「仲介」によるマンション売却の流れを完全解説!

マンション売却

マンション売却には大きく分けて「仲介」と「買取」の2つの方法があります。
売却活動に時間をかけることができ、室内状態が良い方には「仲介」での売却がオススメです。
今回は「仲介」でマンションを売却する場合の流れについて、解説いたします。

「買取」でのマンション売却の流れを知りたい方は、以下の記事もご確認ください。

「仲介」とは?

「仲介」とは、不動産仲介会社に依頼して一般消費者への売却を目指す方法です。
「仲介」のメリットは、高値での売却にチャレンジできることです。
一方で、売却時期を確定できないというデメリットがあります。

「仲介」によるマンション売却の流れ


「仲介」での売却は、次の6つのステップに分かれます。

  1. 査定(約1〜2週間)
  2. 不動産仲介会社の選定(約1〜2週間)
  3. 売却プランの決定(約1週間)
  4. 販売活動(約3ヶ月〜)
  5. 売買契約締結(約1週間)
  6. 決済・引き渡し(約3〜4週間)

それぞれのステップについて詳しく解説いたします。

1. 査定(約1〜2週間)

まずは、売却する不動産の価格を査定します。
一括査定サイト(イエウールなど)や不動産仲介会社のWebサイトから、価格の算出を依頼しましょう。

「仲介」の査定は、あくまでも売却予想価格です。
その価格でピッタリ売れるということではないので、注意してください。

2. 不動産仲介会社の選定(約1〜2週間)

次に、売却を依頼する不動産仲介会社を決めて、媒介契約を締結しましょう。

前のパートで記載したように、査定金額はあくまでも目安です。
査定金額の高さだけでなく、「営業担当者が信頼できるか」を考慮して、不動産仲介会社を選ぶことがオススメです。

3. 売却プランの決定(約1週間)

次に、不動産仲介会社と相談して、売却プランを決定します。

担当者に売却背景や希望価格、希望時期などの情報を伝えた上で、売り出し価格やスケジュールを決定しましょう。

4. 販売活動(約3ヶ月〜)

プランが決定したら、いよいよ販売活動がスタートします。
室内を片付けたした上で、購入検討者の内見に対応しましょう。
購入希望者が見つかるまでに、平均10回の内見対応が必要です。

購入希望者が見つかったら、価格や引き渡し時期などを交渉します。

5. 売買契約締結(約1週間)

条件交渉がまとまったら、売買契約を締結します。
押印を行うとともに、手付金(一般的には売却金額の10%程度)を受領します。

6. 決済・引き渡し(約3〜4週間)

売買契約の締結が完了したら、決済・引き渡しのステップに移ります。
手付金を除いた残代金が決済されると同時に、物件の所有権が買い手に移行します。

売却する物件に居住中の場合は、売買契約締結からこのステップまでの期間に、引っ越しを済ませる必要があります。

売却の見通しが立たない場合は「買取」も検討しよう


以上が「仲介」での売却の流れです。

「仲介」にかかる期間は、販売活動の成否、つまり買い手が見つかるかどうかに左右されます。
そのため、物件の状態や、不動産仲介会社の担当者によっては、希望時期に売却を完了できない場合もあります。

「仲介」で希望時期での売却の見通しが立たない場合は、「買取」を検討しましょう。
「買取」では、一般消費者から買い手を募るのではなく、不動産買取会社に直接物件を売却するため、希望のスケジュールとおりに売却を完了することができます。

「買取」でのマンション売却の流れを知りたい方は、以下の記事もご確認ください。

まずは無料でAI査定

いかがでしたでしょうか?
仲介でのマンション売却を検討している方には、「ウレタ」の無料査定がオススメです。

「ウレタ」では、物件情報を入力するだけで、お部屋ごとの最新の価格を査定できます。
電話番号やお名前などの入力は不要。査定は最短1時間で完了します。

▼無料査定のお申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました