4LDKのマンションが売れない理由とは?早く売るためのコツも紹介

4LDKマンションが売れない理由と売るためのコツマンション売却
すむたす買取
すむたす買取

4LDKのマンションが売れない理由2選

4LDKマンションが売れない理由

4LDKのマンションにニーズがないわけではありませんが、3LDKなどと比べると売りにくい傾向はあります。4LDKのマンションがなかなか売れない理由は、以下の2つです。

  • 価格が高い
  • 部屋数が多すぎる

それぞれの理由について、詳しく見ていきましょう。

価格が高い

4LDKのマンションが売れない最大の理由は、価格が高いことです。4LDKのマンションには、共有スペースの他に4つも部屋があります。部屋が増えると、その分物件の面積も広くなります。

面積は物件の価格を決めるうえで重要な要因です。特に都内では面積が広いだけで価格が跳ね上がるので、4LDKのマンションは高額になりがちです。

マンションの購入時には、予算の上限を決めて物件を探す人がほとんどです。価格が高いだけで選択肢から外れることも多いため、4LDKはそもそも問い合わせ数が少なくなる傾向があります。

部屋数が多すぎる

4LDKのマンションが売れない理由の2つ目が、部屋数が多すぎる点です。4LDKの間取りはリビングダイニング、キッチンのほかに部屋が4つあります。子どもが2人以上いる場合は良いかもしれませんが、子どもが1人の場合や夫婦2人で暮らすには手広であり、価格の高さに見合った価値を実感しにくいのです。

4LDKのマンションのターゲット3選

4LDKマンションのターゲット層

ここまで4LDKのマンションが売れづらい理由を説明しました。4LDKのマンションを売るためには、どんな人に刺さりそうなのかターゲットを十分に絞って売り出すのがおすすめです。

4LDKのマンションを売却する際に、ターゲットにすべきなのは以下の3種類の購入希望者です。

  • 家族が多い人
  • 仕事部屋が欲しい人
  • 趣味部屋が欲しい人

家族が多い人

4LDKのマンションを売り出す際、家族の多い人は狙い目です。家族がそれぞれ部屋を持とうとすると、4つの部屋を持つ4LDKの物件に住む必要があります。

思春期の子どものいる家庭では、子どもにひとり部屋与えたいと考える親が多いです。そのほかにも、親と同居している方は寝床を分けたい人もいるかもしれません。

これから子どもが産まれる、親との同居を考えている家庭にアピールできるよう売却活動を進めましょう。

仕事部屋が欲しい人

最近では自宅で仕事をする在宅ワークが増えてきています。その結果、家族の人数が多くなくても、普段ゆっくり過ごす部屋とは別に仕事部屋が欲しい人も増えてきてる傾向にあります。夫婦共働きをしているのであれば、2人ともが自分の仕事部屋が必要になるかもしれません。

部屋数が多いことは4LDKのマンションが売れない理由でもありますが、アピールの仕方によってはプラスに働きます。上手な伝え方を考えておきましょう。

趣味部屋が欲しい人

仕事部屋に限らず、趣味を目一杯楽しむための部屋が欲しい人にとっても、部屋数の多い4LDKは魅力的でしょう。

コレクションをしたり、筋トレ器具のように機器を家に置いたりしたい人には、普段過ごすスペースのほかに部屋を用意できることをアピールしてみましょう。

趣味に限らず、ファッションにこだわりがある方には、部屋をウォークインクローゼットのように使えることを訴求するのもおすすめです。

4LDKのマンションのアピールポイント3選

4LDKマンションを売るときのアピールポイント

売れないと言われる4LDKのマンションですが、アピールできる魅力的なポイントはたくさんあります。

4LDKのマンションを売却する際に是非アピールしたいポイントは主に以下の3つです。

  • 収納スペースに困らない
  • マンションの周辺環境が良い
  • 共有スペースが充実している

収納スペースに困らない

収納スペースが充実しているのは大きなアピールポイントです。

キャビネットや備え付けのクローゼットがあればなお良いですが、なかったとしても、部屋数が多いので一部屋をそのまま収納スペースとして活用できます。売れないマンションの特徴に「収納スペースがない」というものがあるので、ここは力を入れてアピールしていきましょう。

ただ段ボールを積み入れてしまうと倉庫のようになってしまいます。そのため、きちんとタンスやキャビネットを部屋の中に導入しコーディネートするように伝え、より充実した収納部屋を作れることを訴求してみてください。

マンションの周辺環境が良い

4LDKのマンションは、一般的なマンションに比べると高級仕様かつ立地条件も良い傾向にあります。そのため4LDKのマンションは部屋数の多さだけでなく、周辺環境がよく安心して暮らせる点もアピールしましょう。

4LDKのマンションは、ファミリー層向けに設計されているケースがほとんどです。学校や公園が近く治安も良いため、子育てにはぴったりです。

たしかにマンション購入希望者の中には価格を重視している方が多いですが、長く暮らすことを前提に価格以上に周辺環境の良さを重視する方もいます。安心して暮らせる環境の良さを訴求することで、「価格以上の価値がある」と感じてもらいましょう。

共有スペースが充実している

4LDKほどの物件を構えるマンションは大型のマンションであるケースが多いです。そのような大型マンションの場合には、住人が共有で使えるジムやプールがあることも。このような共有スペースが充実しているマンションは、あまり出回っておらず、貴重な存在です。共有スペースの充実度も十分なアピールポイントになるので、しっかりと伝えていきましょう。

4LDKのマンションを売る際のコツ2選

4LDKマンションを売るコツ

4LDKのマンションを売却するコツは、以下の2つです。

  • ホームステージングを活用する
  • 適切な不動産会社を選ぶ

ホームステージングを活用する

内覧の際、4LDKのマンションをより魅力的に見せるために、ホームステージングを活用するのもおすすめです。

ホームステージングとは、マンションの室内に家具や照明器具などを置き、モデルルームのような演出をすることです。

せっかく内覧しにきてもらっても、家が魅力的に見えなければ売れないでしょう。そこで、ホームステージングを活用してインテリアにこだわった素敵な空間を作り出すことで、「ここに住んだらどんなに快適だろう」と思ってもらいます。

適切な不動産会社を選ぶ

4LDKが売れないのは、必ずしも価格や部屋数だけが原因ではありません。もしかしたら、売れない理由は不動産会社の力不足にあるかもしれません。

4LDKのマンションに限らず、どんな不動産を売却する際にも、信頼できる不動産会社を見極めることが重要です。必ず複数の不動産会社を比較して、信頼できる担当者に売却を依頼しましょう。

4LDKのマンションを素早く売却する方法

いかがでしたでしょうか?
4LDKのマンションは、2LDKや3LDKのマンションと比べると売るのが難しい傾向があり、売却活動に工夫が必要です。

住み替えなどで売却に時間をかけることができなかったり、数ヶ月経過しても売れなかったりした場合は、すむたす買取の利用を検討してみるのもオススメです。

すむたす買取では、マンションを希望のタイミング(最短2日〜)売却可能です。また、仲介会社を通さずにすむたすが直接買取を行うため、仲介手数料は一切かからず、売却益を多く残すことも可能です。

少しでも興味のある方は、一度査定だけでもしてみてはいかがでしょうか。
電話番号や氏名などの個人情報の入力は不要なので、迷惑な営業を受ける心配もなく、「まずはいくらで売れるかだけ知りたい」という方も安心して利用できます。

タイトルとURLをコピーしました