2LDKのマンションは売れない?上手に売却活動するためのコツを解説します

2LDKのマンションは売れない?上手に売却活動するためのコツを解説しますマンション売却
すむたす買取
すむたす買取

2LDKのマンションが売れない理由


ワンルームから4LDK以上の物件まで、マンションにはさまざまな間取りの物件があります。その中でも売れにくいといわれるのが、ターゲットとなる購入希望者が限られる2LDKのマンションです。

では、2LDKのマンションはなぜ購入希望者が見つかりにくいのでしょうか。結論からお伝えすると、それは家族で住みたい世帯にとっては手狭なのに対して、一人暮らしには広すぎるからです。この具体的な理由について、それぞれ詳しく説明していきます。

家族で暮らすには2LDKは狭すぎる

子どものいる世帯、あるいはこれから子どもを持つ世代だと、2LDKのマンションは狭いと感じるかもしれません。なぜなら家族の人数が多いほど、「夫婦の寝室や個室」「子ども部屋」など、必要な部屋も増えるからです。

2LDKにはリビング、ダイニング、キッチンのほかにも、独立した部屋が2つあります。寝室と子ども部屋を設けると、それだけですべての部屋が埋まってしまいます。兄弟・姉妹のいる家庭や夫婦の個室が欲しい人にとっては手狭になってしまうため、なかなか購入に踏み切れないでしょう。

一人暮らしに2LDKは広すぎる

一方、家族で暮らすには狭すぎるのに対して、一人暮らしの人にとって逆に2LDKは広すぎるかもしれません。寝室を別途設けたい人にとっても、一人暮らしであれば1LDKで十分です。そのため、わざわざ高い費用をかけて2LDKを購入する人は少ないといえるでしょう。

さらに、そもそも一人暮らしでマンションを購入する人は多くないのです。そのため、一人暮らしの層をターゲットにしてマンションを売却しようとしてもなかなか難しいでしょう。

しかし、フリーランスや起業したばかりの人など、「一部屋を事務所にしたい」「仕事部屋が欲しい」という人には需要があるといえます。このような人をターゲットにマンションを売却するのであれば、「事務所にもできる」など他とは違ったアピールポイントを武器に売却活動することをおすすめします。

2LDKのマンションのニーズはどこにある?


家族でマンションに住みたい、一人暮らしだけどマンションを購入したいという方にとっては2LDKのマンションは向かないかもしれません。一方で、2LDKを求めている層も当然いるため、2LDKがどんな人に特に需要があるのかを詳しく説明していきます。
2LDKのニーズは主にDINKS世帯や老夫婦世帯にあります。それぞれどのようにニーズがあるのかを説明していきます。

DINKS世帯

DINKSとは「Double Income No Kids」の略で、共働きで子どものいない夫婦を意味します。DINKSの人たちであれば、子ども部屋を設ける必要がありません。2つの部屋をそれぞれの部屋にしたり、1つを趣味部屋にしたり、2LDKはちょうどいい間取りといえます。

老夫婦世帯

老夫婦世帯にも2LDKのマンションは需要があります。子どもが自立してセカンドライフを楽しみたいと感じている夫婦にとって、家族で住んでいた家は少し広すぎるかもしれません。

加えて戸建てで階段があると、足腰が弱ったときに暮らしづらくなるでしょう。そのため早いうちに、マンションへの引越しを考える人も少なくありません。階段がなく、掃除もしやすい2LDKのマンションは、ちょうどいい間取りといえます。

特に階数が低い物件であれば、ロビーから部屋までのアクセスも良く、老夫婦にとって非常に生活のしやすい物件と言えるでしょう。これに加えて室内がバリアフリーになっていれば、なお良いです。なかなか売れないマンションでも、その部屋ならではの良さを探してアピールできれば、購入希望者が一気に増えるかもしれません。

2LDKのマンションの価値を決める3つのポイント


2LDKのマンションはDINKS世帯や老夫婦世帯がターゲットとなります。そのような人たちには、どんなポイントをアピールすれば効果的なのでしょうか。2LDKの価値を決める3つのポイントを今からご紹介するので、売却活動に活かせるものがないか、ぜひチェックしてみてください。

ポイント1.利便性が高い

立地条件で重要なのが、駅からの距離や買い物のしやすさです。このような利便性の高さは、マンションに限らず、物件の価値を決めるのに重要なポイントです。

特にDINKSの人たちがマンションを選ぶポイントとして「利便性が高く通勤がしやすい」というのはかなりのアピールポイントになります。また、買い物のしやすさは、足腰が弱っていたり運転免許を返納していたりする老夫婦世帯にとって、重要なポイントです。

下のチェックポイントを見ながらマンションの利便性を明確にし、売却活動を行う際にアピールできるようにしておきましょう。

【駅から近いマンションのチェックポイント】
・駅から近いか
・遅くまで終電がある
・職場までのアクセスが良い
・複数路線通っているか

【買い物のしやすいマンションのポイント】
・徒歩圏内にスーパーマーケットとドラッグストアがある
・なるべく近くにホームセンターがある
・バス停が近い、バスの本数が多い

ポイント2.設備が整っている

購入する部屋がどんなに綺麗でも、マンションそのものの設備に不満や不安があれば物件が売れない要因となってしまいます。しかし、物件が売れないからといって、マンションの設備を自分で直したり増やしたりなど手を加えることはできません。そのため、マンションの設備が原因で売れないとならないよう、そのマンションならではの設備はあるか、最低限必要な設備あるかなどは事前にチェックし、売却活動の際に提示できる状態にしておきましょう。オリジナルのアピールポイントを持っておくことで、他の物件との差別化にもつながります。

ポイント3.管理体制が整っている

管理体制が整っていないことも、なかなかマンションが売れない要因です。マンションの管理費は管理体制に見合った金額なのか、日頃から気にしておくと良いでしょう。

具体的には「清掃は行き届いているのか」「ゴミ出しなどの運用はきちんと回っているのか」などです。マンションでの暮らしやすさは管理体制と結びつくことが多いため、アピールポイントとしてしっかり伝えられるよう、生活の中で注視しておきましょう。

2LDKのマンションを売却する4つのコツ


どんなマンションも、すべてのマンション購入希望者を対象に売り出せば、思ったように売れないでしょう。特に2LDKのマンションは少し癖があるため、ただ売却活動をしているだけでは売れない可能性が高いです。

それでは、2LDKのマンションを売るためには、どんなポイントを押さえておくべきなのでしょうか。今回は4つのコツを紹介します。

コツ1.ターゲットを絞って売り出す

2LDKのマンションのターゲットは、主にDINKS世帯と老夫婦世帯です。ニーズのある層は限定的なので、ターゲットを絞った売り出し方が効果的です。

ターゲットを絞ると、売却活動の中でのアピールポイントが、ターゲットを絞らないときとは変わってきます。そのため、ターゲット以外の層には売れない可能性も自ずと高くなりますので、逆効果にならないよう、具体的な打ち出し方や戦略は、不動産会社とよく相談しましょう。

コツ2.信頼できる不動産会社に仲介依頼をする

マンションが売れない原因が物件ではなく、不動産会社にあることも多いです。不動産会社選びは、マンション売却の中で最も重要と言っても過言ではありません。不動産会社を選ぶ際には、必ず「マンションの売却」が得意な会社を選びましょう。

「一軒家の売却」や「土地の購入」など、不動産会社にもそれぞれ得意分野があります。例えば実績が豊富でも、それが「戸建ての売却」だったらどうでしょうか。マンションの売却が苦手な不動産会社に依頼しても、物件はなかなか売れないでしょう。

信頼できる不動産会社を見つけるためには、複数の不動産会社に査定依頼をする必要があります。その中から、最も信頼できる不動産会社を見極めましょう。

コツ3.適切な価格で売り出す

相場より安すぎる、あるいは高すぎる価格設定だと、マンションはなかなか売れないです。「安く売り出せば早く売れる」と思うかもしれませんが、「何か問題があって安いのかも」と警戒されてしまっては、せっかくの売却のチャンスを逃してしまいます。そのため、

不動産会社と相談しながら、適切な売り出し価格を決めることが大切です。

コツ4.買取を検討してみる

「なかなか売れない」といわれる2LDKのマンションも、ターゲットを見極め、戦略を立てれば、そうそう売れないわけではありません。しかし、「いつまでに売りたい」という明確な期限が決まっていることもあるでしょう。

そんなときは「買取」も検討してみてください。不動産会社に直接マンションを売却できる買取なら、1ヵ月もかからずにマンションを売ることも可能です。期限がある場合には、確実に早期売却ができる買取がおすすめです。

複数の不動産会社で査定してもらい、2LDKのマンションをも適切に売却する

2LDKのマンションは需要のある層が特殊であるため、売却活動を行う上で戦略が必要ですが、プランがはまれば一気に買い手が増えるケースも多いです。
そのためにも、複数の不動産会社で査定をしてもらい、自分に合った不動産会社や売却の方法を見つけていきましょう。

しかしそうは言っても、売却をするのが難しかったり、売却したい期日まで時間がない方ももちろんいると思います。
そんな方にオススメのサービスが、「すむたす買取」です。

すむたす買取では、中古マンションを希望のタイミング(最短2日〜)で売却可能です。引渡し日を柔軟に調整できるため、「新居への入居日と元の家の売却日を合わせたい」という方にピッタリのサービスです。

また、AIの活用により無駄なコストをかけずに運営されているため、買取価格が高い傾向にあります。
仲介会社を通さずにすむたすが直接買取を行うため、仲介手数料は一切かからず、売却益を多く残すことも可能です。

少しでも興味のある方は、一度査定だけでもしてみてはいかがでしょうか。
電話番号や氏名などの個人情報の入力は不要なので、迷惑な営業を受ける心配もなく、「まずはいくらで売れるかだけ知りたい」という方も安心して利用できます。

タイトルとURLをコピーしました