マンション売却の失敗あるある、事例から学んで未然に防ごう

マンション売却
すむたす買取
すむたす買取

マンションを売却する際にしてしまう失敗とは


マンションを売却する際、思っていたよりも高い価格で売れなかったり、想像していたよりも遥かに時間がかかってしまったりすると失敗したなあ、と感じてしまうことでしょう。思い通りの価格で売れなかったり、時間がかかったりしてしまうのには、どのような原因があるのでしょうか。マンションを売却する際の失敗の種は、大きくマンションを売却する前売却中売却後の3つのタイミングで起きやすいです。それぞれのステップで起きやすい失敗の例について、解説していきます。

マンションを売却する前の失敗の種とは


まずはじめに、マンションを売却する前に発生しやすい失敗の種を紹介していきます。マンションを売却するには不動産会社に仲介に入ってもらうのが一般的です。しかし、不動産会社に依頼をする前の準備段階で気をつけるべきことがあります。このタイミングでは、マンションを売却するにあたり相談役となる不動産会社の助けがない状態です。しっかりと注意深く行動しましょう。

1. 一社の不動産会社にしか査定依頼をしていない


マンションを売却する際、一番始めにしなければいけない「マンション売却査定」。マンション売却査定は、不動産会社に対象のマンションがどれほどの価格で売れそうなのかを過去の実績や市場調査を元に算出してもらえるサービスです。マンション売却査定を受けるためには、不動産会社に査定依頼をすると同時に手続きが必要です。

不動産会社に依頼する分手続きが必要になるため、複数の不動産会社に査定を依頼するとなると、同じ手続きを何度も行わなくてはいけません。そのため、手続きが厄介で一社の不動産会社にのみ依頼をしてしまうと、マンション売却が失敗する可能性が高くなってしまいます。

マンション売却査定をする目的として、マンションがどれほどの価格で売れそうかを知るということはもちろん、どこの不動産会社と売却活動をするのかを見極める目的も含まれます。
一社でしか査定してもらわないと、他の不動産会社を見極めの対象に入れられません。失敗したくないのであれば、必ず複数の不動産会社に査定を依頼しましょう。

2. 高額査定の不動産会社を信用している


複数の不動産会社にマンション売却査定をしてもらうと、査定してもらった分だけ査定価格を様々な不動産会社より提示してもらえます。この際、数ある査定価格の中でも一際目を引かれるのが高額査定価格を提示してくれている不動産会社ではないでしょうか。高額査定価格を出してもらえたら、「ここの会社で売却しよう!」と思ってしまいますよね。しかし、高額査定価格だけに踊らされては、マンション売却が失敗に終わってしまう可能性があります。

高額査定価格を出してもらえたら、その理由を徹底的に探りましょう。他の不動産会社と見比べて、明らかにおかしい点がないかチェックしてみることをおすすめします。不動産会社は自分の会社で売却してもらうために、実際よりも高い査定価格を提示してくることがあります。高額査定価格にだけ目をやってしまうと、実際の売却価格を大きく差異が生まれてしまうことも。高額査定価格を出してくれているのかも重要ですが、なぜそうの価格なのかはしっかりと見極められるようにしておきましょう。

3. 高額すぎる価格設定をしている


マンション売却を失敗したくないがために、売却価格を高額にしてしまっては逆効果です。相場価格よりも明らかに高すぎる価格ではなかなか購入希望者が現れず、売却するのに時間がかかってしまったり、結局値下げが必要になったりしてしまいます。失敗してしまわないためにも、初めから妥当な価格で売り出すことが重要です。

4. 住宅ローンの残高を把握していない


マンションを売却活動を始める前に、必ず住宅ローンの残債がいくらか、確認しておきましょう。マンション売却では、売り上げた利益で住宅ローンを完済する必要があります。何も考えずに売却価格を算出してしまうと、住宅ローンの支払いができずにマンション売却が最後の最後で失敗に終わってしまうことも。妥当な売却価格を算出するためにも、必ず事前に確認は済ませておきましょう。

マンションを売却している最中の失敗の種とは


マンションの売却活動中にも、注意しておかないと失敗の種になってしまうポイントがいくつかあります。こちらも、紹介していきます。

【売り出し中】5. 時間に余裕がない


マンションの売却にはおよそ3〜6ヵ月ほどの時間がかかることは理解しておきましょう。時間がない中で早く売却しないと、と焦っていると、不当な値下げ交渉に対応してしまったり、心に余裕ができなかったりして、マンション売却に失敗してしまいます。マンション売却ではいかにスケジュール管理ができているのかが肝になってきます。納得のいくマンション売却ができるためにも、あらかじめ早めの行動を心がけるようにしましょう。

【売り出し中】6. マンション売却が得意でない不動産会社と契約している


不動産会社には売却が得意、購入が得意、マンションが得意、戸建が得意などそれぞれの得意分野があります。マンションの売却をしたいのであれば、「マンションの売却が得意」な不動産会社を選ぶようにしましょう。どんなに実績のある不動産会社でも、得意分野が的外れでは意味がありません。

マンションの売却が得意でないと、そもそも売却活動が思ったようにできなかったり、マンションの良さがアピールしきれなかったりと、失敗の種を撒くことになってしまいます。

【売り出し中】7. 同じマンションの別部屋が売却されている


同じタイミングで同じマンションの別室が売り出し中だと、よほどアピールポントがない限りライバルになってしまいます。階数が高かったり、方角が良かったり、間取りが良かったり、何かしらのアピールポイントを見つけて差別化を図りましょう。アピールポイントが弱いと、値下げの覚悟をしなくてはならなくなります。

【売り出し中】8. 囲い込みを受けている


不動産会社が売却依頼人と購入依頼人のどちらもの仲介に入っているケースを囲い込みと言います。このような場合、不動産会社が売却側だけでなく、購入側の視点も持っていないといけないので、売却側に不利になることが多く、適切な売却ができなくなってしまうことがあります。特に購入依頼人側に手厚い会社の場合は、売却側に値下げを勧めてくることもあります。囲い込みをされないよう、しっかりと信用できる不動産会社かどうかを見極めましょう。

【売り出し中】9. 内覧準備をしていない


内覧はマンション売却活動の中で、購入希望者が家の中を見れる唯一のチャンスです。この絶好のアピールタイムを有効に使うためにも、部屋の掃除や片付けを徹底しましょう。片付いていなかったり、掃除が行き届いていなかったりすると、印象が悪く辞退されてしまうことも。そうなってしまっては売却の時間が長くなり、結果的に失敗と思ってしまうことになりかねません。

マンションを売却した後の失敗の種とは


マンションを売却した後にも失敗の種があります。売却後の失敗について説明します。

【売り出した後】10. 5年以内に売却してしまっている


マンションを売却して利益がでた場合、譲渡所得税という税金の支払いが義務付けられます。譲渡所得税は出た利益に対して税率をかけた額を納めます。この税率は、どのくらいの期間マンションを所有していたのかで決まるので、いつマンションを売却するのかが重要です。

所有期間が5年未満の場合には、短期譲渡所得になり、5年以上だと長期譲渡所得になります。それぞれ税率が異なるので、もうすぐ5年が経とうとしているのであれば、売却のタイミングを調整することをおすすめします。

【短期譲渡所得】
譲渡所得 × 39.63%
【長期譲渡所得】
譲渡所得 × 20.315%

不動産会社選びが大事


マンション売却を失敗しないうえで、最も重要なのは不動産会社選びです。高額な価格で売却してくれるのはもちろん、サービスが充実しているのか、担当者が信用できるのかなどもチェックするようにしましょう。
また、担当者との相性も重要です。マンションを売却する際、担当者とはパートナーとなり一丸となって売却活動を勧めていくことになります。一緒に頑張れる人かどうか契約する前に話してみることをおすすめします。

不動産会社を選ぶためにも、まずは査定をしよう

マンションの売却を共に頑張る不動産会社を見つけるためにも、まずはマンション売却査定を行いましょう。すむたす買取では、独自のAI技術と専門知識で、最短1時間で査定価格を算出します。さらに、最短2日で売却もできてしまうので、時間があまりなくて焦ってしまいそうな方には特におすすめです。

タイトルとURLをコピーしました