マンションの一括査定サービスとは?7社のサービスを徹底比較

不動産を売却するのに便利な一括査定サイトって?マンション売却
すむたす買取
電話番号の入力なし!安心のマンション査定

マンションの一括査定とは

マンションをはじめとする不動産を売却しようと思ったとき、最初にすべきなのが、「自分の物件がどれほどの価格で売れるのか」を知るための売却査定です。売却査定とは、不動産業者や不動産鑑定士など、不動産の知識を持っている専門家が売却価格を予想することです。過去の売却事例や、マンションの市場価格を基に、予想売却価格(査定価格)を提示してもらえます。

売却査定を受ける場合、査定を依頼したい不動産業者や不動産鑑定士に、必要な情報を提出する必要があります。

売却査定は、今後、売却活動を共にしていく不動産業者を見つけるための重要なステップです。「面倒だから」「時間がないから」といって、1社のみで査定をしてしまうと、満足できる価格での売却は難しいでしょう。多少面倒ではあるものの、何社かの業者に依頼し、比較検討するべきでしょう。

マンションの査定に関して網羅的に知りたい方は、こちらの記事も合わせてご覧ください。

一括査定サービスの仕組み

一括査定サイトのビジネスモデル

一括査定サービスは多数の不動産会社と提携することで、一回の情報入力で複数の不動産会社から査定を受けられるシステムを構築しています。

またビジネスモデルとしては、査定を依頼した見込み客を各不動産会社に送客することで、紹介料を得るという形で収益を得ています。このような仕組みがあるからこそ、一括査定サービスは無料で利用できるのです。

一括査定サービスを見極めるポイント

たくさんの一括査定サービスの中から、自分にぴったりのものを選ぶためには、どのようなポイントをチェックすればいいのでしょうか。一括査定サービスを選ぶ際に注目したいポイントを3つお伝えします。

対応エリアの範囲

一括査定サービスを見極める1つ目のポイントは、「対応エリアの範囲」です。首都圏の場合はあまり心配する必要はありませんが、それ以外の地域になると、提携している不動産会社の数が少なくなったり、対応エリア外というサービスも多いです。
査定したい物件の所在地がしっかりとカバーされているサービスを利用しましょう。

提携会社数

一括査定サービスは「提携会社数」も見極めるポイントになります。提携している企業の数が多ければ、物件をより高額で取引してくれるところや、相性の良い不動産会社と出会える確率が高くなります。知名度の高い不動産会社が提携しているかも、安心して一括査定サービスを受けるためのポイントとなるでしょう。

同時に依頼できる件数

「同時に依頼できる件数」も一括査定サービスを受けるうえで大切なポイントのひとつです。一括査定サービスは、複数の不動産会社より見積もりをもらえるのが特徴ですが、同時に依頼できる不動産会社の件数には上限が設けられています。多くのサービスの同時依頼件数は、6~10件程度となっています。
不動産査定はできるだけ多くの企業を比較したほうが、相場を把握できるため、同時査定件数は多いほうがよいといえるでしょう。

サービス比較

SUUMO

提携社数:2,800店舗以上
同時依頼可能数:最大10社
対象エリア:全国
その他特徴:圧倒的な知名度を誇る不動産ポータルサイト「suumo」が提供する一括査定サービス。大手から地元に強い不動産屋までバランスよくカバーしている。
サイト:https://suumo.jp/baikyaku/

すまいvalue

提携社数:6社
同時依頼可能数:最大6社
対象エリア:首都圏・関西・東海・中国・四国(一部除く)・北海道・九州(一部除く)
その他特徴:提携社数は6社のみですが、その全てが大手の不動産会社であるため安心感がある。
サイト:https://sumai-value.jp/

Lifull homes

提携社数:3,000社
同時依頼可能数:最大10社
対象エリア:全国
その他特徴:LIFULL HOME’Sは不動産のポータルサイトです。一括査定の他に分譲物件・賃貸物件の紹介、注文住宅・リノベーションの会社紹介、投資物件の紹介など、不動産に関する幅広いサービスを展開しています。
サイト:https://www.homes.co.jp/

