マンション売却で後悔しやすいポイントとは?回避するための方法5選

マンション売却
すむたす買取
すむたす買取

マンション売却でよくある2つの後悔

マンションを売却する際に、「こんなはずではなかった!」と後悔してしまうのは何故でしょうか。マンション売却における後悔には以下の2パターンがあります。

  • 思っていた価格で売れなかった
  • 売却活動が長期化した

それぞれ詳しく見ていきましょう。

思っていた価格で売れなかった

思っていた価格でマンションの売却ができないと、後悔をすることになるでしょう。マンションの取引では大きな金額が動くため、少しの値引きをするだけでも利益に大きな差が出てしまいます

特に、今のマンションを売却して新しく家を購入しようとしている人にとって、売却価格は重要です。思っていた価格で売れないと資金計画が崩れてしまい、後の生活に響いてしまいます。後悔がないように、マンションはなるべく希望通りの価格で売却したいものです。

売却活動が長期化した

マンションの売却が思いのほか長期化してしまうのにも、後悔が伴うでしょう。マンションの売却が長期化してしまうと、新居探しにも影響が出てしまうかもしれません。また、売却活動をするのも無料ではありません。売却活動の長期化により、かかる費用がかさんでしまうこともあります

売却活動が長期化してしまう理由さまざまです。設定した売り出し価格が高すぎたり、競合物件が多かったり、囲い込みをされていたりなどの例があげられます。不動産会社選びや売却時期は十分に気を付けましょう。

マンション売却で後悔しないために気を付けたい5つのポイント

マンションの取引では大きな金額が動きます。売却の成否はその後の生活にも影響するため、なるべく後悔のない売却がしたいものです。

後悔のないマンション売却をするためのポイントは以下の5つです。

  • 自分でも価格相場を調べる
  • 複数の不動産会社に査定を依頼する
  • 最低売却価格を設定する
  • マンション売却のタイミングを見極める
  • 内覧はなるべく空室にして行う

それぞれのポイントについて、詳しく解説していきます。

自分でも価格相場を調べる

マンション売却で後悔しないために、まずは売りたいマンションの相場価格を自分でも調べておきましょう。

「不動産会社に査定を依頼するのに、なんで自分でも調べないといけないの?」と思う方もいるかもしれません。しかし、自分でも相場価格を調べておくことで、後の不動産会社選びや価格交渉がスムーズになります。

相場価格を自分でも調べれば、「大体これくらいの価格で売却できる」とわかります。不当な価格での売却を持ちかけてくる不動産会社を見極めることや、値下げの限度を知ることができ、結果的に後悔する可能性が低くなります。

値引き交渉でも、相場感を把握していれば「このくらいまでは応じてもいいかな」と、自分の中で判断基準を持てるようになるでしょう。

売却価格の相場を調べるには、売りたいマンションと似たスペックの物件や同じエリアの物件が、過去にどのくらいの価格で取引されてきたのかをチェックしましょう。大まかな調査はインターネットでできるので、忙しい人でも、スマートフォンでスキマ時間に調べられます。

複数の不動産会社に査定を依頼する

マンション売却で後悔する大きな要因となるのが、不動産会社選びです。不動産会社選びで後悔する理由にもいくつかあります。

不動産会社の中には、自分の会社で取引してもらいたいからと、実際の売却価格より大幅に高い査定価格を提示してくるところもあります。このような不動産会社の行為を高預かりと呼びます。鵜呑みにして「ここなら高く売れる!」と飛びついてしまうと、実際の売却価格が安価なものになってしまい後悔する羽目に…。相場より大幅に高いため、売却期間も長くなるでしょう。

思っていたよりも安く売却することになって後悔しないためには、先述したように自分でも相場感を把握しておくことが重要です。相場がわかれば、明らかに高額な査定価格を提示している不動産会社を見抜くことができます。

また、複数の不動産会社に査定依頼をすることも重要です。複数の不動産会社に査定を依頼することで、明らかに高い査定価格を算出している企業を見極められます。査定価格が高すぎる不動産会社の「査定価格算出理由」もよくチェックし、ほかの会社のものと見比べてみましょう。何かおかしな点が見つけられるかもしれません。

不動産会社選びはマンションを売却で後悔するか否かを左右する大きな要因です。手間はかかりますが、必ず複数の不動産会社に査定依頼をしてください。複数の不動産会社に依頼をしている時間がない方は、「マンション一括査定サイト」の活用もおすすめです。マンション一括査定サイトを活用すると、一度の手続きで複数の不動産会社に査定依頼をすることができます。

一括査定サイトのメリットや利用時に気を付けたいこと、具体的な使い方はこちらの記事で解説しています。

最低売却価格を設定する

マンション売却で多くの人が後悔するのは、思っていた価格でマンションが売れなかったときではないでしょうか。マンションの売却がなかなかうまくいかないと、「早く売らなきゃ…」と必要のない値下げをしてしまうかもしれません。

しかし、必要以上の値下げは後悔につながります。値下げで後悔しないために、マンションをいくらで売却したいのか、どこまでは価格を下げられるのか、売却価格の「理想」と「最低ライン」を設定しておきましょう。

売却前に「これ以上は値下げしない」という最低価格を設定しておくことで、計画的に値下げができるようになります。計画的に値下げをすることで、想定以上に低い価格でマンションを売却してしまい後悔することがなくなります。

マンション売却のタイミングを見極める

マンション売却で後悔しないためには、売却のタイミングも重要です。一般的にはマンションを所有してから5年以上、10年未満で売るのが、最も後悔のないタイミングといえます。

その理由は、マンションは築年数が経てば経つほど売却価格が下がってしまう傾向にあるからです。特に築11年目を過ぎた物件の売却価格はグッと下がってしまいます。

さらに、マンション売却で利益が出ると、「譲渡所得税」と呼ばれる税金が課税されます。この譲渡所得税は、マンションの所有期間が5年未満だと「短期譲渡所得」になり、税率が上がってしまうのです。対して5年以上所有していると、「長期譲渡所得」となり税率が下がります。それぞれの税率は次の通りです。

【短期譲渡所得(所有期間5年以下)】
所得税:30.63%
住民税:9%
【長期譲渡所得(所有期間5年超)】
所得税:15.315%
住民税:5%

税率が上がることで支出が増えれば、最終的な売却益は下がります。「いつまでに売りたい」という制限がないのであれば、5年以上所有してから売り出すといいでしょう。

マンション売却の最適なタイミングについて詳しく知りたい方には、以下の記事もオススメです。

内覧はなるべく空室にして行う

「不必要な値下げをしてしまった」「売却までに時間がかかった」など、さまざまな後悔の原因となるのが、なかなか買い手が見つからないことです。

なるべく早く買い手を見つけるために、マンションの内覧は空室で行いましょう。不動産会社の担当者も、「内覧は空室でするのが効果的」と証言しています。

もちろん、住んでいる状態での内覧の方が生活感があり、実際の暮らしをイメージしやすいという場合もあります。

しかし、室内のインテリアや雑貨が買い手の好みに合わないものだと、かえってマイナスな印象を与えてしまうかもしれません。空室にしておけば「買い手の思い描く暮らし」をイメージしやすくなり、早期売却が見込めるでしょう。

また、マンションを明るく清潔なものに見せられるよう、自分で掃除したりハウスクリーニングを依頼したりするのもおすすめです。清潔感があるだけで、買い手に対して好印象を与えられます。特にチェックしておきたいポイントは次の通りです。

  • 洗面台の水垢
  • 排水溝の汚れ
  • お風呂場のカビやぬめり
  • 鏡の水垢
  • トイレの悪臭
  • 台所のシンクの水垢
  • 換気扇やレンジフードの汚れ
  • コンロの油汚れ

特に水回りは細かくチェックされるポイントです。水回りだけでもプロのハウスクリーニングに依頼することをおすすめします。

ハウスクリーニングのメリットや、依頼する前に知っておきたいことは、こちらの記事で紹介しています。

高く早くマンションを売却する方法

冒頭で説明した通り、マンション売却における後悔は、大きく分けると以下の2パターンです。

  • 思っていたよりも高く売れなかった
  • 思っていたよりも時間がかかった

つまりなるべく高く早く売却することで、後悔のないマンション売却が実現できるでしょう。そこでオススメのサービスが、すむたす買取です。

すむたす買取では、仲介会社を間に通さずにすむたすが直接物件を買取るため、仲介手数料ゼロでお得に売却することができます。また、不要な家具や家電については、追加費用なしで処分可能です。

物件は買取後にリフォームを行うため、売却前のハウスクリーニングやリフォームは一切不要。築古などで状態の悪いお部屋でも、そのままの状態で売却できます。

さらに売却スケジュールは、自由に設定できる(最短2日〜)ので、売却活動が長期化する心配もありません。

少しでも興味のある方は、まずは査定だけでもしてみてはいかがでしょうか。電話番号や氏名などの個人情報の入力は不要なので、迷惑な営業を受ける心配もなく、「まずはいくらで売れるかだけ知りたい」という方も安心して利用できます。

タイトルとURLをコピーしました