マンションの買取査定をする際の注意点と、おすすめ査定サイトを紹介

マンション売却

マンションの買取業者と仲介業者の違い

マンションを売却するには、「買取業者」を利用する方法と、「仲介業者」を利用する方法があります。では、2つの業者の違いとは、一体何なのでしょうか。

買取業者」は、マンションを自社で直接買取る業者です。業者自らがマンションの査定から買取までを行います。買取ったマンションは業者がリフォームし、買い手を見つけて販売します。

仲介業者」は、マンションを自社で買取るのではなく、マンションの買い手となる人を探してくれます。マンションの買い手と売り手の間に「仲介業者」が入り、両者の仲介を行う業者です。

仲介には、「片手仲介」と「両手仲介」の2種類があります。

「片手仲介」では、買い手側と売り手側、それぞれ別々の仲介業者が入ります。「両手仲介」では、1つの業者が買い手側と売り手側の両方に対応。どちらの方法でも、「成約価格の3%+6万円」の仲介手数料を、売り手側も買い手側も支払います。

買取はマンションを早く現金化したい人におすすめ

買取は、マンションを早く現金化したい人におすすめの売却方法です。業者が直接マンションを買取ってくれるからです。

仲介では、マンションを売りたい人と買いたい人の間に業者が入り、マンションの買い手となる人を探します。マンションの査定にかかる時間こそ変わりませんが、買い手がいつ見つかるかわからないため、査定後すぐにマンションが売れるという保証はありません。

また、仲介では売り手自らがマンションの不具合を修繕しなければならず、内覧も発生します。

一方、業者がマンションを直接買取ってくれる買取なら、マンションをすぐに現金化できます。

買取では、査定価格に納得さえすれば、査定後すぐにマンションの売却が可能。また、マンションの修繕やリフォームも業者がしてくれるため、手間も時間もかけずにマンションを売却できます。買取り希望者が現れるたびに、内覧が発生することもありません。

買取と仲介どちらを選べばいいのか?迷った方はこちらの記事でメリット・デメリットを整理していますので、ぜひご覧ください。

マンションの買取には査定が必要

マンションの買取には、査定が必要です。マンションの買取価格を決めることを査定と呼び、査定には2段階あります。

1段階目は、実際にマンションを見ることなく、データに基づいて行われる「簡易査定」です。「簡易査定」では、マンションの築年数や建っている土地・周辺環境などのデータを基に、マンションそのものの価値を導き出します。マンションの価値がわかったら、直近の市場動向を基に、相対的に見たマンションの価格を算出。マンションの概算が決まります。

2段階目は、実際にマンションを見に行って行う「詳細査定」です。データに基づく査定だけでは、正確な買取価格を導き出すことはできません。マンションに思わぬ不具合が発生している可能性もあるでしょう。そこで、マンションの現状を実際に調査することで、最終的な買取価格を決定するのです。

マンションの売却査定の具体的な方法はこちらでご紹介しています。

マンションの買取査定は、必ず複数の業者で!

マンションの買取査定を行う際は、必ず複数の業者に依頼を出すようにしましょう。

理由は単純。業者によって買取り価格が異なるからです。

「買取業者」は、1度買取ったマンションを別の人に売り渡すことで、利益を得ています。業者もボランティアで行っているわけではないので、なるべくマンションを安く買い、高く売りたいのです。

もちろん、「買取業者」はいくつものマンション・物件を手元に抱えることになります。しかも、マンションのような不動産物件は、どれも高額。売れ残ってしまった物件を、値下げせざるを得なくなることもあるでしょう。

となると、業者としては当然、仕入れ値を下げたくなります。中には、ほかの業者よりもだいぶ安い価格を提示してくる業者もいるでしょう。

複数の業者に買取査定をしてもらい、なるべく高く買取ってくれるところを選んでください。

マンションの買取査定には、一括査定サイトが便利

複数の業者から買取査定をしてもらうのは面倒です。しかし、一括査定サイトを使えば、手軽に複数の業者から見積もりが取れます。

一括査定サイトとは、Webからマンションの情報を入力するだけで査定が行えるサイトです。AIが査定を行っているサイトもあり、自宅にいながら手軽に、スピーディに複数の業者で買取査定を行えます。

一括査定サービスの注意点はこちらをご覧ください。

マンション買取で一括査定サイトを使う際の注意点

一括査定サイトを使うときの注意点は、安く買い叩かれないように気を付けることです。

一括査定サイトには、「買取業者」と「仲介業者」の両方が登録しています。とはいえ、中には登録業者の少ないサイトもあるでしょう。

「買取業者」にしろ「仲介業者」にしろ、なるべく大きな利益を出したいものです。

マンションをなるべく安く買取り、高く売りたい「買取業者」の中に、仕入れ値を下げるために低い買取価格を提示してくるところもあるでしょう。

「成約価格の3%+6万円」の仲介手数料を受け取る「仲介業者」は、成約価格が高くなればなるほど、自分たちの利益も大きくなります。一見、「仲介業者」に任せておけば安心と思えますが、価格設定を高くしすぎることが問題となる場合もあります。

成約価格を高くすることを意識しすぎた結果、ほかの業者や買い手に、安く買い叩かれてしまうこともあるのです。

AI×専門家で査定する「すむたす」なら、実際の買取価格が最短1時間でわかる

「買取業者」の1つである「すむたす買取」は、AIと専門家の力でマンションの査定から買取までを行っています。

「すむたす買取」のWebサイトでは、一括査定サイトと同じように、マンションの情報を入力するだけで簡単に買取査定ができます。査定にはAIを活用しており、かかる時間は最短1時間。査定価格に納得したら、最短2日で売却することも可能です。

売却を決めると、専門家スタッフがマンションの状況確認にきます。状況確認のためのやり取りはメールで完結し、状況確認自体も30分程度で終わります。時間も労力もかけずに、マンションをすぐに売却できるのです。

「買取業者」なので、「成約価格の3%+6万円」の仲介手数料もかからなければ、マンションの修繕やリフォームもいりません。買取ったマンションは「すむたす買取」がリフォームし、最終的な買い手との契約も全てやってくれます。もちろん、マンションに何か問題が起こったときの責任も、売り手側が負う必要はありません。

マンションの買取査定には、早くて正確な「すむたす」がおすすめ!

マンションをすぐに、なるべく高く売却したい人には、「すむたす買取」がおすすめです。

AIを活用した査定は早くて正確。Web上からマンションの情報を入力するだけで、24時間365日、いつでも買取査定ができます。

一括査定サイトと異なり、査定を行うのは、実際にマンションを買取ってくれる「すむたす買取」だけです。適正価格よりも安く買い叩かれることも、査定後にマンションが売れ残ることもありません。

査定価格に納得したら、マンションはいつでも売却できます。買取価格はメールで届き、実際に売却したいときも、必要なのは30分程度の状況確認だけです。知識と経験の豊富な専門家スタッフが状況確認を行ってくれるので、安心です。

「成約価格の3%+6万円」の仲介手数料もかからないので、手元により多くの現金が残ります。

すぐにマンションを売りたい方、手続きや複数業者に査定を依頼するのが面倒な方は、1度「すむたす買取」の買取査定をしてみてください。

入力項目はたったの5つ。個人情報の入力も不要です。

不動産査定フォーム【すむたす買取】

タイトルとURLをコピーしました