マンション住み替えで物件を売却するタイミングを徹底解説

住み替え

マンションを住み替えるタイミングは2種類


そもそもマンションの住み替えとは、今住んでいるマンションを手放して新しい住居に身を据えることを意味します。そのため、マンションの住み替えするためには、物件の売却と購入のどちらもほぼ同時に行う必要があることを念頭に入れておきましょう。

マンションを住み替える際に十分に気をつけなくてはいけないのが、売却と購入のタイミングです。どちらを先に行うのかで、住み替えのフローや注意すべき点が異なります。また、タイミングによって資金計画も変わってきます。どのタイミングで売却と購入をするのかは、正しく判断できるようにしましょう。

マンションの住み替えで、新しい物件を先に購入することを「買い先行」といいます。それに対して、マンションを先に売却することを「売り先行」といいます。どちらのタイミングで売り買いをするのにも、それぞれメリットやデメリットがあります。自分の状況にはどちらの方法が向いているのかをしっかりと見極め、マンションの住み替えのタイミングを図りましょう。

買い先行メリット・デメリット


「買い先行」とは、マンションを売却する前に新し住居を購入することです。「買い先行」には、どのようなメリットやデメリットがあるのか、説明していきます。

メリット

  • 仮住まいで暮らす必要がない

「買い先行」でマンションの住み替えをする場合、新しい住居を先に引越しを済ませてから元々住んでいたマンションの売却を進められます。そのため、仮住まいが必要になることはもちろんなく、引越し費用もマンションから新居への一回で済みます。引越しは何かと費用がかさむので、一回に抑えられるのは十分メリットだと言えるでしょう。

  • 新居探しに時間がかけられる

いつまでに新しい地で暮らしを始めなければいけない、という制限がない限り、「買い先行」の方がじっくり時間をかけて新居探しができます。売却は新居にて暮らしが安定し始めたらゆっくり行えば良いので、妥協することなく安心して新しい物件を見つけられるでしょう。

  • 内覧しやすい環境作りができる

「買い先行」の場合、売却は自分たちがマンションから引っ越した後のタイミングで行います。そのため、売却活動を始める頃にはマンションの部屋は空の状態になっています。そのため、売却活動で欠かせない内覧は、購入希望者の希望に合わせた日にちで行うことが好ましいですが、内覧日に合わせて片付けをしないといけない!と焦ることがなくなります。また、部屋の中はなるべく空の状態の方が好ましいので、引越しが完了している方が内覧に適した環境であると言えます。

デメリット

  • 二重のローンを組むこともある

マンションを売却するためには、住宅ローンが完済されている必要があります。仮に、売却するマンションの住宅ローンを住み替えのタイミングで完済できていない場合、新しい住居と二重でローンを負担することになってしまいます。二重ローンになってしまった場合、毎月の返済額が行くらになるのか、資金計画をしっかりと立てておく必要があります。

  • 二重で固定資産税を支払う必要がある

二重で負担することになるのは住宅ローンだけではありません。売却するマンションや新しく購入した住居も、持ち家であれば固定資産税が発生します。「買い先行」の場合には、元々持っていたマンションが売却できるまで固定資産税が発生することを覚えておきましょう。

  • 資金計画が立てづらい

「買い先行」では、元々持っていたマンションを売却する前に新しく住居を購入します。そのため、所有のマンションがおおよそどれくらいの価格で売却できるかを知っていても、実際の売却価格は知らない状態で物件を購入することになります。自分たちが計画していた資金計画の通りにいかないことも考えられます。余裕を持った資金計画を立てることをおすすめします。

売り先行のメリット・メデリット


「買い先行」に対して「売り先行」とは、元々住んでいるマンションを売却した後のタイミングで新たな住居を購入することです。住み替えの方法として、「売り先行」のメリットとデメリットについて説明します。

メリット

  • 二重をローンのリスクが回避しやすい

売り先行の場合、確実にマンションを売却してから次の物件を購入します。そのため、マンションを売却した利益で元々の住宅ローンを完済できてしまうことも。元のマンションの住宅ローンが完済できれば、二重でローンを負担しなくてはいけなくなることもありません。少なくとも、売却利益を住宅ローンの返済に当てられるので、二重で負担する額も減らせるでしょう。

  • 資金計画が立てやすい

住み替えのタイミングで、先にマンションを売却してしまえば、売ったことで得た利益のうち、いくらは元のマンションの住宅ローンの返済に当てて、新居にはどれほどの費用を残せるのかが明確にわかります。そのため、資金計画がより正確に立てられ新居を購入する際にも安心して物件探しができるでしょう。

  • 高額売却の可能性が高くなる

買い先行だと、どうしても固定資産税を二重で負担しなくてはいけない時期が発生します。しかし、売り先行でマンションの住み替えをする場合には、二重で固定資産税を支払うことがありません。二重で負担していない分、焦らずに売却に挑目ます。そのため、「早く売却しないと」と不当な値下げに対応をしてしまことなく売却ができ、結果的に高額売却に成功する可能性が高くなるのです。

デメリット


「売り先行」のデメリットは、仮住まいで暮らす必要があるという点です。「売り先行」の場合、マンションを引き渡してから新居を購入するまでの間の仮住まいが必要になります。仮住まいを用意するのはもちろん、マンションから仮住まいへ、仮住まいから新居への二回分の引越し費用が必要になります。引っ越しは繁忙期だったり、荷物の量が多い場合、何かと費用がかさむのでしっかりと検討が必要です。

マンション住み替えのタイミングを決める3つのポイント


「買い先行」にするにも、「売り先行」にするにも、メリット・デメリットがあります。では、マンションを住み替えるにあたり、どちらのタイミングで売り買いを進めていくかを判断すれば良いのでしょうか。マンションの住み替えのタイミングを決めるのには、住み替えたい理由、物件のスペック、経済状況の3つの点に置いて判断することをおすすめします。

住み替えたい理由


マンションを住み替えるタイミングを決めるのには、まず、なぜ住み替えたいのかの理由をはっきりとさせておきましょう。

例えば、転勤や進学に合わせてマンションを住み替えたいと思っているのであれば、先に新居を購入しておく「買い先行」をおすすめします。「買い先行」であれば、暮らしを安定させた状態で売却活動に集中できるので、住み替えの悩みで新生活に支障をきたすこともないでしょう。

物件のスペック


所有マンションのスペックを考慮することも重要です。家族構成によっては部屋数や間取りなど必要な広さや使い勝手が変わってきます。ファミリー用のスペックが備わっているのではあれば、家族が引っ越しを考えるタイミングで攻める必要があります。スペックと売り時を照らし合わせ、より良い条件で売却できるタイミングに合わせることをおすすめします。

経済状況


マンションの住み替えでは売却、新居の購入、仮住まいの手配、引越しなど、何かと費用がかさみます。住宅ローンを二重で支払うことになる場合もあるので、資金計画は十分に立てておく必要があります。自分たちの経済状況と資金計画を調整し、住み替えのタイミングを計りましょう。

マンション住み替えのタイミングをしっかり見極めよう


マンションの住み替えには、資金計画を立てるのが重要です。資金計画によって、住み替えのタイミングも変わってくるので、怠らずに計画を立てましょう。資金計画を立てるためには、まずマンションの価値を知っておく必要があります。

マンションの価値を知りたいのであれば、売却査定でいくらほどでお持ちのマンションが売れそうか調べてもらいましょう。すむたす買取では、最短1時間で査定結果を提示してもらえるスピーディーな対応を実施しています。マンションを最も旬なタイミング売却ができるので、資金計画も立てやすくなるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました