住み替えで仮住まいが必要なのはどんなとき?かかる費用とあわせて紹介

住み替えで仮住まいが必要なのはどんなとき?かかる費用とあわせて紹介住み替え

【この記事で分かること】

  • どんなケースだと仮住まいが必要になるか
  • 仮住まいをする際に何に注意をするべきか

マンションの住み替えについてより網羅的に知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

https://sumutasu.jp/mag/relocation/how-to-relocate/ 

すむたす売却
マンション売却ならすむたすのAI査定

住み替えで仮住まいが必要になるケース

住み替えで仮住まいが必要になるのは、どんなときなのでしょうか。それを理解するには、住み替えに「売り先行」と「買い先行」があることを知っておかなくてはいけません。

「売り先行」とは、元々所有している不動産を売却してから新居を購入する方法です。対して「買い先行」とは、新居を購入してから元々所有している不動産を売却する方法です。

2つの住み替えの方法のうち、「売り先行」の場合に仮住まいが必要になります。売り先行では、元の家を売却してから新居の購入するからです。引き渡しのタイミングまでに新居を購入できていなかったり、受け渡しが間に合わなかったりすると、一時的に住居がなくなってしまいます。売却から購入までの家がない期間に仮住まいが必要になるのです。

住み替えのときの仮住まいにかかる費用

住み替えには、新居の購入費以外にもたくさんの費用がかかります。費用のほとんどは売却利益から捻出できるとはいえ、特に売却でかかる譲渡所得税や仲介手数料は大きな負担になるでしょう。

さらに、新居の購入には新たに住宅ローンを組んだり、頭金を用意したり、諸経費がかかったり…。
住み替えには、とにかくお金がかかります。

加えて仮住まいの費用もかかるとなると、住み替えにかかる費用はどんどんと膨らんでいくでしょう。資金計画をしっかりと立てないと、資金不足になってしまうかもしれません。

住み替えの売却、購入に合わせて仮住まいの費用も資金計画に組み込むことが必要です。

仮住まいを用意する場合、以下の3つの費用が発生します。

  • 引越し費用
  • 仮住まいの家賃
  • トランクルーム賃借料

それぞれの費用について、詳しく見ていきましょう。

2回分の引越し費用

住み替えで仮住まいを用意するとき、まず必要になるのが引越し費用です。

引越し費用は、荷物の量や引越し先への距離、どこの会社に依頼をするのかなどで大きく異なります。引越し先(仮住まい)の距離が近いほど、自分で運ぶ荷物が多いほど、費用は抑えられるでしょう。

自分で運び入れをするのであれば、トラックを借りる費用、梱包材の購入費用だけで抑えられます。引越し業者に依頼をする場合は、引越し会社によって大幅に価格が異なるので、複数社の口コミや価格表を比較し、できれば見積もりも出してもらいましょう。

もちろん、引越し費用は1回分だけでは足りません。元の家から仮住まいへ、仮住まいから新居への計2回の引越しが必要になるので、その前提で費用を見積もりましょう。

仮住まいの家賃

仮住まいでの生活に必ずかかるのが家賃です。月々の家賃だけでなく、多くの物件で敷金や礼金、仲介手す量がかかることも覚えておきましょう。

不動産会社へ相談に行く前に、予算を決めておきましょう。それから、どこの物件にするのか判断しましょう。

家賃に加え、光熱費、水道代、インターネット代などもかかります。仮住まいでの生活が延びるほど費用がかかります。期間も決めた上で活動しないと、ずるずると仮住まいでの生活が長引いてしまい、住み替えを完了できないことも…。

光熱費、水道代、インターネット代などを気にせずに仮住まいを用意したいのであれば、ウィークリー/マンスリーマンションを候補に考えても良いでしょう。家賃は割高になってしまうこともありますが、支払いが一括でできる契約もあるので、資金計画が立てやすいかもしれません。敷金・礼金の代わりに契約金が必要になるので、費用面はチェックしてから考えてみてください。

トランクルーム賃借料

住み替えでは仮住まいに滞在する間、すべての荷物が必要ないケースもあります。すべての荷物を仮住まいに持っていく必要がない場合には、必要なものだけを持っていき、そうでないものはトランクルームに預けることもあります。トランクルームはどれほどの期間預けるのか、どれほどの容量が必要なのかで費用が異なります。

トランクルームを借りる費用と、その分仮住まいを狭くした際の家賃の差分を比較して、広い仮住まいに滞在するのか、トランクルームを借りるのかを決めましょう。

住み替えのときの仮住まいの選び方

仮住まいには、大きく分けて2つの選択肢があります。

  • 賃貸住宅
  • ウィークリー/マンスリーマンション

どちらが向いているかは人によって異なります。以下で詳しく説明しますので、メリットとデメリットを理解した上で、どちらが自分のライフスタイルや経済状況に合っているのかを判断できると良いでしょう。

賃貸住宅

一般的に仮住まいを用意すると言ったとき、賃貸物件をイメージする方が多いのではないでしょうか。賃貸物件は 広さ、間取り、立地、価格など、様々なものがあります。そのため、自身のライフスタイルや経済状況など、希望の条件にぴったりな物件が見つかる可能性は高いでしょう

しかし、賃貸物件の多くは敷金や礼金などの初期費用がかかります。さらに2年間が更新期間になり、その間に退去を申し出ると違約金がかかることも。そもそも短期間の契約では受け入れてくれない物件も多くあります。数ヶ月のために高い初期費用をかけるのももったいないので、十分な検討が必要と言えるでしょう。

住み替えにしばらく期間がかかりそうなのであれば、生活を安定させやすい賃貸物件がおすすめです。売却から購入まで1年以上かかるようであれば、賃貸物件を仮住まいにしてみてはいかがでしょうか。特に、お子さんがいる家庭であれば学校に通いやすい家を重視して物件を探してみるのも良いかもしれません。

ウィークリー/マンスリーマンション

住み替えを短期間で完了できそうであれば、ウィークリーマンションやマンスリーマンションも候補に入れてみてはいかがでしょうか。ウィークリー/マンスリーマンションであれば、短期間でも問題なく借りられます。さらに、初期費用が賃貸物件に比べると低く抑えられます

しかし、ウィークリー/マンスリーマンションは家賃が比較的高いのがデメリットです。長期的に借りるとなると、毎月のランニングコストが高くつくでしょう。さらに、ファミリー向けの造りが少ないのが特徴です。小さいお子さんがいるのであれば、あまり向いていないかもしれません。

住み替えの時のポイント

住み替えの際、気をつけなくてはいけないポイントは以下の3つです。

  • 住民票
  • 住民税
  • 郵便物や荷物

それぞれどのようなことに注意するべきかお伝えします。

住民票

住み替えをした場合、引越しをすることになります。このタイミングは、合わせて住民票も変更しなくてはいけません。住民票の変更は、新居に引越してから14日以内に手続きするよう、住民基本台帳法22条に定められています。

期間内に手続きができていないと、5万円以下の罰金になります。

参考:住民基本台帳法
https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=342AC0000000081

住民税

マンションを売却した際に利益が出ると、譲渡所得とみなされ売却の翌年、所得税と住民税を納税しなくてはなりません(総称して譲渡所得税と呼びます)。

翌年の住民税に上乗せして課税されることになります。想定していたよりも住民税が高くなってしまう恐れがあるため、売却が完了した際に、実際にはどれほどになるのか計算しておくことをおすすめします。

郵便物や荷物

住み替えで新居が決まったら、すぐに住所変更の手続きをしましょう。早めに手続きを済ませないと、前の家に郵便物や荷物が届いてしまいます。新しい住人に迷惑がかかるだけでなく、個人情報の流出にもつながりかねません。

仮住まいを用意することなく住み替えをする方法

住み替えをする際、どうしても気になるのが仮住まいの用意でしょう。特にお子さんのいる家庭だと、子どものストレスも考え、引越しの回数はなるべく抑えたいはず。

仮住まいの用意のいらない「買い先行」と「同時決済」、2つの住み替えの方法を紹介します。

買い先行

「買い先行」とは新居を先に購入し、生活基盤を整えたうえで、元の家の売却活動を行う方法です。

生活を新居に移してから、ゆっくりと売却活動ができるため、忙しい日々の中での内覧対応もありません。家を空き家にできるため、掃除や片付けもずっと楽です。家主(売主)がいなくても、不動産会社に内覧対応を一任できるメリットもあります。

ただし、住宅ローンが完済できていない場合には、新居分と合わせて二重でローンを負担しなくてはなりません。売却活動が長引けば、その分ランニングコストが2倍かかる期間も伸びてしまいます

同時決済

「同時決済」とは、マイホームの売却と新居の購入の決済を、同じタイミングで行う方法です。

同時決済ができれば、仮住まいの用意も二重ローンのリスクも回避できます。住み替えをするにあたって、同時決済は理想の方法です。しかし、売却と購入のタイミングを合わせるのは、非常に難しいことと理解しておく必要があります。

同時決済を意識しすぎてしまうと、タイミングに合わせようと、取引を焦ってしまうかもしれません。住み替えの際には「絶対に同時決済をする!」と決めるのではなく、「同時決済ができたらラッキー」くらいの気持ちでいるようにしましょう。

個人に合った選択肢を見つけるべき

買い先行では、新居を購入してから元々住んでいた家を売却できます。新居に身を据えてから売却活動ができるため、仮住まいを用意する必要がありません。一方で、買い先行での住み替えは、旧居の売却代金を新居の購入にあてることができないため、売り先行よりも資金計画をたてるのが難しいというデメリットもあります。

また、同時決済については内容が理想的である一方、その実現は非常に難しいという問題点があります。

そこでオススメなのが、「すむたす」です。買取については簡単なマンション情報を入力するだけで、最短1時間で売却価格を算出できます。価格に満足した場合は、好きなタイミングで売却が可能です。また住み替えの場合、新居への入居日と旧居の引渡し日をあわせることができるため、仮住まいを用意する必要がありません。

すむたすはご相談者様の現状をお聞きし、最適な選択肢をご提示することができます。
「まずは価格だけ知りたい」という方も、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました