「買取」によるマンション売却の流れを完全解説!

マンション買取

マンション売却には大きく分けて「仲介」と「買取」の2つの方法があります。
手間をかけずに売却したい方や売却活動に時間をかけることができない方、室内状態が悪い方には「買取」での売却がオススメです。
今回は「買取」でマンションを売却する場合の流れについて、解説いたします。

「仲介」でのマンション売却の流れを知りたい方は、以下の記事もご確認ください。

「買取」とは?

「買取」とは、不動産買取会社に売却する方法です。
メリットは、室内状態に関わらず、手間なく希望時期に確実に売却できることです。
一方で、売却価格が相場よりも安くなるというデメリットがあります。

「買取」によるマンション売却の流れ


「買取」での売却は、次の4つのステップに分かれます。

  1. 査定(約1〜2週間)
  2. 不動産買取会社の選定(約1〜2週間)
  3. 売買契約締結(希望時期)
  4. 決済・引き渡し(希望時期)

それぞれのステップについて詳しく解説いたします。

1. 査定(約1〜2週間)

「仲介」の場合と同様に、「買取」の場合もまずは物件の価格査定をします。
ただし、不動産買取会社は、一般消費者への媒介を行うのではなく、自社で物件を買い取るため、査定金額はすぐ確実に売却できる金額であるという違いがあります。

不動産買取会社の選定(約1〜2週間)

次に、依頼先の不動産買取会社を決定しましょう。
「仲介」の場合と同様、査定価格だけではなく、「営業担当者が信頼できるか」もチェックした上で、依頼先を決めましょう。

3. 売買契約締結(希望時期)

買取を依頼する不動産会社が決まったら、売買契約を締結します。
「仲介」の場合と同じく、押印を行うとともに、手付金(一般的には売却金額の10%程度)を受領します。

4. 決済・引き渡し(希望時期)

最後に決済と引き渡しを行います。
書類確認、売買代金の受領、各種清算金の受領、住宅ローンの完済と抵当権抹消手続きなどが済んだことを確認したのち、鍵や関係書類を引渡しマンション買取は終了です。

「買取」の注意点


以上が「買取」での売却の流れです。
「買取」の場合、依頼する不動産買取会社が決定した後は、希望のスケジュールで売却を完了することができます。

また、「買取」を選択した場合は、不動産仲介会社を通す必要はありません。
不動産仲介会社を通した場合は、仲介手数料として売却価格の3%+6万円がかかってしまうため、できるだけ不動産買取会社に直接買取を依頼しましょう。

実は驚くことに、現状はほとんどの方が買取の場合でも、不動産仲介会社を通じて売却しています。
これは、一度相談をしている不動産仲介会社にそのまま相談する場合や、そもそも直接買取を依頼できることを知らないためです。

希望の売却時期までにマンションをできるだけ高く売りたい方は、まずは「仲介」にチャレンジし、一定期間内に売れなければ「買取」で売却することがオススメです(買取保証サービス)。

「仲介」でのマンション売却の流れを知りたい方は、以下の記事もご確認ください。

まずは無料でAI査定

いかがでしたでしょうか?
買取でのマンション売却を検討している方には、「すむたす買取」の無料査定がオススメです。

「すむたす買取」では、物件情報を入力するだけで、お部屋ごとの最新の価格を査定できます。
電話番号やお名前などの入力は不要。査定は最短1時間で完了します。

▼無料査定のお申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました