知らないと損?3つの媒介契約の特徴を完全解説

マンション売却

一般消費者にマンション売却をする場合、不動産仲介会社と媒介契約を結ぶのが一般的です。
媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つがあり、それぞれ異なる特徴があります。

今回は、それぞれの媒介契約の特徴をわかりやすく解説いたします。

一般媒介契約の特徴

一般媒介契約は、最も自由度が高い一方で、不動産仲介会社の活動意欲が低くなるリスクがあります。

一般媒介契約の概要

他社との契約     :できる
レインズへの登録義務   :なし
売却活動の報告義務  :なし
契約の期間      :3ヶ月が一般的(法律による規定はなし)
契約の自動更新    :特約で規定される場合あり
買い手の自己発見   :仲介手数料は発生しない

メリット

一般媒介契約は、最も自由度の高い媒介契約です。
複数の不動産仲介会社に売却を依頼でき、契約期間の制限もありません。

また、自身で買い手を見つけた場合、仲介手数料の支払いは発生しません。

デメリット

不動産仲介会社が意欲的に活動しない場合があります。
その理由は、不動産仲介会社の立場では、競合他社に先に買い手を見つけられ、自分たちが仲介手数料を得られない可能性があると考えるためです。

また、レインズへの登録や活動報告の義務がないため、不動産仲介会社の活動状況を売り手が自らこまめに確認する必要があります。

専任媒介契約の特徴

専任媒介契約は、1社にしか媒介を依頼できない一方で、不動産仲介会社が意欲的に活動する傾向があります。
また売り手自らが買い手を見つけることができます。

専任媒介契約の概要

・他社との契約     :できない
・レインズへの登録義務 :あり(契約日から7営業日以内)
・売却活動の報告義務  :あり(14日に1回以上)
・契約の期間      :最長3ヶ月
・契約の自動更新    :なし
・買い手の自己発見   :仲介手数料は発生しない

メリット

専任媒介契約は、一般媒介契約と比べて不動産仲介会社の充実したサポートを期待できます。

まず一般媒介契約とは異なり、レインズへの登録や活動報告の義務が法律により規定されています。

不動産仲介会社からすると、一般媒介のように競合他社に先を越されて仲介手数料を得られないことががありません。
そのため、売却活動に経費や時間をかけることができ、中には各種特典(キャッシュバックなど)や付帯サービス(買取保証など)をつける会社もあります。

また、一般媒介契約と同様に、売り手自身で買い手を見つけた場合、仲介手数料の支払は発生しません。

デメリット

専任媒介契約は、1社としか契約できず、契約期間(最長3ヶ月)中は原則として解約できません。

そのため、
・活動意欲の低い会社
・「囲い込み」や「高預かり」などの不誠実な行為をする会社
と契約してしまうと、売却活動が長期化するリスクがあります。

専属専任媒介契約の特徴

専属専任媒介契約は、1社にしか媒介を依頼できない一方で、専任媒介契約よりもさらに不動産仲介会社が意欲的に活動する傾向があります。
ただし、売り手自らが買い手を見つけることはできません。

専属専任媒介契約の概要

・他社との契約     :できない
・レインズへの登録義務 :あり(契約日から5営業日以内)
・売却活動の報告義務  :あり(7日に1回以上)
・契約の期間      :最長3ヶ月
・契約の自動更新    :なし
・買い手の自己発見   :仲介手数料が発生

メリット

専属専任媒介契約は、1社としか契約できず、売り手自身で買い手を見つけた場合も仲介手数料が発生するため、不動産仲介会社にとって最も仲介手数料を得やすい契約形態です。

デメリット

専任媒介契約と同様に、1社のみとしか契約できず、契約期間(最長3ヶ月)中は原則として解約できません。
また、売り手自身で買い手を見つけた場合も仲介手数料が発生します。

そのため、活動意欲の低い会社や不誠実な会社と契約してしまった場合のリスクは、専任媒介契約以上に大きくなります。

「専任媒介契約」が最もオススメ

以上が3つの媒介契約の特徴です。
すむたすでは、複数の不動産仲介会社の話を聞き、最も信頼できる1社と「専任媒介契約」を結ぶことをオススメしています。

専属専任媒介契約は、専任媒介契約と比較して、売り手にそこまでメリットがなく、むしろ売り手自身で買い手を見つけた場合にも仲介手数料が発生してしまうため推奨しておりません。

ただし「人気エリア」「駅徒歩10分以内」「築10年以内」「周辺環境がよく日当たりがいい」などの条件を満たし、それほど熱心に売却活動をしなくても売れてしまう物件であれば、一般媒介契約を検討してみても良いかもしれません。

信頼できる不動産会社や担当者を見極めよう

いかがでしたでしょうか?

どの媒介契約を結ぶにしても、結局重要なのは信頼できる不動産会社や担当者を見極めることです。

「信頼できる不動産会社はどうやって見極めれば良い?」
「まずは自分のお部屋の価格を知りたい」

そのような方には「ウレタ」がオススメです。

「ウレタ」では、物件情報を入力するだけで、お部屋ごとの最新の価格を査定できます。
電話番号やお名前などの入力は不要。査定は最短1時間で完了します。

希望者には、査定価格を完了した後に、ウレタの売却アドバイザーが
・オススメの不動産会社の紹介
・売却スケジュールの相談
など無料でサポートいたします。

▼無料査定のお申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました