家計が不透明になり、住宅ローンの返済に家計が圧迫されてしまいかねません

家が売れるまでの期間は二重でローンを返済し続けることになるため、負担を減らすためにも「いつまで経っても旧居が売れない」という事態はなるべく避けるべきでしょう。

住み替えで家が売れない3つの原因

売り先行でも買い先行でも、住み替えで元の家が売れないと、多くのデメリットがあります。

では、住み替えで家がなかなか売れないのには、どのような原因があるのでしょうか。住み替え時に家が売れない原因を3つ紹介します。

住み替えで家が売れない3つの原因

  • 不動産会社の実力不足
  • 売り出し価格が高い
  • 物件の条件が悪い

不動産会社の実力不足

家がなかなか売れなかったら、まず考えられるのは不動産会社の実力不足です。

家の売却において、最も重要といえるのが不動産会社選びです。不動産会社はそれぞれ、取り扱いを得意とする物件の種類やエリアが異なります。

マンションを売却したいのなら、マンション売却が得意な不動産会社に依頼をしなくてはいけません。依頼しようとしている不動産会社の得意分野をしっかりと見極めましょう。

また、不動産会社によっては十分な売却活動をしてくれていないケースもあります。どれほど積極的に売却活動をしてくれるかは、担当者や媒介契約の種類によって大きく異なります。

基本的には、複数の不動産会社の話を聞き、信頼できる不動産会社と専任媒介契約を締結することをオススメします。

売り出し価格が高い

売り出し価格が高すぎることも、家が売れない代表的な理由の一つです。

相場に比べて高すぎる売り出し価格だと、購入希望者が物件に興味を持つ前に「高すぎる」と候補から外されてしまいます。まずは興味を持ってもらえるよう、適切な売り出し価格を設定しましょう。

物件の条件が悪い

住み替えでなかなか家が売れなかったら、物件の条件が悪いのかもしれません。築古で室内状態が悪い、立地が悪いなどの物件は売れづらい傾向があります。

最近では古い物件でもリフォームやリノベーションを目的に人気が出てきているものの、なかなか売れないことも珍しくありません。

住み替えで家が売れないときの3つの対策

住み替えで家が売れなかったら、さまざまな問題が起こり得ます。家が売れなかったら、どのような対策を取ればいいのでしょうか。3つお伝えします。

住み替えで家が売れないときの3つの対策

  • 不動産会社を変更する
  • 買取保証をつける
  • 買取を検討する

不動産会社を変更する

1つ目は、不動産会社を変えてみる方法です。上述した通り、不動産会社には得意不得意があります。さらには、担当者との相性もあります。不動産会社を変えて心機一転してみてはいかがでしょうか。

「ずっとお願いしているから…」と思う方もいるかもしれませんが、売れない不動産会社と契約を続けているのは費用面でも時間面でももったいないです。思い切った決断が必要なのかもしれません。

買取保証をつける

2つ目は、買取保証をつけることです。買取保証とは、仲介売却で一定期間内に売れなかった物件をあらかじめ取り決めていた金額で不動産会社に買取してもらう売却方法です。

売却活動をしつつ、売れなくても希望の期間内に買取で物件を手放せるので、際限なく売却活動を続けるよりも効率的に住み替えができるでしょう。

ただし、買取保証サービスの利用には、専属専任媒介契約の締結を求められることも多いです。専属専任媒介契約は、1社としか締結することができず、自身で買い手(買取会社を含む)を見つけることもできないため、依頼する不動産会社は慎重に見極めましょう。

買取を検討する

3つ目は、初めから買取を検討することです。

マンションを売却する方法には、大きく分けて仲介と買取の2つがあります。

仲介とは、仲介会社を通して一般消費者から買い手を見つけ、売却する方法です。仲介のメリットは、人気物件の場合などに高値売却を目指せることです。

一方で、売却に時間がかかるというデメリットもあります。仲介での売却にかかる期間は平均4ヶ月と言われています。
また、内覧対応の手間も発生します。一般的に、売却完了までには約10回の内覧対応が必要と言われています。

売れにくい物件の場合は、売却に半年〜1年以上の期間と10回以上の内見対応が必要になることもあり、売却価格も当初の想定よりも安くなりがちです。

これらのデメリットなしでマンションを売却できる方法が、買取です。買取とは、買取会社にマンションを売却する方法です。

買取では、売却にかかる期間は2週間〜1ヶ月程度であり、内見対応の手間も発生しません。

仲介と比べて売却価格が低くなりがちというデメリットはありますが、自分のマンションが売れづらいと感じたり、売却活動に時間や手間をかけたくない場合は、買取を検討してみるのも良いでしょう。

住み替え時の家の売却にオススメのサービス

いかがでしたでしょうか。
住み替え時に家が売れないと、売り先行の場合も買い先行の場合も、多くのデメリットがあります。

住み替えで家を期日までに確実に売却したい方にオススメのサービスが、「すむたす買取」です。

すむたす買取では、マンションを希望のタイミング(最短2日〜)売却可能です。引渡し日を柔軟に調整できるので、「新居への入居日と元の家の売却日を合わせたい」という方にピッタリのサービスです。

また、AIを活用することで無駄なコストをかけずに運営されているため、買取価格が高い傾向があります。
仲介会社を通さずにすむたすが直接買取を行うため、仲介手数料は一切かからず、売却益を多く残すことも可能です。

少しでも興味のある方は、一度査定だけでもしてみてはいかがでしょうか。
電話番号や氏名などの個人情報の入力は不要なので、迷惑な営業を受ける心配もなく、「まずはいくらで売れるかだけ知りたい」という方も安心して利用できます。

タイトルとURLをコピーしました