築40年のマンションは売れない?買い手から見たメリットとデメリットを紹介します!

築40年のマンションは売れない?買い手から見たメリットとデメリットを紹介します!マンション売却
すむたす買取
電話番号の入力なし!安心のマンション査定

マンションが思うように売れないときにおすすめのサービス

築40年以上のマンションは、リノベーションの普及などの影響もあり、立地などの条件が良ければ、スムーズな売却活動が可能です。とはいえ、新築や築浅の物件に比べれば、耐久性の面などから敬遠されることが多いのも事実。想像以上に売却活動が長引いてしまう可能性も当然ありえます。

手間や時間をかけずにマンションを売却したい人におすすめのサービスが、すむたす買取です。

すむたす買取は、株式会社すむたすが物件を直接買取するため、築年数が古い物件であっても、お客様の希望のタイミング(最短2日〜)で売却を完了させることが可能です。また、査定にAIを活用することにより、余計なコストをかけずに運営されているため、買取価格が高い傾向にあります。

すむたす買取の特徴

興味のある方は、無料のオンライン査定を試してみてはいかがでしょうか?電話番号や氏名などの個人情報の入力は不要なので、迷惑な営業を受ける心配もなく、「まずはいくらで売れるかだけ知りたい」という方も安心して利用できます。

築40年のマンションは本当に売れないのか?

「築年数の古いマンションは売れない」というイメージをもっている人は少なくありません。特に築40年以上のマンションは、耐震性や設備状況の観点で、売れにくそうだと感じる人も多いでしょう。

しかし、実は築40年以上のマンションを購入したい人は数多く存在するのです。築40年のマンションは、「マイホームを持ちたいが、新築を買うほど余裕がない」「なるべく安く、自分好みのマイホームを購入したい」と感じる層に特に需要があります。

築古マンションの魅力やターゲットを理解して、効果的に売却活動を行っていきましょう。

築40年のマンションを購入するメリット

売却側から見ると、築40年のマンションは売れにくいと感じるかもしれません。しかし、購入側から見たとき、築40年以上のマンションにはさまざまなメリットがあります。

「今売りに出しているけど、なかなか売れないから諦めよう」と思っている方は購入側のメリットを理解することで、売却活動を頑張ろうという活力がわいてくるかもしれません。今回は代表的なメリットを4つお伝えしていきます。

購入価格を安く抑えられる

築40年のマンションを購入する最大のメリットが、購入価格を安く抑えられる点です。マンションは原則として、築年数が経つほど売却価格が下がります。売主としては「なるべく高く売りたい!」と思うかもしれませんが、築40年のマンションを築浅のような価格で売却するのは難しいです。

一方で販売価格を安くできる分、ターゲットとなる層は広がります。年収の低い層や、「安いマンションを見つけて、自分好みにリノベーションしたい」という層もターゲットにできるでしょう。

立地や間取りの条件が良いマンションでも、築40年以上であれば比較的安く購入できます。築年数の古いマンションには、古いマンションだからこその需要があります。諦めずに、ターゲットや戦略を変えて売却活動に励みましょう。

比較的立地の良いマンションが多い

築40年のマンションは、比較的立地の良いマンションが多いです。もちろん、「新築の条件の方が良いに決まっている!」と思う人は多いでしょう。

しかし立地に限れば、すでに建っているマンションの方がより駅近だったり、周辺環境が良かったりといった傾向にあります。人気エリアの新築マンションは、どうしても少し駅から離れていたり、生活しにくい場所にあったりするなど利便性に優れていないことも多いです。

都心や人気エリアのマンションであれば、築40年でも十分需要があります。築40年のマンションでも立地が良ければ、思いの外売れるのです。

管理・近隣状況を知ったうえで購入できる

築40年のマンションに限らず、中古のマンションは売主から管理状況や近隣環境を聞いたうえでの購入が可能です。

初めてマンションに住む人やマイホームを購入する人は、「どんなマンションを買えばいいのかわからない」と不安を感じているでしょう。そんな人にとって、周りにどんな人が住んでいて、その地域はどんな環境なのかを事前に把握できることは、大きな安心材料となります。

「うちのマンションは古くて売れない」と思ってしまっている方は、マンションの管理体制や周辺環境をアピールして売却活動を行うのはどうでしょうか。特に治安の良さ、買い物のしやすさ、病院へのアクセスの良さなどは重要視されるケースも多いです。自分のマンションはどのような周辺環境なのかを洗い出してみましょう。

リノベーションしやすい

築40年のマンションを購入するメリットとしてリノベーションがしやすいことが挙げられます。新築マンションだと自分好みの家にすることはできません。

そんな「自分好みのマンションで暮らしたい人」から人気を集めているのがリノベーションです。

フルリノベーションには多額の費用がかかります。そのため、リノベーションをしたい人は「安くマンションを購入したい」と考えているケースが多いです。築40年のマンションであれば、安く条件の良い物件を購入できるためリノベーションに最適であると言えます。

築40年のマンションを購入するデメリット

一方で、築40年のマンションを購入することには、メリットだけでなくデメリットもあります。築40年のマンションをなるべく早く高く売るためにも、どんなデメリットがあるのか把握しておきましょう。

耐久性に心配があることも

築40年のマンションの中には、建物の耐震性の基準を定めた建築基準法の改定前に建てられたマンションもあります。建築基準法改定前に建てられている場合、旧耐震制度に基づいて建てられているケースが多く、現在の耐震基準を満たせていないこともあります。

近年は地震などの自然災害も多く、現在の耐震基準を満たしていないマンションは、買主から避けられてしまうこともあります。売却活動を開始する前に、自分のマンションの耐震性を確認しておきましょう。現在の耐震基準を満たしていない場合は、立地や価格などその他のメリットを強く訴求するなどの工夫をしてみるのが良いでしょう。

修繕積立金が高い

マンションに住む場合、修繕積立金を毎月支払う必要があります。修繕積立金とは、大規模修繕のために住人が積み立てる費用です。

一般的に、修繕積立金は築年数が古くなるにつれて高くなっていきます。「住宅ローンと別で費用がかかるなら、安くマンションを購入した意味がない」と感じられてしまうこともあるでしょう。

そのため、売り出し価格を設定する際は、修繕積立金の金額も考慮する必要があります。「修繕積立金を計算に入れても安い」と感じてもらえれば、購入してもらえる可能性が大幅に上昇します。

住宅ローンが組めない可能性がある

住宅ローンの中には、昭和56年(1981年)以降に建てられた物件にしか適用できないものもあります。この場合、築40年以上のマンションでは、条件を満たせないこともあります。住宅ローンが組めなければ、現金でマンションを購入しなくてはいけません。マンションを一括で買える買主は少ないため、なかなか売れない事態になってしまうこともあります。

築40年のマンションを売るためのポイント

築40年のマンションにはさまざまなデメリットもあり、売れないだろうと感じる方も多いでしょう。しかし、ポイントを抑えて上手く売却活動をすれば、その限りではありません。築40年以上のマンションを売るためのコツを3つに分けてご紹介するので、売却活動の際に役立ててみてください。

適切な価格で売り出す

築40年のマンションに限らず、モノを売るためには適切な価格で売り出すことが重要です。あまりにも相場とかけ離れた額で販売しても、マンションは売れません。一方で、安すぎても「何か問題があるのでは?」と思われてしまい、逆効果になることもあります。

複数の不動産会社に査定をしてもらい、どの程度の額で売るのが適切なのかを見定めましょう。

不動産会社は信頼できるところを選ぶ

マンションの売却で重要なのが、不動産会社選びです。特に築40年のマンションは築浅の物件と比較してデメリットも多いため、担当者の営業力が決め手となってきます。「築古マンション」の「売却」を得意とする不動産会社の中で、信頼できる企業を見つけましょう。

買取も検討する

築40年のマンションの場合、個人の買主にはなかなか売れないこともあります。そんなときは買取も検討してみましょう。買取とは不動産会社にマンションを買い取ってもらう方法です。仲介での売却に比べると売却価格は低くなることが多いですが、希望時期内に手間なく確実に売却することができます。

築40年以上のマンション売却にオススメのサービス

いかがでしたでしょうか。

築40年以上のマンションには確かにデメリットもありますが、メリットも多くあります。本記事で紹介したポイントを参考に、売却活動に臨んでみてください。

とはいえ、想像以上に売却活動が長引いて困っている方や、売却に時間や手間をかけたくない方もいるのではないでしょうか。そのような方は、仲介だけではなく買取も検討してみましょう。買取サービスの中でも特にオススメなのが「すむたす買取」です。

すむたす買取では、AIの活用により無駄なコストをかけずに運営されているため、買取価格が高い傾向にあります。
仲介会社を通さずにすむたすが直接買取を行うため、仲介手数料は一切かからず、売却益を多く残すことも可能です。

売却のタイミングは希望に合わせて自由に調整可能(最短2日〜)なので、少しでも興味のある方は、一度査定だけでもしてみてはいかがでしょうか。
電話番号や氏名などの個人情報の入力は不要なので、迷惑な営業を受ける心配もなく、「まずはいくらで売れるかだけ知りたい」という方も安心して利用できます。

タイトルとURLをコピーしました