不動産査定は大手に依頼するべき?不動産会社を探す際のポイントをご紹介

マンション売却
すむたす買取
すむたす買取

不動産査定の依頼先の選択肢

「不動産査定」はほとんどの不動産会社でサービスを受けられます。そのため、大手の不動産会社はもちろん、中小企業の不動産会社でも査定が受けられます。

大手と中小のどちらにも査定できるとなると、どうしても「大手に査定依頼をした方が安心なんじゃないか?」という方も多くいるかもしれません。しかし、果たして本当に大手の不動産会社に査定依頼することが一番の成功法なのでしょうか。

大手不動産会社、中小不動産会社で得られるメリットとデメリットをそれぞれ見比べていってみましょう。

大手不動産会社に依頼する方法

まずはじめに説明していくのが、大手不動産会社で査定をする場合です。不動産の取引では大きなお金のやりとりがあるため、どうしても大手の方が安心できると感じてしまう方も多いでしょう。

大手不動産会社で査定するならではのメリットとデメリットについて紹介していきます。

大手不動産会社のメリット

大手不動産会社で不動産査定をしてもらうメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。4つ紹介していきます。

様々な顧客がいる

大手不動産会社は様々な顧客を相手にしています。そのため、取引したことのある顧客の幅が広いため、臨機応変な対応が期待できます。

広告費を多くかけられる

大手不動産会社ならではのメリットが、広告費を多くかけられることです。わざわざ広告が出せるため、プッシュ型の売却活動が可能です。

サービスやオプションが充実している

大手不動産会社では、従業員が多かったり、設備が整っていたりすることから、より充実したサービスやオプションが揃っていることがほとんどです。

不動産市場価格やトレンドを熟知している

大手ならではの情報網で、不動産の市場価格はもちろん、トレンドのキャッチアップも迅速です。どのような物件が好まれているのか、高く売れるのかなどの情報を押さえています。

大手不動産会社のデメリット

大手で不動産査定をする際にあり得る目でリットにはどのようなものが挙げられるのでしょうか。3つ紹介していきます。

囲い込みに会う可能性がある

不動産会社は売却が決まったときや、購入が決まったときの成功報酬として利益を得ます。そのため、中には同じ案件の中で売主と買主のどちらへもの仲介に入っている不動産会社もあります。これを囲い込みといいます。

囲い込みに合ってしまうと、売主と買主のどちらかへ肩入れされてしまうこともあり、結果的に損のある取引になってしまう可能性もあるのです。

地方の情報が少ない

大手不動産会社が全国的な展開をしているものの、主に人気なエリアを取り扱っていることが多いです。そのため、人気なエリアに対する知識は豊富であるものの、地方の物件の知識となると乏しくなってしまうこともあります。

条件の良い方へ肩入れされてしまう

大手では、より多くの顧客対応をしているため、どうしても小さい企業に比べると人と人の繋がりが薄くなってしまうことも。すると信頼関係が構築し切れていないこともあり、条件の良い方が優遇され、対応に差が出てしまうこともあります。

中小不動産会社に依頼する方法

次に、説明していくのが中小の不動産会社で不動産査定をする場合に起こり得るメリットとデメリットについてです。

「小さい企業に不動産売却を任せられない!」と感じてしまう人もいるかもしれません。しかし、中小ならではの良いところもあるので、見ていきましょう。

中小不動産会社のメリット

まずは、中小の不動産会社ならではのメリットを4つ紹介していきます。

地元の不動産情報が豊富

中小の不動産会社は昔からその地で不動産会社を経営していた事例が多く、地元不動産の情報に精通していることがほとんどです。

その地ならではのアピールポイントも熟知しているため、「自分の不動産は人気エリアのものではない」と感じる方にはとくにおすすめです。

柔軟性のある対応力

中小の不動産会社は大手ほど従業員がいないものの、ひとり一人が持っている案件が少ないです。また、マニュアル化されていない部分も多いため、大手に比べると柔軟な対応をしてくれることがほとんどです。

囲い込みされる心配が少ない

中小では大手よりも案件が少なかったり、得意な取引が明確だったりします。そのため、自分の売却したい不動産の購入者の仲介人になっていることも少ないです。囲い込みの心配は無用でしょう。

親身になって対応してくれる

ひとりが抱える案件が少ない分、手厚く対応してくれるのが中小の良いところです。大手ではドライに扱われていても、中小ではより親身に売却活動を共に進めていってくれるでしょう。

中小不動産会社のデメリット

中小の不動産会社での不動産査定ではどのようなデメリットがあるのでしょうか。3つ紹介していきます。

広告費がかけられない

中小の企業は資金力がないため、広告には期待しない方が良いでしょう。メディアへの露出が少ない分、店舗での営業力が重要になるため、早期売却はあまり期待できません。

顧客が少ない

囲い込みを受ける心配が少ない反面、購入希望者の母数も少ないため、なかなか売却が決まらないなんてことも。他に条件の良い物件があると不利になってしまうため、タイミングが鍵を握ってくるでしょう。

得意分野が明確

不動産会社と一言に言っても、得意分野は様々です。購入、売却、マンション、戸建てなど得意不得意分野は様々です。自分の希望と中小不動産会社の得意分野が一致しているかは、しっかり確認しましょう。

不動産査定の依頼先を選ぶポイント

大手不動産会社と中小の不動産会社で不動産査定をする際にあり得るメリットとデメリットについて紹介していきました。次に、その中でもどのような不動産会社に不動産査定を依頼するべきなのか、会社選びの際にチェックしたいポイントを紹介します。

売却したい不動産のあるエリアに強い

まずチェックしたいのが、査定を依頼したい不動産会社が自分の売却したい物件のエリアに強いかどうかを見極める必要があります。果たしてその物件は人気エリアにあるのか、それとも地方にあるのかでどんな不動産会社に査定依頼をすれば良いのかも変わってきます。

査定価格の提示までのスピード感

不動産の市場価格は日々変動します。「この日見たときは相場が高かったのに!」と感じてしまうこともよくある話です。そのため、不動産売却において、査定依頼から査定価格の提示まで、査定価格の提示から売却完了まではなるべくスピーディーな対応が求められます。なるべく早く対応してくれる不動産会社を見つけましょう。

実績の豊富さ

不動産査定で外せないのが、実績の豊富さです。査定価格は現在の市場価格を元に過去の実績を反映させて出すことがほとんどです。そのため、過去より多くの実績を持っていればいるほど、精度の高い査定価格を提示してもらえることが期待できます。

自分の物件にぴったりな不動産会社で査定するべき

不動産査定を依頼する企業が、大手でも中小でもどちらでも適切な価格を提示してもらえます。自分の物件がどのようなものなのかをしっかりと把握しておくことで、より合っている不動産会社を見つけられるでしょう。

不動産会社で査定をしてもらうには忙しくて時間が取れないと言うのであれば、24時間365日オンラインから依頼のできる「一括査定サイト」の活用もおすすめです。とくにすむたす買取では、最短一時間で査定価格を出してくれるためかなりスピーディーな対応が期待できます。AI技術と過去の豊富な実績で精度の高い査定価格を提示してもらえます。さらに、最短2日で現金化も可能なので、早期売却を望んでいる方は、是非一度活用してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました