机上査定の価格は信用できる?メリットとデメリットを徹底解説!

机上査定とは?メリットとデメリットを解説!マンション売却
すむたす売却

机上査定とは

机上査定とは、別名「簡易査定」ともいわれます。机上査定は名前の通り「机上」で行われる査定のことで、従来の査定のように現地調査は行われず、既存のデータから査定価格を算出する方法です。

主に住所、間取り、面積、築年数などのマンションの物件情報などが、査定価格算出に用いられます。加えて、類似物件の過去の取引価格や市場動向などのデータを基に、机上査定では査定価格を算出します。

それに対して「訪問査定」は、机上査定で用いられるデータに加えて現地調査も実施される方法です。そのため、より本来の売却価格に近い査定価格が算出できます。

より正確な査定価格を算出できる「訪問査定」ですが、現地調査をする分依頼主の時間を拘束してしまったり、労力がかかるというデメリットが存在します。訪問査定について詳しく知りたい方はこちらの記事も合わせてお読みください。おおまかな物件の価格を知りたいときは机上査定、より正確な査定をしたい場合は訪問査定を依頼する、という使い分けがおすすめです。

また、マンションの査定に関する情報を網羅的に解説したこちらの記事も、是非ご覧ください。

机上査定のメリット

机上査定は訪問査定に比べて、現地調査がない分、売りたいマンションの査定価格を少ない負担でスピーディーに調べられます。これによるメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。机上査定のメリットを2つお伝えします。

机上査定のメリットとデメリット

素早く価格を知ることができる

机上査定では、本来査定で必要な現地査定をしません。現地調査をするにも不動産会社に予約を取ったり、日程を確保したりしなくてはいけません。そのため、現地調査をするためには時間が要されます。
その点机上査定であれば、必要な情報を不動産会社に送るだけで査定の手続きを進めてもらえます。労力がかからないだけでなく、スピーディーに査定価格を算出してもらえる魅力があるので、忙しくて訪問査定をするだけの時間が取れない方は、机上査定で素早く査定してもらうのが得策かもしれません。

複数の不動産会社を比較できる

机上査定の多くは、ネットでの手続きで査定依頼ができます。そのため、情報さえ揃ってしまえば気軽に査定依頼できるため、より多くの不動産会社に査定依頼ができるでしょう。
また、個別に依頼をしなくても一括査定サイトを活用すれば、一度の情報入力で複数の不動産会社にまとめて査定依頼ができます。マンションをなるべく好条件で売却するためには、複数の不動産会社への査定依頼が欠かせません。何度も同じ作業を繰り返すのではなく一回の情報入力で複数社に依頼をして、時間を賢く使えるのも机上査定ならではの魅力です。

机上査定のデメリット

労力や時間のかからない机上査定を魅力的に感じる方は少なくないでしょう。しかし、机上査定にはデメリットもあります。「自分も査定をしてもらうなら机上査定!」と決め切ってしまわずに、机上査定のデメリットも併せて把握しておきましょう。

査定価格が正確ではない

机上査定の最大の特徴は現地調査がなく、物件情報と類似物件の過去の取引価格や市場動向のみで査定価格を算出する点です。もちろん、査定価格=実際の売却価格ではないため、査定価格が売却価格とは違っても良いと考える方もいるでしょう。
しかし、マンションを売却して新たに新居の購入を考えている場合、査定価格はなるべく正確に算出しておくのが良いです。その理由は、資金計画を立てるためです。

資金計画は売却利益のうちいくら住宅ローンの返済に充てるのか、新居の頭金に充てるのか、引越し資金に充てるのかなどを振り分けます。売却利益に差が出ると、資金計画もうまく立てられず、後の支払いに響いてしまいます。そのため、査定価格でも正確に算出してもらうに越したことはないのです。

意図的に高い金額を提示する企業もいる

査定価格が高いと、「実際の売却価格も高くなるだろう」と思ってしまう方は少なくありません。不動産会社を選ぶ際、査定価格は重要な基準であり、査定価格が高い不動産会社に売却を依頼する人も多いです。この原理は、もちろん不動産会社も把握しています。
そのため自社で売却をしてもらおうと、実際の売却価格よりもはるかに高い査定価格を提示してくる不動産会社もいます。そのような企業と契約してしまうと、結局は売却活動中に大幅な値下げを強いられる可能性が高いです。相場よりも大幅に高い査定価格を提示された場合は、注意するようにしましょう。

営業電話が来る

一括査定サイトを活用して机上査定を複数の不動産会社に依頼すると、依頼先すべての企業に連絡先を公開することになります。不動産会社も自社で契約をしてもらおうと必死であり、営業電話の数が増えてしまうのは避けられません。
不動産会社からあまりにも多くの営業電話が来てしまうと、日常生活の質が下がってしまったり、情報過多で適切な不動産会社に辿り着けないというリスクがあります。情報量が増えてしまったとしても、「自分にとって必要な情報はなんなのか」を明確にして取捨選択を心がけましょう。

価格の算出方法

机上査定では、主にどのように査定価格を算出するのでしょうか。価格の算出方法がわかれば、どんなタイミングで査定や売却をしてもらうといいのか、自分でも判断できるようになるでしょう。机上査定価格の算出方法を3つお伝えしていきます。

机上査定の算出方法

類似物件の成約情報

査定価格を算出する際、訪問査定でも机上査定でも、類似物件の過去の取引情報を参考にします。間取り、面積、築年数、駅からの距離など、チェック項目はさまざまです。
中でも重要なのが「エリア」です。どこの都道府県なのかはもちろん、その中でもエリアによって特に人気が高いところもあります。類似物件がどれほどの価格で売却されたのかを参考に、査定価格は算出されます。

周辺の売り出し状況

周辺物件の売り出し状況は、マンションの査定価格を大きく左右します。

例えば、同じような条件の物件や、人気のある新築や築浅の物件などが、近所で売り出されている場合、買い手からの需要が分散します。そうなると必然的に価格競争が発生するため、査定価格は低く見積もられます。

反対に、周辺に売り出し中の物件が少ない場合は、自分の物件の希少価値が高まるため査定価格が高くなる傾向があります。

景気動向

景気や市場の動向もマンションの査定価格を算出するうえで重要なポイントです。どんなに人気なエリアのマンションでも、相場そのものが落ちてしまっていると高く売れなくなってしまいます。
なるべく高くマンションを売却したいのであれば、価格が高騰しているときを狙いましょう。

机上査定後の売却ステップ

机上査定をしてもらい、「ここでなら売却しても良いかも」と思える不動産会社を見つけたら、いよいよ売却活動を開始します。売却活動を開始するといっても、いきなり始められるわけではありません。机上査定後の流れを説明していきます。

査定後の売却ステップ

 

1.媒介契約を結ぶ

売却活動を進めたい不動産会社とは、媒介契約という契約を締結します。一社にお願いするのか複数社にお願いするのかで、契約内容や媒介契約の種類も異なります。詳しくはこちらの記事をチェックしてみてください。

2.売出価格を決定する

広告やポータルサイトへの掲載をする前に、実際に売却したい価格を改めて算出します。査定と変わらない算出方法にはなるものの、実際に売却価格として打ち出す数字であるため、より現実的な価格を不動産会社に出してもらいます。
売却期間を長めに確保できる場合は、始めは強気の価格設定を行い、徐々に価格を引き下げることで、出来る限り高値の売却を目指すという戦略が取られる場合もあります。

3.売却活動を開始する

Webへの掲載や広告の打ち出しなど、売却活動を本格的に始めます。内覧の予約が入るまでは、売主がすべきことはありませんが、いつ予約が入ってもいいように、スケジュールはなるべく空けておきましょう。

4.内覧対応を行う

物件の購入希望者が現れたら、物件の内覧を行います。物件を早く、そして高く売るためには、内覧で好印象を与えることが効果的ですので、しっかり準備をした上で望むようにしましょう。
内覧について詳しく知りたい方は、こちらの記事をチェックしてみてください。

5.売買契約を結び各種手続きをする

購入者が現れたら、審査などを通過したのちに売買契約を締結します。このとき、登記などの手続きも併せて行います。自分でできる手続きもあれば、専門家に依頼した方が確実なものもあるので、そのときの状況に応じて依頼するか否か、決められると良いでしょう。

6.物件の引き渡し

最後にすべての手続きが完了したら、物件を引き渡してマンションの売却を完結させます。

マンション売却の詳しい流れはこちらの記事をチェックしてみてください。

手軽な机上査定サービスの紹介

いかがでしたでしょうか?机上査定は物件の価格を簡単に知ることができるため、マンション売却を考えている方は、活発に利用することをおすすめします。
しかし、多くの不動産会社が提供している机上査定は、「価格の正確性にかける」「電話番号などの個人情報を知られてしまう」というデメリットが存在します。

このようなデメリットを解消できるサービスが「すむたす買取」のAI査定です。このサービスは、お客様が入力した物件の情報と過去の成約価格や市場の動向を照らし合わせ、AIが客観的に物件の価格を算出します。そのため物件の適性な価格を知ることができます。

また、電話番号の入力は不要であるため、迷惑な営業電話がかかる心配もありません。

査定結果は最短1時間で知ることができるため、是非お気軽にお試しください!

タイトルとURLをコピーしました