不動産匿名査定とは?メリットやデメリットについて解説

マンション売却
すむたす買取
すむたす買取

不動産匿名査定とは


不動産を売却する際、必ず行わなければいけない「不動産売却査定」。不動産売却査定とは、不動産会社や不動産鑑定士に対して対象の不動産がいくらほどで売却できそうか、過去の事例や市場価格のデータを用いて予想金額を提示してもらうサービスです。

中でも「匿名査定」とは、連絡を取り合う最低限の情報を除く、個人情報をすべて伏せた状態で不動産査定をしてもらえるサービスです。まだ不動産の売却を決めかねている、こっそりといくらで売れそうなのかを調べたいなんて方は、匿名査定が使いやすいかもしれません。

匿名査定は、「匿名査定サービス」と、「AI匿名査定サービス」の二種類があります。匿名査定サービスは、一般的に言う一括査定サイトと変わりがほとんどなく、一度の申請で複数の不動産会社から査定価格を提示してもらえるサービスです。対してAI匿名査定サービスとは、不動産会社が運営している査定サービスのひとつであることがほとんどです。必要情報を入力するだけで、不動産会社のAI機能が土地や物件の価値を算出してくれます。

不動産匿名査定の流れ

不動産会社から膨大な連絡が来ることがなく、誰にも知られることなく所有している不動産の査定価格を入手できる「匿名査定」。「まだ売却するか決めていない」という方には魅力的でしょう。

不動産匿名査定の利用は以下の3ステップで進みます。

  1. 必要情報の入力
  2. 不動産査定額が送られてくる
  3. 不動産会社へ連絡する

それぞれのステップについて詳しく解説していきます。

必要情報の入力

まずはじめにしなくてはいけないのが、必要な情報を入力する作業です。不動産を購入してしばらく経ってしまっていると、正確な数字がわからない方もいるかもしれません。大雑把な数字でも構いませんが、書類を見つけてきて正確な数字を入力したほうが、精度の高い査定価格を入手できます。
入力が必要な情報は査定してもらいたい不動産の種類によって異なります。

【戸建て】
住所(番地は伏せて送られます)
間取り
土地の面積
建物の床の面積
階数
築年数
構造(木造/鉄筋など)
土地の所有者(自前/借地か)
土地に接している道路の数
家の状況(居住中/空き家など)
【マンション】
住所
マンションの名前
間取り
専有面積
階層
方角
築年数
家の状況(居住中/空き家など)
【土地】
住所
土地の面積
土地の利用用途(宅地/農業など)
土地の所有者(自前/借地か)
土地の形
土地に接している道路の数
土地の状況(更地/建築物ありなど)

不動産査定額が送られてくる

必要情報を送信すると、不動産会社から査定価格が送られてきます。人気な物件であると30分ほどで査定価格が提示されることもありますが、一般的には2日ほどかかるので安心して待っていましょう。

不動産会社へ連絡する

もしも、査定価格を提示してくれた不動産会社の中で気に入った査定価格があったり、査定価格の算出理由に興味があったりしたら、不動産会社に直接問い合わせてみましょう。基本的に、査定価格を提示してくれる不動産会社は自社で取引をしてもらいたいため連絡先を記しています。

不動産会社で直接話を聞いて納得できるのであれば、売却を依頼しても良いでしょう。

不動産匿名査定のメリット・デメリット

個人情報を送らないため、必要のない連絡が一切来ない匿名査定を活用するための手順をお伝えしていきました。しかし、まだ匿名査定を利用するか迷う方ももちろんいるでしょう。

そんな方のために、匿名査定を利用するに当たって起こるメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット

まず、匿名査定を使って不動産を査定してもらうのにはどのようなメリットがあるのでしょうか。メリットとして、個人情報流失が防げる、いつでもどこからでも査定依頼ができる、査定価格がすぐにわかる、無料でサービスが受けられるの4つがあります。解説していきます。

匿名査定の最大のメリットとも言えるのが、個人情報の流出が防げる点です。匿名査定では、査定価格を送ってもらうメールアドレス以外の個人情報は一切入力しません。そのため、個人情報の流出はもちろん、様々な不動産会社から不必要な連絡を受け取ることも一切ありません。

ふたつ目がいつでも、どこからでも査定が依頼できる点です。匿名査定はオンラインから依頼します。そのため、時間や場所を問わずに査定依頼ができるので、忙しい方でも利用しやすいのです。

みっつ目が査定価格がすぐにわかる点です。大体2日で査定価格を算出してもらえるので、「とにかく早く大まかな査定価格が知りたい」という方にはもってこいのサービスです。

最後のメリットは無料でサービスが受けられる点です。もちろん、どんな査定も無料で基本的には受けられますが、対人ではないため、「査定してもらったから売却しなくては」という圧を感じることもありません。

デメリット

匿名査定には、メリットだけでなくデメリットももちろんあります。主なデメリットとしては正確な査定価格がわからないという点と、匿名での売却ができない点のふたつです。それぞれ解説していきます。

まず正確な査定価格がわからない点です。匿名査定では、入力した情報のみを頼りに査定価格を算出します。そのため、数字が正確に出なかったり、実物のイメージがわかなかったりすると、もちろん査定価格の精度も落ちてしまいます。

さらに、匿名で査定はできても、匿名で売却はできません。いざ売却へ進むことになると個人情報の開示は避けられないのです。

不動産匿名査定の注意点

匿名査定を利用する際に、注意するべき点がいくつかあります。3つ紹介していきます。

すぐに売却を決断しない

ひとつ目の注意点は、すぐに売却を決断してしまわないという点です。匿名査定で算出された査定価格はあくまで概算であり、正確ではありません。そのため、査定価格が高額だったからと鵜呑みにして売却を依頼してしまうと、「こんな価格で売却するつもりじゃなかったのに」と後悔する羽目になってしまいます。

匿名査定で満足がいく結果が出たとしても、その価格のまま売れると思い込んでしまわないよう注意しましょう。

早期売却を希望する際には不動産会社へ依頼する

ふたつの目の注意点は、早期売却をしたいのであれば匿名査定ではなく不動産会社に査定を依頼するべき点です。匿名査定は正確な査定価格は算出できません。

そのため、早く売却したいのに匿名査定を受けてしまうと、そのあとでもう一度不動産会社に査定の依頼をすることになります。二度手間になり時間もかかってしまうので、売却することが決まっているのであれば直接不動産会社にいきましょう。

最終的に不動産会社で査定してもらう

みっつ目の注意点は、最終的な査定は不動産会社でしてもらう必要がある点です。

査定価格は、不動産会社でお願いしても実際の売却価格とは差異が生まれてしまいます。匿名査定となれば、その差異はさらに開いてしまいます。売却を決めるのであれば、不動産会社での査定は免れません。必ず不動産会社で最終的な査定を依頼するようにしましょう。

匿名査定と合わせて不動産会社にも査定を依頼しよう

匿名査定がどのようなもので、どんなメリットやデメリットがあるのかを紹介していきました。個人情報を開示することなく不動産査定ができるので、売却に踏み切れない方や、こっそり査定価格が知りたい方にはぴったりのサービスです。

その反面、いざ売却するとなるともう一度不動産会社で正式に査定してもらう必要があります。不動産会社に査定依頼する際にも、念のため複数の不動産会社で査定依頼することをおすすめします。

複数の不動産会社に査定依頼するのが面倒と感じるのであれば、すむたす買取を活用してみてはいかがでしょうか。すむたす買取では、24時間365日オンラインから査定依頼ができます。最短1時間で査定価格を算出し、最短2日で現金化することも可能です。匿名査定してからでも遅くはないので、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました