マンション売却

マンション売却

マンション売却で支払う仲介手数料はいくらかかる?注意点まとめ

マンションに限らず、不動産を売却する際は不動産会社に仲介に入ってもらうのが一般的なフローです。不動産会社にマンションの売却の仲介に入ってもらうと、契約が成立した際に仲介手数料の支払いが発生します。マンションの売却で必ずと言って良いほどかかる仲介手数料は一体どのようなものなのでしょうか。また、いくらほどかかるものなのでしょうか。マンションの売却費用を大幅に削減するために有効な仲介手数料を抑える方法と合わせて紹介していきます。
マンション売却

不動産売却で仲介手数料を無料にするには?ポイントや注意点を紹介

不動産売却は大きな金銭の動きが見られる取引です。個人間で取引を行うことは可能ではあるものの、不動産会社を介した方がスムーズに売却が進められます。不動産会社を仲介すると仲介手数料が発生します。不動産売却では利益が得られるものの、大きな支出も発生します。中でも仲介手数料は大きな負担となるため、なるべく安く押さえられるのが望ましいでしょう。仲介手数料を無料にするにはどのような方法があるのでしょうか。無料にするために、押さえておくべきポイントがいくつかあります。注意点と合わせて紹介していきます。
マンション売却

一般媒介契約と専任媒介契約どちらを選ぶべき?それぞれに向いている物件とは

不動産を売却する際、不動産会社に仲介に入ってもらうのが一般的な進め方です。不動産会社に売却活動を依頼するためには「媒介契約」を結ぶ必要があります。その中でもよく比較される「一般媒介契約」と「専任媒介契約」。それぞれどのような違いがあるのでしょうか。2つの契約内容の違いや、どちらの媒介契約を結ぶべきなのか、ケースごとに解説していきます。
マンション売却

専属専任媒介契約はどんな人に向いている?メリットやデメリットまとめ

不動産を売却する際はもちろん、購入する際にも、不動産会社に仲介に入ってもらうのが一般的です。不動産会社に仲介に入ってもらうためには契約を締結する必要があり、どれほど踏み込んで仲介してもらえるのかは、この契約内容に準じます。今回は「専属専任媒介契約」がどのような契約で、メリットやデメリットにはどのようなものがあるのかを解説していきます。また、どんな人に向いている契約内容なのかもお伝えします。
マンション売却

中古マンションの資産価値はどう決まる?価値を左右する10のポイント

「マンションを購入するのであれば、資産価値の高いものが良い」とされています。そのため、中古のマンションの売却を検討している方はより好条件や早期の売却を叶えるために、自分のマンションにどれほどの資産価値があるのか、どうすれば資産価値が上がるのかを知っておかなくてはいけません。中古のマンションの資産価値はどのように決まるのでしょうか。また、どうしたら資産価値を高められるのでしょうか。解説していきます。
マンション売却

専任媒介契約はどんな人に向いている?メリット・デメリットまとめ

不動産を売却する際はもちろん、購入する際にも、不動産会社に仲介に入ってもらうのが一般的です。不動産会社に仲介に入ってもらうためには契約を締結する必要があり、どれほど踏み込んで仲介してもらえるのかは、この契約内容に準じます。今回は「専任媒介契約」がどのような契約で、メリットやデメリットにはどのようなものがあるのかを解説していきます。また、どんな人に向いている契約内容なのかもお伝えします。
マンション売却

一般媒介契約はどんな人に向いている?メリットやデメリットまとめ

不動産を売却する際はもちろん、購入する際にも、不動産会社に仲介に入ってもらうのが一般的です。不動産会社に仲介に入ってもらうためには契約を締結する必要があり、どれほど踏み込んで仲介してもらえるのかは、この契約内容に準じます。 不動産取引をする際に不動産会社に仲介に入ってもらう際に結ぶ契約を媒介契約と言い3つの種類があります。「一般媒介契約」、「専任媒介契約」、「専属専任媒介契約」の3つです。今回はその中でも「一般媒介契約」がどのような契約で、メリットやデメリットにはどのようなものがあるのかを解説していきます。また、合わせてどんな人に向いている契約内容なのかも紹介していきます。
マンション売却

媒介契約とは?3種類の媒介契約の特徴と注意点を紹介

不動産を売却する際、ほとんどの方が不動産会社に仲介してもらいます。このとき、不動産会社との間に「媒介契約」という契約を締結しなくてはいけません。媒介契約を結ばないと不動産会社に手伝ってもらっての不動産売却はできません。そんな媒介契約には「一般媒介契約」、「専任媒介契約」、「専属専任媒介契約」の3つの種類があります。そもそも媒介契約とはどのようなものなのか、3つの契約内容の違いは何なのか、解説していきます。
マンション売却

中古マンションの値下がりと築年数の関係とは?判断基準を徹底解説!

今中古マンションを所有している方の中でも「いつか売却したい」と考えている方は、物件の値下がりがいつまで起こり続けるのか気になるでしょう。購入者目線に立つことで、中古マンションの値下がりがいつ、どうして起きてしまうのか理解を深められます。中古マンションを売却したい方のために、物件の値下がりが築年数とどんな関係があるのかについて解説していきます。
マンション売却

中古マンションの売りどきとは?いつ売るべきか判断のポイント

今所有しているマンションにもう住まなくなったり、親の不動産を相続したものの活用することがなかったりする際に思い浮かぶのが「不動産売却」ではないでしょうか。しかし、土地やマンションともなる不動産の売却は、相当な額のやりとりがありそうなのは誰でも予想ができるでしょう。そのため、どうしても売りどきに迷って売却を躊躇してしまうこともあります。築年数の経った中古マンションの価値は下がる一方なのは理解している、しかし売却するには売りどきに迷う。そんな方のために、中古マンションの売りどきや売る決断をするべきタイミングについて解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました