不動産査定書とは?入手方法や読み方をわかりやすく解説

不動産査定書とは?入手方法や読み方をわかりやすく解説マンション売却
すむたす買取
すむたす買取

不動産査定書とは

不動産を売却する際、まずはじめにすることが「不動産査定」です。不動産査定とは、所有している不動産がどれほどの価格で売れそうなのかを過去の実績を元に算出してもらえるサービスです。そんな不動産査定の査定結果をまとめた資料のことを、「不動産査定書」と呼びます。

不動産査定書の入手方法

「不動産査定書」は不動産査定をした際に入手でき、ルートが二つあります。不動産会社に査定を依頼する方法と、不動産鑑定士に査定を依頼する方法の二つです。どちらも不動産の専門家に依頼することには変わりませんが、一体どのような違いがあるのでしょうか。解説していきます。

不動産会社に依頼する

不動産査定書をもらうひとつ目の方法は、「不動産会社」に査定を依頼する方法です。不動産会社に査定を依頼する方法は、不動産売却に置いて最も一般的な方法です。

不動産会社に査定依頼をする大きな要因は「不動産の市場価格」を知るためと言えます。査定価格は過去の取引事例や市場相場を元に算出されるため、今の不動産市場で自身の不動産にどれほどの価値があるのかを図れます。

さらに、不動産会社に査定依頼をする大きな特徴として、無料で査定してもらえる点が挙げられます。査定結果を元にその不動産会社で売却してもらえることで初めて企業側は報酬を得ます。そのため、不動産会社には売却が成立するまで費用を支払うことはなく、不動産査定書の取得には費用がかかりません。

不動産鑑定士に依頼する

不動産査定書を取得するもうひとつの方法が「不動産鑑定士」に査定を依頼する方法です。不動産鑑定士とは、不動産の鑑定評価に関する国家資格を持っており、不動産の経済価値に関する専門家です。

不動産鑑定士への査定依頼は、不動産会社に依頼する場合と違い費用が発生します。20万円ほどかかるため、通常の不動産売却では滅多に活用されることはありません。

不動産の鑑定評価の専門家である不動産鑑定士に査定を依頼するのは、主に相続や財産分与の際です。相続や財産分与では、不動産を資産とし経済価値を求め、相続人で分配します。その際、公的な正式書類の作成をするために不動産の明確な価値を知る必要があるのです。

不動産査定書の読み方

不動産売却を検討した際、初めて目にすることになる「不動産査定書」。いきなり書類が送られてきても、普段見たことのない書類を読み解くのは難しいですよね。何が書いてあって、どこを主に見るべきなのかを知っていれば、初めて見る書類でも抵抗感なく読み解けるでしょう。

不動産査定書には一体どのようなことが書かれているのか、チェックするべきポイントと併せて紹介していきます。

不動産査定書の記載事項

不動産査定書には、主に三つの事項が書いてあります。不動産査定価格、査定額の根拠、類似事例情報の三つです。それぞれどのようなことなのか詳しく解説していきます。

不動産査定価格

査定対象の不動産の査定価格です。

査定価格はあくまで依頼先の不動産会社の予想売却価格にすぎません。中には上限価格、標準価格、下限価格の三つを表記しているものもあります。「このくらいで売れるのかな?」くらいの気持ちでいるようにしましょう。

査定額の根拠

次に書かれている査定額の根拠とは、どのように査定価格を算出したのかの理由です。

近隣環境、日当たりの良さ、方角、駅からの距離などが書かれています。中には、加点と減点がどのように計算されたのかを明記するために計算式が書かれている場合もあります。

類似事例情報

最後に書かれているのが類似事例情報です。

例えば、同じような間取りの物件や近隣の物件がどれほどの価格で売却されてきたのかが掲載されています。

不動産査定書のチェックポイント

不動産査定書を見る際に、最も注意して見なくてはいけないのが「根拠が正しいかどうか」です。不動産会社の中には、自社で売却をして欲しいあまり、根拠を捏造したり、無視したりして高めの査定価格を算出することもあります。

そのため、類似事例の売却価格と見比べたり、いくつかの不動産会社の加点・減点の根拠が一致しているかを見比べたりしながら読み解いていくことをおすすめします。

不動産査定をする際のポイント

不動産査定書を入手するにはまず、査定を依頼する不動産会社を見つけなくてはいけません。このとき、どこの不動産会社に査定してもらえば良いかわからないからと言って、闇雲に選んでしまうのは良くありません。また、そのほかにも注意するべき点がいくつかあります。

不動産査定をする際に押さえておきたい、4つのポイントを紹介していきます。

自分でも相場を調べておく

ひとつ目のポイントは、自分でも不動産の相場価格を調べておくことです。

「自分ではいくらで売却できるのかわからないから不動産会社に査定を依頼しているのに」と感じる人もいるかもしれません。もちろん、自分ではわからないから不動産会社に調べてもらいます。

しかし、自分でなんとなくでも相場価格を知っていないと、不動産会社の提示してくる情報が全てになってしまいます。その結果、明らかに高すぎたり低すぎたりする査定価格に気づけず、知らないうちに損をしながら売却していることになりかねません。

売りたい物件に強い不動産会社を選ぶ

ふたつ目のポイントは、売却したい物件内容に強い不動産会社を選ぶことです。

不動産会社にはそれぞれ得意な分野や不得意な分野があります。例えば、購入が得意、売却が得意、マンションが得意、戸建てが得意、地元が得意、幅広いエリアが得意など、様々です。マンションを売りたいのに、どんなに実績の良い戸建ての購入が得意な不動産会社を選んでしまっては全く意味がありません。

どんな不動産会社でも取引事例を公開しているケースが多いです。自分が求める取引が多く、尚且つ高額で出来そうな不動産会社を見つけられるようにしましょう。

複数の不動産会社に依頼する

みっつ目のポイントが、複数の不動産会社に査定依頼をすることです。

不動産会社はどこも「自分の会社で売却して欲しい」と、依頼主に都合良く見える査定書を提出してきます。不動産売却が初めてで何もわからない状態だと、査定書に書いていることを「正」と思うほかありません。そのため、不適切な価格や根拠を述べられてもそれが間違っているかもわかりません。

しかし、いくつかの不動産会社に査定を依頼していれば、「ここの不動産会社と違うことを述べている」と違いが見えてきます。依頼の申請などに手間を取られますが、必ず複数の不動産会社に査定依頼するようにしましょう。

信頼できる担当者を見つける

よっつ目のポイントは、信頼できる担当者を見つけることです。

不動産売却では、ときに長期戦になることがあったり、競合がたくさんいたりなどするため、担当者を売却の二人三脚で行われます。そのため、お互いが信頼し合えるパートナーとして売却活動を進めていく必要があるのです。

信頼できる担当者を見つけることで、優先的に自身の物件を紹介してもらえたり、高額で売却できるよう工夫してくれたりメリットがたくさんあります。

不動産査定書をしっかり見て高額売却を目指しましょう

不動産売却をする上で、必ず目にすることになる不動産査定書。不動産査定書には、売却したい物件の査定価格、査定価格の根拠、似ている事例の情報が記されています。自分の不動産がなぜその価格に査定されたのかよく確認することで、満足のいく売却がしやすくなります。そのためには、少し手間取ってしまってでも複数の不動産会社に査定依頼をするようにしましょう。

忙しくて複数の不動産会社に査定が依頼できないという方は、ウェブで査定依頼ができる「一括査定サービス」の活用がおすすめです。

すむたす買取では、24時間365日いつでもどこでもオンラインで査定依頼ができます。指定の項目に入力するだけで査定依頼ができるので、忙しい方でも安心して査定書を入手できます。査定書に提示された査定額に満足がいけば、そのまま売却に進むことも可能です。最短2日で現金化できるので、スピーディーに売却をしたい方にもおすすめのサービスです。

所有しているマンションの売却を検討している方は、ぜひ一度査定依頼してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました