不動産の買取業者とは?メリット・デメリットや選び方を徹底解説!

マンション買取
すむたす買取
すむたす買取

不動産の買取業者とは

不動産の買取業者とは、買取後の再販や運用を目的として、不動産を買取る業者のことです。
買取後にリフォームやリノベーションをし、「より高く売れる不動産」に修繕・改築することもあります。

本記事では、不動産売買をする業者には、どんな種類があるのか。
買取業者には、どのようなメリット・デメリットがあるのかを解説。
大切な不動産を高く・早く売るためのコツもお伝えするので、「買取業者についてよく知っている方」も、ぜひ最後までお読みください。

買取業者と仲介業者の違い

不動産売却に関わる業者には、買取業者と仲介業者があります。それぞれどのような業者なのでしょうか。
まずはそれぞれの業者の概要や違いを説明します。

不動産買取業者とは

買取業者とは、売主から「不動産を直接買取る業者」です。
買取後の不動産は、ほかの売主に再販されたり(買取再販)、運用されたりします。

簡単にいえば、買取った不動産をより高く売ることで利益を得る業者です。

不動産仲介業者とは

仲介業者とは、不動産を売りたい人と買いたい人を繋げる=仲介する業者です。
業者を挟んで「個人への売却」を行うことになり、売却価格は高くなる傾向にあります。

買取業者よりもかかる費用や手数料が多かったり、売却までに時間がかかったりと、デメリットもあります。

買取業者と仲介業者の違いについて、より詳しく知りたい方には、こちらの記事もおすすめです。

買取業者のメリット・デメリット

買取業者を利用すると、不動産をより早く、少ない労力で売却できます。
特に、任意売却を考えている方や競売を心配している方にとって、買取業者は強い味方です。

では、買取業者には、具体的にどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
メリットとデメリットを把握することで、「買取業者は自分に合っているのか?」が見えてきます。

買取業者のメリット

買取業者のメリットは、「時間・労力・費用をかけずに売却ができる」ことに尽きます。
簡単にいえば、手間なくすぐに、不動産を売却できるのです。

【買取業者の主なメリット】

  • かかる費用が少ない
  • 売却スピードが早い
  • 「契約不適合責任」を負わずに済む

かかる費用が少ない

仲介業者でかかる費用の大部分が、買取業者ではかかりません。
例えば仲介では、「売却価格の3%+6万円の手数料」が、ほぼ必ずかかります。また、マンションの状態によってはハウスクリーニングやリフォームも必要となるでしょう。
しかし、買取業者では手数料も費用もかかりません。

売却スピードが早い

仲介業者では1年かけても売れないような不動産も、買取業者なら1週間以内に売ることも可能です。
任意売却を進めている方、競売の懸念がある方にとって、スピーディな売却は重要。一刻も早い決断をおすすめします。

契約不適合責任を負わずに済む

仲介業者では、売却後も一定期間は、「契約不適合責任」が売主に残ります。
契約不適合責任とは、売却前から不動産にあり、誰も気付いていなかった不備(傷や設備故障など)に対する責任のことです。
売却後に不備が発覚すると、修繕費の支払いが必要になることもあります。

しかし、買取業者を利用すれば、契約不適合責任は業者が取ることとなります。
売却後のリスクを気にすることなく、新生活を楽しめるでしょう。

買取業者のデメリット

買取業者への売却は、一般的に「売却価格が安い」といわれています。
買取業者には、どのようなデメリットがあるのか、見てみましょう。

【買取再販のデメリット】

  • 売却価格が低くなりがち
  • 不動産売買の手腕に不安が残る

売却価格が低くなりがち

買取後の「再販による業者の利益分」「修繕費用を負担してもらえる分」、売却価格は低めです。
一般的には、「市場相場の6~7割」の価格になるといわれています。

ただし、売却価格のマイナス分が、そのまま売却益のマイナスになることはありません。
売主の費用負担が少ない分、売却価格は少なくても、利益は大きくなるのです。
最終的に、手元にいくら残るのか?」で判断しましょう。

不動産売買の手腕に不安が残る

買取業者の中には、建築業界の出身者も多くいます。
彼らは「再販で高く売れるよう、不動産を魅力的に蘇らせるプロ」ですが、「不動産売買のプロ」ではありません。

買取業者を利用する際は、「不動産売買のプロ」がいる業者を選び、実力のしっかりした担当者を付けてもらうようにしましょう。

買取業者のメリットやデメリット、どのような人に向いているのか、より詳しく知りたい方にはこちらの記事も参考になります。
買取再販についても解説するので、業者が何をしているのかを理解し、不動産売却を成功に導きましょう。

不動産の買取業者を選ぶ際の4つのポイント


不動産売却など、ほとんどの方にとってはじめての経験でしょう。
納得のいく売却には、業者選びが重要。しかし、売却がはじめての方が適切な業者を選ぶのは、なかなか難しいでしょう。

【買取業者を選ぶポイント】

  • 買取価格
  • サービスの充実度
  • 買取実績
  • 口コミや評判

はじめての方でも、自分に合った業者を選び、不動産売却を成功させるためのポイントを解説します。

買取価格


「相場よりも安くなりがち」といわれているからこそ、買取価格は要チェックです。
ほかの業者や市場相場、仲介の場合と比較して、どの程度の価格なのかを把握しましょう。

買取価格や相場を把握するには、複数の業者から査定をしてもらうことが大切です。
一括査定サイト」を活用し、なるべく多くの業者に査定依頼を出しましょう。

また、買取業者だけでなく、仲介業者への査定も依頼するようにしてください。
仲介を利用するつもりがなかったとしても、両者の価格差を知っておくことは、売却を成功させるために必要なことです。

不動産の「一括査定サイト」について知らない方、より詳細なことを知りたい方は、こちらの記事も参考になります。
「一括査定サイト」を使いこなし、効率よく売却を進めましょう。

サービスの充実度


買取業者の中には、付帯サービスが充実している業者もあります。
買取価格だけでなく、サービスの充実度もよく見ることが、「納得のいく売却」に必要なことです。

【付帯サービスの一例】

  • 仲介で売りに出して、売れなければ買取してくれる
  • 売却から立ち退きまでの期間に猶予がある
  • 不要な家具、家電を一緒に処分してくれる

付帯サービスではなく、「買取サービスそのものの質を高める」ことで、満足を提供している業者もあります。
他業者よりも査定や売却成立までのスピードが早いこと、任意売却を専門としていることなど、業者ごとの特徴はさまざま。

自分の状況やニーズに応じて、最適な業者を選ぶように心がけましょう。

買取実績


どの業者も、自社のWebサイトには「良いこと」をたくさん書いています。
わざわざ「悪いこと」を書く業者など、果たしているのでしょうか。

業者の言っていることが本当なのか、信頼できる業者なのかを判断する方法の1つに、「買取実績を見る」ことがあります。
買取実績が多ければ多いほど、経験と知識を持った業者と判断できます。

特に、不動産の査定では「エリアごとの売買データ」「最新の売買データ」が重要です。
実績が多い=データも多いため、正確な査定ができるかどうかの判断基準にもなります。

口コミや評判


業者が信頼できるかどうかを判断するもう1つの方法が、「口コミや評判を見る」ことです。

Webサイトに書かれていることや、営業担当者の言うことが本当なのかどうかは、Web上の「口コミ・評判サイト」で判断できます。
なるべく、業者のWebサイトではなく、第三者が運営するサイトを見るようにしましょう。

地域ごとの「口コミ・評判サイト」を見たり、GoogleやYahoo!などの検索サービスで業者名を検索したり、できるだけ多くの情報を集めてください。
「業者名 口コミ」「業者名 評判」と検索すると、口コミサイトだけでなくSNSや掲示板からも、「利用者の生の声」を集められます。

データに基づく適正価格を提示する不動産買取業者を選ぼう


買取業者は、「不動産を早く売却したい人」「短期間で、手間をかけずに売却したい人」に向いています。
具体的には、「任意売却競売の可能性を考えている人」「忙しくて売却活動に時間をかけられない人」に、買取業者はおすすめです。

「買取業者を利用しよう」と決めたら、次は業者を選びます、
スピーディな売却が必要な方も、業者選びだけは焦らず、落ち着いて進めましょう。
お伝えした4つのポイントを重点的に見れば、効率よく、信頼できる業者を見つけられます。

【業者選びのポイント】

  • 買取価格
  • サービスの充実度
  • 買取実績
  • 口コミや評判

なるべく買取実績が多い業者を選び、買取実績を開示していない業者は、避けた方が賢明でしょう。
もし、売却したいのがマンションなら、買取業者による査定サービス「すむたす買取」がおすすめです。

「すむたす買取」は、24時間365日、Webから査定ができるサービス。
5つの項目を入力するだけで、最短1時間での査定が可能です。

査定価格が気に入れば、最短2日で、そのまま売却することもできます。
物件の修繕や清掃は不要で、必要なのは30分程度の現状確認だけです。

2020年現在での査定実績は、およそ3,500件

査定後の売る・売らないは、もちろん自由。
売却を促す営業電話がかかってくることもありません。
売りたい不動産の価値を知るためにも、まずは査定だけしてみると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました