中古マンションの価格はどう決まるの?自分で調べる方法もご紹介

マンション売却
すむたす買取
すむたす買取

中古マンション売却に登場する3つの価格

そもそも中古マンションを売却する際には、「マンションを売ろう」と決めた瞬間から売却が成立するまでの間に3つの価格が登場します。
「査定価格」、「売り出し価格」、「成約価格」の3つです。それぞれ登場するタイミングが異なり、その時々によってどの価格を提示するのかは異なります。それぞれがどのような価格を意味し、どんなときに提示されるのか、説明していきます。

査定価格

まずはじめに登場するのが「査定価格」です。査定価格とは、「中古マンションを売りに出す」と決意して不動産会社に相談しにいくタイミングで知ることになる価格です。中古マンションに限らず、不動産を売却することになったら不動産会社に「不動産売却査定」の依頼をすることになります。
「マンション売却査定」では、直近3ヶ月の間にいくらくらいで対象の不動産が売れそうなのかを過去の実績や不動産市場の動向を元に不動産会社や不動産鑑定士が算出した価格になります。

査定価格はあくまで「この中古マンションくらいで売れるかもしれない」という予想価格です。主にどの不動産会社で売却を進めるかを決める際に活用する価格となります。

売り出し価格

次に登場するのが、「売り出し価格」です。査定価格を元にどこの不動産会社で売却活動をするか決まったら、次は売却活動をするための準備を始めていきます。売却活動をするためには、対象の中古マンションをいくらくらいで売り出したいのかを決める必要があり、この価格を売り出し価格と呼びます。

売り出し価格は売却活動を通して表示することになる価格です。購入希望者はマンションのスペックと売り出し価格を見て問い合わせをしてきます。自分の希望価格をそのまま売り出し価格にしてしまうと誰も寄り付かない広告になってしまうこともあります。希望価格を不動産会社に伝えつつ、しっかりと打ち合わせを経た上で算出していけるのが好ましいです。

成約価格

最後に登場するのが「成約価格」です。成約価格とは実際に売買契約を結ぶ際の価格のことで、取引はこの価格で行われます。売買契約書からこの価格でのやりとりになり、諸経費や税金は成約価格を元に算出されていきます。

成約価格は売り出し価格と同額になることもあります。しかし、購入者からあった値下げ交渉に対応すると差額を売り出し価格から引いたものを成約価格とします。

中古マンションの相場価格を自分で調べる方法

中古マンションの売却の際に出てくる3つの価格、「査定価格」、「売り出し価格」、「成約価格」の3つは必ず不動産会社を介して算出しなければいけない価格です。しかし、査定価格を知る前に、自分でもいくらくらいで自分の中古マンションが売れそうなのかを知っておくことが重要です。
しかし、自分で査定価格を算出することはできません。

そこで、自分では中古マンションの相場価格を調べるようにしましょう。ネットを活用して自分の中古マンションと同じエリアのマンション、似ているスペックのマンションがどれほどの価格で売れた経歴があるのかを調査するだけで、おおよその相場価格は算出が可能です。

自分で相場価格を調べておくと、不当な査定価格を提示された際に「この不動産会社は実際の売り出し価格とはかけ離れた価格を提示してきた」と気づくことができます。相場価格を知らないでいると、安い価格で買い取られてしまうこともあるので、自分で調べられそうなことは事前に調べておくのが賢明でしょう。

査定書のチェックポイント

中古マンションの取引をするにあたり、査定価格を知ることはとても重要です。不動産会社によっては企業のブランド力の違いから、売れやすい不動産会社とそうでない不動産会社があります。そのため、査定価格を元に一緒に売却活動を進めていく不動産会社を決めるためにも、査定書のチェックポイントを押さえておきましょう。

査定書の主なチェックポイントは以下の3点です。

  • 類似物件を選んだ根拠
  • 近隣の供給状況
  • 近隣の需要状況

それぞれのポイントについて、詳しく解説していきます。

類似物件を選んだ根拠

査定書に書かれた査定価格は、対象の中古マンションに似ている物件の情報を元に算出されています。そのため、なぜ掲載されている物件が選定されたのか、その根拠が書かれています。根拠を押さえておくことで、査定価格にも信ぴょう性を持たせることができます。

このときチェックしたいのが対象のエリア、物件の広さと築年数です。同じ項目の共通点があっても、そのほかの条件が似ていなければ査定は大きく変わってきてしまいます。3つのポイントが類似しているのかしっかりと見極めていきましょう。

近隣の供給状況

どんなに良い中古マンションでも、欲しいと思ってくれる方がいないことには始まりません。

そこで、近隣で自分の中古マンションと似ている物件が売り出し中でないかをチェックしてもらえているか確認しましょう。似ている物件がある場合、不動産会社的には自分たちに条件の良い物件を優先的に売り出していくことになるでしょう。

近隣の需要状況

供給状況に合わせて、需要状況も掲載してもらっているか確認しましょう。どんなに他にも供給があったとしても、それを需要の数が上回れば自分の中古マンションも購入してもらえる希望が残ります。

近いうちに商業施設が建つかどうかや、どのような物件を探している方がいるのかなどをヒアリングしましょう。買手の探している物件の特徴がわかれば、売却活動においても、適切なうたい文句できり出せるため、取引成功に繋がりやすくなります。

2021年の中古マンションの取引状況

中古マンションは現在新築マンションよりも安く購入できたり、希望するエリアのものが手に入れられたり、入居までの期間が短かったりすることから、人気が高まってきています。特に2012年からは中古マンションの取引価格が伸び続けており、2021年はオリンピックで都内は価格が上昇していることもあり売りどきと言われています。

取引価格は上昇しているのに対して住宅ローンの金利は低いため、実際に購入者が負担する費用が急激に高くなっている訳ではなく需要が高まっていると言えます。そのため、低金利が上昇し続けている取引価格を相殺している今のうちに売るのが賢明です。

中古マンションを売却するならまずは査定価格を知ろう

中古マンションの売却を考えている方がまずすべきことは「査定価格」を知ることです。査定価格を知った上で本当に売却するのが今なのか決断するのも遅くはないでしょう。相場価格が高まっているうちに売却できれば、中古マンションでも高額で売れる希望が持てます。

査定価格を調べたいのであれば、いくつかの必要情報の入力で複数の不動産会社から査定価格が提示してもらえる「すむたす買取」の利用をおすすめします。どんなに忙しい方でも利用できるよう、24時間365日いつでもどこからでも査定依頼ができるのが特徴です。最短1時間で査定価格を提示し、最短2日で現金化まで進めます。すむたす買取で査定をした流れで売却までできるので、不動産会社を自力で比較できる気がしない!と言う方におすすめです。

中古マンションは需要も高まっているため、適切な業者で売却するのと、そうでないのでは成約価格が大幅に変わってしまうこともあります。ぜひ、賢明な判断であなたの中古マンションにぴったりなプラットフォームでの売却を検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました