マンション売却で支払う仲介手数料はいくらかかる?注意点まとめ

マンション売却

マンションを売却する際、多くの場合は仲介会社を通して売却することになります。売却が成立した場合、仲介会社に仲介手数料を支払う必要があります。

この記事では、マンション売却にかかる仲介手数料の計算方法や注意点について、わかりやすく解説します。

すむたす買取
すむたす買取

マンション売却にかかる仲介手数料とは

マンションの売却は仲介会社に依頼するのが最も一般的な方法です。仲介会社に売却を依頼する際は、事前に媒介契約と呼ばれる契約を締結します。媒介契約では、売却活動の進め方や売却に成功した場合の成功報酬を定めます。

この成功報酬が、仲介手数料です。
仲介手数料は売却が成立した場合にのみ発生する費用です。そのため、仲介会社と媒介契約を締結しても、購入希望者が見つからなかった場合は、仲介手数料を支払う必要はありません。

マンション売却にかかる仲介手数料の計算方法

マンションを売却する際、仲介手数料がいくらかかるのかは気になりますよね。
売却活動を始める前に仲介手数料がいくらかかるかを知っておくことで、資金計画が立てやすくなるというメリットもあります。

仲介手数料は、宅地建築取引業法という法律により、以下のように上限額を決められています。

売却価格の該当部分仲介手数料の上限
200万円以下の部分売却価格×5%+消費税
200万円超かつ400万円以下の部分売却価格×4%+消費税
400万円超の部分売却価格×3%+消費税

1000万円のマンションを売却する場合、仲介手数料は以下のように計算できます。

(200万円×5%)+(400万円×4%)+(400万円×3%)+消費税(10%)=41万8000円

このように、仲介手数料はマンションの売却価格から計算することができます。しかし、一つのマンションであるのにもかかわらず、価格帯別に計算式に当てはまるのは、手間もかかります。そのため、200万円より高いマンションに関しては、より簡単に算出するための計算式も用意されています。

売却価格仲介手数料の上限
200万円以下売却価格×5%+消費税
200万円超かつ400万円以下売却価格×4%+2万円+消費税
400万円超売却価格×3%+6万円+消費税

ここまで説明したのは、あくまで仲介手数料の”上限”です。そのため、実際に請求される仲介手数料は、交渉次第で上記の式で計算されたものよりも低くなる可能性もあります

マンション売却にかかる仲介手数料の支払いタイミング

仲介手数料は、どのタイミングで支払うのでしょうか。無理のない資金計画を立てるためにも、事前に把握しておきたいですよね。

マンションの売却において、仲介手数料を支払うタイミングには2パターンあります。売買契約が成立したタイミングと、マンションの引き渡しのタイミングです。どちらかのタイミングで一括請求されるパターンと、それぞれのタイミングで半額ずつ請求されるパターンがあるので、どちらになるのかは事前に仲介会社に確認しておきましょう。

仲介手数料は原則として分割払いできないため、どうしても手持ちの現金が足りない場合は、親族にお金を借りるなどの方法を検討しましょう。

マンション売却にかかる仲介手数料を値引きするための4つのポイント

マンションの売却にかかる費用の中でも、仲介手数料は売主にとって大きな負担になります。そのため「なるべく節約したい」「なんとか値引きできないだろうか」と考える方も多いのではないでしょうか。

前半部分で述べたように、宅地建築取引業法によって定められているのはあくまでも仲介手数料の”上限”であり、”下限”は定められていません。そのため、仲介手数料の値引きは可能です。ここからは、マンション売却にかかる仲介手数料を値引きする際のポイントを4つ紹介していきます。

マンション売却にかかる仲介手数料を値引きするためのポイントは以下の4つです。

  • 仲介手数料が安い仲介会社を選ぶ
  • 他社へ依頼すると交渉する
  • 福利厚生や株主優待を利用する
  • 知人に仲介会社を紹介してもらう

それぞれについて解説していきます。

仲介手数料が安い仲介会社を選ぶ

仲介手数料は、仲介会社によって異なります。上限まで請求する会社もあれば、半額や無料になるケースもあります。

一方で、仲介手数料が安いからと言って、すぐにその仲介会社に飛びついてしまうのは危険です。仲介会社にはそれぞれ得意分野があります。依頼する仲介会社がマンションの売却が得意かどうか、実績はあるのか、口コミは良いのか、徹底的に調べるようにしましょう。調べた上で問題なさそうであれば、仲介手数料が一度査定をしてもらって本当に信頼できる会社なのか、見極めましょう

他社へ依頼すると交渉する

交渉の切り札として伝えるべき内容は、「値引きをしてもらえないなら他の仲介会社に依頼する」と他社への依頼をほのめかすことです。具体的な価格を提示することで、優位に交渉を運べるケースもあります最終手段として、しっかりと取っておきましょう。

福利厚生や株主優待を利用する

特に大手企業では、福利厚生で仲介会社と提携しているケースがあります。このような場合、社員であれば仲介手数料を値引いてもらえる場合もあります。利用条件がある場合もあるので注意は必要なものの、使えるものは使っておくのが良いでしょう。

見つけにくい場所に掲載されていることもあるので、福利厚生を隈なくチェックしたり、利用経験のある上司や同僚に相談してみることをオススメします。

知人に仲介会社を紹介してもらう

知人に仲介会社を紹介してもらうのもひとつの策です。紹介経由の場合、集客コストがかかっていないため、優待してくれるケースがあります

特に地域密着型の仲介会社ではそのような制度があることもあります。知人に詳しそうな方がいれば、一度相談してみると良いかもしれません。

仲介手数料を計算するために、まずは売却価格を査定

マンションの売却を仲介会社に依頼する場合、成功報酬として仲介手数料の支払いが発生します。マンション売却にかかる費用の中でも、仲介手数料は、売主にとっての負担が最も大きいです。売却活動を始める前に、どれくらいの金額がかかるのか調べておきましょう。

仲介手数料を計算するためには、まずマンションの売却価格を知る必要があります。ですが、一括査定サイトなどで査定をしてしまうと、多くの仲介会社に連絡先を知られてしまい、営業電話への対応などの手間がかかります。

そこでオススメなのが、すむたす買取です。すむたす買取では、電話番号の入力が不要。売却したいマンションについて簡単な情報を入力するだけで、最短1時間で売却価格がわかります。AIと不動産の専門家の力を組み合わせることにより正確な査定を実現しているため、実際に売れる可能性の高い価格がわかります。
売却を考えている方は、一度査定してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました