マンションの内見対応のコツ、内見なしで売却する方法も解説!

マンション売却

マンションの売却活動において、大きなウエイトを占める「内見対応」。
内見対応の成否が、売却期間や売却価格にそのまま影響するといっても、過言ではありません。

しかし、普段から営業や接客の仕事をしている人でもなければ、いきなり完璧な内見対応をするのは難しいでしょう。
「モノを売る仕事」をしている人ですら、内見対応のコツを知らなければ、上手く行かないことの方が多いはず。

本記事では、どんな人でも内見対応が上達する「6つの基本」を伝授。
マンションに住みながら行う場合」「マンションに住まずに行う場合」、それぞれのコツもお伝えします。

マンション売却の成否を分ける「内見」とは?


内見とは、「内部見学」の略。
名前の通り、物件を購入したい人に、内部を見学してもらうことです。

マンションの売却までに必要な内見回数は、平均10回といわれています。もちろん、たった1回の内見で売却が決まるケースもあります。

マンション売却を成功させる、内見対応6つの基本


内見対応は、「ただマンションを見てもらえば良い」というものではありません。
マンションをより早く、高く売却するための、「内見対応の基本」があります。

  • マンションがきれいに見える時間帯を把握する
  • 室内を快適な環境にしておく
  • 明るく笑顔で対応する
  • 答えづらいことにも正直に答える
  • 安易な口約束はしない
  • 内見者の視界に入らない

一口にいえば、「自分のマンションを売る営業マン」になるということ。
とはいえ、「営業活動などしたこともない」という方が、いきなりベストな内見対応をするのは難しいものです。

まずは、基本を1つずつ押さえていきましょう。

マンションがきれいに見える時間帯を把握する


マンションにはそれぞれ、「最もきれいに見える時間帯」が存在します。
物件の立地や方角、周辺環境によるものの、たいていは正午頃が「最もきれいに見える時間帯」です。
「どの時間帯が一番きれいに見えるか」を意識しながら、マンションで過ごしてみると良いでしょう。

室内を快適な環境にしておく


内見前に、室内を快適な環境にしておきましょう。
室内が不快な環境だと、マンションに悪印象を持たれかねません。マンションの魅力が伝わる前に、帰られてしまうこともあるでしょう。

気温はもちろん、湿度も快適な状態(湿度50%前後)にしておいてください。

明るく笑顔で対応する

内見は「マンションを見る」ために行われますが、売主の対応もよく見られています。
売主が明るく笑顔で対応してくれるだけで、マンションそのものにまで好印象を感じるものです。

答えづらいことにも正直に答える


人は、何か高い買い物をしようとするとき、メリットよりもデメリットを気にするもの。
買主からの信頼を得るためにも、答えづらいことほど正直に答えるようにしてください。

もちろん、「答え方」も大切です。
どう答えても悪印象に繋がってしまう質問も、あるかもしれません。しかし、答え方次第で、悪印象を軽くできます。

安易な口約束はしない


内見時にマンションを気に入り、口約束を取り付けようとする買主もいます。

すぐに買うから、ほかの人に買われないよう押さえておいてくれ
いつまでに買うから、少し値引きできないか?
物件を押さえたからといって、本当に買ってくれるのでしょうか。
より高い価格で買ってくれる人が現れる可能性は、ないのでしょうか。

「思ったより早く売れそうだ」と、安易に口約束をしてしまうと、後悔することにもなりかねません。

内見者の視界に入らない


内見中は、内見者の視界に入らないようにし、できるだけ自由にマンションを見てもらいましょう。

売主が室内にいたり、度々視界に入ったりしては、落ち着いて内見できません。
できれば、物件から出て外で待っていること。難しい場合でも、せめて別の部屋にいるか、視界に入らないようにしましょう。

特に、営業担当者が別にいる場合は、外で待つのがベストです。
売主の前では質問しづらいことも、営業担当者になら遠慮なく聞いてもらえます。

売却するマンションに住みながら内見対応する


「内見=空室状態のマンションを見学する」というイメージを持つ方は多いでしょう。
しかし、売却するマンションに住みながら、内見対応をすることもできます。

マンションに住みながら内見対応をするメリットと、コツを見ていきましょう。

マンションに住みながら内見対応するメリット


マンションに住みながら内見対応するメリットは2つ。
時間の融通が利きやすい」ことと、「部屋がきれいに見える」ことです。

別の場所に住み(マンションを空室状態にし)、内見対応をする場合、内見のたびにマンションまで出向かなければなりません。
住んでいないばかりに、売主側の都合がつかず、内見日程がなかなか決まらないこともあるでしょう。

また、空室状態よりも人が住んでいる状態の方が、たいていの物件はきれいに見えるものです。

モデルルームや住宅展示場をイメージしてみてください。
たいていの場合、家具やちょっとしたインテリアが置いてあるでしょう。

部屋をきれいに保つ努力は必要ですが、人の住んでいる部屋の方が、物件そのものにこびりついた汚れや傷も目立ちません。

マンションに住みながら内見対応するときのコツ


マンションに住みながら内見対応をすることで、より早く、高く売却できる可能性があります。
しかし、住みながら内見対応をするためには、並々ならぬ労力を要します。

【マンションに住みながら内見対応するコツ】

  • マンションを普段からきれいにしておく
  • 見た目だけでなく臭いにも気をつける
  • 遠慮せず見てほしいと伝える

コツを押さえて、内見対応の労力を少しでも軽くしましょう。

マンションを普段からきれいにしておく


普段から掃除を徹底し、室内をきれいな状態に保ってください。
食器が使ったまま放置されていたり、モノやゴミがちょっと落ちていたりするだけでも、だいぶ汚い印象を与えてしまいます。

内見前に大掃除するのは、かえって大変です。
ここはモデルルームなんだ」くらいの気持ちで、普段から部屋をきれいにしておきましょう。
内見時にきれいに見えるだけでなく、自分も気持ちよく過ごせます。

見た目だけでなく臭いにも気をつける


マンションに住みながら内見対応する場合、特に気をつけたいのが「臭い」です。

モノやゴミが散らかっていれば、すぐに気付いて片付けられるでしょう。
しかし、臭いには鼻が慣れ、なかなか気付けません。気付いたとしても、臭いをすぐに取るのは難しいです。

  • 生ゴミを溜めない
  • こまめに換気する
  • トイレや水回りは定期的に掃除する

部屋に臭いをつけないよう、普段の気配りが大切です。

遠慮せず見てほしいと伝える


空室状態ならまだしも、「人が住んでいる部屋」の内見では、どうしても遠慮が出てしまいます。

遠慮しないで見てくださいね
何なら、私は外で待っていますから
ニュアンスや雰囲気で伝わるだろうと思わず、はっきりとした言葉で伝えてあげてください。

売却するマンションに住まずに内見対応する


売却するマンションを空室状態にし、別の場所に住みながら、内見対応をすることもできます。

マンションに住まずに内見対応をするメリットと、コツを見ていきましょう。

マンションに住まずに内見対応するメリット


売却するマンションに住まずに内見対応をするメリットは、「掃除をしなくて済むこと」に尽きます。

住みながら内見対応をする場合、いつ内見が入ってもいいように、マンションを常にきれいに保たなければなりません。
生活を送りながら、マンションを完璧な状態に保つのは、想像以上に骨の折れることでしょう。

別の場所で生活しながら内見対応する場合、退出時のクリーニングさえしっかりすれば、部屋が汚れたり散らかったりすることはありません。

住まずに内見対応した方が売れるとは限らない


「マンションを空室状態にした方が、早く高く売れる」と考える方も多いでしょう。
しかし、住みながらでも室内をきれいに保てるのであれば、空室状態=売却しやすいとは限りません。

人が住んでいる方が、リアルな生活感が伝わり、「この部屋に住んだらどんな感じか」をイメージしやすいです。
家具やインテリアが置かれていることで、物件がより魅力的に見えることもあります。

空室状態にするとしても、「モデルルーム感覚」で、家具やインテリアの一部を残しておくのも良いでしょう。

内見なしでマンションを売却する方法


内見対応をしたくない方、マンションをすぐに売却(現金化)したい方には、「買取業者」の利用をおすすめします。

買取業者は、物件を自ら買取り、リフォームやリノベーションをして転売する業者です。
物件の状態を確認する「訪問査定」はあるものの、内見対応と違って気を使う必要はありません。マンションが汚くても、買取業者が購入後にきれいにしてくれます。

「マンションに住むこと」が目的の個人への売却と異なり、「マンションの転売で利益を得ること」が、買取業者の目的。売主が査定価格に納得さえすれば、すぐにでもマンションを売却できるのです。

マンションの買取再販とは?メリットと「おすすめのケース」を解説!

早い!高い!内見なし!三拍子揃った「すむたす買取」


「マンションを高く売るためには、内見対応をしっかりすべき」
「だけど、何度も内見対応をするのは面倒くさい…」

マンションの内見対応は、想像以上に労力のかかるものです。
内見のたびにスケジュールを調整し、笑顔で元気良く対応しなければなりません。特に、マンションに住みながら行う場合は、物件をきれいに保ち続ける労力までかかります。

なるべく早く、マンションを現金化したい」という方には、買取業者への売却がおすすめ。
中でもおすすめなのが、最短2日で、適正価格での売却が可能な「すむたす買取」です。

「すむたす買取」では、Webから5つの項目を入力するだけで、最短1時間でマンションの売却査定ができます。
膨大なデータに基づき、AIと専門家の力で査定するため、適正価格を導き出すことが可能です。
査定価格が気に入れば、30分程度の現状確認の後、修繕不要でマンションを現金化できます。

もちろん、査定後の「売却する・しない」は自由です。
売却を促す営業電話がかかることもありません。

所有するマンションの適正価格を知るために、まずは査定だけしてみるという使い方もできます。

タイトルとURLをコピーしました