専属専任媒介契約はどんな人に向いている?メリットやデメリットまとめ

マンション売却

不動産の売却には、仲介会社を通して一般消費者に売却する方法、買取会社に売却する方法の2つがあります。
とくに室内の状態が良く、売却活動に時間や手間をかけることのできる場合には、前者の方法が一般的です。
仲介会社を通して不動産の売却を行う場合、売主と仲介会社の間で媒介契約を結ぶ必要があります。

媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があり、それぞれメリットやデメリット、注意すべき点があります。
この記事では、3種類の媒介契約のうち、「専属専任媒介契約」について詳しく解説します。

「専属専任媒介契約」以外の媒介契約のことも知りたい方には、以下の記事もオススメです。

すむたす買取
すむたす買取

専属専任媒介契約とは

専属専任媒介契約は、1社の仲介会社に売却活動を一任する媒介契約です。

専属専任媒介契約は、複数の不動産会社と締結できる一般媒介契約とは違い、1社とのみ締結可能な媒介契約です。
そのため、専属専任媒介契約を締結している間は、別の不動産会社での売却活動はできなくなります。
この点では、専任媒介契約と同じです。

では専属専任媒介契約には、専任媒介契約と比べて、どのような違いがあるのでしょうか。
それは、「自己発見取引」を行うことができない点です。
専属専任媒介契約の締結中は、売主が自分で見つけた買主に物件を売却する場合も、不動産会社に仲介手数料を支払わなければいけません。

専属専任媒介契約の契約期間は、3ヵ月の範囲の中で決めることになります。
原則として契約期間中の解除はできないため、締結するかどうかの検討は慎重に行いましょう。

契約期間を満了しても売却を完了できなかった場合は、契約を更新するかしないかを売主が決めることができます。
期間中の不動産会社の行動を振り返り、信頼できると感じるのであれば、引き続き同じ会社に依頼するのも良いでしょう。

媒介契約の解除について知りたい方には、以下の記事もオススメです。

専属専任媒介契約のメリット

専属専任媒介契約には、次のようなメリットがあります。

  • 不動産会社が積極的に売却活動をしてくれる
  • 連絡の窓口が一本化できる
  • 各社のサービスが利用できる

それぞれのメリットについて、詳しく解説していきます。

不動産会社が積極的に売却活動をしてくれる

専属専任媒介契約の最大のメリットとも言えるのが、不動産会社が積極的に売却活動をしてくれる点です。

専属専任媒介契約では、1社の不動産会社でのみ売却活動ができ、売主が購入希望者を見つけてくることもありません。ほかの媒介契約だと、別の不動産会社経由で売買契約が成立したり、売主自身が買主を見つけたりした場合、不動産会社は仲介手数料を得ることができません。そのため、「費用をかけても利益が得られない可能性がある」と考え、売却活動に消極的になってしまう不動産会社も存在します。

専属専任契約では、売却成立イコール仲介手数料の発生となるため、不動産会社としても安心して売却活動に注力できるのでしょう。

連絡の窓口を1本に絞れる

売却活動を1社の不動産会社に一任できる専属専任媒介契約では、連絡の窓口が一本化できます。複数の不動産会社に売却活動をしてもらう一般媒介契約だと、どこの不動産会社とどのような情報共有をしたのかを管理しておく必要があったり、各社とのスケジュール調整が必要になったりします。

しかし、専属専任媒介契約であれば、契約をしている不動産会社と密にやりとりをしているだけで済みますし、個人間でのやりとりも発生しません。一本化することで情報管理の手間も省けるので、忙しい方にとっては特に大きなメリットといえるでしょう。

各社のサービスが利用できる

不動産会社にはそれぞれ、売却活動をより進めやすくするためのサービスが用意されています。代表的なものでいうと、家を清掃してくれる「ハウスクリーニング」、家をより魅力的に演出してくれる「ハウスステージング」などです。

専属専任媒介契約を締結している場合には、これらのサービスが契約内容に含まれているケースが多いので、別途費用を支払わなくても利用できます

専属専任媒介契約のデメリット

ここまでの内容を読んで、専属専任媒介契約に魅力を感じた方もいるでしょう。

しかし、専属専任媒介契約には、次のようなメリットがあります。

  • 囲い込みをされてしまう可能性がある
  • 不動産会社選びに失敗したときのリスクが大きい

それぞれのデメリットについて、詳しく解説していきます。

囲い込みをされてしまう可能性がある

不動産会社の中には、自社で売却と購入の両方の仲介を手がけている会社もあります。そんな会社が、売主に仲介を依頼された物件を他の不動産会社から隠すことを「囲い込み」と呼びます。

「囲い込み」をする不動産会社は、売却と購入の両方の仲介を自社で行うことで、売主と買主の両方から仲介手数料を得ようとします。

囲い込みをされると、売却時期が遅れてしまったり、売却価格が低くなってしまったりするリスクがあります。

囲い込みについて詳しく知りたい方には以下の記事がオススメです。

不動産会社選びに失敗したときのリスクが大きい

1社の不動産会社に売却活動のすべてを一任してしまうため、不動産会社選びに失敗をしてしまうと納得のいく売却活動ができなくなってしまいます。囲い込みはもちろん、仲介手数料を確実に得られることを良いことに、積極的に売却活動を行ってくれないケースもあります。

本当に信用できる不動産会社、担当者なのか、しっかりと見極められるようにしましょう。

信頼できる不動産会社の見極め方を知りたい方には、以下の記事もオススメです。

専属専任媒介契約が向いている人

ここまで、1社の不動産会社へのみ売却活動を依頼できる専属専任媒介契約のメリットとデメリットを紹介していきました。

最後に、これまで紹介したメリットとデメリットを踏まえて、専属専任媒介契約に向いている人がどのような方なのかを解説していきます。

次のいずれかに当てはまる方は、専属専任媒介契約に向いています。

  • 物件の条件が良くない人
  • 相場価格よりも高く売りたい人

それぞれ簡単に解説します。

物件の条件が良くない人

売りたい物件の条件が良くないのなら、専属専任媒介契約が向いているかもしれません。

例えば人気エリアの物件であれば、特に売却活動をしなくても購入希望者が現れます。しかし、人気エリアでなかったり、築年数が経ってしまって古い物件だったりすると、積極的な売却活動は欠かせません。条件が良くない物件の売却には、売却活動を最も積極的に進めてくれる専属専任媒介契約はぴったりといえます。

相場価格よりも高く売りたい人

相場価格よりも高く売却するためには、購入希望者が殺到する、もしくは手厚い売却活動をしてもらうのどちらかが必要になります。

しかし、人気エリアでない限り購入希望者が殺到することはないでしょう。専属専任媒介契約での手厚い売却活動をしてもらうことで、相場よりも高額で売れる可能性を上がるかもしれません。

専属専任媒介契約を結ぶ場合は不動産会社選びが重要

専属専任媒介契約とは、3つの媒介契約の中で最も縛りが多く、1社の不動産会社に依存する契約内容です。一方で、ほかの不動産会社に契約を取られてしまったり、売主自身が買主を見つけてくる心配もないため、不動産会社が意欲的に売却活動を行ってくれる可能性が高い契約形態でもあります。

専属専任媒介契約の良さを活かすには、信頼できる不動産会社を見極めることがとても大切です。
不動産会社選びに失敗しないためには、複数の不動産会社で査定をして、きちんとした業者を見極める必要があります。

そこでオススメなのが、AIを活用した不動産査定サービスの「ウレタ」です。

ウレタでは、24時間365日いつでもどこからでもオンライン上で査定依頼ができます。
電話番号や名前などの入力は不要。最短1時間で価格を算出できます。
また、売却を希望する場合は、物件エリアに詳しいオススメの不動産会社を紹介してもらうこともできます。

「まずはどれくらいの価格で売れるのか知りたい」「信頼できる不動産会社を見極める自信がない」という方にはオススメできるサービスです。
不動産売却を検討している方は、ぜひ査定だけでもしてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました