中古マンション購入時にかかる仲介手数料とは?いつ・いくら支払うのかを解説

マンション売却
すむたす買取
すむたす買取

中古マンションを購入する際の仲介手数料とは

中古マンションの購入時にかかわらず、不動産の取引をする際に発生する「仲介手数料」。仲介手数料とは、名前から分かるとおり仲介してもらった際の手数料で、不動産会社に不動産売買の仲介に入ってもらった際の成功報酬として支払うものです。中古マンションを購入している方はもちろん、そのさきにいるマンションの売主も同じように仲介手数料の支払いが義務付けられています。

仲介手数料の計算方法

中古マンションの購入時に発生する仲介手数料は、購入する物件の代金に応じて異なります。購入代金に応じて仲介手数料を請求できる上限額が異なります。上限額の求め方は以下です。初期費用として用意の必要が必要になる費用なので、予め購入検討中の中古マンションがいくらの仲介手数料を支払わなければならないか、確認しておきましょう。

【仲介手数料の上限の計算方法】

売買価格仲介手数料の上限
200万円以下売買価格×5%+消費税
200万円超かつ400万円以下売買価格×4%+2万円+消費税
400万円超売買価格×3%+6万円+消費税

仲介手数料の支払いタイミング

中古マンションの仲介手数料はいつ支払わなければいけないのでしょうか。仲介手数料は成功報酬であるものの、2回に分けて支払いをします。
1回目は中古マンションの売買契約が締結したタイミング、2回目は物件の引き渡しのタイミングです。それぞれ仲介手数料の総額の半額ずつ仲介業者である不動産会社に支払いをします。仲介手数料は住宅ローンに組み込めないので、注意が必要です。

仲介手数料に関する注意点

中古マンションの売買取引における仲介手数料は、意外と高い、と感じる人が多いのではないでしょうか。そんな高額を支払うのですから、損をしたり、「こんなはずじゃなかった」と後悔したりしたくないですよね。そうならないためにも、仲介手数料にまつわる注意点をいくつか解説していきます。

仲介手数料は不動産会社によって異なる

まず、仲介手数料で注意したいひとつ目のポイントが、不動産会社によって仲介手数料の額が異なる点です。中古マンションはひとつの不動産会社に仲介に入ってもらって売買契約を交わします。そのため、ある程度、関係性ができてくると、仲介手数料を提示されるとその情報を鵜呑みにしてしまい、どんなに高い額でも払わないといけないと思ってしまいがちです。

しかし、仲介手数料は不動産会社によって異なります。中には上限ギリギリの額を請求してくる企業もあれば、少しお手頃に抑えてくれている企業もあります。すぐに一社に絞らずにいくつかの不動産会社でおおよその仲介手数料を見積もってもらうことで損することなく売買契約が結べるでしょう。

仲介手数料の他に手付金の支払いも必要

仲介手数料は、中古マンションを購入する前の契約を締結したタイミングと、引き渡しのタイミングの2回に分けて支払います。しかし、複数回に分けて支払わなければいけないのは、仲介手数料だけではありません。

仲介手数料を支払うのと同じタイミングで、契約締結時には手付金を支払わなくてはいけません。手付金とは、購入代金の一部を事前に支払うもののことを指し、手付金を支払うことで他の購入希望者よりも先に物件を抑えることができます。仲介手数料も手付金も、住宅ローンには組み込めません。そのため、初期費用として一定額用意しておく必要があることがわかります。

仲介手数料を値引きするためのポイント

中古マンションを購入する際、高額な費用が必要になります。購入代金、仲介手数料、税金、引越し費用など、その内訳は様々です。そのため、抑えられる部分はなるべく抑えて、その分を普段の生活費や住宅ローンの返済に充てたいと思う方も多くいるでしょう。中古マンションの購入代金によっては高額請求されることもある仲介手数料は、なるべく安く済ませたいですよね。そんな仲介手数料をなるべく安くするためのポイントを3つ紹介します。

仲介手数料の安い不動産会社を探す

不動産会社のような仲介業者が、仲介手数料として請求できる金額は条件が定められています。しかし、必ずしもこの額を請求しなければいけないという金額は定められていません。そのため、不動産会社ではそれぞれは独自の仲介手数料を上限ないで請求するため、どこの企業で購入契約をするのかで同じ物件でも仲介手数料が異なります。

中にはサービスを売り出すために「仲介手数料半額」としている不動産会社もあります。もちろん、仲介手数料がいくらほどなのかを見て決めるのも良いです。しかし、仲介手数料に囚われてしまっているとサービスが疎かな不動産会社を選んでしまったとなるケースもあります。サービスと仲介手数料を良く見て購入したい中古マンションの売買契約をどこの不動産会社でするのかを決めていきましょう。

他社に依頼すると申し立てる

中古マンションを購入する際に仲介手数料を値引きしてもらう方法のひとつとして、「他の不動案会社に依頼する/している」と申し立てをするというものがあります。不動産会社としては、どんなに手間をかけて物件探しや購入活動をしていたとしても、売買契約をしてもらえないことには仲介手数料を請求できません。そのため、「仲介手数料がもっと安い不動産会社に依頼する」と別の不動産会社に流れてしまうと大赤字になってしまうのです。

あまり良い印象は与えないものの、極力値引きしてもらえることもあります。最終手段程度に念頭に入れておいてはいかがでしょうか。

知人の不動産会社を紹介してもらう

中古マンションを購入したい際、知人の紹介や会社の福利厚生で不動産会社を紹介してもらうのも仲介手数料を抑える方法のひとつです。紹介してもらうメリットとして、少し値引いてもらえたり、サービスを手厚くしてもらえたりします。
さらに、不動産会社でなくても「宅地建物取引士」の資格を持っている人は仲介人になってもらえるため、個人を仲介人として大幅に仲介手数料を値引きしてもらう方法もあります。

仲介手数料なしで中古マンションを購入する方法

中古マンションの購入における、仲介手数料とはどのようなものなのか解説していきました。仲介業者である不動産会社を介する限り、必ず仲介手数料は請求されるものと思っておきましょう。仲介手数料は、購入する中古マンションの価格によって異なります。さらに、不動産会社によっても違ってくるので、自分が果たしていくら払わなくてはいけなのか、その正確な数字は不動産会社に問い合わせてみるのが賢明でしょう。

中古マンションを購入する際、必ず発生すると思われがちな仲介手数料。
しかし、仲介手数料はあくまで仲介業者が介した場合にかかる成功報酬のようなものです。

そのため、仲介業者さえ解さなければ仲介手数料が発生することもありません。仲介業者を解さなくても、中古マンションは見つけられます。例えば「すむたす直販」では、中古マンションの売主が直接サイトに情報を掲載しているため、仲介手数料は無料で購入ができます。マンションの詳しい所在地も確認できるので、周辺環境が気になる方にはとくにぴったりな内容です。

さらに、条件を登録しておくことでマッチする新着情報が送られてくるので、長期的な不動産探しにも活用できます。中古マンションの手数料が気になってなかなか購入に至れない方は、ぜひすむたす直販で理想のマンションを見つけてみませんか。

タイトルとURLをコピーしました