リビンマッチ

提携社数:約1,700社
同時依頼可能数:最大6社
対象エリア:全国
その他特徴:リビンマッチでは、一括査定の他にも賃貸経営、土地活用、リノベーション、注文住宅など、不動産に関して幅広く相談に乗ってもらえます。
サイト:https://www.lvnmatch.jp/

イエウール

提携社数:1,900社
同時依頼可能数:6社
対象エリア:全国
その他特徴:イエウールでは、「最先端のテクノロジーによる独自のマッチングアルゴリズム」と、「独自データの蓄積・解析・学習するエンタープライズIT」により売却成立をサポートしています。
サイト:https://ieul.jp/

HOME4U

提携社数:約1,000社
同時依頼可能数:最大6社
対象エリア:首都圏・関西圏・東海圏
その他特徴:NTTデータグループによって運営されているHOME4Uは、相談用の電話窓口もあるので初心者でも安心して利用できます。
サイト:https://www.home4u.jp/

ReGuide

提携社数:600社
同時依頼可能数:最大10社
対象エリア:全国
その他特徴:ReGuideは仲介だけでなく買取の一括査定もしています。老朽化が進んでしまっていたり、築年数が経ってしまっていたりなど、仲介取引が難しそうな物件の査定に向いています。
サイト:https://www.re-guide.jp/

一括査定サービスのメリット

一度の準備で、より多くの不動産業者に売却査定をしてもらえるのが、一括査定サイトの魅力です。ほかにも次のようなメリットがあるので、利用する前にチェックしておきましょう。

【一括査定サイトのメリット】
・複数者の査定結果を同時に比較できる
・お金や労力をかけずに査定を受けられる
・相場や適正価格を把握できる

複数社の査定結果を同時に比較できる

一括査定サービスを使う1つ目のメリットは、「複数の査定結果を比べられる」ことです。一括査定サービスを活用すると、全く同じ条件で、複数の不動産業者から査定価格を提示してもらえます。

わざわざいくつもの会社で依頼しなくとも、複数の会社に査定してもらった売却価格を、手元で比べられるのです。複数の不動産業者の査定価格を比較することで、どのような根拠に基づき査定価格が算出されたのか、深く知ることができます。すべての不動産業者が、共通して提示している根拠は、信ぴょう性も高いです。

ほかの不動産業者が提示していない要素があれば、それもじっくりと読み込みましょう。明らかにほかの不動産業者では触れていないことを述べている会社があるとしたら、「なぜそのように査定したのか」を問う必要があります。本来であれば「評価すべきでないポイント」を評価している場合、実際の売却ではマイナスされるかもしれません。

また、それぞれの査定結果を確認する際に注視したいのが、過去の売却事例です。本当に「自分のマンションと似ているスペックの事例」と比較されているのか、よくチェックしましょう。特に、「エリア」「間取り」「周辺環境」の3つは要チェックです。

お金や労力をかけずに査定を受けられる

一括査定サービスを使う2つ目のメリットは、「無料で査定を受けられる」ことです。通常の不動産会社に依頼する査定も無料で受けられますが、査定をするためには書類を集めるなど、準備に労力がかかってしまいます。一括査定サービスであれば一度の準備で複数社に依頼できるため、忙しい方にもぴったりです。

相場や適性価格を把握できる

一括査定サービスを使う3つ目のメリットは、「不動産の相場価格がわかる」ことです。

査定をしてもらっても、それが不適切な価格であれば意味がありません。不適切な査定に惑わされないためには、自分で相場価格を把握しておく必要があります。査定とは別に、似たような不動産の相場価格を調べておきましょう。

しかし、いきなり「自分の不動産の相場価格を調べろ」といわれても、どうしたらいいのかわからない方も多いでしょう。

複数の不動産業者から査定価格を提示してもらえる一括査定サービスなら、大体の売却価格を把握できます。自分で相場価格を調べなくても、査定結果を基に、相場価格をイメージできるようになるのです。

一括査定サービスのデメリット

メリットばかりに感じるマンション一括査定サイトにも、もちろんデメリットはあります。

【一括査定サイトのデメリット】
・営業電話がかかる
・提携している企業の査定しか受けられない

営業電話がかかる

一括査定サイトを使う1つ目のデメリットは、「たくさんの電話やメールがくるかもしれない」ことです。

一括査定サイトを使って売却価格を査定すると、一度にたくさんの不動産業者に査定に必要な情報を提出できます。しかし同時に、同じだけ多くの不動産業者に自分の連絡先を教えることになります。

不動産業者が不動産の売却を仲介してくれる際、費用を請求できるのは「売却が完了したタイミング」です。売却査定だけでは、不動産業者は利益を得られません。それぞれの不動産業者が「うちで売却しましょう」と、営業の電話をかけてくることが予想されます。

不動産を売却するための、さまざまな準備や確認に追われている中、電話が鳴り続けるのは相当なストレスでしょう。外出時にまで連絡を気にすることがないよう、家の電話番号にしたり、いつも使っているメールアドレスとは別に用意したり、対策を取りましょう。

提携している企業の査定しか受けられない

一括査定サイトを使う2つ目のデメリットは、「提携していない不動産業者には依頼できない」ことです。

一括査定サイトでは、提携している不動産業者へのみ依頼ができます。提携していない不動産業者に査定依頼をしたい場合には、自分で別に査定を依頼しなければなりません。

少し手間にはなるものの、「この企業には絶対に査定してほしい!」という不動産業者があるのなら、自分で別途依頼をしましょう。

査定後の注意点

一括査定サービスを使った後に注意しておくべき点が3つあります。不利益を被らないよう、ポイントを抑えておきましょう。

査定を受けても売る必要はない

査定を受けて見積もりを出してもらうと、「この中のどこかに売らなきゃいけない」と感じてしまうかもしれません。しかし、査定はあくまでどれほどの価格で自分のマンションが売れそうなのかを知るための手段にすぎません。査定額が気に入らなければ、無理に売却を決める必要はないのです。

売却価格は査定額より下がる傾向がある

査定価格はあくまでも、「このくらいで売れるかもしれない」という予測に過ぎません。そのため、実際に現地で訪問査定をしたら売却価格が下がってしまう可能性があることを理解しておきましょう。また、すべての査定を終えて売り出し価格を決定しても、その金額で売れるという保証はなく、買い手が見つからなければ徐々に値下げをするという戦略も頻繁に用いられます。

必ずしも「査定額=実際に売れる価格」ではないということを肝に銘じておきましょう。

意図的に高い価格を提示する企業もいる

不動産会社の中には「こんなに高く売却してもらえるんだ」と思わせて契約を勝ち取るために、意図的に高い価格を提示してくるところもあります。際立って高い価格を提示してくる不動産会社がある場合には、高額査定の根拠をきちんと追求しましょう。他社の見積もりと同じ要素を根拠にしているのであれば比較できるので、見比べながら明らかにおかしいものがないかチェックしましょう。

営業電話の心配せずに査定を受けるには

複数の不動産会社にまとめて依頼できる、一括査定サイトはとても便利なサービスです。「物件を売却したい」という意思が固まっている方は、あまり悩みすぎずに複数の一括査定サービスを利用することをおすすめします。しかしデメリットとしては、複数の不動産会社から営業行為をされる可能性があることが挙げられます。そのため「ただ物件の価値を知りたい」「売却の意思はそこまで高くない」という方にとっては、利用のハードルが高いかもしれません。

そんな方々におすすめなのが、「すむたす買取」のAI査定です。「すむたす買取」は、AIによる自動査定と不動産売買の専門家による価格チェックを組み合わせた独自の査定サービス。オンライン上で7つの項目を入力するだけで、最短一時間で客観性の高い査定価格を知ることができます。

また査定には、電話番号の入力が必要ないため、営業電話がかかってくる心配もありません。ぜひお気軽に査定をお申し込みください。

タイトルとURLをコピーしました