マンションの住み替えで失敗しないために抑えるべきポイント5選

住み替え
すむたす買取
すむたす買取

マンションの住み替えでよくある失敗

マンションを住み替える際に失敗しないためには、まずは失敗しがちなポイントを押さえておく必要があります。どのような失敗が多いのかを知っていれば、事前に対策できますよね。

マンションの住み替えで失敗しがちなポイントは、以下の5つです。

  • 不動産会社選び
  • 売り出し価格の設定
  • 売却のタイミング
  • 引越し
  • 住宅ローン

それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

不動産会社選び

マンションの住み替えに限らず、不動産売却や購入において、最も重要と言っても良いのが不動産会社選びです。不動産会社選びを怠ってしまうと、売却活動を積極的にしてもらえなかったり、満足のいく金額で売れなかったり、売却と購入のタイミングを合わせてもらえなかったりと、失敗してしまう可能性が高くなります。

マンションの住み替えで「住み替えローン」を組むことを考えている場合には、売却と購入のタイミングがとても重要です。しっかりと対応してくれる不動産会社を選んで失敗を回避しましょう。

不動産会社の選び方について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

売り出し価格の設定

マンションの住み替えでは、新居の購入を念頭においた売却が必要です。資金計画を立ててその通り実行するためにも、納得のいく売り出し価格を設定する必要があります。値下げの交渉などにも適切に対応する必要があるので、焦りすぎないよう注意しましょう。

マンションの売り出し価格の決め方について詳しく知りたい方には、以下の記事もオススメです。

売却のタイミング

買い先行なのか、売り先行なのか、どちらのタイミングで住み替えを行うのかは重要です。売れない方と言って値下げ交渉に対応してしまうと新居の購入の際に後悔して失敗と思ってしまうこともあります。売却のタイミングは慎重に決めましょう。

住み替えの際のマンション売却のタイミングについて詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

引越し

一度仮住まいに身を置くのか、新居に引越すのかはしっかりと決めておきましょう。引越しが多いと費用がかさむのはもちろん、生活も安定しにくいです。新生活が始まるのであれば、なるべく引越しの回数は減らすことが失敗をしないポイントです。

仮住まいの選び方や費用について詳しく知りたい方には、以下の記事もオススメです。

住宅ローン

住宅ローンが完済ができていないと、二重でローンを組まなくてはいけなくなることもあります。二重で組むローンのことをダブルローンと呼びます。ダブルローンを組んでしまうと家計を圧迫するため、のちに失敗したなと感じる点となってしまいます。失敗と思ってしまわないためにも、ローンは、債務残高の把握や完済の目処などをしっかりと把握、整理しておくことをおすすめします。

ダブルローンについて詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

マンション住み替え時の2つの売却タイミング

マンション住み替え時の売却には大きく2つの方法があります。「買い先行」と「売り先行」の2つです。どちらのタイミングでマンションの住み替えをするのかは、個人の住み替えの理由によります。
先に引越しをする必要がある、生活を安定させることに重きを置きたい、などの理由であれば、「買い先行」で進めるべきです。対して、特に引越しの期限がない場合は、「売り先行」をおすすめします。それぞれのメリットやデメリットを紹介していきます。

買い先行とは

「買い先行」とは、新居を先に購入し、引越しを済ませてから、もともと所有していたマンションを売るという方法です。次に、「買い先行」のメリットとデメリットを解説していきます。

買い先行のメリット

買い先行のメリットは大きく3つあります。

仮住まいが必要ない

マンションを先に売却してしまうと、新居を購入するまで仮住まいで暮らさなくてはいけません。対して、マンションを売却する前に新居を購入する「買い先行」では、もともと住んでいた家から直接新居に引っ越せます。そのため、仮住まいが必要なかったり、生活が安定しやすかったりします。転勤や進学に合わせてマンションの住み替えをするのであば、新生活を安定させた方が良いので、「買い先行」がおすすめです。仮住まいに一回引越しをしない分、引越しが1回で済みます。費用を抑えるという意味でも、仮住まいに済まなくても良いのはメリットでしょう。

新居を探しに時間をかけられる

いつまでに引っ越さなければいけない、という制限がない限り、「買い先行」は時間をかけて新居探しができます。いつまでに引越しをしなければいけない、という制限があるのであれば、早めの行動をすればゆっくり探せます。事前にいくらくらいでマンションが売却できそうなのかを査定しておきましょう。新居購入の際に資金計画を立てやすくなります。

売却活動がしやすくなる

マンションを売却するには内見が必須です。しかし、「買い先行」であれば、空き家を内見してもらえます。そのため、スケジュールの調整をしたり、部屋の片付けをしたりなどをする必要がなくなります。より都合が合わせやすくなるため、売却活動がしやすくなるでしょう。

買い先行のデメリット

買い先行のデメリットは大きく3つあります。

ダブルローンを組む必要がある

もともと所有していたマンションの住宅ローンの支払いが完済していない場合、元のマンションと新居の2つ分のローンを支払わなければいけません。一時的に二重で住宅ローンを組んだり、高金利で住み替えローンを組む必要があります。そのため、元のマンションの住宅ローンはなるべく売却して得た利益で賄うようにしましょう。

固定資産税が二重でかかる

二重で支払いが発生するのは住宅ローンだけではありません。固定資産税も二重でかかります。なかなかマンションの売却ができないと、固定資産税の支払いも続くので早めの売却を心がけましょう。

資金計画が立てにくい

新居を購入するタイミングでは、実際にマンションの売却が済んでいません。査定額を把握していたとしても、大まかな価格を把握しているだけなので、正確な資金計画が立てられません。余裕を持って資金計画を立てて新居を購入するようにしましょう。

売り先行とは

新居を先に購入する買い先行に対し、「売り先行」は、新居を購入する前にマンションを売却する方法です。「売り先行」のメリットやデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。解説していきます。

売り先行のメリット

売り先行のメリットは大きく3つあります。

ダブルローンを組むリスクが低い

「売り先行」では、先にマンションを売却します。そのため、売却から出た利益を住宅ローンの返済に充てられます。先に住宅ローンが完済できれば、新居の住宅ローンを組めば良いだけなので、二重でローンを組むことはありません。

資金計画が立てやすい

先に売却利益を手元に置ける「売り先行」では、「買い先行」に比べて資金計画が立てやすいです。いくらの利益が出て、そのうちのいくらを元の住宅ローンに充てて、いくら新居に使えるのかを把握できるので、後から計画を圧迫してしてしまうようなことは起きにくいでしょう。

高額売却できる可能性が高くなる

「買い先行」の場合、二重でローンや固定資産税を支払っているため、”早く売却しないと”と焦りが生じてしまうでしょう。それに対し、「売り先行」では、プラスの出費がない状態での売却活動となります。気持ちに余裕を持って売却活動に挑めるでしょう。

売り先行のデメリット

売り先行のデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

仮住まいが必要

転勤や進学が必要な場合、先に引越しが必要になることがあります。しかし、新居が購入できていないのであれば仮住まいで暮らしながら売却活動を行わなければいけません。さらに、先に売却をしてしまうと、購入が済むまでの間、住居がなくなってしまいます。そのため、どちらにせよ仮住まいが必要になってしまうのです。仮住まいが必要になるということは、引越しがマンションから仮住まい、仮住まいから新居への2回必要になります。生活が安定しないのはもちろん、労力も費用も2倍かかるので、その覚悟が必要です。

仮住まいの選び方や費用について知りたい方は、以下の記事をご確認ください。

マンション住み替え時には資金計画が重要

マンションの住み替えに失敗しないためには、資金計画をしっかりと立てることが最も重要です。売却も購入も失敗しないよう、慎重に契約を進めていきましょう。資金計画を立てるために大切なのは、マンションがどれほどの価格で売却できそうなのかを知っておくことです。そのためにも、売却査定は必ず行うようにしてください。一括査定であれば、複数の不動産会社に一度に査定依頼が出せるのでおすすめです。

すむたす買取では、独自のAIと専門知識から、最短1時間で査定価格を提出します。また、最短2日でマンションの売却ができるので、スピーディーに売りたいと思っている方はぜひ活用してみてかいかがでしょうか。

中古マンション売るなら、すむたす買取
マンション売却価格がすぐにわかるAI査定
業界初、中古マンションを最短2日で現金化! 個人情報は一切不要で、迷惑営業電話もなし。 まずはマンション価格をAI査定しませんか?
住み替え
すむたすマガジン
タイトルとURLをコピーしました