一般媒介契約はどんな人に向いている?メリットやデメリットまとめ

マンション売却

不動産の売却には、仲介会社を通して一般消費者に売却する方法、買取会社に売却する方法の2つがあります。
とくに室内の状態が良く、売却活動に時間や手間をかけることのできる場合には、前者の方法が一般的です。
仲介会社を通して不動産の売却を行う場合、売主と仲介会社の間で媒介契約を結ぶ必要があります。

媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があり、それぞれメリットやデメリット、注意すべき点があります。
この記事では、3種類の媒介契約のうち、「一般媒介契約」について詳しく解説します。

「一般媒介契約」以外の媒介契約のことも知りたい方には、以下の記事もオススメです。

すむたす買取
すむたす買取

一般媒介契約とは

一般媒介契約は、売主にとって最も自由度の高い媒介契約です。

専任媒介契約専属専任媒介契約が1社としか締結できないのに対し、一般媒介契約は複数の不動産会社と締結することができます。

また、一般媒介契約では、売主が自分で買主を見つけて取引を行う「自己発見取引」を行うことも可能です。
「自己発見取引」を行った場合、仲介手数料を支払う必要はありません。
その場合、不動産売却にかかる費用を節約し、手残りを多くすることが可能です。

一般媒介契約のメリット

一般媒介契約のメリットは主に2つあります。

  • 好条件で売却できる可能性がある
  • 不動産会社選びに失敗する可能性が低い

それぞれについて、詳しく解説していきます。

好条件で売却できる可能性がある

一般媒介契約では、複数の不動産会社と売却活動を進めるため、物件が多くの購入希望者の目に触れる可能性があります。

その結果、A社、B社、C社とあったときに、各社が様々な購入希望者を見つけ、希望価格よりも高額でも良いので購入したい方など、好条件で取引してくれる方が見つかる可能性が高くなります。

不動産会社選びに失敗する可能性が低い

1社に依存しない一般媒介契約では、不動産会社選びに失敗するリスクが低いです。

不動産会社の中には、囲い込み高預かりのような不誠実な行為をしたり、積極的に売却活動を行ってくれなかったりする会社も存在します。
1社に依頼する専任媒介契約専属専任媒介契約の場合、そのような不動産会社と締結してしまうと、売却活動が長期化したり、売却価格が安くなるリスクが大きくなります。

しかし、複数の不動産会社に仲介を依頼できる一般媒介契約であれば、一部の不動産会社が積極的に活動してくれなくても、他の会社が積極的に活動してくれれば、売却活動がうまくいく可能性が高くなります。

一般媒介契約のデメリット

メリットだけを聞くと、一般媒介契約に魅力を感じた方も少なくはないでしょう。
しかし、一般媒介契約には押さえておくべきデメリットもあります。

主なデメリットは以下の3つです。

  • 売却活動を積極的に行ってもらえない可能性がある
  • 販売状況が把握しづらい
  • 利用可能な付帯サービスが少ない

以下で詳しく紹介していきます。

売却活動を積極的に行ってもらえない可能性がある

不動産会社は自分の会社経由で売却が成立しない限り、仲介手数料を得ることができません。

不動産会社の立場からすると、一般媒介契約では他の不動産会社経由で売買が成立した場合、仲介手数料を得ることができません。
そのため、広告費をあまり使わないなど売却活動を積極的に行ってくれない会社も存在します。

販売状況が把握しづらい

一般媒介契約では、不動産会社から売主に対して販売状況の報告が義務付けられていません。
そのため、販売状況が見えづらく、自身で販売戦略を立てるのが難しいです。

販売状況を知るためには不動産会社からの報告を待つのではなく、売主から積極的に聞く必要があります。
こまめに連絡をして販売状況をチェックしましょう。

利用可能な付帯サービスが少ない

不動産会社では、より効率よく不動産を売却できるようにさまざまなサービスを提供しています。
物件を清掃してくれる「ハウスクリーニング」、印象アップにつながる「ホームステージング」などがこのサービスの一部です。

しかし、一般媒介契約ではこれらのサービスを受けられない不動産会社がほとんどです
サービスが必要な場合には別途業社に依頼をする必要があるので、自分にはどんなサービスが必要なのかや費用面をよく比較してから契約に進みましょう。

一般媒介契約に向いている人

一般媒介契約のメリットとデメリットを紹介していきました。メリットもデメリットもわかった上で、本当に一般媒介契約を締結するべきなのかを決めましょう。しかし、自分ではどうすれば良いのか不安な方も中にはいるでしょう。メリットやデメリットを踏まえた上で、一般媒介契約に向いているのはどんな人なのでしょうか。

以下の両方に当てはまるのであれば、一般媒介契約に向いている人かもしれません。

  • 人気物件の売却がしたい人
  • 複数の不動産会社とマメに連絡が取れる人

それぞれ簡単に解説します。

人気物件の売却がしたい人

売却したい物件は人気エリアにある、駅近、築年数が浅いなどスペックが良いのであれば、一般媒介契約でより好条件で購入してくれる人を探すのがおすすめです。人気物件であれば積極的に売却活動をしなくても購入希望者は現れます。そのため、積極的な売却活動がされない可能性のある一般媒介契約でも問題はないでしょう。

複数の不動産会社とマメに連絡が取れる人

一般媒介契約では複数の不動産会社とのやりとりが発生します。そのため、マメにどことどのような内容のやりとりがあったのかを管理できる人が向いているでしょう。

媒介契約を締結する前に、不動産の価値を知ろう

人気物件は1社にコミットしてもらう売却活動ではなく、なるべく多くの人の目に触れる一般媒介契約で売却を進めることで好条件での取引が期待できます。そのためには、物件のスペックはもちろん、より多くの不動産会社と同時にやり取りができる状態であることが重要です。そのため、状況確認などの手間をかけたくない方は別の媒介契約も検討してみると良いでしょう。

どの媒介契約を結ぶか決めるためには、まず自分の物件の客観的な価値を把握することがとても重要です。
そこでオススメなのが、AIを活用した不動産査定サービスの「ウレタ」です。

ウレタでは、24時間365日いつでもどこからでもオンライン上で査定依頼ができます。
電話番号や名前などの入力は不要。最短1時間で価格を算出できます。
また、売却を希望する場合は、物件エリアに詳しいオススメの不動産会社を紹介してもらうこともできます。

「まずはどれくらいの価格で売れるのか知りたい」「信頼できる不動産会社を見極める自信がない」という方にはオススメできるサービスです。
不動産売却を検討している方は、ぜひ査定だけでもしてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました