不動産の買取再販とは?高く、早く売れるオススメサービスも紹介

マンション買取

不動産の買取再販とは?再販するメリット・デメリット


不動産の買取再販とは、中古の不動産を買取り、リフォームやリノベーションをして再度販売することをいいます。
簡単にいうと、「古い不動産を買って、直して、転売する」ことです。

そもそも、不動産売却には、2種類の方法があります。
1つは「仲介」。不動産を売りたい人と買いたい人(主に個人)を繋ぐ(仲介する)方法です。
もう1つが「買取」。古い不動産を転売や運用目的で買取る方法で、買取再販も含まれます。

買取再販には、仲介と比べて、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

【買取再販のメリット】

  • かかる費用が少ない
  • 売却スピードが早い
  • 「契約不適合責任」を負わずに済む

【買取再販のデメリット】

  • 売却価格が低くなりがち
  • 不動産売買の手腕に不安が残る

総じて、「買取再販では、業者選びが重要である」といえます。
それぞれのメリット・デメリットを理解し、適切な業者を選び、大切な不動産をより高く売却しましょう。

【買取再販のメリット1】かかる費用が少ない


仲介と比べ、買取再販は「売却にかかる費用」が少ないです。
具体的にどの程度少ないのか、仲介でかかる費用を見てみましょう。

  • 仲介手数料(売却価格の3%+6万円)
  • ハウスクリーニング費用(数万~数十万)
  • リフォーム費用(数十万~数百万)

仲介ではほぼ必須の「仲介手数料」が、買取再販ではかかりません。

ハウスクリーニング費用やリフォーム費用は、仲介でもかからないこともあります。
ただし、マンションが汚かったりボロボロだったりする場合は、ある程度きれいにしなければ売れないでしょう。
仲介で不動産を買取るのは「買ったマンションに住みたい個人」であり、誰も「汚くてボロボロなマンション」には住みたくないからです。

仲介でかかる費用に関して、もっと詳しく知りたい方はこちらも参考になります。
マンション売却時に発生する手数料とは?簡単に計算できる方法も紹介

ハウスクリーニングやリフォームについてはこちら。費用相場や、仲介で早く・高く売るコツもお伝えしています。
汚いマンションを売るにはどうすれば良い…?買取・仲介、それぞれでの売却方法

【買取再販のメリット2】売却スピードが早い


仲介と比べ、買取再販はスピーディに売却できます。
買取再販は、「転売を目的とした業者への売却」だからです。

仲介では、仲介業者を通して「このマンションが欲しい!」と感じる個人を探します。
買主との巡りあわせは、まさに「縁」。すぐに売却が決まることもあれば、1年経っても決まらないこともあるでしょう。
もちろん、購入希望者が現れるたびに「内見」も必要となり、手間もかかります。

業者への売却である買取再販では、「売主が業者の提示する価格」に納得すれば、売却はすぐに決まります。
業者が提示する買取価格は「この価格で買取れば、再販で利益を出せそうだ」という価格です。
価格の決定権こそないものの、売るかどうかの決定権はすべて売主にあります。

【買取再販のメリット3】契約不適合責任を負わずに済む


買取再販では、売却した不動産に不備が見つかった際の責任、「契約不適合責任」を負わずに済みます。

仲介では、売却した不動産に不備が見つかると、一定期間内は売主が責任を負わなくてはなりません。
不備(傷・設備故障など)の修理費用を、売主が負担するのです。
つまり、仲介では売却後も不安が残ります。

一方、買取再販なら、契約不適合責任を負う必要はありません。
再販後の不動産に不備が見つかった場合でも、責任は業者が負ってくれます。

【買取再販のデメリット1】売却価格が低くなりがち


一般的に、買取再販は仲介と比べ、売却価格が低いといわれています。
市場相場の8割」ほどと見ておくといいでしょう。

なぜ、買取再販は売却価格が低いのでしょうか。
理由は主に2つ。「業者が再販で利益を出さなければならないこと」と「リフォームやリノベーションの費用を業者が負担すること」です。

裏を返せば、リフォームやリノベーションの費用がかからない分、売却益はそこまで下がらないともいえます。
仲介と買取再販の査定価格を見比べ、売却価格の差額と「売却のためにかかる費用」を見比べることが大切。
重要なのは「売却価格」ではなく、「売却益」なのですから。

【買取再販のデメリット2】不動産売買の手腕に不安が残る


買取再販業者の中には、不動産売買の手腕が低い業者・担当者もいます。
理由は、「買取再販業者は、仲介業者と比べ、建築業界の出身者が多いから」です。

仲介業者は、いわば「不動産売買のプロ」。
どのようなマンションがいくらで、どうやったら売れるかを見極めるノウハウを、蓄積してきた業者です。

買取再販業者の中にも「不動産売買のプロ」はいます。しかし、「売れなさそうな不動産を、売れるように生まれ変わらせるプロ」もまた多くいます。
担当者ごと、業者ごとの「不動産売買の手腕」にバラつきがあり、適正価格を導き出せない場合もあるでしょう。

だからこそ、買取再販で不動産を売却する方は、業者選びに気をつけてください。

不動産が買取再販される流れ


買取再販は、次のような流れで行われます。

  1. 買取(仕入れ)
  2. リフォーム・リノベーション
  3. 販売

流れを知っておくことで、より安心して買取再販を利用できるでしょう。
一つひとつの工程について、解説していきます。

買取(仕入れ)


売主が関与する唯一の部分です。
不動産の査定を行い、購入価格(売主から見た売却価格)を決めます。
売主が価格に納得すれば、契約は成立。不動産を現金化できます。

リフォーム・リノベーション


買取ったマンションを高く売るために、リフォーム・リノベーションをします。
売主にとっては関係のない工程ではありますが、長年住んできた大切な不動産が、どのように生まれ変わるかには興味があるでしょう。
なるべくきれいに、魅力的に、不動産を復活させてもらいたいものです。

販売


より魅力的に生まれ変わった不動産を、新しい買主、つまり新しい家主に販売します。
販売による収益はすべて業者のものであり、売主には売却益は入りません。
とはいえ、長年大切にしてきた不動産には、愛着があるでしょう。家を大切にしてくれる家主に、販売してほしいものです。

不動産の買取再販は、こんな人に向いている!


不動産の買取再販と仲介では、「どんな人に向いているのか」が異なります。

【買取再販が向いている人】

  • 物件をすぐに売りたい人
  • 契約不適合責任を避けたい人
  • 売却活動が面倒な人

次からは、買取再販が向いているのはどんな人なのか、一つひとつ解説していきます。
自分はどうかな?」とイメージしながら、読み進めてみましょう。

物件をすぐに売りたい人


買取再販は、物件をすぐに売りたい人まとまった現金をすぐに手にしたい人に向いています。

仲介では1年経っても売れないような物件も、買取再販ならすぐに、それこそ1週間以内で売れることも。
任意売却や「競売にかけられそうな不動産」なら、買取再販で売却するのが賢明です。

任意売却や競売について、詳しく知りたい方はこちらの記事も参考になります。
住宅ローンの支払いが数ヵ月滞っているなら、早急な任意売却、あるいは滞納ローンの支払いが必要です。
不動産競売とは?開始から入札までの流れを徹底解説!

契約不適合責任を避けたい人


契約不適合責任を避けたい人には、仲介よりも買取再販が向いています。

仲介の場合、売却後もしばらくは「自分でも気付いていない傷や不備が見つかったらどうしよう」と、不安を抱えることになります。
「売却も終わったし、心機一転、新しい家での生活を楽しむぞ!」という気持ちを大切にしたい方にとって、買取再販の「契約不適合を負わずに済む」メリットは、より大きなものと感じるでしょう。

売却活動が面倒な人


売却活動が面倒な人にも、買取再販をおすすめします。

売却活動には、広告用の写真撮影や「内見」が必須。
「より高く売りたい!」となれば、掃除をしたりハウスクリーニングやリフォームをしたりと、さまざまな手間がかかります。
売却までのスピードにこだわらなくとも、「手間はかけたくない」という方は、多いのではないでしょうか。

売却活動が面倒な人、忙しくて手間をかけられない人には、買取再販を活用した「効率的な不動産売却」をおすすめします。

仲介ではどの程度の手間がかかるのか、仲介で売るためにはどうすればいいのかを知りたい方は、こちらの記事が参考になります。
仲介で必須となる「内見」に焦点をあて、売却活動のコツをお伝えします。
マンションの内見対応のコツ、内見なしで売却する方法も解説!

早い!高い!安心!全く新しい不動産の買取再販「すむたす買取」


「マンションの買取再販」におすすめなのが、「すむたす買取」です。
「すむたす買取」とは、AIと専門家の知見を掛け合わせた、全く新しい不動産の買取再販サービス。
3つの特徴により、大切なマンションを、適正価格で買取ります。

【すむたす買取の3つの特徴】

  • 査定も現金化も早い
  • 適正価格での買取
  • しつこい営業一切なし

まさに「早い!高い!安心!」の三拍子が揃ったサービスです。
一つひとつの特徴について、詳しく解説していきます。
「すむたす買取」で売る・売らないは別として、売却活動の役に立つこと間違いなしです。

査定も現金化もとにかく早い!


「早いといっても、1ヵ月くらいはかかるんでしょ?」
「すむたす買取」最大の特徴は、何といっても「現金化の早さ」。1ヵ月どころか、1週間も待たせません。

査定はWebから、24時間365日可能。
Webフォームからたった5つの項目を入力するだけで、最短1時間で査定が完了します。

早さの秘密は、AIと専門家の知見を掛け合わせた、独自のシステム。
不動産売買に長年携わってきた専門家の知見を基に、素早く正確な査定ができる「不動産専門のAI」を完成させました。

査定価格が気に入ったなら、30分程度の現状確認の後、すぐに売却=現金化できます。
最短2日で売却可能なので、任意売却にもピッタリです。

適正価格で買取るので安心!


「査定が早いってことは、テキトーってことなんじゃ…?」
ご安心ください。早さはもちろん、正確な査定も「すむたす買取」の特徴です。

「すむたす買取」での査定は、常に最新の「不動産売買データ」に基づいて行われます。
たとえば東京の「世田谷区」では、2005年から2020年のものだけで、1万件を超える売買データを保有。
膨大なデータに基づき、査定時点での適正価格で、不動産を買取ります。

しつこい営業は一切なし


「前に一括査定サイトを使ったら、営業電話が多くてうんざりしたんだよね」
心中、お察しします。
どの業者も「いい物件を売ってほしい」と、必死になって電話をかけてしまったのでしょう。

「すむたす買取」は、一括査定サイトではありません。
運営会社「株式会社すむたす」による、Web査定サービスです。

「株式会社すむたす」は、しつこい営業をすることが会社のイメージダウンに繋がることを知っています。
ですから、「どんなに素晴らしく、売ってもらいたい物件」であっても、営業電話はかけません。
一括査定ではないため、ほかの業者から営業電話がかかることもありません。

不動産を買取再販する前に、すむたす買取で査定してみよう

test
不動産の買取再販は、何といっても売却までのスピードが早いです。
任意売却を進めている方、競売になる前に売却先を決めたい方には、ピッタリの売却方法です。

ほかにも、「手数料や修繕費用がかからない」「契約不適合責任を負わずに済む」といった、さまざまなメリットがあります。
手間や時間、無駄な費用をかけたくない方にも最適。
「時間と手間をかけて高く売るのか」「多少安くても、時間と手間をかけずに売るのか」を天秤にかけたとき、どちらをお得に感じるのかと考えてみれば、最適な売却方法はおのずから明らかになります。

しかし、買取再販の業者選びに失敗すると、高く売れるはずだった不動産を安く手放すことになりかねません。
買取再販での売却に失敗したくない方は、ぜひ「すむたす買取」で査定をしてみてください。

「すむたす買取」なら、最短1時間で、Webから手軽に査定ができます。
もちろん、査定後すぐに売却する必要はありません。

要は、「適正価格を知ること」が大切なのです。
適正価格を知り、より高く売れそうなら、より高く売れる方法で売却してください。
「高く売れなさそう」「素早く売却したい」したいなら、「すむたす買取」が力になります。

タイトルとURLをコピーしました