マンション売却査定とは?損をしないために知っておくべきポイントまとめ

マンション売却

マンション売却査定とは?

マンション売却査定とは、マンションを売った際にいくらの価格で売れそうかを過去のデータを基に算出するサービスのことです。どこの不動産会社でも提供しているサービスで、基本的には無料です。現地で調査をしてもらう訪問査定と、書類のみで調査をしてもらう机上査定の2種類があります。

査定は必ずやるべきことですが、査定価格=売却価格ではないということを念頭に入れておきましょう。実際の売却価格よりも高く設定されていることがほとんどなので、鵜呑みにしないよう注意してください。また、売却を急いでいるケースなどは、現地査定をしなくとも、AI技術を使った精度の高い査定をウェブ上でできるサービスもあるため、売却査定は時間的なコストをかけずにできるようになってきています。

すむたすでは、AIと専門家による無料の査定サービスを提供しています。

マンション売却査定の流れ

マンション売却査定はマンションを売ろうと思ったらはじめにするべきことです。しかし、どのような流れに沿って進めていけば良いかわからない方も多いことでしょう。マンション売却査定の一般的なフローを紹介していきます。

1. 査定を依頼する
不動産会社に依頼するのが一般的です。

売却査定の方法はこちらの記事にまとめていますので、チェックしてみてください。

2. 訪問査定の場合は訪問日時を決める
マンションが一番良く見える時間帯を選べるのが好ましいです。

3. 現地調査をしてもらう
必ず立ち会ってチェックポイントを一緒に確認しましょう。

4. 必要な書類を確認し提出する
代表的な必要書類は以下です。

  • 登記簿謄本
  • 公図
  • 土地の測量図または建物の図面
  • 登記済権利書または登記識別情報
  • 身分証明書
  • 印鑑証明書

5. 査定結果をもらう
査定の結果は必ずチェックするようにしましょう。

マンション売却査定の方法とは

マンション売却査定には大きく4つの方法があります。それぞれメリットやデメリットがあるので、自分に合っているものを活用してみてください。

1. 不動産会社に依頼する方法
メリット:無料で査定が受けられる。
デメリット:高く見積もられてしまう可能性がある。

2. 不動産鑑定士に依頼する方法
メリット:最も正確な査定価格を提示してもらえる。
デメリット:30万円ほど費用がかかる。

3. シュミレーターを利用する方法
メリット:自分でも相場を知れる。
デメリット:数字上のデータのみを参考にしているため、正確ではない。

4. 一括査定サイトを利用する方法
メリット:一度の手間で複数の不動産会社に査定依頼ができる。
デメリット:連絡がたくさんくるので、重要な情報が流れてしまう可能性がある。

マンション売却査定で失敗しないためには

マンション売却を満足のいくものにするためには、なるべく査定価格と実際の売却価格に差がないのが好ましいです。乖離が生じてしまうと「思っていたよりも高く売れなかった」と後悔してしまいます。

しかし、マンション売却査定価格は、あくまでいくらでマンションが売れそうかを過去のデータに基づいて算出した数字にすぎません。査定を依頼する不動産会社が参考にしているデータが違えばもちろん、査定価格にもばらつきが生じます。マンション売却査定で失敗しないために、査定時に自分でやるべきポイントを3つ紹介していきます。

複数の不動産会社に査定依頼をする

マンション売却査定をする際には、必要書類を揃えたり、訪問日時のスケジュールを合わせたり、労力と時間がかかります。「面倒だな」と感じる方も少なくありません。

しかし、査定価格を見てどこの不動産会社で売却活動を行うか決めますよね。そのため、不動産会社の中には自分たちの企業で売却活動をしてもらうべく、実際の価格よりも高く査定価格を見積もるケースがあります。高く見積もられた査定価格を鵜呑みにしてしまうと、「もっと高く売れるはずだったのに」と後悔の残る売却に終わりかねません。そうならないよう、どんなに手間がかかったとしても複数の不動産会社に査定依頼をするようにしましょう。

複数の不動産会社に査定依頼する場合、どんな企業を選べば良いのでしょうか。以下で紹介している不動産会社から、それぞれ一社以上に査定依頼ができるのが好ましいです。

1:地域に強い不動産会社
売却したいマンションが所在のエリアに強い不動産会社を選びましょう。地域に強いか確認する方法は以下です。

  • 売却中のマンションの住所を確認する
  • 企業として地域貢献のような活動をしているか確認する
  • 社長や社員のコメントに地域についての言及があるか確認する

2:保証がしっかりしている不動産会社
売却活動をするにあたり、誠実に動いてくれる不動産を選びましょう。保証はもちろん、売却活動を活発に行えそうか確認しましょう。以下のようなサービスがあるかは要チェックです!

  • 広告を掲載してくれる
  • ホームステージング
  • 契約不適合に対する保証

3:免許番号が古い不動産会社
不動産会社にはそれぞれ免許番号が振られています。古い番号であれば長く業界に携わっていることを意味します。長く不動産に関わってきている企業の方が、売却の経験やノウハウがあります。

4:仲介手数料が安い不動産会社
マンション売却をすると、収入だけでなく出費も発生します。仲介手数料をなるべく抑えた方が、手元に残るお金が増えます。サービスと見比べて、なるべくリーズナブルな仲介手数料で請け負ってくれる企業を見つけられると良いですね。

マンション売却価格の相場を調べる

不動産会社や一括査定サイトを利用すると、どうしても不動産会社は自社で契約を結んでもらおうとします。そのため、実際の売却価格よりも高額な査定価格を提示されてしまうこともあります。査定価格を鵜呑みにして契約に踏み込んでしまうと、売却してから「こんなに安く売るはずじゃなかったのに」と後悔に終わってしまいかねません。

査定価格に騙されないためには、自分でもある程度マンション売却の相場価格を調べておくことをおすすめします。もちろん、相場はあくまで目安なのでこちらも鵜呑みできる価格ではありません。しかし、より多くの可能性を知っておくことで「なんでこの査定価格になるのか?」と疑問を持てるようになります。

最近ではマンションのスペックを入力するだけで、相場価格を割り出してくれるシュミレーターもあります。ぜひ活用してみてください。

査定結果をくまなくチェックする

不動産会社から査定結果の報告が届いたら、以下の3つのポイントをチェックしましょう。査定結果をチェックすることで、高額すぎる査定価格を提示していたり、査定算出理由に根拠がないことがわかることがあります。高額査定価格を提示してもらえたら、嬉しくて舞い上がってしまいたくなりますよね。しかし、一旦冷静になることもマンション売却を成功させるためには必要なことです。

1:成約事例の物件のスペックを確認する
同じエリアのマンションであっても、マンションのスペックが違えば価格も異なります。特にチェックするべきスペックは、駅からの距離、広さ、間取り、方角などです。

2:成約事例の売却時期を確認する
成約事例の物件がいつ頃売れたものなのかもチェックが必要です。エリアの人気に付随してマンションの売却価格も変動します。なるべく近い時期に売れたものであるか確認しましょう。

3:査定価格の算出理由を確認する
なぜ提示されている査定価格になったの、理由を確認しましょう。別の不動産会社と全く別のことが書いてあるようであれば、詳細を求めることも必要です。

マンション売却価格の査定は精度の高いAI査定を利用しよう

マンションを売却した際に、どれほどの価格で売れそうかを算出してもらえる「マンション売却査定」。必ずやらなくてはいけないものの、一般的なサイトの査定価格を鵜呑みにしてしまうとマンション売却に失敗してしまうこともあります。マンション売却を成功させたいのであれば、精度の高い査定をすることが望ましいといえます。

すむたすはAI技術と不動産専門家の知識を合わせた精度の高い査定が実現します。最短1時間で査定し、2日で売却できることもあります。とにかく早くそして適正な価格で売却したい!という方はぜひ活用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました