マンション売却

足立区のマンション買取・売買取引相場推移を徹底調査!売れる物件とは?

足立区は、東京23区の最北端に位置するエリア。交通の便が良いとはいえず、治安が悪いというイメージもあります。しかし、治安が悪いというイメージは過去のもの。足立区でマンション買取価格を高くするためには、買主への適切なアピールが大切です。本記事では、7,000件近い過去取引データを基に、「間取りごとの適正価格」を解説。足立区のマンションを高く、早く売るために必要な知識もお伝えします。
マンション売却

江戸川区のマンション買取・売買取引相場推移を徹底調査!売れる物件とは?

江戸川区は、東京23区の中でも交通アクセスに優れた、住みやすいエリア。1人暮らし向けマンションの買取価格が特に高まっているのも、江戸川区の特徴です。本記事では、5,000件近い過去取引データを基に、「間取りごとの適正価格」を解説。江戸川区のマンション買取を高く、早く成功させるために必要な知識もお伝えします。
マンション売却

新宿区のマンション買取・売買取引相場推移を徹底調査!売れる物件とは?

新宿区は、東京23区の中でも人気のエリア。中古マンションの買取価格も、年々伸びています。では、具体的にいくらで売れるのか、買取価格はどの程度伸びているのか、ご存知でしょうか。本記事では、1万件以上の過去取引データを基に、「間取りごとの適正価格」を解説。新宿区のマンションを高く、早く売るために必要な知識もお伝えします。
マンション売却

世田谷区のマンション買取・売買取引相場推移を徹底調査!売れる物件とは?

世田谷区は、東京23区の中でも人気の高いエリア。当然、マンションをはじめとする不動産物件も、高値で取引されています。では、具体的にいくらで売れるのかは、ご存知でしょうか。本記事では、1万件以上の過去取引データを基に、「間取りごとの適正価格」を解説。世田谷区のマンションを高く、早く売るために必要な知識もお伝えします。
マンション買取

不動産の買取相場が知りたい!算出方法からエリアごとの相場まで徹底解説!

不動産の買取相場は、どうやって調べればいいのでしょうか。地域ごとの買取相場はどのくらいなのかも、気になります。本記事では、不動産の買取相場の調べ方や、都道府県別の相場価格を紹介します。ただし、相場はあくまでも参考として捉えてください。「自分のマンションはいくらで売れるのか」という所有不動産の売却においてもっとも関心の高いテーマを解説していきます。
マンション買取

不動産の買取業者とは?メリット・デメリットや選び方を徹底解説!

不動産の買取業者は、売主から直接、不動産を買取る業者のことを指します。「買取業者への売却は安い」といわれるものの、「売却にかかる費用」が少ないのも事実。売却価格ではなく、「売却益」を見ることが大切です。本記事では、買取業者のメリット・デメリット、業者選びの4つのポイントを解説。不動産を早く・高く売るためのコツを伝授します。
競売

競売になるマンションとは?買い手側のメリット・デメリットについて解説!

マンションの住宅ローンを何ヵ月も滞納すると、「任意売却」か「競売」で、残りの債務を返済することになります。「任意売却」になるマンションと「競売」になってしまうマンションには、どのような違いがあるのでしょうか。競売になったマンションを「購入する側」のメリットやデメリットについても解説していきます。
競売

不動産競売とは?開始から入札までの流れを徹底解説!

住宅ローンの返済が滞ってしまうと、不動産の売却益で残債を返す「任意売却」と「競売」のどちらかをすることになります。ほとんどの方にとって、任意売却も競売も、はじめての経験でしょう。競売とは何か、どのような流れで進めていくのか、わからないのは当然です。本記事では、競売の流れをわかりやすく解説していきます。
任意売却

任意売却の相談は誰にする?正しい相談先の見極め方をご紹介!

住宅ローンの支払いができなくなり、「任意売却」をせざるを得ない場合は、どこに相談すればいいのでしょうか。多くの方にとって、任意売却ははじめての経験。支払いが滞り督促状が届いたり、連帯保証人に連絡が行ってしまったり、不安に思うことはたくさんあることでしょう。トラブルなく任意売却を進めるためには、適切な相談先を見つけることが重要です。
任意売却

離婚に際して任意売却するべき?メリットやデメリットを解説します

離婚の際に何かと処分方法に困ってしまう不動産。住宅ローンが完済しているのであれば、売却して現金化してしまうのが後にトラブルも少なく理想的です。しかし、住宅ローンが残っている場合は、離婚するからといって簡単に売却して良いのかもわからないもの。もしも、離婚をするタイミングで不動産を売却しても住宅ローンが残ってしまうのであれば、「任意売却」を検討してみてください。離婚時の任意売却のメリットやデメリットについて解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました