マンションは売却前にリフォームすべき?判断基準や相場を解説!

マンション売却

マンションの売却にリフォームは必要?


結論からいえば、マンションの売却にリフォームは不要です。
リフォームをしたとしても、マンションが高額で売れるとは限りません。
中には、リフォームを「余計なお世話」と捉える購入希望者さえいます。

マンション売却前のリフォームが不要な理由


マンションを売却前にリフォームすべきでない理由は2つ。
売却益が下がるから」「リフォームが喜ばれるとは限らないから」です。

リフォーム費用を売主が完全に負担し、売却価格は一切変わらないというなら、リフォームは喜ばれるかもしれません。
しかし、リフォームには数百万円の費用がかかります。売却価格に費用を上乗せしないのは、過剰なサービスといえるでしょう。

なぜリフォームはすべきでないのか。
理由を詳しく解説します。

売却益が下がる


マンションをリフォームすると、「売却益」が下がってしまいます。

「きれいになった分だけ、高く売れるのでは?」と思う方もいるでしょう。
まずは、売却益と売却価格の違いをハッキリさせます。

売却益とは、売却による利益のこと。そして利益とは、売上から「売上を出すためにかかった諸経費」を引いて、残ったお金のことです。

売上=売却価格を高くするためにかかるリフォーム費用は、諸経費にあたります。
諸経費が多くかかっている分、多少売却価格が高くなったとしても、利益=売却益は伸ばしづらいのです。
売却価格にリフォーム費用をそのまま上乗せしただけでは、売却益は変わりません。

加えて、リフォーム費用を上乗せすれば、同じ条件の周辺物件よりも売却価格が高くなってしまうでしょう。
リフォームしたマンションは、たしかにきれいかもしれませんが、「似たマンションより高いマンション」でもあるのです。
新品ならまだしも、中古マンションでわざわざ高い物件を買う人は、ほとんどいません。

リフォームが喜ばれるとは限らない


中古マンションの購入希望者の中には、「自分で好きにリノベーションをしたい人」もいます。
購入後のリノベーションを考える人にとっては、リフォームは何らメリットになりません。

リノベーションとは、購入した物件の骨組みだけ残し、間取りから水回りまで大改造することです。
リフォームしていようがいまいが、「どの道壊して改造する物件」なので、リフォームする意味はありません。

リノベーションしようと考えている人は、「リフォームする費用の分だけ、安く売ってくれれば良かったのに」と感じるでしょう。

マンション売却前のリフォームは、自分でしなくてOK


マンション売却前のリフォームは、自分でしないようにしましょう。
理由は、「買主がリフォーム・リノベーションしてくれるから」です。

「購入後にリフォーム・リノベーションしてくれる買主」は、2種類います。
1つは、先述の「自分で好きにリノベーションしたい人」。
もう1つは、「購入後にリフォーム・リノベーションし、マンションを転売したい業者」です。

購入後にリフォーム・リノベーションを経て、マンションを転売する業者は、買取(再販)業者と呼ばれます。
彼らは買い取ったマンションを自らきれいな状態にして、より高く、ほかの買主に向けて売り出します。

「どのようにリノベーションすれば高く売れるか」まで考えている買取業者にとって、売主によるリフォームは意味がありません。
マンションのきれいさが査定価格に影響することもなく、売主が提示された価格に納得さえすれば、売却はすぐに決まります。

買取(再販)業者に興味のある方には、こちらの記事もおすすめです。
業者がどんな仕組みでマンションを再販しているのかを知れば、より賢くマンションを売却できます。
マンションの買取再販とは?メリットと「おすすめのケース」を解説!

マンション売却でリフォームが効果的な場合とは?


マンション売却において、リフォームが効果的な場合はあまりありません。
ただ、掃除やハウスクリーニングではどうにもならないほど汚れたり古びたりしている場合は、リフォームが有効なこともあります。

【リフォームが有効な場合】
1.古い設備を新しいものに変える
古すぎる給湯器や呼び鈴などを新しいものに変えるだけでも、マンションの印象はだいぶ良くなります。

2.修繕不可能なほどボロボロな箇所
汚いというレベルではなく、直せないほどにボロボロになった内装や設備などは、新しいものに変えても良いでしょう。
例えば、和室の畳やふすまは、1万円前後でのリフォームが可能。安価でありながら、見違えるほどきれいになります。

3.水回り関係
水回り関係は劣化が激しく、少し新しくするだけでも、きれいに見えるようになります。
カランやシャワーヘッド・ホース、鏡のようなパーツを取り替えて、プチリフォームするのもいいでしょう。
特に、浴室とトイレがきれいだと、購入希望者の反応がだいぶ良くなります。

汚いマンションを売るには…?買取・仲介、それぞれでの売却方法

リフォーム箇所ごとの相場を紹介


リフォームにかかる費用は、業者や修繕箇所、どの程度きれいにするかによって変動します。
次の表は、あくまでざっくりとした相場です。参考程度に留めておいてください。

【リフォーム箇所ごとの相場】

キッチン周り:50万円~

トイレ:10万円~

洗面台:15万円~

浴室:50万円~

壁紙:1,000円~/1m2

フローリング:3万円~/1畳

(面積が広くなるほど、1畳あたりの価格は安くなります)

売却前にリフォームしない場合の選択肢


売却前にリフォームをしない場合には、「リノベーション」と「ハウスクリーニング」の選択肢が考えられます。
結論からいえば、リノベーションは全くおすすめできません。しかし、ハウスクリーニングは費用対効果が高く、やる価値はあるといえます。

リノベーションがおすすめできない理由と、ハウスクリーニングがおすすめの理由を、それぞれ見ていきましょう。

リノベーション


売却前にマンションをリノベーションするのは、全くおすすめできません。

古くなった内装をきれいな状態に戻すリフォームに対して、骨組み以外のほとんどを変えるのがリノベーション。
リフォーム以上に費用がかかるうえに、リノベーション後の間取りや内装が、購入希望者の好みに合う可能性も低いです。

また、買取業者に売却する場合は、どの道業者がリノベーションやリフォームをします。
売主がリノベーションをするメリットは、皆無といっていいでしょう。

クリーニング


仲介業者を利用した「個人への売却」を考えているなら、ハウスクリーニングはおすすめです。

自力ではどうしてもきれいにできない汚れも、業者ならきれいにできます。
リフォームと比べ、ハウスクリーニングは費用が安いのも、おすすめする理由です。

マンション全体をリフォームする場合、数百万円レベルの費用がかかります。
しかし、ハウスクリーニングなら、マンション全体を数十万円程度できれいにすることが可能。
リフォームと比べ「マンションのくたびれた感じ」は残るものの、ほとんど遜色ないほど、マンションがきれいになります。

自分でリフォームをするかどうかは、ハウスクリーニングの後に考えればいいでしょう。
どうしても汚れが残る部分、劣化が激しい部分だけ、局所的にリフォームすればいいのです。

マンションのリフォームは、売却先の業者に任せよう


ハッキリいって、売却前のマンションは、リフォームすべきではありません。
もしもマンションが汚くて売れないのなら、ハウスクリーニングをしましょう。
リフォームとあまり変わらない効果を、1割程度の費用で得られるからです。

ただし、買取業者を利用するなら、ハウスクリーニングもしないでください。
買取業者なら、掃除や修繕すらなしで、マンションを買い取ってくれます。
売却までの期間や価格に「マンションのきれいさ」が影響することもありません。

買取業者の中でもおすすめなのが、「すむたす買取」です。

「すむたす買取」では、最短1時間で売却査定をします。
価格が気に入れば、30分程度の現状確認をするだけで、そのまま売却することも可能。

売却したマンションは、リノベーションで生まれ変わり、新しい買主へと売り出されます。
長年暮らしてきた愛着あるマンションが、全く新しい姿になって、新しい家主を迎えられるのです。

査定の申し込みは、Web上のフォームに5つの項目を入力するだけ。
もちろん、査定後の「売却する・しない」は自由です。

タイトルとURLをコピーしました