不動産会社による「高預かり」とは?対策を徹底解説

マンション売却

マンションを売るなら、できるだけ高く早く売りたいと大半の方が考えます。
ところが、「高預かり」をするような不動産仲介会社に売却を依頼してしまうと、想定以上に時間がかかってしまう場合があります。

今回は、
・「高預かり」とは何か?
・「高預かり」をされないための対策
をわかりやすく解説いたします。

「高預かり」とは?

「高預かり」とは、不動産仲介会社が、実際には売れる見込みのない高い査定価格を提示して、売り手と媒介契約を締結することです。

「高預かり」が行われる理由

不動産仲介会社による査定価格は、あくまでも売却予想価格であり、その価格で確実に売れるということではありません。

しかし、マンションの売り手の中には「査定価格が高い会社であれば高く売れるだろう」と期待する方が多くいらっしゃいます。
そのため、「高預かり」を行う不動産仲介会社は、たとえ売れる見込みが無くても、他社よりも高い査定価格を提示し、売り手の気を引くことで媒介契約を獲得します。

また、不動産仲介会社は、不動産買取会社とは違い、自社で物件を買い取り在庫を持つわけではありません。
そのため相場より高い査定価格を提示しても、損をするリスクがありません。

近年はインターネットによる集客が普及したことで、不動産仲介会社が売り手を獲得する手段が、従来のチラシや店舗来店から、一括査定サービスにシフトしています。
一括査定サービスとは、売り手がインターネット上から複数の不動産仲介会社に査定を同時に依頼できるサービスです。

一括査定サービスの利用者に選ばれるためには、他の不動産会社よりも高い査定価格を提示する必要があります。このことが、実際には売れる見込みのない高い査定価格を提示する動機になってしまっています。

「高預かり」の問題

「高預かり」をする不動産仲介会社に売却を任せてしまうと、
・なかなか買い手が見つからない
・媒介契約の更新タイミング(3ヶ月ごと)に、売出価格の値下げを提案される
・売却期間が長期化した上に、当初の査定価格よりも低い金額でしか売れなかった
といったことになってしまいます。

「高預かり」の対策

「高預かり」をされないためには、次の3つの対策が有効です。

1.複数の不動産仲介会社に査定を依頼する

1社の査定価格を確認するだけでは、それが適正な価格かはわかりません。
複数の不動産仲介会社に査定を依頼し、相場を見極めた上で、売却の依頼先を決めましょう。
私たちは、3社くらいに査定を依頼することをオススメしています。

2.極端に査定価格が高い不動産仲介会社は避ける

他社の査定価格と比較して査定価格が極端に高い会社は、「高預かり」の可能性があるため避けましょう。

不動産仲介会社のよくある営業トークとして、「うちは企業ブランドがあるから」「すでにこの物件を買いたいお客様がいるから」という理由で高く売れることをアピールします。

不動産を買う場合、企業ブランドで買う物件を選ぶわけではなく、その物件自体を評価して選びます。そのため、企業ブランドがあることは高く売れることにほとんど繋がりません。

すでにこの物件を買いたいお客様がいるかどうかについては、本当にそのようなお客様がいるのかをしっかり確認しましょう。

3.査定価格だけではなく、営業担当者の実力や誠実さもチェックする

上記でご説明したように、不動産仲介会社の査定価格はあくまでも目安です。
実際に査定価格で売れるかどうかは、営業担当者の実力や誠実さにかかっています。
とくに実際に売れる見込みがないにもかかわらず、媒介契約を獲得するために高い査定価格を提示しようと考えるような不誠実な営業担当者には注意が必要です。

営業担当者を見極めるためには、次の点に注意してみてください。
・お客様の事情をヒアリングする姿勢があるか
・訪問査定や媒介契約の締結を急かす提案をしていないか

信頼できる不動産会社や担当者を見極めるには?

いかがでしたでしょうか?

不動産売却の成否は、信頼できる不動産会社や担当者をいかに見極めるかにかかっています。

「信頼できる不動産会社はどうやって見極めれば良い?」
「まずは自分のお部屋の価格を知りたい」

そのような方には「ウレタ」がオススメです。

「ウレタ」では、物件情報を入力するだけで、お部屋ごとの最新の価格を査定できます。
電話番号やお名前などの入力は不要。査定は最短1時間で完了します。

希望者には、査定価格を完了した後に、ウレタの売却アドバイザーが
・オススメの不動産会社の紹介
・売却スケジュールの相談
など無料でサポートいたします。

▼無料査定のお申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました