不動産の買取再販とは?高く、早く売れるオススメサービスも紹介

マンション買取
すむたす買取
すむたす買取

不動産の買取再販とは

不動産の買取再販とは、中古の不動産を買取り、リフォームやリノベーションをして再度販売することをいいます。
簡単にいうと、「古い不動産を買って、直して、転売する」ことです。

買取再販と仲介の違い

不動産売却の方法には、「買取再販」の他に「仲介」もあります。
買取再販には、仲介と比べて、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

買取再販のメリット

仲介と比較して、買取再販には以下のメリットがあります。

  • かかる費用が少ない
  • 売却スピードが早い
  • 「契約不適合責任」を負わずに済む

以下で一つずつ詳しく解説します。

かかる費用が少ない

仲介と比べ、買取再販は「売却にかかる費用」が少ないです。
具体的にどの程度少ないのか、仲介でかかる費用を見てみましょう。

  • 仲介手数料(売却価格の3%+6万円)
  • ハウスクリーニング費用(数万~数十万)
  • リフォーム費用(数十万~数百万)

仲介ではほぼ必須の「仲介手数料」が、買取再販ではかかりません。

ハウスクリーニング費用やリフォーム費用は、仲介でもかからないこともあります。
ただし、マンションが汚かったりボロボロだったりする場合は、ある程度きれいにしなければ売れないでしょう。
仲介で不動産を買取るのは「買ったマンションに住みたい個人」であり、誰も「汚くてボロボロなマンション」には住みたくないからです。

ハウスクリーニングやリフォームについては以下の記事も参考にしてください。

売却スピードが早い

買取再販は仲介と比べ、スピーディに売却できます。買取再販は、「転売を目的とした業者への売却」だからです。

仲介では、仲介業者を通して「このマンションが欲しい!」と感じる個人を探します。

買主との巡りあわせは、まさに「縁」。すぐに売却が決まることもあれば、1年経っても決まらないこともあるでしょう。もちろん、購入希望者が現れるたびに「内見」も必要となり、手間もかかります。

業者への売却である買取再販では、「売主が業者の提示する価格」に納得すれば、売却はすぐに決まります。業者が提示する買取価格は「この価格で買取れば、再販で利益を出せそうだ」という価格です。

価格の決定権こそないものの、売るかどうかの決定権はすべて売主にあります。

それぞれの業者の違いについて、より詳しく知りたい方には、こちらの記事がおすすめです。買取業者と仲介業者の違いについて、それぞれのメリット・デメリットと併せ、詳しく解説しています。

契約不適合責任を負わずに済む

買取再販では、売却した不動産に不備が見つかった際の責任、「契約不適合責任」を負わずに済みます。

仲介では、売却した不動産に不備が見つかると、一定期間内は売主が責任を負わなくてはなりません。不備(傷・設備故障など)の修理費用を、売主が負担するのです。

つまり仲介では、売却後もしばらくは契約不適合責任の不安が残ります。実際に不備が見つかれば、修理費用を支払うことになります。買い替えのような場合では、不備が見つかったときには、マンションを売却したお金を使い切ってしまっているかもしれません。

一方、買取再販なら、契約不適合責任を負う必要はありません。再販後の不動産に不備が見つかった場合でも、責任は業者が負ってくれます。

買取再販なら、売却後の新生活を、安心して楽しめるのです。

買取再販のデメリット

仲介と比較して、買取再販には以下のデメリットがあります。

  • 売却価格が低くなりがち
  • 不動産売買の手腕に不安が残る

以下で一つずつ詳しく解説します。

売却価格が低くなりがち

一般的に、買取再販は仲介と比べ、売却価格が低いといわれています。「市場相場の8割」ほどと見ておくといいでしょう。

なぜ、買取再販は売却価格が低いのでしょうか。理由は主に2つ。「業者が再販で利益を出さなければならないこと」と「リフォームやリノベーションの費用を業者が負担すること」です。

裏を返せば、リフォームやリノベーションの費用がかからない分、売却益はそこまで下がらないともいえます。仲介と買取再販の査定価格を見比べ、売却価格の差額と「売却のためにかかる費用」を見比べることが大切。重要なのは「売却価格」ではなく、「売却益」なのですから。

具体的な売却価格の目安をつけるには、相場を調べましょう。不動産の相場の調べ方や、土地ごとの平均相場は、こちらの記事でお伝えしています。

不動産売買の手腕に不安が残る

買取再販業者の中には、不動産売買の手腕が低い業者・担当者もいます。
理由は、「買取再販業者は、仲介業者と比べ、建築業界の出身者が多いから」です。

仲介業者は、いわば「不動産売買のプロ」。
どのようなマンションがいくらで、どうやったら売れるかを見極めるノウハウを、蓄積してきた業者です。

買取再販業者の中にも「不動産売買のプロ」はいます。しかし、「売れなさそうな不動産を、売れるように生まれ変わらせるプロ」もまた多くいます。
担当者ごと、業者ごとの「不動産売買の手腕」にバラつきがあり、適正価格を導き出せない場合もあるでしょう。

だからこそ、買取再販で不動産を売却する方は、業者選びに気をつけてください。

不動産の買取再販の流れ

不動産の買取再販は、次の3ステップに沿って進んでいきます。

  1. 買取(仕入れ)
  2. リフォーム・リノベーション
  3. 販売

流れを知っておくことで、より安心して買取再販を利用できるでしょう。
一つひとつの工程について、解説していきます。

買取(仕入れ)

買取再販の最初のステップは、「買取」です。売主にとっては不動産の売却であり、業者にとっては再販に向けた商品仕入れとなるステップです。

不動産の査定を行い、購入価格(売主から見た売却価格)を決めます。売主が価格に納得すれば、契約は成立。不動産を現金化できます。

なお買取は、売主が関与する唯一の部分でもあります。業者の提示した価格を見て、売るか売らないかを決めましょう。ここで大切なのが、複数業者に査定を依頼することです。

もしも1社にしか査定を依頼しなければ、提示された価格が高いのか安いのかがわからないでしょう。相場よりもはるかに低い価格で買い叩かれそうになったとしても、ほかの業者がどの程度で買取ってくれるかわからないため、気付けません。

複数業者への査定依頼は、不動産売買における「最低限の自己防衛」です。

まずは、不動産の一括査定サイトを使い、たくさんの見積もりを集めてください。一括査定サイトを使えば、サイトに登録している業者への査定依頼を、一度の手続きで済ませられます。

一括査定サイトの詳しい使い方を知りたい方は、こちらの記事をお読みください。査定依頼の流れや、利用時の注意点をまとめています。

リフォーム・リノベーション

以降のステップでは、売主がすることはありません。買取が済んだ時点で不動産は業者のものとなり、修繕も清掃もすべて業者が行うこととなります。

とはいえ、自分の住んでいた物件がどんな風に再販されるのかは気になるでしょう。

業者は買取りが済むと、古びた箇所や汚れた部分を修繕・清掃します。買取った物件を「より高く売れる物件」にするためです。ときにはリノベーションやリフォームをして、その土地に合った魅力的な物件に生まれ変わらせることもあります。

売主にとっては関係のない工程ではありますが、長年住んできた大切な不動産が、どのように生まれ変わるかには興味があるでしょう。なるべくきれいに、魅力的に、不動産を復活させてもらいたいものです。

なお、仲介でも買取でも、自分でリフォームやリノベーションをするのはおすすめできません。買取なら業者がしてくれますし、仲介でも、自らリノベーションしたいと考える買主は多いからです。

売主自らリフォーム・リノベーションすべきでない理由を詳しく知りたい方は、こちらの記事もぜひお読みください。

販売

より魅力的に生まれ変わった不動産を、新しい買主、つまり新しい家主に販売します。販売による収益はすべて業者のものであり、売主には売却益は入りません。

とはいえ、長年大切にしてきた不動産には、愛着があるでしょう。家を大切にしてくれる家主に、販売してほしいものです。

完成見学会があれば、見に行ってみるのもいいかもしれませんね。

不動産の買取再販に向いている人

不動産の買取再販と仲介では、「どんな人に向いているのか」が異なります。

【買取再販が向いている人】

  • 物件をすぐに売りたい人
  • 契約不適合責任を避けたい人
  • 売却活動が面倒な人

次からは、買取再販が向いているのはどんな人なのか、一つひとつ解説していきます。
自分はどうかな?」とイメージしながら、読み進めてみましょう。

物件をすぐに売りたい人

買取再販は、物件をすぐに売りたい人まとまった現金をすぐに手にしたい人に向いています。

仲介では1年経っても売れないような物件も、買取再販ならすぐに、それこそ1週間以内で売れることも。任意売却や「競売にかけられそうな不動産」なら、買取再販で売却するのが賢明です。

競売とは、住宅ローンの支払い滞納が続いた不動産を、ローンの債権者が強制的に売却することです。売却価格は通常の5~7割程度になることが多く、売主が売却活動に携わることはできません。

そんな競売を防ぐためのひとつの手段が、任意売却です。任意売却なら通常とほとんど同じ価格で不動産を売却できます。任意売却をすることや、売却価格の決定には債権者への相談がいるものの、売却への納得感は高くなるでしょう。

契約不適合責任を避けたい人

契約不適合責任を避けたい人には、仲介よりも買取再販が向いています。

仲介の場合、売却後もしばらくは「自分でも気付いていない傷や不備が見つかったらどうしよう」と、不安を抱えることになります。
「売却も終わったし、心機一転、新しい家での生活を楽しむぞ!」という気持ちを大切にしたい方にとって、買取再販の「契約不適合を負わずに済む」メリットは、より大きなものと感じるでしょう。

売却活動が面倒な人

売却活動が面倒な人にも、買取再販をおすすめします。

売却活動には、広告用の写真撮影や「内見」が必須。
「より高く売りたい!」となれば、掃除をしたりハウスクリーニングやリフォームをしたりと、さまざまな手間がかかります。
売却までのスピードにこだわらなくとも、「手間はかけたくない」という方は、多いのではないでしょうか。

売却活動が面倒な人、忙しくて手間をかけられない人には、買取再販を活用した「効率的な不動産売却」をおすすめします。

仲介ではどの程度の手間がかかるのか、仲介で売るためにはどうすればいいのかを知りたい方は、こちらの記事が参考になります。
仲介で必須となる「内見」に焦点をあて、売却活動のコツをお伝えします。

オススメの買取再販業者

マンションの買取再販を検討している方にオススメなのが、「すむたす買取」です。

「すむたす買取」の特徴

「すむたす買取」は、AIと専門家の知見を掛け合わせた、全く新しい不動産の買取再販サービス。
3つの特徴により、大切なマンションを、適正価格で買取ります。

【すむたす買取の3つの特徴】

  • 査定も現金化も早い
  • 適正価格での買取
  • しつこい営業一切なし

まさに「早い!高い!安心!」の三拍子が揃ったサービスです。

次からは、一つひとつの特徴について、詳しく解説していきます。「すむたす買取」で売る・売らないは別として、売却活動の役に立つこと間違いなしです。

査定も現金化もとにかく早い!

「査定も現金化も早いといっても、1ヵ月くらいはかかるんでしょ?」と思われる方は多いでしょう。

ご安心ください。「すむたす買取」最大の特徴は、何といっても「現金化の早さ」。1ヵ月どころか、1週間も待たせません。

査定はWebから、24時間365日可能。Webフォームからたった5つの項目を入力するだけで、最短1時間で査定が完了します。

早さの秘密は、AIと専門家の知見を掛け合わせた、独自のシステム。不動産売買に長年携わってきた専門家の知見を基に、素早く正確な査定ができる「不動産専門のAI」を完成させました。

査定価格が気に入ったなら、30分程度の現状確認の後、すぐに売却=現金化できます。最短2日で売却可能なので、任意売却にもピッタリです。

適正価格で買取るので安心!

「査定が早いってことは、テキトーってことなんじゃ…?」

ご安心ください。早さはもちろん、正確な査定も「すむたす買取」の特徴です。

「すむたす買取」での査定は、常に最新の「不動産売買データ」に基づいて行われます。たとえば東京の「世田谷区」では、2005年から2020年のものだけで、1万件を超える売買データを保有。膨大なデータに基づき、査定時点での適正価格で、不動産を買取ります。

世田谷区だけでなく、東京23区それぞれのマンション買取相場について、詳しくお伝えしている記事もあります。23区内にマンションをお持ちの方は、ぜひお役立てください。

しつこい営業は一切なし

前に一括査定サイトを使ったら、営業電話が多くてうんざりしたんだよね」という方も多いでしょう。

心中、お察しします。どの業者も「いい物件を売ってほしい」と、必死になって電話をかけてしまったのでしょう。

「すむたす買取」は、一括査定サイトではありません。運営会社「株式会社すむたす」による、Web査定サービスです。

「株式会社すむたす」は、しつこい営業をすることが会社のイメージダウンに繋がることを知っています。ですから、「どんなに素晴らしく、売ってもらいたい物件」であっても、営業電話はかけません。

一括査定ではないため、ほかの業者から営業電話がかかることもありません。

ちなみに、今ご覧いただいている「すむたすマガジン」も、私たちのサービスを皆さまに知っていただくために書いています。サービスの内容さえ知っていただければ、お客さまは自然と集まってくださると思っています。

自信のあるサービスだからこそ、私たちはしつこい営業をかけないのです。

「すむたす買取」と他の売却方法の違い

最後に、仲介業者や通常の買取再販と、すむたす買取との違いを比較してみましょう。

【売却価格の高さ】
1位.仲介業者
2位.すむたす買取、通常の買取再販

※売却価格では、すむたす買取と通常の買取再販の間に大差はありません。ただし、業者の中には相場よりも安く買い叩こうとする「悪徳業者」もいるかもしれません。通常の買取再販を利用する場合は、必ず複数業者に査定を依頼し、適正価格を把握するようにしてください。

【売却期間の短さ】
1位.すむたす買取(最短2日)
2位.通常の買取再販(数週間程度)
3位.仲介業者(3ヵ月~)

※仲介業者の売却期間は、物件や土地の状態(人気)やタイミングによりバラつきます。

【手間の少なさ】
1位.すむたす買取
2位.通常の買取再販
3位.仲介業者

※通常の買取再販では、一括査定をしたときの営業電話、一括査定サイトに登録していない業者への査定依頼などの手間がかかることも。

「すむたす買取」で査定してみよう

test

不動産の買取再販は、売却を急いでいる方や手間をかけずに売却したい方、売却後のトラブルを回避したい方にはオススメの売却方法です。

一方で、業者選びに失敗すると、高く売れるはずだった不動産を安く手放すことになりかねません。
買取再販での売却に失敗したくない方は、ぜひ「すむたす買取」で査定をしてみてください。

「すむたす買取」なら、最短1時間で買取価格がわかります。
電話番号の入力は不要なので、安心して利用できます。

マンションを買取再販で売却しようと考えている方は、査定だけでもしてみてはいかがでしょうか。

記事のまとめ

不動産の買取再販とは?

不動産の買取再販とは、中古の不動産を買取り、リフォームやリノベーションをして再度販売することです。
不動産の買取再販を行う業者のことを、買取再販業者と呼びます。

詳しくは1.不動産の買取再販とはをご覧ください。

買取再販業者のメリットは?

以下の3つのメリットがあります。

  • 売却にかかる費用が少ない
  • 売却にかかる時間が短い
  • 契約不適合責任を負わずに済む

詳しくは2.買取再販と仲介の違いをご覧ください。

買取再販業者のデメリットは?

以下の2つのデメリットがあります。

  • 売却価格が低くなりがち
  • 不動産売買の知見が少ない業者も存在する

詳しくは2.買取再販と仲介の違いをご覧ください。

不動産が買取再販される流れは?

以下の3ステップです。

  1. 買取(仕入れ)
  2. リフォーム/リノベーション
  3. 販売

詳しくは3.不動産の買取再販の流れをご覧ください。

買取再販業者を利用するべきなのはどんな人?

以下のいずれかに当てはまる方は買取再販業者の利用を検討しましょう。

  • 素早く売却したい方
  • 契約不適合責任を避けたい方
  • 売却活動を面倒に感じる方

詳しくは4.不動産の買取再販に向いている人をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました